リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

日本大学と専修大学のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

【スポンサードリンク】

日本大学専修大学はどっちが上か?同じ日東駒専に属する大学ではあるものの、微妙に難易度は違います。日本大学専修大学の偏差値を比較すると、文系学部に関しては多少日本大学の方が上です。専修大学に関しては理系がほぼ存在しないので、今回は文系学部のみでどっちが上か?を考えていきたいと思います。日東駒専でも十分に難しい時代なので、日本大学専修大学はともに頭いいという印象を持っている人が多いと思います。ただ、実際はどんな感じなのか?について細かく比較をしていきたいと思います。日本大学専修大学の偏差値やレベルを比較すれば、どっちが上か?は判断しやすいですから。また、それぞれのイメージや雰囲気の違いも調べておくと良いと思います。

 

日本大学専修大学の学部ごとの偏差値の違いは?

日本大学専修大学はどっちが上か?を考えるときには、偏差値やレベルを見ておくと良いです。学部ごとに河合塾の個別日程の偏差値を比較していきたいと思います。まずは文学部からです。日本大学文理学部が47.5~57.5となっています。したがって、かなり幅があります。ただ、日本大学文理学部は理系も含んでいるので、そこが影響しているのでしょう。専修大学の文学部は52.5~57.5となっています。やや専修大学の方がレベルが高いです。次は法学部ですが、日本大学の法学部が50.0~55.0で、専修大学の法学部が55.0です。したがって、法学部に関しても偏差値は専修大学の方が高いです。経済学部はどうなっているのか?というと、日本大学の経済学部は55.0で、専修大学の経済学部は50.0~55.0となっています。経済学部についても日本代が方が難しいと言えるでしょう。次は商学部になります。日本大学商学部は55.0で、専修大学商学部は52.5~55.0です。したがって、商学部は多少ですけど日本大学の方が偏差値が高いです。

 

ちなみに専修大学には経営学部もあり、こちらは52.5~55.0となっています。専修大学では商学部経営学部は難易度はほぼ同じです。文系学部に関しては一通り比較をしてきましたけど、こうして見るとそこまで変わらない印象でしょう。日本大学専修大学の偏差値やレベルは割と近いです。微妙に日本大学の方が難易度は高い印象ですけど、大雑把に評価すれば、日本大学専修大学はどっちが上か?というと、難易度はあまり変わらないです。両者とも頭いい印象はありそうですけど、どっちが頭いいか?というと難しいです。イメージとしては日本大学の方が難しいと思っている人は多そうですけど、文系だけを比較すればあまり変わりません。ただ、日本大学は理系がメインのようなところもあるため、文系で比較するのは不利な面もあるでしょう。その不利な文系でほぼ同じならば、大学としては日本大学の方が上という見方の方が妥当かもしれません。難易度についてはそういう感じですが、偏差値とは別の部分も違いを知っておくと良いです。日本大学専修大学のイメージや雰囲気の違いがありますから、そこも踏まえてどっちがいいか?を考えていきましょう。まずはキャンパスライフの雰囲気などを比較していくと良いと思います。

 

日本大学専修大学のイメージや雰囲気の違いは?

日本大学専修大学の難易度については違いはあまりないです。しかし、イメージや雰囲気はどうでしょうか?実際にキャンパスライフを送る際に違いが感じるのでしょうか?最も大きな違いはキャンパスに関してでしょう。文系に関しては、日本大学は都心に近いところにありますが、専修大学はメインキャンパスは神奈川県です。いくつかの学部で都心に近いところにありますが、多数派としては神奈川県の川崎市のキャンパスになるので、そこで雰囲気に違いがあるでしょう。だから、都心でのキャンパスライフを憧れている人にとっては、日本大学か、専修大学の一部の学部ということになります。ただ、日本大学は法学部と経済学部はいわゆるビルキャンである、キャンパスという雰囲気ではありません。専修大学も法学部、商学部、国際コミュニケーション学部に関してはビルキャンの雰囲気です。ただ、残りの文学部、経済学部、経営学部、人間科学部、ネットワーク情報学部に関しては一般的なキャンパスなので、そこの違いはあると思います。学部ごとに違いがありますけど、日本大学専修大学のイメージや雰囲気を比較すると、そこの違いは大きいのではないでしょうか?

 

日本大学専修大学で就職に違いはある?

日本大学専修大学での就職の違いはあるのか?というと、偏差値やレベルはほぼ同じですから、明確な違いは考えづらいです。ただ、日本大学の社会での影響力の大きさを鑑みると、日本大学の方が有利と言える面はなくはないです。どうしても相対的に専修大学の方がOBやOGの数は少ないですから。そして、そういった面は如実に就職の結果に関係してきます。だから、日本大学専修大学は偏差値やレベルはほぼ同じですが、日本大学の方が一般的には有利でしょう。専修大学は就職課の評判がよく、かなり面倒を見てくれるということも言われているので、専修大学にもいいところはありますけど。トータルで見れば、日本大学をおすすめする人が多いのではないか?と思います。日本大学専修大学はどっちがいいか?に関してはそういった面でも重要ですから、就職に関しても考慮したうえで選んでいくと良いでしょう。日東駒専の難化にともない、日本大学専修大学も頭いいという印象は人事にあるはずなので、この2つの大学ならばそれなりに評価してもらえるでしょう。日本大学専修大学の偏差値やレベルを比較しながら、イメージや雰囲気の違い、そして就職における有利、不利についても考えたうえでどっちがいいか?を最終的に考えると良いと思います。

 

専修大学の大学案内が無料で請求できる!

専修大学に入りたい人、受験するかもしれないと考えている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。日本大学は有料ですが、専修大学は無料で取り寄せることができます。ここで請求可能な資料というのは、専修大学の入試情報や学生生活に関する大学案内となっているのです。入試情報に関しては、専修大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しくまとめられています。そして、過去の入試結果から専修大学の倍率や合格最低点も載っているでしょう。したがって、かなり貴重な資料と言えるのです。また、学生生活の情報に関しては、専修大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?に関して、学部学科ごとに詳しく説明されていると思います。これを読めば、自分が専修大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった魅力も感じ取れる可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「専修大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると、自宅に届くのです。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事