リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

商船三井の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

商船三井の就職の難易度はどうなっているのでしょうか?三井グループの中でもかなり有名な会社の1つになりますけど、商船三井の就職の難易度を調べるときには、倍率を知っておく必要があります。商船三井の就職における倍率をチェックすることで、難易度を把握することができますから。ただ、倍率に関するデータは調べても見つかりません。全体としてどのくらいの倍率があるのか?が分からないと、難易度を推測することは厳しいと言えます。でも、こういったデータを公開している会社の方が少ないので、商船三井の就職の倍率が不明なのは仕方ないですが。したがって、難易度に関しては別の部分を知っておきましょう。それは学歴フィルターの有無です。

 

商船三井の就職では学歴フィルターはあるのか?

商船三井の採用試験の難易度について調べていきますが、学歴フィルターの有無をチェックしていきましょう。学歴フィルターに関して調べるときには、通常は倍率を必要とします。しかし、商船三井の就職の倍率は分からないため、今回は別の要素を使用して調べていきます。採用実績校を参考にしていきますが、商船三井の就職の採用実績校を実際に見てみると、多くの大学名が載っています。この中で最もランクが低いと思われるのは日東駒専のレベルに当たる大学と言えるでしょう。学歴フィルターのボーダーラインはMARCH~日東駒専あたりと言われているため、この状況だと学歴フィルターがある可能性は低いとは思うものの、絶対にないとは言い切れない状況だと思います。確実に学歴フィルターが存在しないと断言するための状況ではないということです。

 

でも、学歴フィルターがある確率は相当低いと思われます。実際、学歴フィルターを実施している企業は一部でしょうから。だから、そこまで気にしなくていいかもしれません。でも、商船三井の就職では学歴や大学名をチェックはしているでしょう。学歴や大学名だけで合否を決めないというだけで、評価に加味している可能性はあります。だから、そういった点は頭に入れておきましょう。ただ、結局は他にも重要なポイントはいくつかあります。だから、いろいろな面に気を配っていかないといけないのです。例えば、商船三井の就職の面接対策は重要でしょう。志望動機や自己PRをしっかりと考えて、そのうえで実際の選考に臨んでほしいと思います。また、商船三井の就職の評判について、事前い調べておくと良いです。社員の口コミをチェックすると、ある程度の状況が見えてくるでしょう。商船三井の仕事は激務なのか?などについて、あらかじめ把握しておいてほしいです。

 

商船三井の就職の評判はどうなっている?

商船三井の就職の評判について見ていきたいと思います。社員の口コミから日常の光景がある程度理解できるはずです。まずは平均年収から見ていきます。商船三井の平均年収は800万円強となっています。したがって、数字としてはそれなりに高い状況です。ここは商船三井の就職の評判として、まず覚えておきましょう。しかし、問題は働き方に関する口コミです。残業時間がどれくらいあるのか?について知っておくと良いと思います。商船三井の1か月の平均の残業時間については、約40時間となっています。この数字については激務ではないかもしれないですが、忙しいと感じやすい状況かもしれないです。しかし、実際の社員の口コミを細かく見ていくと、そんなに激務な感じはしないです。忙しいという雰囲気自体まず感じませんし。商船三井では休日に関して評判が高い状況になっています。そこに関して特に理解をしておくと良いと思います。

 

商船三井では通常の休日の他に夏休み、そして冬休みもあって、これらが充実している状況です。冬休みは学生時代はともかく、社会人になるとない会社が多いです。年末は12月の大晦日近くまで仕事をして、年始は三が日を終えたらすぐ仕事が始まる会社も多いですから、冬休みがちゃんとあるのは大きいと言えます。また、商船三井では有給休暇がかなり使いやすいみたいです。職場の理解がかなりあるようで、こういった部分は評判として非常に評価できる部分でしょう。また、産休や育休が取得しやすく、その点において女性にとっては働きやすいと言われています。こういった部分への配慮に関しても行き届いている会社なのでしょう。商船三井の仕事はそんな激務という感じではないですし、良い部分が多く伝わってくる感じでした。商船三井の採用試験の難易度も重要ですけど、こういった会社の評判も事前にチェックしておいてほしいです。そして、自分なりに納得したうえで受験をしていくと良いと思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいたときにはスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人と考えている人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事