リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

セコムの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はあるのか?

【スポンサードリンク】

セキュリティ会社、警備会社などでは特に知名度が高いのがセコムです。テレビCMなどで社名を見る機会があるので、セコムは非常に有名ですし、セコムに就職したい人は多くいるのではないでしょうか?セコムに就職するにはそれなりに高い難易度があると思うので、難しい会社だとは言えますから、しっかりと対策をしていきましょう。具体的なセコムの就職における難易度を理解するには、倍率が重要になりますけど、セコムの就職の倍率は公開されていないようです。倍率を公開している会社は全国でも一部になりますから、そこはしょうがない気もしますけど、セコムの就職の倍率は分からないということで、難易度も正確には把握しづらいですけど、学歴フィルターがあるのか?という点は気になるでしょう。セコムに就職したい人はその点についてまずはチェックしておくと良いと思います。

 

・セコムの就職では学歴フィルターはあるのか?

セコムの就職における難易度を理解するときには、学歴フィルターがあるのか?というのは非常に重要です。セコムの就職の倍率が分からないので、採用実績校をチェックして、確かめていきましょう。セコムの就職の採用実績校を見ると、大学名の数があまりにも多く載っており、全部チェックするのは難しいほど載っており、明らかにFランク大学と思われる大学名が結構多くあるので、これは学歴フィルターはないと言えるのではないか?と思います。セコムの就職の採用実績校を見る感じではそういう状況ですから、セコムの就職では学歴や大学名へのこだわりはなさそうです。大手企業ですから、学歴フィルターの可能性は少しはあると思いますけど、セコムの就職では採用人数がかなり多いのです。毎年300人くらい採用しているのかな?そうなると、セコムの就職における倍率は上がりづらいです。そうなると、意外とセコムの就職における難易度は高くない可能性もあります。倍率が低くなれば、学歴フィルターの可能性は低いですから、そういったことだということです。

 

セコムの就職では学歴や大学名に関してはそれほど深く関係はしないと思いますけど、履歴書とか、エントリーシートに書くでしょうから、結局向こうもチェックすると思うので、そうなると無関係とは言えないと思います。セコムの就職の採用実績校では、いろいろな大学からの採用があるので、そういった意味では学歴や大学名に関係なく、採用可能性はあるということになりますが、どの程度学歴や大学名が関係するのか?は分からないので、あまり気にしない方が良いと思います。セコムの採用試験の難易度はある程度は高いはずですけど、倍率はそこまで高くはない可能性があります。そして、セコムの就職の評判について知っておいてほしいです。セコムの社員の口コミから、会社の実態を理解して、セコムの仕事は激務なのか?とか、そういったことも気になると思うので詳しく知っておきましょう。入社する前に会社のことについて詳しく知っておくと良いと思います。

 

・セコムの就職の評判はどうなっている?

セコムに就職したい人はこういった情報も知っておきましょう。セコムに就職するには難易度はある程度はありますが、せっかく苦労して入社できたのに、嫌な会社だったりしたら後悔するのもあれなので、セコムの就職の評判として把握しておいてほしいです。まずはセコムの平均年収について紹介していきますけど、600万円ほどの数字となっています。したがって、セコムの平均年収は割と高いです。ただ、問題は働き方に関してです。セコムに就職したいと考えている人は、仕事はどうなのか?について知っておいてほしいですけど、働き方は日勤と夜勤があり、それぞれ拘束時間は12時間(休憩が2時間)となっているようです。この業界は働き方が不規則になりがちで、そこはしょうがないです。事務職の人は基本的に日勤で、残業がほぼなく、定時で帰ることができるとされています。営業職も日勤でしょうけど、こちらは割と残業が多い、休日出勤が多いとされています。営業職はどこも忙しいですよ。ただ、激務という感じではなさそうです。18時くらいまでの勤務もあるようですし。忙しいとき、労働時間が長いときというのは恐らくそこまで多くなさそうです。

 

そして、現場で働く人たち、こういった人たちは夜勤の可能性がありますが、勤務形態が不規則になりがちで、夜勤の場合には19時から翌8時くらいまでの勤務となるケースが多いようです。こちらも残業はあるようですけど、激務という感じではなさそうです。残業した場合には1分単位で請求できるという口コミがありますし、サービス残業はほとんどないという評判もあります。ただ、勤務地によっては人手不足のケースがあり、特に田舎の方になると、1人当たりの労働時間が非常に長くなり、実質24時間ずっと働いているようなときもあるという口コミが存在するので、セコムの仕事は激務に感じられる場合もあるということなのでしょう。事務と営業はまだいいと思いますが、現場で働く人はどちらかと言えば忙しい、特に勤務地によってはセコムの仕事は激務に感じられることもあるそうで、そこはセコムの就職の評判として頭に入れておかないといけないでしょう。土日祝日は基本的に休みとなっているようですけど、場合によっては休日出勤もあるようなので、セコムの就職の評判としてこういったところは知っておいてほしいです。セコムに就職したい人は難易度も理解しておきながら、会社にはいった後のことも考えておくと良いと思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度が低くてもかなりおすすめできるナビサイトが存在するのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。こういったところは他のナビサイトにはない、キミスカならではの魅力と表現できると思います。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事