リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活であなたらしい服装、動きやすい服装でスーツやスニーカー、腕まくりなどはあり?

【スポンサードリンク】

就活では私服を指定されることがありますが、表現の方法はそれぞれです。あなたらしい服装や動きやすい服装と言われることもあります。この2つはほぼ同じと考えて良い気がします。あなたらしい服装というのは、別に私服じゃないといけないわけではないのだが、スーツが自分らしい服装と考える人はほぼいないと思うので、普段から常にスーツを着ているような人以外は、私服を着るということになるのではないか?と思います。そして、動きやすい服装に関しても、スーツが動きやすいという発想は通常ないので、私服ということになると思うのです。しかし、問題はこういった服装を指定されたときに、どんな格好をするのか?ということです。あなたらしい服装というのは会社説明会や面接ときに言われることがあります。いわゆる就活での私服というのはいろいろなことを考えないといけないので大変です。就活で私服を求められたときにはいろいろと考えないといけないことがありますが、あなたらしい服装と言われたときにスーツはダメなのか?というのは1つ気になるかもしれません。就活であなたらしい服装と言われたらスーツでも構わないとは思います。文字通り読むならば。スーツが自分らしいと思っているならば、スーツを着ていくのが正解になります。

 

しかし、問題は会社の人間がそれを理解してくれるか?ということです。企業としてはあなたらしい服装でと言ったからには、スーツ以外が見たいという意図があるはずなのです。そうなると、スーツが自分らしい格好だという認識があったとしても、企業の意図が達成されないとしたら、そこは不満に思うかもしれないです。就活であなたらしい服装でスーツというのはあまりおすすめしません。一般的には私服を着るということになりますけど、就活であなたらしい服装と言われたら、それこそスニーカーとかの方がまだ意図は達成できているでしょうね。問題は企業の想定しているあなたらしい服装の範囲にもよりますけど、例えばジャージを着て行ったら説教をするような企業があるようなので、要は私服が全範囲OKか?というと、そうじゃない可能性もあります。だから、あなたらしい服装でスニーカーやサンダルを履いて行くと不利になる可能性もあるかもしれないのです。就活ではあなたらしい服装と言われてスニーカーやサンダルがいけないとは言いませんが、要するに就活という場で相応しくない格好があると考えている企業があるのです。あなたらしい服装と言われてスーツを着ていくときでも同様かもしれませんが、企業が意図していない服装をしていくと、それだけ不利になるかもしれないという理不尽なケースも考えられるので、そこは注意点として知っておきましょう。就活であなたらしい服装と言われたら腕まくりくらいのアレンジは良いと思いますが、アイテムを選ぶときには注意しないといけません。あなたらしい服装で腕まくりはアイテムが常識てきならば問題ないと思います。しかし、ジャケットを腕まくりするとかはさすがにないですけどね。シャツとかなら良いんじゃないですか?

 

就活であなたらしい服装と言われたときにはスーツもそうですけど、スニーカーやサンダルなどカジュアルに見えるものは気を付けないといけません。それがいけないというわけではないのですが、企業の考えていることは読めないので、あなたらしい服装で行ったのにスニーカーやサンダルがダメとか、スーツはNGと考えている企業がないとは言えないのです。控えめの私服が1番リスクが少ないかもしれないです。フォーマルに近い私服ですね。そして、就活で動きやすい服装と言われたら基本的にスーツは不自然っでしょう。あなたらしい服装と比べたら、動きやすい服装はスーツと解釈するのはかなり無理があります。したがって、就活で動きやすい服装を指定されたら、スーツ以外が基本です。こちらの場合には動きやすい服装なので、文字通り読めばジャージとかでもOKな気がしますし、スニーカーもOKな気はします。サンダルは動きやすいとは思えませんが。こちらも企業の意図が読めない部分もあるので、無制限にどんな服装でも良いか?というと、そうとは言えない可能性はあります。就活で動きやすい服装と言われたら、腕まくりをするくらいは問題ないと思いますけど、カジュアルすぎる服装は微妙化もしれないです。会社説明会くらいならば個人の服装をいちいちいちチェックしているとは思えませんが、面接は間違いなくチェックしているでしょう。だから、就活で動きやすい服装と言われたら腕まくりは良いとして、格好そのものはかなり気を付けないといけないのです。

 

就活をしているといろいろな悩みを抱えて、こういうときにはどうすれば良いのか?と疑問を持つ瞬間があるはずです。例えば、企業の選び方はどうすれば良いのか?自己分析のやり方は?エントリーシートや履歴書の書き方は?志望動機や自己PRの考え方は?など、悩みの種類は多岐にわたるはずです。そういった悩める就活生に対して、人事目線で適切なアドバイスを送り、内定を取ることができる確率を高められるサービスを行っているのが「キャリアチケット 」になります。さらに面接試験、グループディスカッションなどの選考におけるコツなども人事目線から伝授してもらうことができ、就活においてこういった選考で苦手意識を持っている人はいると思いますけど、自信を持って本番に臨むことができます。内定を取るのに苦労している、内定を取る自信がない、就活が上手くいっていないという人はキャリアチケットできちんと適切なアドバイスをもらって、軌道修正をしたうえで就活をしていくと結果が変わる可能性があると言えます。良かったら参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい記事