リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

松竹の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

松竹と言えば、かなり大きくて有名な会社と言えますけど、この松竹に就職したいと思っている人もいるはずです。松竹の就職の難易度はどれくらいなのか?というのは多くが気になると思いますから、そういった部分に関して知っておきましょう。この松竹の就職の難易度を調べるときには、本来であれば倍率が重要と言えます。松竹の就職における倍率をチェックすることで、その難易度を理解することができるのです。しかし、松竹の就職の倍率に関しては正確な数字が見当たらないのです。だから、そういった倍率から松竹の就職における難易度を調べるのは難しいです。ただ、他にも重要な部分があります。それは学歴フィルターの有無です。

 

・松竹の就職では学歴フィルターはあるのか?

松竹の採用試験の難易度に関しては、学歴フィルターにかかわる部分を知っておかないといけません。ただ、松竹の就職の倍率が分からないので、そういったものから調べることができません。倍率は不明となっているので、松竹の就職の採用実績校から調べていきましょう。採用実績校を見ると、いろいろな大学名が載っていますけど、そういった中には大東亜帝国レベルと同等と思われる大学名も見つかるので、そういったところから推測すると、松竹の就職では学歴フィルターは恐らくないと思います。倍率は具体的には分かりませんが、採用実績校をチェックすると、恐らく学歴フィルターはないでしょう。

 

ただ、学歴フィルターがないといっても、松竹の就職では学歴や大学名はチェックはしていると思います。したがって、そういう部分が全く関係ないということはないと思うのです。松竹の就職では学歴や大学名をチェックして、さらに他にいろいろなものをチェックして、それで合否を出しているのだと思われます。したがって、松竹の就職では学歴や大学名も見ているでしょうけど、それ以外にも見ている部分があるのです。特に松竹の就職の面接対策に関しては重要です。志望動機や自己PRなどを考えていきましょう。面接での出来というのは合否に大きくかかわってきますから。松竹の就職の評判に関してもチェックしておいてほしいと思います。社員の口コミなどを見ながら、会社の実態を詳しく調べておくということはどうしても必要なのです。自分が入社するかもしれない会社に関してはやはりしっかりと詳しく知っておいて、納得したうえで受けてほしいと思います。松竹の仕事は激務なのか?ということをちゃんと理解したうえで、受験をしていきましょう。

 

・松竹の就職の評判はどうなっている?

松竹の就職の評判に関して見ていきましょう。松竹の社員の口コミをチェックしていきたいと思います。松竹の平均年収からチェックをしていきたいと思います。松竹の平均年収は約800万円となっているので、それなりに高いのです。平均年収については、ある程度満足できる状況があるのではないでしょうか?ただ、働き方に関する口コミなどを見ていかないといけません。1日の平均の労働時間はどうなっているのか?というと、8~9時間となっているのです。したがって、激務という雰囲気はないです。ただ、口コミを詳しく見ていくと、部署によって違うみたいです。全体としては労働時間はそんなに長くはないものの、部署によっては残業時間が月に100時間あるということも言われています。だから、人によっては激務ということもあるのでしょう。でも、逆に言えば楽な部署もあるということになるでしょう。そういったところがまず言われているので、松竹の就職の評判として頭に入れていく必要があります。

 

そして、忙しい部署では休日出勤もそれなりにあるみたいなので、休日に関しても忙しい、仕事で潰れるということがあるのです。休日に関しても、人によって状況は異なっているようで、普通に休むことができるという口コミもありますから、こういったところも部署によって差があるということなのでしょう。年末年始や夏季休暇はそれなりに長くとれるという口コミがあり、休日に関しては忙しい人もいますけど、悪くない状況とも言えると思います。ちなみに残業した場合には残業代はちゃんと全額出るようになっているみたいです。こういったところは当然とは言えるものの、そうではない会社もあると思いますから、松竹の就職の評判として頭に入れておきましょう。こういったところが松竹の会社としての実態となっているのです。そこまで激務な感じではないので、それなりに働きやすいのではないでしょうか?松竹の採用試験の難易度と言うのも重要ですけど、やはり会社の評判に関してもチェックしておいてほしいと思います。自分が入社するかもしれない会社に関してはしっかりとチェックをして、それで納得をしたうえで、受験をしてほしいと思っています。

 

あわせて読みたい記事