リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

鹿島建設の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

鹿島建設の就職の難易度はどうなっているのか?鹿島建設はかなり大きな会社だけに、難易度がどうなのか?という点は気になる人が多いと思います。したがって、倍率をチェックしながら、鹿島建設の就職における難易度を理解しておきましょう。具体的な倍率に関しては会社で公表している状況ではありませんけど、50倍以上の倍率になるのではないか?と推測する情報があります。実際の正確な倍率は不明ですが、採用人数によってある程度把握できなくはありません。採用人数は毎年200人以上はだいたい確保されているので、そういった状況からすると、そこまで高い倍率になっているか?は疑問と言えるでしょう。ただ、鹿島建設の就職の難易度については、他にも知っておくべき点があります。それは学歴フィルターの有無です。

 

鹿島建設の就職では学歴フィルターはあるのか?

鹿島建設の採用試験の難易度について、学歴フィルターが存在しているか?は非常に重要です。したがって、ここに関してもチェックをしていきます。学歴フィルターの有無に関しては、通常は倍率をチェックして推測をしていきます。ただ、鹿島建設の就職の倍率に関しては正確な数字が不明となっているので、何とも言えないところです。50倍以上の倍率が本当であれば、学歴フィルターの可能性も出てきます。しかし、鹿島建設の就職では毎年200~300名くらいの採用人数があるので、そこまでの高倍率になっているのか?は分かりません。そして、鹿島建設の就職では全国の国公立、私立大学から採用するという記述があるため、そういった部分を見ると、学歴フィルターがある可能性はそこまで高くはないでしょう。

 

ただ、鹿島建設の就職では学歴フィルターはないかもしれませんけど、学歴や大学名と見ていないとは言い切れません。むしろそういった面は確実に見ていると思います。したがって、鹿島建設の就職では学歴や大学名は関係あると考えた方が良いと思います。ただ、そういった面だけで合否を決めているわけではないでしょう。就活はいろいろな部分をチェックしたうえで判断をしていくものですから、数多くの部分をチェックしていく中で、学歴や大学名はその一部になっているということです。だから、他にも大切と言える面はいくつかあると言えるでしょう。鹿島建設の就職の面接対策は特に重要で、志望動機や自己PRなどはしっかりと考えてほしいと思います。では、鹿島建設の就職の評判についてもチェックしていきましょう。社員の口コミから、会社の実態について理解してほしいと思います。鹿島建設の仕事は激務なのか?などに関して、特に知っていきましょう。

 

鹿島建設の就職の評判はどうなっているのか?

鹿島建設の就職の評判に関して見ていきたいと思います。まずは平均年収から見ていきたいと思いますけど、鹿島建設の平均年収は約700万円となっています。数字的にはかなり良好な状況と評価できるのではないでしょうか?鹿島建設の働き方に関しての口コミを見ていきますけど、残業時間についてデータがあります。1か月あたりの残業時間は50時間前後となっています。この数字は割と多い方であり、激務な雰囲気が予測されます。建設業界であれば、これくらいは当然かもしれませんけど。ただ、実際は働く場所によって状況は違っているみたいです。内勤の人たちは残業時間はそこまで多くなく、ワークライフバランスが整えやすいとされています。しかし、現場で働く人たちに関しては、残業時間は割と多く、労働時間が長くなっているのです。月の残業時間は80時間になるケースもあるみたいで、まさに激務という感じです。これはこの業界では当然の状況と言えるのでしょう。

 

基本的に鹿島建設では土日は少なくとも休みになっているようですけど、内勤はともかく、現場で働いている人たちは必ずしも週に2日休めるとは限らないみたいです。土曜日に出勤になることもあるので、忙しい状況と評価できるのでしょう。また、社員の口コミをさらに見ていると、繁忙期は家に帰ることが厳しい場合もあるようです。だから、内勤と現場勤務の差は相当あるということでしょう。それでも徐々に労働環境は改善されてきているという口コミがあるため、今後に期待と言える面もあるはずですが。ある程度仕事がきついのはしょうがないと思います。この業界はどこも同じような状況でしょうから。現場で働くときには、鹿島建設の仕事は激務に感じる可能性は大いにありますけど、同じ業界であれば、他社で働いてもそこは同じでしょう。鹿島建設の就職の評判として、こういった点は頭に入れておきましょう。鹿島建設の採用試験の難易度についても重要ですが、こういった部分もきちんと理解をして、納得したうえで受験してほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事