リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

明治学院と日本大学のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

【スポンサードリンク】

明治学院大学日本大学はどっちが上か?どっちを選ぶべきか?というのは、もしかしたら悩むことがあるかもしれません。どちらかと言えば、前者の方がレベルが高い印象かもしれませんが、日本大学のも偏差値が高まってきています。一般的には明治学院大学の方が偏差値やレベルが高いイメージがありますけど、学部によっては日本大学の方が難易度が高いなんてこともあるかもしれません。特に文系学部であれば、普通に日本大学も難易度は高いと言えるでしょう。明治学院大学日本大学の偏差値を比較すると、どっちが上か?はある程度把握しやすいはずです。したがって、学部ごとに偏差値の違いを見ていきたいと思います。あとは明治学院大学日本大学のイメージや雰囲気の違いも認識しておきましょう。やはりそれぞれのイメージや雰囲気によって、どっちがいいか?選ぶべき大学が決まってきますから。まずは河合塾の偏差値から両者の難易度を比較していきます。

 

明治学院大学日本大学の学部ごとの偏差値の比較

明治学院大学日本大学の偏差値やレベルについて見ていきますけど、どっちが上か?というと、イメージでは明治学院大学でしょう。実態はどうなっているのか?3科目個別日程の偏差値を見ていきます。まずは文学部ですが、明治学院は55.0~57.5、日本大学は47.5~57.5です。日本大学文理学部となり、理系の学科も含まれているので注意です。そこを考慮すると、あまり変わらないとも言えそうです。次は法学部ですが、明治学院大学は55.0~57.5で、日本大学は50.0~55.0です。したがって、法学部に関しては明治学院大学の方が偏差値が高いです。経済学部に関しては、明治学院大学が57.5で、日本大学が52.5~55.0となっています。経済学部に関しても明治学院大学の方が高いです。比較できそうなのはこういったところでしょうか?

 

明治学院大学の国際学部と日本大学の国際関係学部も比較可能ではありますけど、後者に関してはキャンパスが静岡県なので、立地の面では明らかに不利であり、比較するまでもないという状況です。日本大学は理系が充実してますけど、明治学院大学は理系がありませんから、比較はこういった感じになってしまいます。明治学院大学日本大学はどっちが上か?というと、文系は明治学院大学になるでしょう。全体的に偏差値が高いです。理系に関しては日本大学しかないですけど、文系であれば明治学院大学を選ぶ人は多いでしょう。明治学院大学は高学歴か?は微妙ですけど、頭いいイメージを持つ人も多いでしょう。最近は私大難化により、日東駒専もかなり難易度が上がりましたから、日本大学も頭いいというイメージが定着しそうな気はしますが。明治学院大学日本大学の偏差値やレベルの比較はしましたけど、それ以外の部分でも重要な面があります。やはりそれぞれの大学のイメージが異なっているので、そういった点を見ておきましょう。そして、就職における違いなども考えていくと良いです。

 

明治学院大学日本大学のイメージや雰囲気の違いは?

明治学院大学日本大学ではやはり規模が違います。それこそがイメージの上での大きな違いと言えるでしょう。キャンパスライフの雰囲気にも影響しそうです。ただ、日本大学の場合には学部ごとにキャンパスがバラバラです。文系で言えば、文理学部、法学部、経済学部、商学部、国際関係学部、危機管理学部は別々の場所にキャンパスがあるので、それぞれの就学するキャンパスにおいて、規模はそこまで感じられません。むしろ、明治学院大学の方が賑やかな感じがするでしょう。そこも含めて、明治学院大学日本大学はどっちがいいか?を考えるべきです。多くの学部が同じキャンパスで学ぶわけですから。だから、ここは明治学院大学日本大学の大きな違いになると思います。キャンパスライフを送るうえで雰囲気として違いがあるので、明治学院大学日本大学の比較をするうえでは覚えておきましょう。あとはやっぱり知名度でしょう。明治学院大学の場合、スポーツで話題になることがほとんどありません。日本大学はいろいろなスポーツで話題になりやすいため、そこでの知名度の差は大きいです。明治学院大学も全国的に見れば有名な方だとは思うものの、日本大学と比べると知っている人は少ないかもしれません。明治学院大学日本大学は偏差値やレベルの違いはさほどないですが、イメージや雰囲気の違いはそこそこあると言えるでしょう。

 

明治学院大学日本大学では就職の違いはある?

明治学院大学日本大学では就職における違いはあるのでしょうか?難易度の差は微妙なので、大きな違いはなさそうですが。明治学院大学日本大学の場合には、1番大きな違いはそのOB、OGの数であり、日本大学の出身者が全国にたくさんいるわけで、それによって採用が有利になる可能性はあります。いろいろな企業に日本大学の出身者がいれば、採用する側としても安心感はあるのです。相対的に明治学院大学の出身者は少ないので、その点で言えば日本大学の方が有利でしょう。偏差値やレベルは多少高いとはいえ、明治学院大学の方が有利になる面はあまり思いつきません。学歴フィルターに関しては、両方ともほぼ同じ扱いだと思います。学歴フィルターの基準が日東駒専またはMARCHと言われているので、日東駒専がボーダーラインであれば両方ともセーフ、MARCHがボーダーラインであれば両方ともアウトとなります。したがって、就職において明治学院大学日本大学はどっちがいいか?というと、日本大学の方がいいかもしれません。ただ、大きな違いはないのではないでしょうか?人事としても、近年は首都圏の有名大学が難化しているのを知っていますし、明治学院大学日本大学は頭いいというイメージがあると思うので、そういったところで就職ではそれなりの結果を出しやすい学歴だと思います。

 

明治学院大学日本大学の大学案内が請求できる!

明治学院大学日本大学に入りたい人、受験するかもしれないと考えている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。ここで請求可能な資料というのは、明治学院大学日本大学の入試情報や学生生活に関する大学案内となっているのです。入試情報に関しては、明治学院大学日本大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しくまとめられています。そして、過去の入試結果から明治学院大学日本大学の倍率や合格最低点も載っているでしょう。したがって、かなり貴重な資料と言えるのです。また、学生生活の情報に関しては、明治学院大学日本大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?に関して、学部学科ごとに詳しく説明されていると思います。これを読めば、自分が明治学院大学日本大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった魅力も感じ取れる可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓にそれぞれ「明治学院大学」、「日本大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると、自宅に届くのです。有料である可能性もありますが、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事