リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

明治大と中央大のレベルはどっちが上?頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違いは?

【スポンサードリンク】

明治大学中央大学はどっちが上なのか?一般的なイメージだと、明治大学になりそうです。ただ、この2つの大学の難易度に関して、実際はどうなっているのか?に関して詳しく知っておきましょう。それぞれの学部の偏差値やレベルをチェックすると良いと思います。MARCHに属している大学なので、明治大学中央大学はともに頭いいイメージは世間一般であるとは思いますけど、明治大学中央大学の難易度についてこの際に把握しておきましょう。そして、明治大学中央大学はどっちがいいか?に関しても考えていくべきです。明治大学中央大学の偏差値やレベルを比較しながら、それぞれのイメージや雰囲気の違いも理解しておくといいと思います。

 

明治大学中央大学の学部ごとの偏差値の違い

明治大学中央大学河合塾の個別日程の偏差値を参考にしていきたいと思います。それぞれの大学の学部ごとの難易度を知っておきましょう。まずは文学部からです。明治大学は60.0~65.0で、中央大学は57.5~62.5です。文学部に関してはやはり明治大学の方が偏差は高いです。法学部に関してはどうなっているのか?というと、明治大学が60.0~62.5で、中央大学が57.5~65.0です。法学部に関しては割と難易度は近いと言えそうです。次は経済学部’(政治経済学部)ですけど、明治大学が62.5~65.0で、中央大学が60.0~62.5です。商学部に関しては、明治大学が62.5~65.0で、中央大学が57.5~60.0です。この2つの学部については、やはり明治大学の方が難しいと言えます。それ以外では明治大学の国際日本学部と中央大学の国際経営学部比較しておきます。明治大学国際日本学部は62.5で、中央大学国際経営学部が60.0~62.5です。そして、明治大学の情報コミュニケーション学部と中央大学の国際情報学部はそれぞれ62.5~65.0、60.0~62.5となっています。

 

こういった感じで、明治大学中央大学ではどっちが上か?というと、法学部以外は明治大学という感じです。偏差値やレベルについて多少なりとも差がある感じです。ただ、法学部に関しては同じくらいという状況でしょうか?中央大学の法学部は割と有名ではありますけど、現在はそこまで突出した存在ではありません。あくまでも偏差値という基準で言えば、だいぶ影が薄くなっている状況と言えます。ただ、そんな中央大学の法学部は明治大学と一応張り合える存在と言えます。最近はMARCHという言葉よりもSMARTという言葉が使われ始めており、明治大学中央大学は偏差値やレベルの差があるという認識の人も増えてきています。高学歴とか、頭いいという印象はどちらにもあるはずですが、全く同じ評価ではないということでしょう。明治大学中央大学の偏差値やレベルはこういう状況ですが、やはりそれぞれの大学のイメージや雰囲気には違いがあります。そういった部分も含めて比較をしたうえで、明治大学中央大学はどっちがいいか?を考えていきましょう。大学の雰囲気などが違うと、実際のキャンパスライフそれ自体に大きな違いが生まれやすいですから。単純な難易度のみではなく、それぞれの特徴を掴んで、どっちが自分にとって好みなのか?を考えていくと良いと思います。特にそれぞれのキャンパスの立地条件については頭に入れておいてほしいです。

 

明治大学中央大学のイメージや雰囲気の違いは?

明治大学中央大学では大学のイメージや雰囲気に違いがあるでしょう。特にキャンパスの立地条件の違いは大きいです。文系に関しては、明治大学が1、2年が和泉キャンパス、3、4年が駿河台キャンパスです。最寄り駅に関しては、和泉が京王井の頭線明大前駅で、下北沢駅が近く、あとは渋谷駅もそこそこ近いです。駿河台はJR中央線などの御茶ノ水駅で、新宿駅がそこそこ近いです。あとは中野キャンパスもあり、一部の学部が使用しています。こちらはJR中央線などの中野駅となっています。中央大学に関しては、多摩モノレール中央大学・明星大学駅であり、東京都八王子市にあるため、都心からのアクセスはよくありません。ただ、それ以外でも市ヶ谷田町キャンパスを一部の学部が使用しています。基本的には多摩キャンパスとなるため、田舎の雰囲気を感じやすいです。明治大学は都心に出やすく、東京という雰囲気がかなりあるため、そこは大きな違いになるでしょう。理系は明治大学が中野と神奈川県川崎市にある生田キャンパスです。中央大学の理系は東京都文京区の後楽園キャンパスなので、中央大学の理系は場所は割と良いのではないでしょうか?明治大学中央大学の偏差値やレベを比較しながら、こういった部分も把握して、どっちがいいか?を考えていきましょう。

 

明治大学中央大学の就職における違いはある?

明治大学中央大学を比較するうえで、就職に関してはどうなのか?知っておきましょう。就職では割と大雑把に評価されるため、MARCHとして同じレベルと見なされやすい明治大学中央大学の評価はあまり変わらない可能性があります。厳密に言えば、昨今の風潮を見ると、明治大学の方が多少評価されることはあると思いますけど、そこまでの差はないでしょう。OBやOGの数にもあまり差はないと思いますし、全体的に見れば、多少は明治大学の方がいいかな?とは思います。明治大学中央大学はともに頭いい大学と言え、人事の評価も非常に高いのではないか?と思います。MARCHレベルの大学は全国的に見てもかなり優秀な方であり、就活に置いて他大学よりも大学名それ自体の評価が負ける可能性は低いでしょう。だから、就職において明治大学中央大学はどっちがいいか?では、明治大学という結論になりますが、あまり変わらないと思うというのが本音です。

 

中央大学の大学案内が無料で請求できる!

中央大学に入りたい人、受験するかもしれないと考えている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。明治大学は有料ですが、中央大学は無料で請求できます。ここで請求可能な資料というのは、中央大学の入試情報や学生生活に関する大学案内となっているのです。入試情報に関しては、中央大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しくまとめられています。そして、過去の入試結果から中央大学の倍率や合格最低点も載っているでしょう。したがって、かなり貴重な資料と言えるのです。また、学生生活の情報に関しては、中央大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?に関して、学部学科ごとに詳しく説明されていると思います。これを読めば、自分が中央大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった魅力も感じ取れる可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「中央大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると、自宅に届くのです。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事