リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

公務員試験

都庁の面接カードの内容や項目と書き方、志望動機、やってみたい仕事の考え方

東京都庁Ⅰ類Bの採用試験では、筆記試験に合格すると、その後には面接が待っています。面接試験は2015年から1回になりました。以前は2回あったんですけどね。そして、その面接回数の変更に合わせて、それまでの都庁の面接カードの内容が変わったのです…

警視庁の面接対策はいつから?嘘はOK?面接カードはいつ書く?内容や項目は早く調べておこう

警視庁の採用試験は一次試験の筆記試験に受かると二次試験で面接があります。この面接では事前に面接カードを書いて、それをもとに面接をすることが一般的です。警視庁でもそのパターンになっているようで、面接の質問もその面接カードをから中心に聞かれる…

大阪市の面接やエントリーシートの公務員の志望動機や自己PRの考え方

大阪市の公務員試験を受ける方にとって必要な志望動機の考え方というのは、また難しいものがあると思いますが、大阪市がそもそもどういう人材を求めているのか?それを理解するところから始まると言えるでしょう。大阪市ではどういう人たちに公務員として働…

大阪府の大卒程度の公務員試験の難易度は人物重視だが、倍率は高くない

大阪府の公務員試験の難易度は全国的に見ても高いと思われるかもしれません。大阪府は全国の都道府県の中でも、かなり大きいですし、大阪市との二重行政が指摘されている中、ともに存在感がかなり大きいですからね。大阪府は関西の公務員試験の試験種の中で…

埼玉県庁の公務員試験の難易度は?倍率から言うと人物重視?筆記のボーダーは?

埼玉県庁の公務員試験は、毎年結構多くの採用予定者数となっており、150人前後くらいは採用されるようです。これは一般行政職の話になりますけど、かなり多いという印象ではないでしょうか?埼玉県はかなり大きい自治体なので、これくらいは普通かもしれ…

警察官の面接の自己PRの考え方の例として責任感、正義感、体力はありか?

警察官になりたい!という思いは警察官の採用試験を受ける方であれば、多くが思うでしょう。しかし、そういう思いを面接などでどう表現していくか?ここが大切になります。ここが上手くできないと、警察官になりたい!または自分は警察官になって人々の役に…

神奈川県庁の大卒行政職の公務員試験の難易度、倍率、筆記のボーダー等について

関東地方の自治体の公務員試験の中では、神奈川県庁というのが1つ人気になります。神奈川県は6月に行っている地方上級で公務員を採用していますが、今は11月とかにも公務員の採用試験があります。11月の方は結構倍率も高くなりやすいので、難しいとさ…

警視庁などの警察官の面接試験の服装はクールビズ可?ネクタイや上着は着ない、脱ぐのはありか?

警察官の面接試験って、凄い厳格なイメージがあるかもしれません。実際、どうなのか?は何とも言えませんが、警察官はどこも面接重視なので、面接で全てが決まると言っても過言ではないかもしれません。それくらいに筆記試験は足きり同然のような感じがある…

警視庁の警察官になりたい理由、面接対策での志望動機の書き方の例

警視庁の警察官を受ける場合、どういった志望動機を用意すれば良いのでしょうか?警視庁の警察官の志望動機の書き方としてはいろいろなものがあると思います。その前に、警視庁は東京都の県警といった扱いですが、警察庁と名前が似ています。警察庁は47都…

警視庁など警察官の筆記試験、一次試験の服装はスーツか?私服か?

警視庁とか、都道府県警察を受けるときの筆記試験の服装って気になりますよね。これって、別に正解はありません。私服、スーツ両方ありえます。面接試験は全員スーツになるでしょうが、筆記試験は両方いますよ。警察官の筆記試験は、どうなんでしょうね?ス…

倍率の低い特別区で面接落ち、二次試験で落ちる人の特徴や原因

特別区において、二次試験落ち、面接落ちする人は結構います。特別区の二次試験の人事院面接は、倍率は結構低いのです。だから、油断まではいかなくても、普通にやっていれば受かるだろうと思っている人もいるかもしれません。2ちゃんねるの特別区のスレッ…

警察官の面接で厳しい圧迫面接は受かるフラグで、和やかは落ちるフラグは本当か?

警察官の面接って、結構厳しいことが多いとされています。全部が全部じゃないにしろ、警察官は離職率がどうしても高いので、ストレス耐性を見る意味やすぐに辞めないか?逃げ出さないか?という部分を特にチェックしないといけないのです。採用試験自体も税…

就活や公務員試験の面接時間が長いと採用フラグ?短いと落ちるフラグ?

就職活動や公務員試験において、面接時間の長さが合否に関係あるんじゃないか?と思っている方もいるかもしれません。こういった面接の時間が長いと受かるフラグなのか?身近一途落ちるフラグなのか?ということはよく言われていますが、実際、相関関係はあ…

数的処理がわからない、苦手でも食塩水の濃度、ニュートン算、うそつき問題は解きやすい、簡単かも

公務員試験の数的処理の中で、割と解きやすい問題というのがいくつかあると思います。数的処理は全体として苦手だとか、できないと思っている人もいるかもしれませんけど、分野によっては結構解きやすい問題もあります。私もやってみたことありますが、ちょ…

公務員試験や就活での長所、短所は何か?の質問で避けた方が良い答え方、考え方

公務員試験や就職活動において、間違いなく効かれる可能性が高い質問の1つが長所と短所です。悩む人も多いんですよね。ただ、この長所と短所は、結局理由が大切であって、長所や短所そのものはそこまでこだわっていないのではないか?と思います。よほどの…

就活や公務員試験の面接で重要な身だしなみ!ルックスや見た目で外せない部分は?

公務員試験の面接をするにあたっては、非常に身だしなみが重要と言われています。公務員試験や就活の面接では見た目の印象が合否結果に影響を与えるからでしょう。身だしなみや見た目などの要素は、それを合否の材料に使うことが妥当か?どうかは別として、…

警視庁の警察官で教養試験や漢字の国語試験で足きりはあるのか?

警視庁の警察官になるための採用試験では、一次試験で教養試験と漢字テストの国語試験、論文試験、適性試験などが行われます。それとは別に資格や表彰されたものがあれば、それも加味されるようですね。警視庁では、基本的には人物重視なので、二次試験が本…

国税専門官の面接で受かる人、落ちる人を分ける質問は志望動機の信用力

国税専門官の面接では、ある1つのポイントがあると思います。それは面接で、面接官が実際にそこを執拗に聞いてくる可能性もあるわけですが、そもそも何で国税専門官を受けようと思ったのか?という点です。これはいわゆる志望動機になりますが、国税専門官…

就活や公務員の圧迫面接は落ちる、不合格フラグではなく合格フラグ!

公務員試験や就職活動で圧迫面接が来たら、どう思いますか?ピンチ!と思いますか?チャンスと思いますか?あまりチャンスと思える人はいないかもしれませんね。しかし、圧迫面接は、企業にとってはリスクです。それは間違いなく嫌な思いをさせてしまうこと…

市役所や県庁の面接対策で聞かれること、頻出質問と回答例の考え方

公務員試験で市役所や県庁を受ける方も多く入るでしょう。横浜市や大阪市、京都市などの地方上級の大都市だけではなく、それ以外の中核市や特例市などの比較的中規模か、小規模の市役所を受けるときにも共通なのですが、ある1つの質問を受けることがありま…

特別区Ⅰ類では教養試験が足きりだと論文が採点されないこともある?

特別区の採用試験では、一次試験に教養試験と専門試験、そして論文試験があります。この中で論文は非常に重要な位置を占めており、これができていないと、一次試験の合格が非常に難しくなるとされています。したがって、なんとかしてこの論文で高い点数をと…

特別区の面接で落ちる人、受かる人の特徴と失敗しないための対策

特別区Ⅰ類の面接試験は、従来2回だったのが1回に変わったため、難易度も変わったかもしれません。下がったのか?上がったのか?は何とも言えませんが、2回から1回になると、単純に挽回のチャンスがなくなってしまいますが、1回目で成功した人は、2回目…

併願が不可の特別区と都庁の違いは?難易度はどっちが易しい?

公務員試験における特別区と東京都庁は、メジャーであり、多くの受験生が挙って受けている試験種になります。この2つはどちらも東京都内で働く職員を募集する試験で、同日開催になるので、基本的に特別区と都庁は併願ができません。特別区と都庁の事務職の…

国税専門官の面接で頻出の質問は?よく聞かれる質問の軸に据えるべきこと

国家公務員の試験の中では、特に人気も高いのが国税専門官になります。国税専門官は、財務専門官や労働基準監督官と同日程ですし、かつ特別区と東京都とも同じ日程なので、以前よりも受験者数は減少したと思いますが、それでも多くの方々が毎年受験してくる…

横浜市の公務員試験の面接内容と頻出の質問、聞かれることのまとめ

横浜市は、日本の市町村の中で1番大きな自治体であり、ここが募集する公務員試験の採用人数は相当多いです。そのため、全国から応募者が殺到し、受験者数も多くなります。横浜市は採用人数も多いので倍率はそこまでは上昇しないものの、筆記試験から難関で…

公務員試験の勉強とバイトやサークルの両立は可能か?辞めるべきか?

公務員試験を受ける方は、まず何よりも勉強をしないといけません。筆記試験はほぼどの試験種を受けても存在するので、そのための勉強は必須と言えるでしょう。勉強期間はかなり見積もった方が良いですが、そのときには大学での勉強もありますし、そちらもち…

公務員の自然科学の数学、化学、物理は苦手なら捨てる勉強法も良い

公務員試験の教養科目の中で特に勉強が難しいのが自然科学だと思います。自然科学は、どうしても文系の受験生が多い中では、やりづらい。やる気が起きないという方が多いと思います。公務員試験の自然科学はどれも苦手な受験生が多く、特にどれが苦手なんで…

高卒、大卒、経験者採用の公務員試験の筆記と面接の難易度の違い

公務員試験は主に、高卒、大卒、経験者採用があります。これらの違いって、一体何を意味しているのでしょうか?経験者採用はなんとなく分かりますかね?これは民間企業で働いていた人間を新たに採用するという試験で、主に民間企業で正社員として働いていた…

公務員試験の面接対策はいつから?対策しないで臨むのはマズイ?

今後、公務員試験を受験していく大学生なども多くいると思いますが、まずは筆記試験の勉強をしていかないといけないものの、その後は面接が必ずあるはずなので、いずれはそういうことも考えていかないといけないでしょう。一次試験は筆記試験なので、それを…

地方上級に受かるには1日の勉強時間や期間はどれくらい必要なの!?

公務員試験を受験される方は、多くが受けると思うのですが、それが地方上級の試験になります。地方公務員の試験の中のメインといっても良いものかもしれません。特別区や東京都もありますが、この地方上級は、都道府県、政令指定都市レベルの大きな自治体が…