リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

エフピコの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

エフピコの就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと考えている人は、実際の難易度を理解しておくと良いと思います。エフピコの就職における難易度を調べるにあたっては、倍率が必要です。倍率のデータがあれば、難易度を把握しやすいと思います。ただ、エフピコの就職の倍率については、具体的な数字が見つからないのです。恐らく倍率のデータについては、非公開になっているものと思われます。採用試験の倍率を公開している会社は多くないので、ここは仕方ないと思いますけど。でも、エフピコの就職の難易度については、他にも重要なポイントがあります。それは学歴フィルターの有無に関してです。

 

エフピコの就職では学歴フィルターはあるのか?

エフピコの採用試験の難易度に関して、学歴フィルターが存在するか?という部分はかなり重要と評価できます。したがって、この点について調べていきたいと思います。学歴フィルターの有無をチェックするときには、通常は倍率のデータを用いることになります。でも、エフピコの就職における倍率は不明です。したがって、倍率とは違うデータから学歴フィルターの有無を調べていきたいと思うのです。今回は採用実績校をチェックしていきます。エフピコの就職の採用実績校を見れば、ある程度の判断はできると思いますから。どんな状況となっているのか?と言えば、多くの大学名を確認することができるものの、有名大学のみならず、あまり知名度が高くない大学名も見られます。そして、中にはFランク大学と思われる大学名も存在しています。こういった部分を踏まえると、エフピコの就職では学歴フィルターはない可能性が高いと思います。

 

学歴フィルターが存在する可能性はかなり低いでしょう。しかし、学歴や大学名を一切見ていないか?と言えば、そうとは限りません。むしろそういった部分はチェックしていると思っておくべきです。あくまでも学歴や大学名だけで合否が決まらないというだけで、判断材料の1つとして参考にはしていると思います。就活では学生のあらゆる面をチェックするため、その中には学歴や大学名はやはり入っている可能性が高いはずです。とはいっても、学歴や大学名以外の面も見ているため、他にも気を遣っていくべき点はいくつか存在しているわけですが。特にエフピコの就職の面接対策は大切と言えるはずです。志望動機や自己PRについては、時間をかけて丁寧に練っていく必要があると思います。また、エフピコの就職の評判もチェックしていきましょう。社員の口コミを載せておくので、そこから会社の実態を把握してほしいです。エフピコの仕事は激務なのか?などに関して、理解しておくと良いのではないでしょうか?

 

エフピコの就職の評判はどうなっている?

エフピコの就職の評判はどうなっているのか?社員の口コミを通じて理解していきましょう。まずは平均年収からチェックしていきます。エフピコの平均年収に関しては、600万円強となっています。したがって、結構高い数字と評価できるのではないか?と思います。では、働き方に関する口コミを見ていきましょう。エフピコの社員の口コミを見ると、激務という雰囲気はそこまで感じませんが、勤務地や上司次第という声が見つかります。つまり、特定のケースにおいては、激務に感じる可能性があるということでしょう。忙しい日常を過ごしている人もいるのではないでしょうか?残業に関してはそんなに多そうな雰囲気ではないものの、やはりケースバイケースで変わってくるものと思われます。でも、残業がめちゃくちゃ多いという声はあまり見つからないので、忙しいといっても限度があるのではないか?と思うのです。

 

エフピコでは、基本的に土日祝日は休みとなっています。したがって、休日はある程度しっかりと休むことができるでしょう。ただ、営業担当の人に関しては、休日も仕事に関する連絡などが入ってくることがあると言われています。休日出勤が頻繁にあるような口コミは見られませんけど、少なからず仕事のことを考えないといけない面はあるということでしょう。営業職に関しては、どの会社でもある程度は忙しいでしょうから、エフピコが特別ということではないと思いますけど。それ以外では、若いうちからいろいろと大きな仕事を任せられて、やりがいを感じられるという、肯定的な意見もありました。エフピコの採用試験の難易度も重要ですけど、こういった会社の評判についてもしっかりと理解しておいてほしいです。実際に自分が働くことになるかもしれない会社なので、実態についてちゃんと把握して、自分なりに納得してから受験をしていきましょう。

 

あわせて読みたい記事