リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

京都府立と同志社大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

【スポンサードリンク】

京都府立大学同志社大学に関しては関西では比較されやすいでしょう。関関同立の中でも同志社大学はちょっと抜けた存在ですし、関西では有名な公立大学である京都府立大学と迷う人もいるはずです。どちらも頭いいというイメージがあるでしょう。京都府立大学同志社大学はどっちが上か?レベルが高いか?に関しては、偏差値を比較するとある程度は見えてくるでしょう。立命館大学関西学院大学関西大学であれば、京都府立大学を選ぶ人がかなり多いと想像されますけど、京都府立大学同志社大学ならばいい勝負になる気もするので、どっちが上か?という難易度について、比較をしていきます。そして、両者のイメージや雰囲気の違いについてもチェックしていきましょう。

 

京都府立大学同志社大学の学部ごとの偏差値の違いは?

京都府立大学同志社大学の偏差値やレベルを見ていきます。国公立大学と私立大学の比較は難しい面もありますが、とりあえず単純比較をしていきます。河合塾の個別日程の偏差値を参考にしていきたいと思うのです。系統として似ている学部があまりないので、比較できる学部が多くありませんが、まずは文学部です。京都府立大学が55.0~70.0で、同志社大学が60.0~62.5です。したがって、京都府立大学の方がやや難易度が高いと言えそうです。ただ、後期の偏差値だけが異様に高いので、そこは考慮する必要はありますが。あとは公共政策学部(政策学部)になりますが、京都府立大学が55.0~57.5で、同志社大学が60.0です。こちらは同志社大学の方がレベルが高いと言えそうです。とりあえず系統としてほぼ同じと思われるのはこういったところになります。京都府立大学同志社大学はどっちが上か?というと、単純比較した感じでは同じくらいでしょうか?

 

京都府立大学同志社大学の比較は、国公立大学と私立大学なので、ちょっと難しいです。何をどこまでどの程度考慮すべきか?という点があるため、ここでの比較は参考程度にしてほしいと思います。偏差値を単純比較すると、同じくらいのレベルに見えるということです。ただ、学部の数が違いますし、同志社大学は紹介した以外にも多くの学部があり、もっと偏差値が高いケースもあります。大学全体での比較がしづらいので、そこも覚えておいてほしいと思います。どっちが上か?に関してはこういう状況ですが、それぞれの大学はイメージや雰囲気の面で違いがあります。どっちも頭いいと言える大学だとは思うものの、キャンパスライフ自体には違いがあるはずなので、そこに関しても知っておきましょう。それぞれに合った大学の雰囲気といったものがありますから、そういった面について知っておくと良いと思います。

 

京都府立大学同志社大学のイメージや雰囲気の違いは?

京都府立大学同志社大学のイメージや雰囲気の違いはどうなっているのか?最も大きいのは大学の規模でしょうか?学部数が明らかに違うので、学生数にも違いがあります。同志社大学に関してはキャンパスが複数ありますけど、それでも学生数は多く、それだけ賑やかな雰囲気を感じやすいでしょう。相対的に京都府立大学は静かな雰囲気になりやすいです。どっちがいいとは一概には言えません。好みがありますから。しかし、そういう違いがあるという点は知っておきましょう。そして、それ以外で大きいのは知名度でしょう。関西圏では京都府立大学は有名でしょうけど、全国レベルになると京都大学は有名でも、京都府立大学はマイナーな存在です。一方で、同志社大学は全国的に有名と言えます。同志社大学は出身者に芸能人、スポーツ選手などが割といますから、そういった部分でたびたび名前を聞きます。しかし、京都府立大学に関しては、そういった部分ではどうしても劣ってしまうというか、出身者で有名人がなかなか思い浮かばないでしょう。したがって、日常的に名前を聞く機会が限られるので、京都府立大学同志社大学の偏差値やレベルは近いとしても、全国的な知名度では大分差があると言えます。ここはイメージ部分で大きな違いになるでしょう。

 

京都府立大学同志社大学で就職に違いはある?

京都府立大学同志社大学で就職に違いはあるのか?というと、人事の評価が大きく異なるとは思えません。難易度はかなり近いと思われますし、人事の印象としても京都府立大学同志社大学は同じレベルとして扱われる可能性は高いでしょう。どちらも頭いい学歴というイメージがあると思われます。同志社大学以外の関関同立よりはレベルが高いと思っているかもしれませんが、同志社大学が相手であれば、京都府立大学は同じような難易度というイメージがあると思われるのです。ただ、京都府立大学同志社大学ではある部分で大きな違いがあります。それはOB、OGの数です。学生数で言えば同志社大学の方が基本的に多いはずです。そういった状況は同志社大学の方が有利と言える余地を残すことになるため、覚えておいてほしいです。ただ、ここがそんなに大きな差を生むか?というと、微妙でしょう。したがって、大雑把に言えば、就職において京都府立大学同志社大学はどっちがいいか?というと、変わらないと言えると思います。関西ではどっちも有名大学であるため、かなり評価されるでしょうし、関東で就活をするにしても同様だと思います。この2つの間で優劣はほぼ生じないと言えるはずです。

 

同志社大学の大学案内が無料で請求できる!

同志社大学に入りたい人、受験するかもしれないと考えている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。京都府立大学は有料ですけど、同志社大学は無料です。ここで請求可能な資料というのは、同志社大学の入試情報や学生生活に関する大学案内となっているのです。入試情報に関しては、同志社大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しくまとめられています。そして、過去の入試結果から同志社大学の倍率や合格最低点も載っているでしょう。したがって、かなり貴重な資料と言えるのです。また、学生生活の情報に関しては、同志社大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?に関して、学部学科ごとに詳しく説明されていると思います。これを読めば、自分が同志社大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった魅力も感じ取れる可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「同志社大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると、自宅に届くのです。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事