リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大和ハウス工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

住宅メーカーとして有名な大和ハウス工業は就活生の就職したい企業ランキングの建設・住宅・インテリア部門でトップ10に入ったりと、かなり注目されている会社になります。大和ハウス工業の就職の難易度が気になると思うのですが、大和ハウス工業に就職したい人は倍率を知っておくべきと言えますけど、大和ハウス工業の就職における倍率は公開されていないようなのです。したがって、大和ハウス工業の就職の難易度に関しては、詳細は分かりづらいとも言えます。ある程度は有名な会社ですし、倍率はある程度は高い可能性がありますが、採用人数との兼ね合いもありますから、そこまで高くはないと言える可能性もあるのです。というのも、大和ハウス工業の採用人数が多いので。そこは倍率にかかわってきます。そして、倍率によっては学歴フィルターもあるということで、そこも知っておきましょう。

 

大和ハウス工業の就職では学歴フィルターはあるのか?

大和ハウス工業の就職の難易度としても重要なのが、学歴フィルターになります。大和ハウス工業の就職の倍率が不明なので、学歴フィルターがあるか?というのは断言はできませんけど、大和ハウス工業では採用人数がかなり多いです。ここ数年は300~400人程度採用されており、ここまで採用人数が多いと倍率が上がりづらいです。大和ハウス工業の就職における倍率が低いとは思いませんけど、思っているほど高くはないのではないか?と思います。大和ハウス工業の採用試験の難易度はある程度は高いとは思うのです。しかし、採用人数が多いので、学歴フィルターを実施しないといけないほどの倍率ではない可能性もあるということです。あとは採用実績校を見るという手もありますけど、大和ハウス工業では採用実績校のデータが乗っておらず、「全国の国公立、私立大学」と書いてあるだけであり、採用実績校から学歴フィルターがあるか?どうかを判断することはできません。したがって、大和ハウス工業の就職で学歴フィルターがあるか?どうかの材料があまりないのです。

 

そうなると、倍率を予測するしかありませんけど、採用人数の多さから、100倍を超えるようなことは考えづらいです。でも、数十倍くらいはあるんじゃないか?と思います。そうなると、学歴フィルターがないという可能性の方が高いと思いますけど、断言はできないということです。大和ハウス工業に就職するには学歴や大学名は見られていると思った方が良いと思いますけど、露骨に学歴や大学名で合否を決めるということはないと思います。大和ハウス工業の就職における難易度はどっちにしろ高いと思います。学歴フィルターがある可能性は低いとは思いますが、学歴や大学名は少なからず関係してくると思っておいた方が良いです。でも、就活で重要なのは言ってしまえば人物試験でどういう評価を受けるか?なので、大和ハウス工業の志望動機や自己PRを対策しておくことが重要なのです。最後に大和ハウス工業の就職の評判を知っておいてほしいので、社員の口コミをここで紹介していきたいと思います。大和ハウス工業の仕事は激務なのか?給料は良いのか?など気になる点を把握しておきましょう。

 

大和ハウス工業の就職の評判はどうなっている?

大和ハウス工業の就職の評判を調べることで、会社への理解は大分深まるでしょう。大和ハウス工業に就職したい人はこういった情報も把握して、会社の実態を知っておいてほしいです。大和ハウス工業の就職の評判としてまずは平均年収を紹介していきます。大和ハウス工業の平均年収は850万円程度あります。したがって、給料に関しては世間一般と比べてもかなり高いです。平均年収はかなり良いと言えると思いますが、問題は働き方です。大和ハウス工業の仕事は全体的に残業量が多いようです。営業職、技術職、工場勤務などに大きく分けられるようですが、いずれも残業が多くて、割と激務な雰囲気がありそうです。人によっては定時で帰っているというケースもあるようですけど、多数派なのは激務な仕事ぶりで、平均して月に40~70時間くらいは残業があるということみたいです。すごい長時間労働という感じではないものの、そこそこ忙しいと言えると思います。営業職とかは完全に顧客優先で仕事をしないといけないので、顧客の仕事終わりの時間に合わせて会ったりしないといけないため、仕事は遅くまでやらないといけないことも多いようですけど、これは住宅業界の営業はだいたいどこもそんな感じでしょうから、仕方ないと思います。

 

あとは基本的に土日が休みですが、休日出勤が割とあるという口コミもあります。休日出勤があったときには代休もちゃんととれるようですけど、休日出勤の頻度によって、大和ハウス工業の仕事の激務度合いも変わるので、こういったところは要チェックです。有給休暇は忙しい中でとれなくはないという感じで、上司によっては有給の取得率を上げろと、もっと積極的に消化しろと言ってくるみたいですが、とる余裕がないと感じている人もいます。全体的に見ると、大和ハウス工業の仕事は忙しい感じでしょう。大和ハウス工業の仕事は激務というレベルか?どうかはともかく、ある程度は忙しいと思っておいた方が良いと思います。大和ハウス工業の就職の評判を知ったうえで受けた方が良いと思いますけど、会社説明会とかでの話を聞きながらも、実際の社員の本音を知っておいた方が良いので、大和ハウス工業の社員の口コミなどを紹介しましたが、そういった面も参考にしておくと良いと思います。大和ハウス工業の就職の難易度は高いはずですが、実際に受けるときには会社の実態を理解したうえで、選考を受けてほしいと思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういう特徴があることで、キミスカには大きなメリットが備わっているのです。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

したがって、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスしたうえで、途中から選考に臨むことができる場合も用意されています。そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事