リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

第一興商の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

第一興商に就職したいと思っている人であればその難易度というのはかなり気になるでしょう。したがって、第一興商の就職の難易度に関してしっかりと把握しておくべきだと思います。第一興商の就職の難易度を調べる際には倍率を知っておくと良いのですが、その倍率については実は正確な情報というのがありません。したがって、第一興商の就職の倍率は非公開になっているのだろうと思われます。倍率を公開していない会社はそんなに珍しくないです。したがって、これは仕方ないことだと思います。しかし、第一興商の就職の難易度については、学歴フィルターという点も重要ですから、そういうった部分でも注目をしていきましょう。

 

第一興商の就職では学歴フィルターはあるのか?

第一興商の採用試験の難易度に関してはどういった面が重要か?というと、やはり学歴フィルターというのは注目だと言えます。第一興商の就職で学歴フィルターがあるか?どうかは大きくかかわってくるので、こういった面は調べておきましょう。第一興商の就職の倍率が分かれば、そういったところから知ることは可能ですが、倍率が公開されていないので、別の観点から調べていくと良いでしょう。第一興商の就職の採用実績校というのが1つのヒントになります。第一興商の就職の採用実績校を見ると、多くの大学名が載っていますけど、明らかにFランク大学じゃないか?と思われる名前があったり、専門学校からの採用もあるので、第一興商の就職では学歴フィルターはないのではないか?と推測されます。第一興商の就職の難易度に関係するので、こういうところは知っておくと良いと思います。

 

しかし、第一興商の就職において学歴フィルターがないとしても、採用試験では学歴や大学名が関係してくる可能性はあります。それは学歴や大学名だけで判断をしないというだけであり、合否の要素の1つにはなっていても不思議ではないのです。でも、第一興商の就職ではやはり面接が重要でしょうから、面接対策をしっかりとやっていきましょう。第一興商の志望動機や自己PRをしっかりと考えたうえで受けていかないといけません。第一興商の評判も重要と言えますから、そういった面についても調べていきましょう。第一興商の社員の口コミを紹介していくので、そういったものを参考にして会社の実態を理解してほしいです。第一興商の仕事は激務なのか?ということなどは、多くが気になるのではないか?と思いますし、第一興商の会社としての実態を理解したうえで受けていきましょう。

 

第一興商の就職の評判はどうなっている?

第一興商に就職したい人は会社の特徴を把握してもらいたいので、普段社員がどんな感じで過ごしているのか?をチェックしましょう。第一興商の社員の口コミから簡単に紹介をします。まずは平均年収についてです。第一興商の平均年収はどうなっているのか?というと、およそ600万円強となっています。したがって、数字に関してはそれなりのものがあるのです。そして、さらに重要と言えるのは第一興商の労働時間についてです。これもデータがあり、1日あたりの平均の労働時間については10~11時間となっています。したがって、それなりに激務と言える可能性もあるのです。基本的にまずは店舗勤務ということになるようで、お店でアルバイトなどと一緒に業務をしていくことになる社員が多いです。そうなると、店舗次第で働き方がかなり違います。店舗によってお客さんの数の程度が違いますし、アルバイトなどの従業員の数も異なるので、それによって激務な店舗が生まれてしまいます。だから、絶対に第一興商の仕事が激務とは言えないものの、激務なケースが普通に考えられるということなのです。

 

本部としては残業時間をできる限り少なくしようとしているみたいですが、店舗によってはとてもそれが現実的ではないというケースがあるみたいです。忙しいケースも十分に想定されますけど、そうとは限らないということです。ただ、残業した場合には残業代はちゃんと出ますし、有給休暇はとりやすいということが言われているので、そういった面でちゃんと働きやすいところもあるのです。有給休暇が紹介しやすいというのは、第一興商の就職の評判としてもかなり重要な面になると言えるでしょう。残業時間に関しても以前よりは減ってきているという口コミがあるので、第一興商の就職の評判としてはそういったところも評価していくべきでしょう。第一興商の仕事は激務な場合もあり得ますが、徐々に改善してきているということなのです。第一興商の採用試験の難易度も重要ですけど、こういった第一興商の就職の評判に関しても理解しておきましょう。会社に関して詳しくなってから受験をしていくと良いと思うのです。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトに関して、誰もが知っているかなり有名なサイトを選んで利用している人がほとんどでしょう。しかし、知名度があまりないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分に関してどのような評価をしているのか?を確実に知ることは不可能ですが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事