リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

卒論の参考文献の数はいくつ?どれくらい必要?選び方や探し方のポイントは?

【スポンサードリンク】

卒論と言えば、参考文献は確実に必要となるものでしょう。参考文献を見ずに卒論を書きあげる学生はまずいません。そして、参考文献の数というのは卒論の評価にかかわってくる可能性があります。多くの大学生が卒論の参考文献はどのくらい必要なのか?いくつ読めばいいのか?という疑問を持っているでしょう。数に関して正解はありませんが、基本的には卒論の参考文献の数は多少なりとも多い方がいいでしょう。やはり卒論の参考文献に関して、ゼミの教授が気にしている可能性があるのです。本来は参考文献をどのくらい読むか?というのはどうでもいいというか、そんなにこだわる部分ではありません。しかし、中には卒論の参考文献が少ないと思う教授もいます。こんなに少ないのは問題だと感じる人がいるのは事実なので、卒論の参考文献は少ないよりは多い方がいいということで、覚えておいてほしいです。卒論の参考文献は同じ本というか、同じ著者のものであっても構わないと思います。そして、卒論の参考文献の選び方や探し方に関してもしっかりと知っておきましょう。

 

・卒論の参考文献はどのくらい読めばいいのか?

卒論の参考文献はどのくらい読むべきか?これに関しては、すでに話したように正解はありません。どれくらいか?という目安を出すのは難しいです。でも、平均の数は出すことができると思います。平均としては30~50冊くらいの間ではないか?と思います。したがって、卒論の参考文献はどれくらい読めばいいのか?では、この平均は参考にしていきましょう。この平均の数字がどのくらいの信ぴょう性があるのか?も微妙ですけど、そのくらい読んでおけば、卒論の参考文献として少ないこともなく、多いこともない状態だと思うのです。多い人は200冊とか聞いたことありますし、少ない人は1桁というケースもあるようです。その平均がどのくらいか?というと、こういう数字になっています。ただ、全体の卒論の分量によって、ここは変わります。指定された文字数によって、全体の分量が変わり、卒論の参考文献の数も変化するはずです。だから、一概に卒論の参考文献の平均の数を出して、多い、少ないと語ってもあまり意味はないかもしれないです。卒論の参考文献の数はいくつがいいか?では、そこも知っておいてほしいです。

 

卒論では参考文献が確実に必要ではあるものの、結果的にあまり使わない人もいます。逆に同じ本、同じ著者の参考文献を読みまくって、どんどん増えていく人もいます。だから、卒論の参考文献はいくつ読むか?に関して、人によってかなり違いがあると思っておきましょう。進捗度合いなどによって、卒論の参考文献はどれくらい必要か?は変わってきます。卒論の参考文献は何冊読んでいるのか?についてはむちゃくちゃ格差があるということです。だから、平均の意味もあまりないとは言えますが、30~50冊くらいが一応目安だと思います。卒論の参考文献は何冊読むか?に関して、本来は意識する必要はないと思いますけど、教授によっては意識した方がいい場合があります。本来は何冊読もうがどうでもいいんですよ。中身が重要なのですから。しかし、卒論の参考文献は何冊読んだか?どのくらい参考にしたのか?に関して重要な場面があります。先ほどもちょっと触れましたが、教授の中には参考文献の数を評価に加える人がいる可能性があります。だからこそ、そこを意識しておくというのも卒論の参考文献はいくつ読むか?という部分において、実は重要と言えるのです。

 

・卒論の参考文献が少ないと評価を下げる、合格を与えない教授がいる

卒論の参考文献は何冊読むべきか?は本当は重要ではありませんが、数が重要と考えている教授が一部いるはずです。したがって、卒論の参考文献はどれくらい読むべきか?では、その部分は考慮しないといけないのです。実際、いくつ読んでいるか?重視するような、そういった教授のゼミに所属しているケースでは、ある程度の数を読んでいないと、評価が下がる可能性があります。だから、参考文献はいくつ読むと良いのか?については、平均を目標にするということは重要ということです。平均程度の数を読んでいれば、十分と言えるはずですし、評価に影響することはないでしょう。卒論の参考文献に関してはそういう側面も少なからずあるということです。ちなみに卒論の参考文献の選び方に関しては、これは難しいです。というのも、自分の書いている卒論のテーマに沿って探すことになりますけど、何が役立つか?分からない面があります。ちょっとテーマからずれていると思う本に、意外なことが書かれているということがあるのです。そういった面が選び方にかかわってくるわけです。だから、卒論の参考文献の選び方に関しては、あまり細かい基準を設けずに広くいろいろなものを当たってみると良いでしょう。したがって、結果的に読まないといけない本は膨大になる可能性もあるということです。卒論の参考文献の探し方はこだわりすぎない方がいいということです。

 

そういう作業が必要なので、結局参考文献として何冊書くか?については、多くなってしまう人が多いと思うのです。探し方は人それぞれではありますけど、結果的に多くの本を読んでいかないといけないため、そういう部分をきちんと頭に入れながら、卒論を書いていきましょう。卒論を執筆する日は毎回何らかの参考文献を当たるということを日課にしていくべきです。ちなみに卒論の参考文献の選び方に関して、有名な著者を優先的に選ぶ必要はないです。有名な方がいいのでは?と思うかもしれませんが、自分の卒論を書くにあたって、ヒントとなるような、影響を与えるような記述は、有名、無名は関係なく存在する可能性があります。むしろ有名な著者の本は多くが読んでおり、それを参考に書くと、他人と似たり寄ったりの内容になりやすいです。だから、卒論の参考文献の探し方において、有名な著者であることは必要ないです。そういったことをを卒論の参考文献の探し方に関して知っておくと良いと思います。広くいろいろな本を読んでいくことで良いと思います。

 

あわせて読みたい記事