リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

幻冬舎の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はあるのか?

【スポンサードリンク】

幻冬舎への就職を考えている人は、幻冬舎の就職の難易度をまずは知っておきましょう。幻冬舎の就職における難易度というのはそこそこ高い可能性がありますけど、幻冬舎の就職の倍率が公表されていないので、正確なことはちょっと分かりません。ただ、幻冬舎の就職の採用人数はあまり多くないです。10人前後となっているので、幻冬舎の就職の倍率は高い可能性があります。幻冬舎の就職の難易度に関しては、他に重要な面があって、それが学歴フィルターになります。したがって、幻冬舎に就職したい人はそういったところをチェックしておきましょう。

 

幻冬舎の就職では学歴フィルターはあるのか?

幻冬舎の就職においては学歴フィルターがあるのか?という点が重要ですけど、幻冬舎の就職の倍率が分からないので、学歴フィルターの有無については正確には判断できませんけど、幻冬舎の就職の採用実績校を見るというのもおすすめです。幻冬舎の就職の採用実績校を見ると、有名大学が多く載っているものの、載っている中では最もランク的に低いのはフェリス女学院大学だと思います。レベル的には大東亜帝国くらいでしょうか?私大難化の中で大東亜帝国のレベルも上がっていますから、その辺は微妙ですけど、こういった採用実績校を見ると、幻冬舎の就職では学歴フィルターは可能性は低い気がしました。幻冬舎の採用試験の難易度に関してはこういった点がまず重要ですけど、学歴や大学名は関係している気はします。

 

幻冬舎の就職では学歴や大学名は無関係ではないと思うのです。学歴フィルターはないとは思うのですが、幻冬舎の就職ではこういった面はチェックしていると思うのです。幻冬舎の就職においては学歴や大学名がチェックされていることは頭に入れておいてほしいですけど、重要なのは面接対策です。幻冬舎の志望動機や自己PRをしっかりと練っておいてほしいと思うのです。幻冬舎の就職の面接対策をしていきながら、幻冬舎の就職の評判もチェックしていきましょう。幻冬舎の社員の口コミを見ておくと、会社の実態が理解しやすいはずです。幻冬舎の就職の評判としてはいろいろな面が重要と言えますが、幻冬舎の仕事は激務なのか?といった点は特に知っておく必要があるでしょう。出版社は特に激務なイメージもあると思いますから、そういった部分から入社後の姿を想像していくと良いと思います。

 

幻冬舎の就職の評判はどうなっている?

幻冬舎の就職の評判をチェックするときには、社員の口コミを見ておきましょう。幻冬舎の仕事は激務か?といった貴重な情報をチェックしやすいです。では、幻冬舎の平均年収からチェックしていきましょう。幻冬舎の平均年収はおよそ500万円くらいとなっています。数字としては悪くないですが、働き方と釣り合っているか?は微妙でしょう。というのも、幻冬舎の口コミを見る感じでは、かなり激務の可能性がありますから。幻冬舎の口コミによると、1日あたりの労働時間はおよそ11時間程度となっています。残業がほぼ毎日あって、帰社できる時間はだいたい21時頃となっており、深夜まで働いていることもあるようです。そして、土日は休みとなっているものの、取材などをするために出勤しないといけないときもあって、結構忙しい雰囲気です。振替休日はちゃんととれるみたいですけど。こういった状況ではあるものの、以前よりは労働時間は減ってきているらしいです。人によっては激務ではない毎日を送っているようなので、部署によるということも言えるとは思います。

 

あとはサービス残業はなく、残業代はちゃんと出るようですから、そこも安心です。ただ、休みに関しては夏休みがないということで、そこが幻冬舎の就職の評判では不満の人が多いです。それ以外は年末年始は休めて、土日祝日も基本的には休みみたいですが、夏休みがないので有給休暇を使って、この時期に休む人がいるようです。そういったところで気になる口コミなどはありますけど、それ以上に気になるのは労働時間が長いということです。幻冬舎の仕事は激務と感じている人は多くいて、マシにはなってきているようですけど、それでもまた1日の平均の労働時間は長いですから。そこをしっかりと認識して、幻冬舎の就職の評判として頭に入れておきましょう。幻冬舎に就職したい人に関しては、こういった部分から会社の実態をしっかりと把握しておくことが大切ですから、幻冬舎の採用試験の難易度をなどとは別に知っておくと良いでしょう。幻冬舎の就職の評判を把握したうえで、受けると納得したうえで採用試験を受験できるので、いろいろな情報を調べたうえで、幻冬舎の選考に臨んでいきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。だから、

 

スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。通常であれば、受ける前の状態で自分のことを企業側がどのように思っているのか?評価しているか?を知ることはできません。でも、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事