リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

三井住友海上の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

三井住友海上火災保険に就職したいと考えている人もいるでしょう。この三井住友海上火災保険という会社は、一般的には三井住友海上という呼ばれ方をしています。実際、この会社は火災保険だけではなく、自動車保険や傷害保険なども扱っているので、三井住友海上の方がしっくりくるという点もあるのです。そんな三井住友海上の就職の難易度はどうなっているのか?気になる人がいるはずです。難易度を調べるにあたっては、通常は倍率を使用していきます。三井住友海上の就職の倍率は30倍前後という数字が見つかります。したがって、それくらいの倍率が考えられる状況です。この倍率に関しては、すごい高いわけではないけど、難易度が簡単と言える範囲でもありません。また、三井住友海上の難易度に関しては、学歴フィルターの有無という点も重要と言えます。

 

三井住友海上の就職では学歴フィルターはあるのか?

三井住友海上火災保険の採用試験の難易度では、学歴フィルターについて知っておく必要があります。ただ、学歴フィルターがあるか?を調べるときには通常は倍率のデータを使っていくのですが、倍率が30倍程度ということで、この数字を見る感じでは学歴フィルターがある可能性はそこまで高くはなさそうです。微妙なところですけど、明らかに学歴フィルターを実施しないといけない状況には思えません。採用実績校などを見ればより確実ですけど、三井住友海上の就職では採用実績校は公開されておらず、全国の国公立、私立大学、大学院となっているので、具体的な大学名はチェックできません。だから、三井住友海上の就職における倍率から判断するしかないのですが、学歴フィルターの心配はそこまでしないで良いのではないか?と思われます。

 

しかし、三井住友海上の就職では学歴や大学名を一切見ていないとまでは言えません。そういったところもチェックしていると思っておきましょう。就活では幅広くいろいろな面をチェックして、それらを加味して、合否を決めていきます。だから、その中に学歴や大学名も入っているでしょう。しかし、学歴や大学名のみで決めるわけではないため、気を配る必要がある部分が他にも多くあるわけですが。特に三井住友海上の就職の面接対策に関してはしっかりとやっていく必要があります。志望動機や自己PRをしっかりと考えていきましょう。そして、三井住友海上の就職の評判もチェックしておいてほしいです。社員の口コミを紹介していくので、そういったものを見ながら会社の実態を把握していきましょう。三井住友海上の仕事は激務なのか?などに関して知っておくと良いと思います。

 

三井住友海上の就職の評判はどうなっている?

三井住友海上火災保険の就職の評判について見ていきます。社員の口コミをチェックして、会社の内情を把握していきましょう。まずは平均年収からです。三井住友海上の平均年収はどれくらいか?というと、約500万円となっています。したがって、数字としては悪くないと思います。では、働き方についての口コミをチェックしていきます。三井住友海上の残業時間について見てみると、1か月あたりの平均は40時間程度となっています。この数字の感じだと、激務というほどではないかもしれませんが、そこそこ忙しい可能性があります。実際は部署によるみたいです。社員によって言っていることが違います。残業がしづらい、ほとんどないという口コミもあれば、長時間労働があるという口コミが見られるので、結局は働いてみないと分からない部分があるのでしょう。つまり、人によっては三井住友海上の仕事は激務に感じる場合があるわけです。

 

ただ、三井住友海上の就職の評判を見ていると、休日に関しては良い口コミが多いです。特に有給休暇に関しては、決まった日数を消化しないといけないルールになっているようで、一定の日数はちゃんと取得できます。有給休暇が使いやすい状況は非常にありがたいと言えるでしょう。大型連休をとることも十分に可能みたいです。また、三井住友海上では、有給休暇とは別に特別な休暇が付与されているようなので、ある程度休みは取りやすいのでしょう。そして、ノー残業デーも設置されているという口コミがありますから、こういった部分を踏まえると、三井住友海上の就職の評判はかなり良い状況が見られます。三井住友海上の仕事は激務になる可能性もあるかもしれませんが、会社としての実態はこういう感じなので、事前にきちんと理解をしておきましょう。三井住友海上の採用試験の難易度も重要ですが、こういった部分に関しては、自分なりにチェックして、納得してから受験をしてほしいと思うのです。自分が働くことになるかもしれない会社については、少しでも多くの情報を得ていきましょう。

 

あわせて読みたい記事