リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

武蔵大と駒澤大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

【スポンサードリンク】

武蔵大学駒澤大学はどっちが上でしょうか?なんとなく大学のランクとしては差がありそうなイメージかもしれませんが、日東駒専がかなり難化したので、武蔵大学駒澤大学の偏差値やレベルの差はどんどん埋まってきています。だから、武蔵大学駒澤大学の難易度の違いについて、改めて確認する必要があるでしょう。実際に武蔵大学駒澤大学の偏差値を比較していきますが、今の時代はどちらも頭いいと思ってもらえそうな学歴でしょう。中堅大学のレベルが以前よりも一気に上がったので、武蔵大学駒澤大学はどっちもかなり難しい状況が確認されます。そういった点はまず知っておいてほしいです。

 

武蔵大学駒澤大学の学部ごとの偏差値の違いは?

武蔵大学駒澤大学の偏差値やレベルの違いを実際にチェックしていきますけど、河合塾の個別日程の偏差値を参考にしていきます。比較できる学部は多くありませんが、まずは文学部(人文学部)からチェックしていきます。武蔵大学が57.5~60.0で、駒澤大学が50.0~57.5です。文学部に関しては武蔵大学の方がレベルが高いです。あとは経済学部について見ていきましょう。武蔵大学が57.5~60.0で、駒澤大学が52.5~57.5です。経済学部についても武蔵大学の方が難易度はかなり高い状況です。比較できるのはこういったところですけど、やはりどちらも武蔵大学の方が難しい状況です。そこそこ差はあります。だから、科目数などを度外視して、単純比較をした場合、武蔵大学駒澤大学ではどっちが上か?というと、武蔵大学という結論になりそうです。世間のイメージとしてもそういう状況になっている可能性があります。武蔵大学成成明学獨國武のグループで、駒澤大学日東駒専のグループですからね。

 

とりあえず武蔵大学駒澤大学の偏差値やレベルを比較すると、こういう状況になっているわけですが、駒澤大学に関してもかなり難しくなってきており、難易度は想像以上だと思った方が良いかもしれません。したがって、どっちが難しいか?というと、数字で比較するならば武蔵大学ということになるかもしれませんが、駒澤大学も多くの受験生にとっては厳しい存在と言えるでしょうから、そこは頭に入れておくと良いです。今は日東駒専でも頭いいと言える時代なので、駒澤大学も準難関大学と言えそうな気はします。武蔵大学についてはすでに準難関大学と言える状況だったと思うのですが。とりあえず両者の難易度はこういう状況ですけど、あとはイメージや雰囲気の面も比較していきたいと思います。キャンパスライフがどのようになるか?というのは、武蔵大学駒澤大学はどっちがいいか?を考えるときには重要ですから。

 

武蔵大学駒澤大学のイメージや雰囲気の違いは?

武蔵大学駒澤大学のイメージや雰囲気の違いも重要ですが、特にキャンパスの立地条件は重要です。武蔵大学は東京都練馬区にあり、西武池袋線江古田駅が最寄り駅となっています。池袋駅が割と近いです。ただ、キャンパスそれ自体はそこまで都心にあるという感じではないですし、周辺も栄えている雰囲気ではないです。一方で、駒澤大学東急田園都市線駒沢大学駅が最寄り駅です。隣が三軒茶屋駅で、渋谷駅や二子玉川駅も割と近い位置にあります。どちらかと言えば、駒澤大学の方が都心にあると言えるのではないでしょうか?駒沢大学駅の周辺は江古田駅よりは栄えていますね。大きな通りもありますし、お店などが充実している状況です。どちらが望ましいか?は好みによりますけど、駒澤大学の方が学生にとっては過ごしやすい状況かもしれないです。あとは学生数にも違いがあります。武蔵大学の方が学生は少なく、駒澤大学の方が学生が多いので、そこも雰囲気の違いになるでしょう。できればそれぞれのキャンパスに行ったうえで、どっちが自分にとって好みか?考えてみるのも良いと思います。

 

武蔵大学駒澤大学で就職に違いはある?

武蔵大学駒澤大学では就職に違いはあるのでしょうか?偏差値やレベルに差がある時点で、人事の評価は多少なりとも変わりそうな気はします。ただ、大学に対する評価は単純に難易度だけで決まるわけではありません。例えば、OBやOGの数という点は重要で、武蔵大学駒澤大学では駒澤大学の方が学生数が多いため、世の中の出身者の数も多いです。そこは就活においては有利に働く部分です。したがって、単純な難易度で言えば武蔵大学の方が評価は高そうですけど、OBやOGの数まで考慮すると、就職における武蔵大学駒澤大学の評価の違いはそこまで存在しない可能性があります。つまり、どっちを選んでもあまり変わらないと言えるかもしれないのです。就職に関しての部分は気になる人が多いとは思われるものの、確実に差があるとは言い難い状況です。だから、就職を基準にどっちがいいか?を考えるときには、明確な答えを出しづらい状況にあると思います。ただ、今の時代は武蔵大学駒澤大学はどちらも頭いいと言えるレベルにあるため、人事としては十分に評価する可能性が高いでしょう。また、学歴フィルターの影響については両方ともほぼないはずです。日東駒専を超えていれば、学歴フィルターの心配はかなり少ないと思いますから。

 

武蔵大学の大学案内が無料で請求できる!

武蔵大学に入りたい人、受験するかもしれないと考えている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。駒澤大学は有料ですが、武蔵大学は無料です。ここで請求可能な資料というのは、武蔵大学の入試情報や学生生活に関する大学案内となっているのです。入試情報に関しては、武蔵大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しくまとめられています。そして、過去の入試結果から武蔵大学の倍率や合格最低点も載っているでしょう。したがって、かなり貴重な資料と言えるのです。また、学生生活の情報に関しては、武蔵大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?に関して、学部学科ごとに詳しく説明されていると思います。これを読めば、自分が武蔵大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった魅力も感じ取れる可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「武蔵大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると、自宅に届くのです。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事