リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

テレビでも紹介!東進の安河内哲也氏が教える英語上達の方法

【スポンサードリンク】

英語の勉強をしている方はたくさんいると思います。でも、なかなか語学というのは上達が難しいものですよね。将来、英語を生かした仕事をしたいと考えている方、英語の資格を取りたいと考えている方などいると思います。普通に受験勉強みたいにやるのは、結構きついと思います。長く続かない人も多いと思うので、ただ、勉強方法をちょっと工夫すると、英語力の上達も結構早いんじゃないか?と思うので、勉強方法から考えていくと英語をガチで習得できるんじゃないか?と思います。さて、今回は以前テレビでやっていて個人的に良いなと感じた勉強方法についてお知らせしたいと思います。これは東進の英語講師をしている安河内哲也氏が紹介していた方法で、とにかく定型文を覚えていくというやり方です。

 

彼曰く英語の勉強に問題集は必要ない。とのことです。したがって、彼は例文として、「Could you give me a discount?」という例文をとにかく何回も声に出してみる。それをとにかく覚える。というやり方を提示していました。これはどういう効果があるか?というと、この一文を覚えるだけで、様々な応用が利くというのです。要はこれは旅行先とかで、何か商品を買ったりするときに「値引きしてくれませんか?」と言いたいときに使える英文なのですが、これを覚えているだけで、部分的に変化させるといろいろなときに英語を使って話せるようになるというのです。例えば、どこかお店に入って、料理のメニューが欲しいと思ったら、「Could you give me menu?」とちょっとアレンジすればOKとなるのです。この一文を覚えるだけで、「何かしてくれませんか?」、「何かくれませんか?」という文章を作るのが容易にできます。

 

この勉強法では、細かい文法とかは対して勉強する必要はありません。とにかく例文というか、よく使うような、応用を利かせやすいような例文を覚えていくことで、自分なりに場面場面に合わせて変化させて対応させていきやすいのです。文法を勉強し始めたらキリがありませんし、そもそも私たちだって、日頃日本語を話しているときに文法を意識したりはしていませんよね。というか、文法的には間違っている使い方を平気でしていると思います。例えば「ら抜き言葉」とか言われていますけど、これだってやってしまっている人は多くいると思いますが、そんなに気にしなくても別に問題にはなりません。文法的に間違っていたって、ちゃんと相手に伝わりますから。細かい文法を気にして話している人なんていません。英語も文法的に多少間違っていたって、別に良いと思います。ちゃんとこちらの意図は伝わるはずですから。

 

つまり、人間が言葉を身に付けていく過程では、文法なんて意識してないんですよね。知らない間に適切というか、多くの人が話している言葉が勝手に身につく。それに近いやり方が安河内氏の言っているやり方なんじゃないか?と思います。英語は語学ですから、そう簡単に見につくものではありません。どういうやり方をしても時間はかかります。1番手っ取り早いのは、英語圏の国に移住して、そこで生活することじゃないですかね?すると、否が応でも英語が少しずつ身についてくると思います。ただ、それができる人は多くないでしょうから、そういった意味では、少しでも英語に触れる機会を増やすというのもありでしょうね。とにかく文法からちまちま勉強していくというよりは、今実際に話されている生きた英語を身に付けていくことが最も近道だと思うのです。

 

今実際に使われているような定型文を何個何個も覚えていって、自分自身で柔軟に使えるように訓練していくというのがそのやり方の1つだと思いますけど、先ほども言ったように英語に触れる機会を増やすというのも大切です。それは自分が好きなことを通してで十分です。洋楽を聴くとか、海外の映画やドラマを観るとか、英訳の本を読むとか、そういった自分の好きなことを生かしたやり方で構わないと思うので、是非日常から英語に少しでも触れる癖をつけていくと良いでしょう。特に音楽とか、映画やドラマは耳も慣れますからね。話すだけではなく、聞く力を養うことも英語を学ぶ上では必要ですから、是非そういった努力も同時にやっていけると良いと思います。英語が話せたり、聞き取りた利すると、海外旅行などもいきやすいですし、仕事でも有利になる可能性もあります。特に就職活動をこれからする大学生あたりは英語が話せることは非常に有利になるはずです。英検やTOEICのスコアで客観的に証明できると良いですね。

 

ちなみにえいかいわを本格的にマスターしたい!学びたい!と思っているのであれば、実際に誰かはなしてみることが1番いい気がするのです。例えば「ホビートーク」というサイトでは、自分の趣味と共通の趣味を持っている講師の人と一緒に会話を楽しむレッスンを受けられます。これは会話の練習をするとともに、ちゃんと英語についてのアドバイスも貰える場です。講師はネイティブの人と日本人の人が選べます。会員登録自体は無料で、講師の人を調べてみて、この人と話してみたい!と思える人がいれば、お金を払って利用してみても良いかもしれませんね。料金は25分あたりで260円くらいみたいですから、割とリーズナブルじゃないですか?身に付けた英語を誰かと話したいとき、プロの人たちから英語についての指導をしてもらいたい場合に利用すると良いかもしれません。 

【ホビートーク】選べるネイティブと日本人講師・オンライン英会話