リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

JCBの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

JCB(ジェーシービー)の就職の難易度はどうなっているのか?ここは非常に重要なポイントと言えます。JCBに就職をしたいと考えている人は、まず難易度を理解しておきましょう。実際に難易度を調べていくときには、倍率の情報が必要です。JCBの就職における倍率のデータが必要と言えます。倍率に関しては総合職のみデータが存在していますが、100倍以上という年もあるようです。それぞれの年ごとに具体的な倍率の数字は変わりますけど、100倍を超す年も普通にあるので、そこは理解しておきましょう。ちなみに習熟職に関しては倍率は不明なようです。でも、JCBの就職の難易度に関しては、他にも重要な部分があり、それが学歴フィルターの有無になります。

 

JCBの就職では学歴フィルターはあるのか?

JCBの採用試験の難易度について、学歴フィルターの有無は確かめておきましょう。学歴フィルターの有無について調べるときには、通常は倍率のデータを使っていきます。JCBの就職の倍率が分かれば、そこから推測が可能ですから。ただ、すでに話したように、JCBの就職の倍率は総合職の場合には100倍以上という年があります。仮に100倍を超えていない年でも、それに近い数字になっている可能性もあるのです。この倍率を見ると、習熟職はともかく、総合職においては学歴フィルターが存在していても不思議ではないかもしれません。しかし、これだけでは何とも言えないので、採用実績校もチェックしていきたいと思います。JCBの就職の採用実績校を見ると、大東亜帝国のレベルに近い大学名が見つかります。したがって、この状況であれば、学歴フィルターがある可能性は低いのではないか?と思われます。

 

JCBの就職では、学歴フィルターはない可能性の方が高いと思いますけど、仮にそうだとしても、学歴や大学名を一切見ていないとは言えないでしょう。就活においては、学生のあらゆる面をチェックして、そのうえで合否を決定していきます。だから、学歴や大学名の部分もチェック項目に含まれている可能性が高いでしょう。でも、JCBの就職で学歴や大学名を見ているとしても、そこだけで合否が決まるわけではありませんから、結局は他にも気を配っていくべき点があるのは事実です。特にJCBの就職の面接対策は大切であり、志望動機や自己PRはしっかりと丁寧に練ってほしいです。そして、JCBの就職の評判に関してもチェックしておくと良いです。社員の口コミを参考にして、会社の実態を把握するように努めていきましょう。JCBの仕事は激務なのか?などに関して、特に調べておくと良いのではないか?と思います。

 

JCBの就職の評判はどうなっているのか?

JCBの就職の評判はどうなっているのか?社員の口コミをもとに調べていきたいと思います。まずは平均年収からです。JCBの平均年収に関しては、約600万円前後となっています。したがって、結構高い数字と評価できます。しかし、やはり気になるのは働き方に関する口コミでしょう。JCBの残業時間がどれくらいか?について確認をしていきます。1か月あたりの平均の残業時間のデータがあるのですが、それによると30時間前後となっています。この数字であれば、激務というほどではないと思います。でも、部署によって違うので、一概には言えません。本社勤務の人たちは結構忙しいと言われていますし。逆に事務については激務とは無縁の状況みたいです。会社全体として、月の残業時間が40時間を超えないようにルール化されているようですから、そこまでの長時間労働は発生しないと言えるのではないか?と思います。

 

JCBの場合、毎週水曜日はノー残業デーとなっているので、残業が一切ない日もちゃんとあります。そういったところもJCBの就職の評判として覚えておくと良いです。また、有給休暇については取得しやすいという口コミは見られるものの、これについても部署次第と言われている面があります。だから、実際に有給休暇が使いやすいと感じるか?については、人によって大きく違う可能性があるのです。そして、JCBでは副業は認められていないと言われているため、そこも頭に入れておくと良いでしょう。JCBの就職の評判はこういった感じです。残業時間に限界があるという意味では、JCBの仕事は激務とは言い難い面があるでしょう。ただ、注意すべき点もあるので、いろいろな部分について理解しておくことが大切です。JCBの採用試験の難易度も重要ですけど、こういった箇所もきちんと調べておいて、自分なりに納得してから、受験をしていくと良いと思います。

 

あわせて読みたい記事