リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

クックパッドの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

クックパッドに就職したいと思っている人はその難易度がどれくらいか?ということをまず把握しておいてほしいと思うのです。クックパッドの就職の難易度を調べるときには倍率を見ておくと良いですけど、その倍率については公開されていないようです。詳細が見つからないので、倍率を知ることは難しいと思います。クックパッドに就職するにはかなり高いと思われる難易度を突破しないといけないことになります。有名な会社なので、倍率が分からないとは言え、クックパッドの就職の倍率はある程度は高いと思います。そこで気になるのが学歴フィルターです。クックパッドの就職では学歴フィルターがどうなのか?というのは知っておきましょう。

 

クックパッドの就職では学歴フィルターはあるのか?

クックパッドの就職では学歴フィルターはあるのか?クックパッドの採用試験の難易度としてはかなり気になるので、クックパッドに就職したい人も知っておきたいでしょうけど、倍率が不明ということで、なかなか推測するのが難しいです。ちなみにクックパッドの就職の採用実績校に関してもデータが見つかりません。ただ、クックパッドのホームページ上にある新卒採用のところには、学歴不問と書かれています。これをどこまで信用するか?ですが、学歴や大学名は関係ない可能性があります。年齢が応募時点で29歳以下ならばOKとなっているようなので、学歴や大学名はあまり関係ないということでしょう。既卒者でも応募できるようなので、既卒で大丈夫ならば学歴フィルターは恐らくないでしょう。既卒まで受け入れるということはそれだけ応募者が多くなりますけど、あえてそういうことをするならば学歴フィルターで絞るということは考えづらいのです。クックパッドの就職では学歴フィルターは恐らくないでしょう。

 

しかし、クックパッドの就職では学歴や大学名が関係ということはないと思います。こういったところは少なからず関係しており、選考に影響する可能性があると思うのです。学歴や大学名を参考にして、合否を決めるということはあると思うので、選考の際の1つの材料にする可能性はあると思います。クックパッドの就職の難易度にかかわるので、一応頭に入れておいてほしいと思うのです。クックパッドでは面接対策も重要で、クックパッドの志望動機や自己PRなどを考えておく必要があります。そして、クックパッドに就職したい人は評判についても知っておきましょう。クックパッドの社員の口コミを利用して、会社の実態を知っておいてほしいのです。クックパッドの仕事は激務なんだろうか?みたいな部分は多くが気になっていると思うので、そういった部分もチェックしていきましょう。

 

クックパッドの就職の評判はどうなっている?

クックパッドの就職の評判を知ったうえで受験をしてほしいと思います。だから、クックパッドの社員の口コミをチェックして、会社の実態を理解しておきましょう。クックパッドの平均年収からまずは知っておきましょう。クックパッドの平均年収はどれくらいなのか?と言えば、600~700万円程度あります。したがって、それなりに高いと言えるのです。クックパッドの働き方についても知っておきましょう。クックパッドの平均の1日の労働時間は9~10時間となっており、残業がそこそこあるようです。残業時間はあるようですが、社員の口コミを見ると長時間労働という雰囲気ではないようです。激務というケースはほとんどないかもしれません。残業がほぼないという口コミもありますし、社員によっては残業なしのような状況もありえるということなのでしょう。あとはフレックスタイム制を導入しているので、かなり自由に働くことが可能になっているようです。クックパッドの就職の評判ではそういったところも重要です。

 

そして、クックパッドの就職の評判で重要なのが休日ですけど、そういった面においても評判が高いです。有給休暇はまず取りやすいですし、育児休暇も取得はしやすいとなっています。また、普段の勤務において体調不良などで休まないといけないときにも休みやすく、かなり働きやすい職場であるという評判があります。社員の仲もかなり良さそうですし、休みの日に集まったりすることもあるようです。クックパッドの仕事は激務差はあまり感じられませんし、こういった口コミがあるので、かなりいい会社なのではないか?と思います。忙しいときが全くないとは思いませんし、部署によっては忙しいときもあるでしょう。しかし、激務に感じるようなことは少ないと思うのです。クックパッドに就職したい人は会社の実態を知っておくと良いですけど、クックパッドの就職の評判を特に調べていくと良いと思います。こういった情報というのは企業研究にもなりますから。面接で話すときのネタなどになる可能性もあるのではないか?と思います。クックパッドに就職するには難易度の情報も重要ではありますけど、会社の実態を理解して、納得したうえで受けていってほしいと思うのです。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるおかげで、キミスカは大きな魅力を備えています。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、明らかにタイプが異なっているナビサイトを組み合せて就活をしていくと、結果的にリスクが分散するというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事