リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

東京ドームの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

東京ドームの就職の難易度はどうなっているのか?プロ野球の試合を含めて、いろいろなイベントで使用される場所であり、多くの人たちにとってなじみの深い場所だけに東京ドームというのは就職における人気が高い施設のはずです。東京ドームの就職の難易度をまず調べていきたいと思うのですが、東京ドームの就職における倍率が見つからないのです。東京ドームの就職の倍率を調べれば、難易度を理解することができるのですが、そういった倍率に関して記載がないので、東京ドームの就職の難易度をチェックすることは難しいです。しかし、他にも重要な面があります。それは学歴フィルターの有無です。

 

・東京ドームの就職では学歴フィルターはあるのか?

東京ドームの採用試験の難易度に関しては、学歴フィルターに関しても知っておく必要があります。東京ドームの就職の倍率を知ることができれば、そこから推測することも可能ですが、倍率が分からないということで、別の要素からチェックをしていきたいと思うのです。それは採用実績校です。東京ドームの就職の採用実績校を見れば、ある程度の判断ができます。東京ドームの就職では学歴フィルターがあるのか?の判断がしやすいです。実際、採用実績校はどうなっているのか?というと、有名大学のみが載っている感じです。最もランクが低い大学名で日東駒専レベルなので、学歴フィルターがないとは断言できません。ただ、学歴フィルターを実施している企業の割合は相当低いでしょう。したがって、学歴フィルターがないとは言えないものの、ない可能性の方が高いとは思うのです。

 

しかし、学歴フィルターがないとしても、東京ドームの就職で学歴や大学名を実施していないとは言えません。そういったものを見ている可能性は大いにあるでしょう。東京ドームの就職では学歴や大学名を含めて、いろいろな要素をチェックして、総合的に合否を判定しているはずです。だから、学歴や大学名も関係はしていると思います。でも、他にも重要な部分はあるので、それ以外も重視していかないといけないのです。東京ドームの就職の面接対策は特に重要で、東京ドームの志望動機や自己PRなどをしっかりと考えていきましょう。東京ドームの就職の評判に関しても知っておいてほしいと思いますから、社員の口コミを紹介していきます。そういったものを見て、会社の実態というものを理解してほしいです。東京ドームの仕事は激務なのか?ということはちゃんと調べてから、受けていくようにしましょう。

 

・東京ドームの就職の評判はどうなっている?

東京ドームの就職の評はどうなっているのか?社員の口コミを紹介していくので、そういった部分からチェックしていきましょう。まずは東京ドームの平均年収についてです。平均年収はおよそ600万円弱くらいとなっています。したがって、それなりに高いのです。そして、重要な口コミとして、残業がほぼないということが言われているのです。したがって、激務の可能性は低いでしょう。部署によるということはあると思いますけど、忙しいと感じる可能性は低いです。一応、現場で働いている日は忙しい場合があるようですが。これは仕方ないでしょう。東京ドームの場合にはサービス業の側面があるので、休日がとりづらそうというイメージがあるかもしれませんけど、口コミを見る限りではそうでもないようです。ゴールデンウィーク期間中に普通に休むことができるようなので、意外と休日はとりやすいみたいです。内勤の人であれば、10連休が可能な年もあったとされているので、休日に関してはかなり評判がいい状態です。現場で働いている人に関してもそれなりの連休はとりやすいようです。激務になりづらくて、ちゃんと休める環境というのは魅力的だと思いますね。

 

残業はほとんどないとなっていますが、仮に発生したとしても残業代はちゃんと出るようです。そういう意味では、信頼もそれなりにおける企業と評価できるでしょう。そして、有給休暇に関しては気になる人も多いと思いますけど、これもとりやすいみたいです。10連休をとれる会社なので、当然かもしれませんが。東京ドームでは出勤や退勤時間がそれぞれで異なっている側面があるようで、それはシフト制を敷いているからみたいです。そういったところも東京ドームという会社の特徴になります。東京ドームの就職の評判はこういう感じとなっており、簡単に紹介してみましたけど、全体的には評価は高いです。東京ドームの仕事は激務にはなりづらそうですから、社員としては満足している人が多いように感じます。東京ドームの採用試験の難易度も重要ですけど、こういった会社の実態を知っておくことも重要です。したがって、東京ドームの就職の評判もちゃんと理解したうえで受験をしていきましょう。

 

・就活で内定をとるために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるため、それは結果的に自分に対して関心を持ってもらうことができなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。

 

しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に興味を抱いている事実が確定します。だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事