リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

津田塾大と東京女子のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

【スポンサードリンク】

津田塾大学東京女子大学はどっちが上か?従来であれば、確実に津田塾大学と言えた状況ではあったものの、現在は必ずしもそうとは言えないです。津田塾大学東京女子大学に関しては、難易度の差はごくわずかになってきたという話もあります。確かに以前と比べると、津田塾大学の偏差値やレベルは下がり気味であり、東京女子大学との難易度は小さくなりつつあるのです。だから、現状はどうなっているのか?津田塾大学東京女子大学の偏差値やレベルの差は?という点について確認しておきましょう。頭いい大学同士ではあるものの、お互いのレベルの違いについて気になる人もいると思うので、また、津田塾大学東京女子大学のイメージや雰囲気の違いなども同時に紹介していきます。

 

津田塾大学東京女子大学の学部ごとの偏差値の違い

津田塾大学東京女子大学の偏差値について比較をしていきますけど、河合塾の個別日程のものを使用していきます。どっちがレベルが高いのか?同じ系統の学部で見ていきたいのですが、お互いに学部数が少なくて、しかも完全に一致しているとも言い難い状況なので、そこをあらかじめ考慮したうえで見てほしいです。津田塾大学の学芸学部と東京女子大学の現代教養学部について調べていきますが、前者が50.0~57.5で、後者が45.0~60.0となっています。したがって、全体的に見るとどっちが上とは言い難い状況でしょう。お互いに理系の分野も含まれているので、ちょっと幅広いのですが、この偏差値を見る限りでは、津田塾大学東京女子大学ではどっちが上とは言えない、つまり従来のように津田塾大学の方が確実に上ではないと思われます。

 

ただ、厳密に言えば津田塾大学には総合政策学部もあり、こちらは60.0となっています。だから、総合政策学部も含めれば津田塾大学の方が上という言い方ができそうですが。ただ、以前ほどの難易度の差はないと言えるでしょう。津田塾大学東京女子大学の偏差値やレベルの違いはこういった状況です。女子大の中では知名度が高く、頭いいと言えるランクの大学だとは思われますから、どっちを選んでも問題ないとは思いますが、難易度だけではなく、他の部分もちゃんとチェックしていきましょう。特にイメージや雰囲気の部分は大切なので、そこも含めて両者の比較をしてほしいです。津田塾大学東京女子大学はどっちがいいか?を考えるときには、そういった面も重要です。大学の難易度は近いですけど、キャンパスライフの雰囲気には差があるかもしれません。それぞれの大学の特徴を理解して、自分の好みなどを踏まえて選んでいくと良いと思うのです。

 

津田塾大学東京女子大学のイメージや雰囲気の違いは?

津田塾大学東京女子大学では、キャンパスの立地条件が違います。津田塾大学はメインキャンパスは東京都小平市で、東京女子大学は東京都杉並区にメインキャンパスがあります。どっちが都心に近いか?と言えば、東京女子大学でしょう。西荻窪駅吉祥寺駅が最寄り駅になっています。ただ、津田塾大学千駄ヶ谷にもキャンパスがあり、こちらはより都心に近いです。だから、津田塾大学千駄ヶ谷キャンパスが最も都会的な雰囲気を感じられ、次が東京女子大学、そして津田塾の大学の小平キャンパスという順になります。都会にあるキャンパスが絶対に良いとは言えないものの、郊外にあるのと都会に近いのではキャンパスライフの雰囲気に違いがあります。各人の好みによってどこを選ぶべきか?は変わりますけど、偏差値やレベルとは別に、津田塾大学東京女子大学のキャンパスの立地条件は把握しておいた方が良いと思います。大学の規模はあまり変わらないでしょう。どちらも小規模なので、そういう意味では規模に関しては違いは感じられない、雰囲気は同じと言えると思います。

 

津田塾大学東京女子大学では就職において違いはある?

津田塾大学東京女子大学では就職における違いはあるのか?というと、偏差値やレベルが違い状況なので、大きな差があるとは思えません。一般的に津田塾大学東京女子大学はどちらも頭いいというイメージがあるでしょうし、人事も同様でしょう。ただ、イメージで言うならば、津田塾大学の方が上という印象を抱く人は一定割合いると思います。特に年配の人であれば、昔の津田塾大学の印象が強く残っている可能性もあるので、津田塾大学東京女子大学の難易度が近いとしても、津田塾大学の方が有利になる場合もあるかもしれません。しかし、そこまで大きな差になるとは思えないので、就職だけを理由に津田塾大学を選ぶべきとは思えないです。また、就活を実際にやってみると実感するのは、できるだけ都心に近いところにキャンパスがあった方が移動に便利という点でしょう。そういう意味では、津田塾大学千駄ヶ谷キャンパスは割とおすすめと言える面はあるということです。津田塾大学東京女子大学はどっちがいいか?では、就職に関しても考慮しておいた方が良いとは思うものの、明らかにこっちが有利と言える状況はないと思います。津田塾大学が多少有利かな?という感じです。

 

東京女子大学の大学案内が無料で請求できる!

東京女子大学に入りたい人、受験するかもしれないと考えている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。津田塾大学は有料ですけど、東京女子大学は無料です。ここで請求可能な資料というのは、東京女子大学の入試情報や学生生活に関する大学案内となっているのです。入試情報に関しては、東京女子大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しくまとめられています。そして、過去の入試結果から東京女子大学の倍率や合格最低点も載っているでしょう。したがって、かなり貴重な資料と言えるのです。また、学生生活の情報に関しては、東京女子大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?に関して、学部学科ごとに詳しく説明されていると思います。これを読めば、自分が東京女子大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった魅力も感じ取れる可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「東京女子大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると、自宅に届くのです。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事