リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

アトラスの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

アトラスは日本の有名なゲーム会社の1つですが、このアトラスに就職したいと考えている人もいるでしょう。アトラスの就職の難易度がやはり気になると思いますが、調べてみると倍率に関しての情報が載っていません。つまり、アトラスの就職における倍率が不明となっているので、難易度を把握するのも難しい状況です。ただ、倍率を公開する会社の方が少ないため、ここはしょうがないとは思いますが。アトラスの就職の難易度はチェックしづらい状況ではありますけど、実は他にも知っておくべき点があります。それは学歴フィルターの有無です。アトラスの就職の難易度にかかわる部分になりますから、学歴フィルターに関しても、あらかじめチェックしておいた方が良いのです。

 

・アトラスの就職では学歴フィルターはあるのか?

アトラスの採用試験の難易度に関して、学歴フィルターがあるか?という点は多くが気になると思います。実際に存在しているのか?を調べるにあたっては、通常であれば倍率を使っていきます。しかし、アトラスの就職における倍率が分からないので、今回は倍率とは別の部分、採用実績校を見ていきたいのです。アトラスの就職の採用実績校を実際にチェックすると、かなり多くの大学名が載っています。全体的にはそこまで有名ではない大学名が見つかりますし、美大や専門学校からの採用も確認されます。こういった状況を踏まえると、大学名に固執している雰囲気は見られません。したがって、採用実績校を見る感じでは、アトラスの就職では学歴フィルターはないのではないか?と思われます。これは絶対ではないものの、学歴フィルターがある可能性は相当低いと思うのです。

 

しかし、アトラスの就職で学歴フィルターがないとしても、学歴や大学名を一切見ていない状況とは言えません。そういう部分に関してもチェックしている可能性は大いにあります。しかし、就活というのはあらゆる部分を見て、総合的に合否を決める性質にありますから、学歴や大学名だけで決めるわけではないでしょう。他にもチェックしているところは多くあります。つまり、アトラスの就職では学歴や大学名は重要かもしれないが、他にも大切なポイントはあるということです。例えば、アトラスの就職の面接対策はしっかりとやらないといけません。志望動機や自己PRはしっかりと考えておきましょう。そして、アトラスの就職の評判も前もってチェックしておいた方が良いです。実際に働く可能性がある会社の情報に関しては、少しでも詳しくなっておくべきです。社員の口コミをチェックして、アトラスの仕事は激務なのか?といったことについて、確認しておくと良いと思います。

 

・アトラスの就職の評判はどうなっている?

アトラスの就職の評判をチェックしていきたいと思います。社員の口コミを見れば、ある程度社内の実態を把握することができるでしょう。アトラスの平均年収からまずはチェックしていきたいと思うのです。平均年収は500万円前後という数字があります。したがって、給料面に関してはそこそこの評価はできると思います。そして、働き方に関する口コミはどうなっているのか?というと、社員の口コミを観察する限りでは激務という雰囲気はあまり感じられません。実際は部署や職種によるのでしょうが。ただ、会社全体としてフレックスタイム制が導入されているみたいで、出金や退社時間が割と自由であり、それぞれのライフスタイルに合った働き方ができると評判になっています。休日出勤がたまにあるとされていますが、全体的には激務という雰囲気ではなく、適度に忙しいときもあるといった状況みたいです。繁忙期と閑散期が割とはっきりしているタイプの業種と言えるでしょう。

 

そして、アトラスの就職の評判に関しては、ゲーム好きの人たちが多く集まっているという部分が挙げられています。当然ながら、この業界、この会社で働く人たちはゲーム好きである傾向が強く、だからこそやりがいを感じられているという声が割とあるのです。好きなことを仕事にできている感覚があるようですから、ゲーム好きの人たちにとっては、アトラスは非常におすすめなのでしょう。したがって、やりがいを見つけられる人に関しては、非常に楽しい職場と言えるはずです。アトラスの仕事は激務という感じはあまり見えませんし、働き方は融通が利きやすい状況です。メリットを十分に感じられる会社だと思うので、こういった部分をアトラスの就職の評判として覚えておきましょう。アトラスの採用試験の難易度についても重要ですけど、こういった会社の情報もしっかりと調べておき、自分なりに納得してから実際に受験をしてほしいと思うのです。自分が入社する可能性がある会社については、できるだけ細かく事情を把握しておきましょう。

 

あわせて読みたい記事