リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

学習院大と津田塾大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

【スポンサードリンク】

学習院大学津田塾大学はどっちが上でしょうか?どちらも女子学生にとっては人気の大学と言えます。少人数で、規模が小さいところは共通していますし、偏差値やレベルもそこそこ近い位置にあると言えるでしょう。そんな学習院大学津田塾大学はどっちが上なのか?頭いいか?に関して調べていきたいと思います。難易度に関しては割と高い方ではありますが、2つの間の優劣をチェックしていきましょう。また、学習院大学津田塾大学はどっちがいいか?についても考えていきます。イメージや雰囲気などの面も比較して、それぞれの好みに合った方を選んでいくという部分も大切ですから。

 

学習院大学津田塾大学の学部ごとの偏差値の違いは?

学習院大学津田塾大学の偏差値やレベルの違いはどうなっているのか?河合塾の個別日程の偏差値をチェックしていきましょう。学習院大学津田塾大学に関してはどちらの小規模な大学で比較できる学部が少ないです。というか、同系統の学部がほぼないので、系統は異なっている学部同士をとりあえず比較していきます。津田塾大学に関して、学芸学部が50.0~57.5で、総合政策学部が60.0です。一方の学習院大学は、文学部、法学部、経済学部、国際社会科学部がありますけど、いずれも57.5~60.0となっています。理学部は55.0~57.5です。理系を含めて55.0~60.0と言え、全体的には学習院大学の方がやや上な気がしますが、あまり差はないかもしれません。学部の系統がそれぞれ異なっているので、学習院大学津田塾大学はどっちが上か?に関しての比較は参考程度に覚えておくと良いと思います。

 

以前であれば、津田塾大学の難易度は学習院大学を圧倒していました。特に昭和の時代には、津田塾大学早慶に匹敵する難易度でしたから。当時は私立大学の最高峰に近い存在、津田塾大学はかなり頭いい大学というイメージがあったのです。その後、共学の私立大学の人気が高まり、特にGMARCHあたりの人気が特に上がってきたので、こういった大学の偏差値やレベルが一気に上昇し、津田塾大学の偏差値やラベルは相対的に下がってしまいましたが。そして、現代では学習院大学津田塾大学は同じような難易度になっています。今は女子大の人気が落ちてきていると言われているため、今後の津田塾の大学のレベルが上がる可能性はちょっと低いかもしれません。そういった部分も知っておくと良いでしょう。そして、学習院大学津田塾大学はどっちがいいか?を考えるときには、イメージや雰囲気の部分も重要です。どういったキャンパスライフになりそうか?について、しっかりと調べていきましょう。それぞれの好みに合うのはどっちか?というのも重要ですから。

 

学習院大学津田塾大学のイメージや雰囲気の違いは?

学習院大学津田塾大学のイメージや雰囲気について調べていきますが、やはり重要なのはキャンパスの立地条件です。ここは日々の大学生活に大きな影響を与えます。学習院大学は東京都豊島区にあり、目白駅が最寄り駅です。津田塾大学は東京都小平市にあり、最寄り駅は鷹の台駅です。ただ、それとは別に東京都渋谷区にもあり、最寄り駅は千駄ヶ谷駅国立競技場駅です。したがって、津田塾大学に関しては都心に近いキャンパスと郊外にあるキャンパスが存在します。学習院大学は都心に近い位置にありますから、津田塾大学の場合にはどちらのキャンパスで過ごすか?によって、大学生活が大きく変わってくるでしょう。学芸学部が小平キャンパスで、総合政策学部千駄ヶ谷キャンパスになるので、そこは覚えておきましょう。どのキャンパスが望ましいか?は人によるので、1度見学に行ってみることをおすすめします。学習院大学津田塾大学では、目白キャンパスと小平キャンパスの場合には明らかに雰囲気は違うと思いますが、目白キャンパスと千駄ヶ谷キャンパスの場合でも少なからず雰囲気には差があるでしょう。どっちが自分にとって望ましいか?そういった面も考えておくと良いです。学習院大学津田塾大学の偏差値やレベルとは別に、こういった点も考慮してほしいと思います。

 

学習院大学津田塾大学で就職に違いはある?

学習院大学津田塾大学に関して、就職の違いはあるのでしょうか?偏差値やレベルは近い存在ですから、そこまで大きな違いはないかもしれません。GMARCHである学習院大学とそういった括りに入ってはいないが、私立の女子大の最高峰である津田塾大学の評価がどのように違うか?という点が問題です。これに関しては、人事に寄るために何とも言えない面があります。ただ、学習院大学はMARCHと同等の評価を受けるはずなので、学歴フィルターの影響はほぼ受けないと思います。MARCH以上であれば、学歴フィルターのボーダーラインは基本的に超えていますから。津田塾大学に関しては、そこが読めないのです。だから、学歴フィルターの影響に関して、未知数な面があるという意味では、学習院大学の方が無難かもしれないです。ただ、女子大は一般職の求人が多く来るので、そこはメリットです。一般職は基本的に女子学生のみが応募するため、競争率が低くなりやすく、内定が取りやすいです。だから、そういう部分を考慮すると、津田塾大学にもメリットはあります。どちらも頭いいと人事が考える学歴だと思うので、どっちを選んでも問題ないとは思いますが。就職に関して、学習院大学津田塾大学はどっちが望ましいか?という判断に関しては、非常に難しいと思います。

 

学習院大学の大学案内が無料で請求できる!

学習院大学に入りたい人、受験するかもしれないと考えている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。津田塾大学は有料ですが、学習院大学は無料です。ここで請求可能な資料というのは、学習院大学の入試情報や学生生活に関する大学案内となっているのです。入試情報に関しては、学習院大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しくまとめられています。そして、過去の入試結果から学習院大学の倍率や合格最低点も載っているでしょう。したがって、かなり貴重な資料と言えるのです。また、学生生活の情報に関しては、学習院大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?に関して、学部学科ごとに詳しく説明されていると思います。これを読めば、自分が学習院大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった魅力も感じ取れる可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「学習院大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると、自宅に届くのです。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事