リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

田中貴金属グループの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

田中貴金属グループの就職の難易度はどうなっているのか?グループの中では田中貴金属工業は結構有名だと思われますが、採用においてはグループ募集になっている可能性があります。採用後は田中貴金属工業を含めて、いろいろな会社に配属になるのではないか?と思われます。この田中貴金属グループの就職の難易度においては、倍率のデータから調べていくことになります。でも、倍率のデータに関しては非公開になっているようです。つまり、田中貴金属グループの就職における倍率をチェックすることができないので、難易度についても把握しづらい面があるでしょう。でも、田中貴金属グループの就職の難易度では、他にも知っておくべき点があります。それは学歴フィルターの有無に関してです。

 

田中貴金属グループの就職では学歴フィルターはあるのか?

田中貴金属グループの採用試験の難易度では、学歴フィルターがあるのか?について知っておく必要があります。通常であれば、倍率のデータを使っていきますけど、田中貴金属グループの就職の倍率は不明です。だから、倍率以外の情報から推測するしかないです。今回は採用実績校の情報を見ていきたいと思います。田中貴金属グループの就職の採用実績校をチェックすると、いろいろな大学名が並んでいます。有名大学も多く見受けられますが、そうじゃない大学名も見つかる状況です。Fランク大学と思われる名前もちらほら見受けられるので、こういった部分を踏まえると、学歴フィルターがある可能性は低いと思います。業界的に理系の学生の採用が多くなりそうですが、理系の場合には大学名よりは学部学科などの専攻の方が重要でしょうし。文系の学生も、採用実績校を見るとそこそこはいると思われるものの、文系においても学歴フィルターはない可能性の方が高いと推測します。

 

田中貴金属グループの就職では学歴フィルターはないと思いますけど、それでも学歴や大学名を一切見ていないとは言えないでしょう。そういった部分もチェックしている可能性が高いと思います。就活では学生の多くの面を調べて、そのうえで総合的に評価をして、合否を決定していきます。したがって、そういったチェックポイントの中に学歴や大学名が入っていても不思議ではないのです。ただ、学歴や大学名だけで決まるわけではないので、他にもいろいろな部分が見られていると思っておきましょう。だから、気を遣わないといけない点はかなり多くあるのです。そして、田中貴金属グループの就職の評判についてもチェックしておいてほしいです。社員の口コミから、会社の実態がどうなっているのか?を見ておきましょう。田中貴金属グループの仕事は激務なのか?について、特に知っておくと良いです。

 

田中貴金属グループの就職の評判はどうなっている?

田中貴金属グループの就職の評判に関して見ていきましょう。社員の口コミを見ることで、実際の業務の状況などを知ることができるはずです。ただ、基本的には田中貴金属工業の社員の口コミが中心になりますから、そこは覚えておいてください。まずは平均年収からチェックしていきます。田中貴金属グループの平均年収は?というと、約500万円となっています。したがって、それなりに高い数字と言えるでしょう。そして、働き方の口コミをチェックすると、残業時間に関する情報があります。田中貴金属グループの1か月あたりの残業時間の平均については、約30時間となっています。この数字であれば、激務とは言えない可能性が高いでしょう。でも、実際は部署ごとに違いがあるようなので、そこは覚えておいてほしいですが。しかし、全体的に激務という声はほぼ見られません。したがって、工場勤務でなければそこまで忙しい日常にはならないと思います。

 

実際、休日出勤に関してもあるとしたら工場勤務の人たちと言われているので、そういった人たち以外は気にしなくてもいいかもしれません。また、有給休暇についてはかなり取得しやすいという声があります。有給休暇に関しては、会社ごとにかなり対応が分かれる部分ですから、ここは田中貴金属グループの就職の評判として覚えておくと良いと思います。ただ、働き方の柔軟性はあまりなく、フレックスタイム制やリモートワークなどはそこまで普及していないという声があります。田中貴金属グループの仕事は激務とは言い難いものの、こういった特徴についても同時に知っておくと良いでしょう。田中貴金属グループの採用試験の難易度も重要と言えますけど、やはりこういった会社の評判もきちんと理解しておく必要があります。自分が実際に働く可能性がある会社についてきちんと調べて、自分なりに納得してから受験をしていくと良いと思います。

 

あわせて読みたい記事