リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大和総研の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

大和総研の就職の難易度はどれくらいか?ここに就職したいと思っている人はまず難易度をチェックしておきましょう。難易度を調べるにあたっては、通常は倍率を見ていきます。大和総研の就職における倍率を確認すれば、ある程度の難易度は理解できるでしょう。実際、大和総研の就職の倍率はどうなっているのか?というと、約50倍という数字が見つかります。この倍率だと、そこそこ難易度は高そうです。ただ、大和総研の就職の難易度に関しては、他にも知っておくべき部分があります。それは学歴フィルターが存在しているか?という点になります。

 

大和総研の就職では学歴フィルターはあるのか?

大和総研の採用試験の難易度において、学歴フィルターがあるのか?は重要な問題と言えます。学歴フィルターの有無を調べるためには、倍率をチェックしていきますけど、大和総研の就職の倍率を見る限りでは、学歴フィルターがないとは言い切れないでしょう。あるとも言えない状況ですけど。ただ、倍率だけ見ていても判断できないので、他の要素もチェックしていきたいと思います。それは採用実績校です。大和総研の就職の採用実績校を見れば、なんとなく推測できる場合もありますから。実際、採用実績校を見ていくと、いくつかの大学名が載っていますが、掲載がある中で最も低いランクは?というと、日東駒専のレベルに相当する大学と言えます。もちろんこれより下のランクの大学から採用されている可能性もありますが。とりあえず採用実績校の一覧から判断すると、学歴フィルターがある確率は低いとは思うものの、確実にないと断言できる状況ではないです。

 

学歴フィルターがある可能性は低いと思うので、そこまで心配をする必要はないでしょう。しかし、仮に学歴フィルターがないとしても、大和総研の就職で学歴や大学名をチェックしていないとは言えません。就活では通常、学生のいろいろな面をチェックしたうえで、それらを総合的に評価して合否を決めていきます。したがって、学歴や大学名は見られていると思っておきましょう。しかし、学生のあらゆる面をチェックしていくため、他にも見ている部分はいくつか存在しているはずです。だから、結局はいろいろな面に気を配っていく必要があると言えるでしょう。特に大和総研の就職の面接対策は重要と言えます。志望動機や自己PRをしっかりと練ったうえで、選考に臨んでいきましょう。そして、大和総研の就職の評判についても調べてほしいと思います。社員の口コミから、そういった面をチェックすると良いです。大和総研の仕事は激務なのか?などに関して、特に調べていきましょう。

 

大和総研の就職の評判はどうなっている?

大和総研の就職の評判はどうなっているのか?について、チェックをしていきましょう。社員の口コミを参考にしていきたいと思いますが、まずは平均年収から見ていきます。大和総研の平均年収に関しては、700万円前後となっています。したがって、数字としてはかなり高い方かもしれません。では、働き方に関する口コミを見ていきます。大和総研の残業時間の1か月あたりの平均のデータを見ると、40~50時間ほどとなっており、この数字はやや多いでしょう。激務と言えるか?は別としても、忙しい可能性は十分にあります。実際の口コミを見ると、月の残業時間については規制があるようで、45時間を超えないようになっているようです。したがって、激務に感じる可能性はあるとしても、長時間労働時間にならないように配慮されているのです。しかし、部署によっては、休日出勤などもたまにあるようなので、そこは理解しておいた方が良いでしょう。

 

こういった感じで、どうしても忙しいイメージがつきまとう状況ではあるものの、有給休暇はかなり取りやすいと言われています。取りたいと言えば、基本的に文句を言わずに使わせてくれるような職場なので、そこは大和総研の就職の評判としても大きいでしょう。やはり有給休暇の扱いに関しては、会社ごとにかなり差を感じやすい部分と言えるでしょうから。また、残業はそこそこあるものの、サービス残業はないと言われているので、そこも安心できる部分です。気になる部分としては残業時間、休日出勤といったところですが、大和総研の仕事は激務とは限りませんし、それ以外では良い評判もあるので、そういった点は覚えておきましょう。大和総研の採用試験の難易度も重要ですが、会社の評判に関してはしっかりと理解してほしいと思います。自分が実際に入社する可能性がある会社の情報は少しでも詳しくなっていきましょう。そして、自分なりに納得をしてから、受験をしていくと良いと思うのです。

 

あわせて読みたい記事