リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

アシックスの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

アシックスグループに就職するにはどれくらいの難易度があるのか?というのは気になるでしょう。アシックスの就職の難易度はかなり重要ではありますけど、その難易度を調べるには倍率が必要なのです。しかし、アシックスの就職における倍率については情報が見つかりません。つまり、アシックスの就職の倍率は公開されていないのでしょう。倍率の情報が分からないと、アシックスの就職の難易度を調べるのが難しいのですが、ここで重要なのは学歴フィルターの有無です。アシックスの就職では学歴フィルターがあるのか?というのも、アシックスの就職における難易度に関係するので知っておきましょう。

 

・アシックスの就職では学歴フィルターはあるのか?

アシックスの就職において学歴フィルターがあるのか?については、本当は倍率があると分かりやすいのですが、アシックスの就職の倍率は調べられないので、採用実績校からチェックしていきましょう。アシックスの就職の採用実績校に関しては、一部ですが載っており、日東駒専産近甲龍までは採用があります。こういったところを見ると、アシックスの就職で学歴フィルターがある可能性は低くなるでしょう。学歴フィルターのボーダーラインは日東駒専~MARCHとなる場合が多く、日東駒専まで採用があれば、MARCH以上にボーダーラインが設定されている学歴フィルターが存在する可能性は大分減ります。したがって、可能性の半分が消えたという意味では、絶対にないとは言えないものの、アシックスの就職では学歴フィルターがある可能性は低いと思います。それに採用人数もそれなりに多く、50人前後くらいは採用していて、倍率がそこまで高くなるかな?という気もします。

 

そういった部分も含めて、アシックスの就職では学歴フィルターはない気がするのです。アシックスの採用試験の難易度に関する情報なので、知っておくと良いと思います。しかし、アシックスの就職では学歴や大学名が無関係ではないので、結局そういったところは合否には関係してくると思うのです。アシックスの就職っでは学歴や大学名は少なからず関係していると見るべきでしょう。採用実績が多いような大学は偏差値などにかかわらず、有利になる可能性があると言えるのです。したがって、アシックスに就職したい人はそういった部分も頭に入れておくと良いです。ただ、やはり重要なのはアシックスの面接対策で、アシックスの志望動機や自己PRなどをしっかりと考えておいてほしいです。最後にアシックスの就職の評判を理解してほしいので、社員の口コミを紹介していきます。アシックスの会社の実態を理解しておくと、アシックスの仕事は激務なのか?といった点なども知ることができます。

 

・アシックスの就職の評判はどうなっている?

アシックスの就職の評判を確かめるときには、まずは平均年収をチェックしていきましょう。アシックスの平均年収はどうなっているのか?と言えば、平均年収はおよそ500万円程度となっています。数字的にはそこそこの金額ではあるということなのです。あとは働き方に関する評判が重要です。アシックスの口コミを見る感じでは、アシックスの仕事は激務という雰囲気はないです。1日の労働時間の平均は8~9時間となっているので、標準的な労働時間でしょう。アシックスの仕事は忙しい雰囲気はほとんどないと感じる可能性もありますけど、これは部署によるみたいです。とはいっても、忙しいという口コミがあるのはほぼ営業職だけみたいですが。営業職は休日出勤があるようで、長時間労働になるか?どうかは別としても、全体の労働時間は多い方なのです。それ以外の部署は割と普通に働くことがしやすい環境のようです。残業もそこまでないようですから、激務という感じではないでしょう。営業職に関しても、激務まではいかない可能性があります。

 

そして、アシックスの就職の評判で重要なのは、店舗勤務の人たちです。店舗で働く人たちも多いのですが、アシックスの社員の口コミを見る感じだと、店舗勤務は店舗の従業員数によって、仕事の忙しい度合いが変化するとされています。アルバイトなどが多い店舗は忙しくないが、少ない店舗は忙しい可能性があり、店舗勤務の場合にはケースバイケースで、配属されてみないと分からないとなっているのです。だから、店舗の場合には一部でちょっと忙しいと感じる可能性はあるでしょう。土日が基本的に休みなので、週に2日は休むことが可能という状況です。あとはサービス残業もないとなっているので、アシックスの就職の評判としては重要なところです。こういったところが会社の口コミで、アシックスの仕事は激務ではないが、一部で忙しい人はいるという感じで、全体で言えばいい口コミが多いです。アシックスの就職の評判はしっかりと調べたうえで受けていきましょう。アシックスの採用試験の難易度とは別に会社の実態を理解したうえで、受験すると良いのです。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。通常なら、受ける企業は自分で選ぶことができますけど、その選んだ企業が自分をどのように評価しているのか?はその時点では分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けることをすると、企業が用意した一次選考、二次選考をパスして選考に挑むことができたりするケースが存在しているのです。この場合には他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事