リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

龍谷大と京都産業のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

【スポンサードリンク】

龍谷大学京都産業大学はどちらも産近甲龍の一角であり、関西では有名な私立大学となっています。基本的には同じランクとなっていますが、厳密に言えば難易度は異なっているでしょう。したがって、龍谷大学京都産業大学の偏差値やレベルを比較して、どっちが上か?について考えていきたいと思います。そこまで大きな難易度の差はないと思いますけど、全く同じ偏差値ではないと思うので、細かくレベルの違いを見ていきましょう。両者は関西では有名な大学だけに、頭いいというイメージを持っている人も多そうですが。また、龍谷大学京都産業大学のイメージや雰囲気の違いもチェックしていきたいと思います。それぞれの大学に関して、どっちがいいか?自分に合っているか?の判断もしていきましょう。

 

龍谷大学京都産業大学の学部ごとの偏差値の違いは?

龍谷大学京都産業大学の偏差値やレベルの違いを調べて、実際にどっちが上か?を判断していきましょう。今回は河合塾の個別日程の偏差値を参考にしていきます。まずは法学部からです。龍谷大学が50.0~52.5で、京都産業大学が47.5~50.0です。したがって、法学部は龍谷大学の方が難易度は高いです。次は経済学部ですけど、龍谷大学が47.5~52.5で、京都産業大学が50.0~52.5です。経済学部は京都産業大学の方がやや偏差値が高いと言えます。経営学部はどうか?というと、龍谷大学が50.0~52.5で、京都産業大学が47.5~52.5です。経営学部についてはやや龍谷大学の方がレベルは上でしょう。そして、国際学部(国際関係学部)については、龍谷大学が47.5~52.5で、京都産業大学が52.5~55.0です。国際系の学部は京都産業大学の方が難しいです。あとは社会学部(現代社会学部)になりますが、龍谷大学が45.0~52.5で、京都産業大学が50.0~52.5です。社会系の学部については京都産業大学の方がレベルは高いと評価できます。

 

ちなみに理系はどうなっているのか?というと、共通しているのは龍谷大学の先端理工学部京都産業大学の情報理工学部でしょうか?前者が42.5~50.0で、後者が50.0~52.5です。したがって、理工系に関しては京都産業大学の方が難易度は上となっています。こうして見ると、文理総合で言えば、龍谷大学京都産業大学はどっちが上か?というと、あまり差はないです。強いて言うならば、京都産業大学の方がやや上かな?という気はしますけど、やはり両者とも産近甲龍の括りなので、レベル自体はそんなに変わっていないと思います。でも、関西ではどちらも知名度抜群で、頭いいという印象を持つ人は割と多いでしょう。そして、両者の難易度のみならず、イメージや雰囲気の違いについても知っておきましょう。特にキャンパスライフを送るうえで、どんな差があるのか?を理解してほしいです。龍谷大学京都産業大学のキャンパスの立地条件が特に重要だと思うので、そこについて見ていきたいと思います。

 

龍谷大学京都産業大学のイメージや雰囲気の違いは?

龍谷大学京都産業大学のイメージや雰囲気の違いを理解するために、キャンパスの立地条件を調べていきましょう。龍谷大学京都産業大学はともにメインキャンパスは京都府京都市にあります。しかし、龍谷大学はメインの深草キャンパス、さらに大宮キャンパス、瀬田キャンパスの3つがあり、深草キャンパスと大宮キャンパスは京都市内ですけど、瀬田キャンパスは滋賀県大津市にあります。ただ、瀬田キャンパスは主に理系学部と社会学部の学生のみが利用します。京都産業大学は神山キャンパスのみであり、ここにすべての学生が通うのです。したがって、龍谷大学は学部ごとにキャンパスが分かれており、微妙に学生が分散しやすいですが、京都産業大学は集合している状況です。龍谷大学の方がやや静か、京都産業大学の方がやや賑やかに感じるかもしれませんけど、どっちがいいか?については、各自の好みが重要です。また、龍谷大学の場合、学部によっては滋賀県内に通うことになるので、京都府にあるキャンパスとは雰囲気の面で大きく違っています。どちらもメインキャンパス自体は京都府京都市にありますけど、こういった部分の違いは偏差値やレベルとは別に、しっかりと認識しておいてほしいです。

 

龍谷大学京都産業大学では就職に違いはある?

龍谷大学京都産業大学の2つの大学では、就職における違いはあるのでしょうか?産近甲龍の場合、近畿大学だけは評価が高まることはあるかもしれませんが、それ以外の3つの大学はほぼ同じでしょう。実際、龍谷大学京都産業大学の偏差値やレベルを比較しても、学部ごとに微妙にどっちが上か?違っている状況であり、大学全体としてはそんなに難易度は変わらない状況ですし。だから、基本的には龍谷大学京都産業大学に関して、就職における評価はほぼ同じと言えると思います。でも、龍谷大学の場合、滋賀県のキャンパスから就活をする際にはやや不便に感じる可能性があります。就活は一般的に都心にキャンパスがある方が移動が便利と言われているのです。したがって、京都府のキャンパスに就学する場合はともかく、滋賀県のキャンパスに通う学生の場合には、その点で不利というか、不便な部分を感じるかもしれないのです。そこは覚えておきましょう。でも、龍谷大学京都産業大学はどっちも関西では頭いいと言えるランクなので、人事としてはちゃんと評価してくれるので、そんなに心配はないですし、結果がそこまで変わる状況にはならないでしょう。

 

あわせて読みたい記事