リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

明治大と津田塾大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

【スポンサードリンク】

明治大学津田塾大学はどっちが上でしょうか?世間のイメージ的には明治大学の方が現代では難易度が高いと思っている人が多いかもしれません。偏差値やレベルを比較するとそうかもしれませんが、必ずしも明治大学津田塾大学のW合格の結果で、明治大学の方が人気とは限りません。津田塾大学を選んでいる人たちも一定割合いるので、単純な難易度を比較するだけでは、両者の魅力は判断できないということでしょう。明治大学津田塾大学はどっちがいいか?という話になると、偏差値やレベルとは別の面も比較していく必要があるので、そこも頭に入れておきましょう。まずは明治大学津田塾大学の難易度を比較して、どっちが頭いいか?についてチェックします。また、両者のイメージや雰囲気の違いについても見ていきたいと思うのです。

 

明治大学津田塾大学の学部ごとの偏差値の違いは?

明治大学津田塾大学の偏差値を比較していきたいと思いますが、この2つの大学に関しては共通すると言える学部がほぼありません。したがって、津田塾大学に存在する2つの学部と、明治大学の全体の平均の数字で比較していきたいと思います。今回は河合塾の個別日程の偏差値を見ていきます。津田塾大学の学芸学部は50.0~57.5で、総合政策学部は60.0です。ちなみに学芸学部は理系の学科も含まれているので、明治大学の理系学部も含めて全体の数字を出したのですが、明治大学の全体的な偏差値は62.5くらいはあるでしょう。理系も割と難易度が高いので、文理総合でも明治大学のレベルはかなり難しい状況です。したがって、明治大学津田塾大学はどっちが上か?というと、圧倒的に明治大学になりそうです。明治大学津田塾大学の偏差値やレベルの状況は、多くが想像する通りと言えるでしょう。

 

津田塾大学の場合には総合政策学部はそれなりに難易度は高いです。60.0という数字は明治大学の平均に近いですから。学芸学部に関しては理系が含まれているので、偏差値が低い学科があるという状況はありえますが、どうしても場所が原因になっている可能性があります。後述しますけど、津田塾大学の学芸学部はキャンパスの場所があまりよくない、交通の便がよくないと言える状況にあります。一方で、総合政策学部は交通の便がいいところにあるので、相対的に偏差値は高いです。津田塾大学は頭いいという印象を持っている人もいると思いますけど、学芸学部と総合政策学部で割と差がある状況です。明治大学の偏差値やレベルも重要ですが、津田塾大学に関してはこういった点を理解しておくことが大切でしょう。学部ごとに難易度にかなり差がある状況ですから。あとは明治大学津田塾大学のイメージや雰囲気の違いも見ておくと良いと思います。どっちがいいか?を選ぶときには、それぞれのキャンパスライフを想像することも大切ですから。

 

明治大学津田塾大学のイメージや雰囲気の違い

明治大学津田塾大学のイメージや雰囲気の違いで最も大きいのは規模です。共学と女子大という部分もそうですけど、明治大学は学生数がかなり多い方ですけど、津田塾大学はどちらかと言えば少人数の大学です。したがって、明治大学は賑やか、津田塾大学は静かな雰囲気になりやすいかもしれません。しかし、どっちがいいか?は一概には言えないでしょう。好みがありますから。そして、キャンパスの場所も重要です。文系で言えば、明治大学は東京都杉並区の和泉、千代田区駿河台、中野区の中野にキャンパスがあります。どれも割と都心に近いと言える場所でしょう。一方で、津田塾大学は東京都小平市の小平、渋谷区の千駄ヶ谷にキャンパスがあります。千駄ヶ谷キャンパスは都会そのものですけど、小平はどちらかと言うと郊外になります。だから、津田塾大学の場合、キャンパスの雰囲気はそれぞれで正反対です。明治大学の方が都会的な中で過ごしやすいですけど、多くの学部では学年割れとなっているので、そこは注意です。つまり、1,2年と3,4年で過ごすキャンパスが異なっています。たいていの学部は1,2年が和泉キャンパスで、3,4年が駿河台キャンパスです。中野キャンパスは文系は国際日本学部のみとなっています。

 

明治大学津田塾大学では就職に違いはある?

明治大学津田塾大学では就職に違いはあるのでしょうか?一般的に言えば、両者はレベルが異なっています。偏差値にそこそこ差があるので、人事としては同じランクの大学と見ている可能性は低いでしょう。したがって、あくまでも人事の評価としては明治大学の方が上だと思っておくべきだと思います。また、OBやOGの数においても明治大学の方がかなり多いので、そこでも明治大学の方が有利になりそうです。でも、津田塾大学に有利な点はないのか?というと、女子大という点は魅力的です。女子大の場合には一般職の求人が多く来る傾向があります。一般職は基本的に女子学生のみが応募するため、その分競争率が下がりやすいです。そういった部分で就職しやすいと言えるため、津田塾大学の場合にはそこは有利なポイントと評価できます。だから、就職において明治大学津田塾大学はどっちがいいか?というと、必ずしも明治大学が良いとは言えません。しかし、一般職に関して特にこだわりがない人であれば、明治大学の方が良いのかな?とは思います。明治大学津田塾大学はともに頭いい大学というイメージが人事にもありそうですけど、差はあると思っておきましょう。

 

あわせて読みたい記事