リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

トランスコスモスの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

トランスコスモスの就職の難易度はどれくらいでしょうか?トランスコスモスはかなり大きな会社なので、採用人数もかなり多いようです。調べたところでは500人以上採用している感じですから、毎年かなりの採用人数となっているのでしょう。トランスコスモスの採用試験の難易度を理解するには倍率が必要となります。しかし、倍率に関しては公開されていないと思われるのです。トランスコスモスに就職したい人にとっては難易度が把握しづらいのはきついですけど、採用人数からするとそこまで高い倍率にはなっていないのではないか?と思うのです。トランスコスモスの就職の難易度では学歴フィルターに関しても知っておく必要があるので、そういったところも理解しておくと良いと思います。

 

トランスコスモスの就職では学歴フィルターはあるのか?

トランスコスモスの就職の難易度を調べるときには、学歴フィルターの有無は重要と言えます。トランスコスモスに就職したいときにはこういったところを知っておきましょう。倍率が分からないので、正確には言えませんけど、トランスコスモスの就職の倍率は採用人数から察すると高くはないのではないか?と思います。トランスコスモスの就職で学歴フィルターがあるか?どうかを確かめるには採用実績校を見ておくというのも良いと思います。採用実績校ではFランク大学と思われるところが採用されているので、こういったところを見ると、学歴フィルターはないのではないか?と思うのです。採用実績校というのは、1つのヒントになると言えますから、そこから判断すると、トランスコスモスの就職では学歴フィルターがある確率は低い気がします。ただ、学歴フィルターがないとしても、トランスコスモスの採用試験においては学歴や大学名は関係してくるのではないか?と思います。

 

選考においては就活生のあらゆる面を総合して、合否を決めると思うのですが、学歴や大学名というのも就活生の要素と言えますし、そこが絡んできて合否が決まると思います。ただ、トランスコスモスの就職で学歴や大学名が関係するとしても、変えようがないものを今更悩んでも仕方ないので、志望動機や自己PRなどをしっかりと練って、面接試験に備えていく方が現実的でしょう。選考はどれも大切ではありますが、特に人物試験が重要であり、特に面接試験が重要と言えますから。トランスコスモスに就職したい人はそういった面接対策に時間をかけていくことも必要です。そして、そういう対策の中では会社のことを詳しく知っておかないといけないので、トランスコスモスの就職の評判に関しても把握しておきましょう。トランスコスモスの仕事は激務か?などが気になっている人もいるのではないか?と思いますし、そういった部分を社員の口コミから確認していきましょう。

 

トランスコスモスの就職の評判はどうなっている?

トランスコスモスの就職の評判に関しては、まず平均年収について知っておいてほしいです。トランスコスモスの給料面に関しての評判も重要ですが、平均年収は500万円前後くらいだと推定されます。そういった平均年収になっていますが、世間の平均よりは高いです。問題は働き方に関してどういう口コミがあるか?です。トランスコスモスの就職の評判のうち、実際の勤務に関するものを見てみると、残業時間については部署によって違うので、一概には言えないものの、全体としては多くはなさそうです。残業がほとんどないという口コミもあるくらいなので。ただ、大手の会社で従業員も多いので、人によって違うという認識は必要です。中には月に70時間ほどの残業があると言う口コミもありますから。1日の平均労働時間は9~10時間となっているので、残業時間は社内全体では1~2時間程度ということでしょう。激務というほどではないかもしれないです。残業はものすごい多いわけではないのですが、残業をいかに抑えるか?という対応に関して、会社でこれといってやっているような雰囲気はなく、個人で頑張ってなんとかするという委ね方になっており、その点に不満を感じている人はいるようです。

 

そういった感じで不満も溜まっているようですけど、残業代はきちんと支給され、かつ1分単位で請求ができるという口コミもあるので、場合によってはトランスコスモスの仕事は激務ということはありえるかもしれないですけど、残業が重なったときでもちゃんと給料は支払われるということみたいです。休日に関しては、カレンダー通りに取りやすいという口コミがあるので、休日は土日祝日は休みであり、休日はしっかりととることができるにでしょう。有給休暇も取りづらい雰囲気ではなさそうですが、有給休暇以外に休みがあまりないので、土日祝日と有給休暇だけという点がやや不満という人もいるようです。他の会社ではリフレッシュ休暇とかもありますから。トランスコスモスの就職の評判としてはこういう感じです。忙しい社員もいれば、そうじゃない社員もいます。部署によって忙しい程度が異なるので、激務に感じる人は少ないかもしれませんが、どういった働き方をするのか?はこういったトランスコスモスの就職の評判を参考にしながらも、いろいろなケースを考えておきましょう。トランスコスモスの採用試験の難易度なども確かめながら、入社後の生活に関しても想像しておくと良いと思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたとしたら、そのスカウトを送ってきた企業は自分に対して一定の関心を持っていることが決まるわけです。

 

だから、スカウトが着た企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトはほとんどの就活生は知らないと思います。そうなると、他のライバルを出し抜いて自分が有利な状況を作ることも可能でしょう。本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事