リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

セコム上信越の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

セコム上信越の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職したいと思っている人は、まず難易度を理解していきましょう。難易度をチェックするときには、倍率のデータを見ていきます。したがって、セコム上信越の就職における倍率をチェックしていきたいのですが、倍率に関しては非公開になっている可能性が高いです。具体的な数字が全く見つからない状況なのです。採用試験の倍率を公開している会社の方が珍しいので、ここはしょうがないと思いますけど。でも、倍率が分からないとなれば、セコム上信越の就職の難易度も不明となってしまいます。しかし、難易度の部分については他にも知っておきたい点があるのです。それは学歴フィルターの有無に関してです。

 

・セコム上信越の就職では学歴フィルターはあるのか?

セコム上信越の採用試験の難易度に関して、学歴フィルターの有無はかなり重要であると言えます。したがって、ここについてチェックしていきましょう。実際に学歴フィルターがあるのか?を調べるときには、通常は倍率のデータを使用していきます。でも、セコム上信越の就職の倍率は不明であるため、倍率とは違う情報を使用していきたいと思うのです。今回は採用実績校を見ていきましょう。実際にセコム上信越の採用実績校を見ると、いろいろな大学名が確認できます。有名大学の名前が多いものの、そうではない大学名も見つかる状況です。そして、中にはFランク大学と思われる大学名が存在しているので、そういった部分を踏まえると、学歴フィルターがある可能性はかなり低いと思われます。

 

セコム上信越の就職では学歴フィルターはないと思いますが、仮にそうだとしても、学歴や大学名を一切見ていないとは言えないでしょう。就活では、学生のいろいろな部分をチェックして、そのうえで合否を決定していきます。だから、その過程においては、学歴や大学名を見ている可能性はかなり高いでしょう。でも、学歴や大学名のみで合否を判断するわけではないので、結局は他にも気を遣っていかないといけない部分があるわけですが。特にセコム上信越の就職の面接対策は重要と言えるでしょう。志望動機や自己PRなどはかなり細かく見られているはずなので、時間をかけて丁寧に考えていく必要があります。そして、セコム上信越の就職の評判に関しても見てほしいと思うのです。社員の口コミを掲載していきますから、そういった部分を通じて、会社の実態を把握していきましょう。セコム上信越の仕事は激務なのか?などについて、特に知っておくといいのではないか?と思います。

 

・セコム上信越の就職の評判はどうなっている?

セコム上信越の就職の評判に関してチェックしていきますけど、社員の口コミを見ればある程度の状況は判断しやすいと思われます。まずは平均年収から調べていきましょう。セコム上信越の平均年収はどれくらいか?というと、500~600万円程度となっています。この数字ならば、それなりに高いと言えそうです。では、働き方に関する口コミを見ていきましょう。全体的にはやや激務と言える可能性があります。基本的に24時間365日常に誰かは働ている会社になるので、それによってどうしても人手不足が起きやすくなります。だから、常に激務と言えるわけではないものの、忙しいと感じる瞬間はそこそこあるみたいです。残業がほどほどにあるようなので、楽な勤務であるという実感はほぼないでしょう。そして、セコム上信越ではシフト制となっているので、どうしても休みたい日が他人とかぶりやすく、それによって必ずしも希望の日に休むことができないという口コミも見られます。

 

ただ、セコム上信越では年に1回10連休をとることができ、それとは別に年に2回5連休をとることができると言われているのです。したがって、ここはセコム上信越の就職の評判として、評価できる面になるでしょう。あとは営業職についてはインセンティブがあるとされており、それによってやる気が起きるとう口コミもあります。こういう制度が存在すれば、仕事に身が入る可能性が十分にあると言えるでしょう。社員の気持ちをきちんと考えているという部分が垣間見えるのではないか?と思います。こういったところがセコム上信越の就職の評判となっています。セコム上信越の採用試験の難易度についても重要と言えますが、やはり自分が実際に入社するかもしれない会社の実態については、できるだけ細かく調べたうえで理解していく必要があると思うのです。そのうえで自分なりに納得した状態で受験をしていくといいのではないか?と思います。

 

あわせて読みたい記事

文系の大学生は暇すぎる、遊びすぎは本当?時間割を見るとずるいと感じる人もいる

文系の大学生は暇というイメージがあるかもしれません。実際、文系の大学生は遊んでばかりとか、そういう声も聞こえてきます。文系の大学生の時間割を見ると、実際にそのような雰囲気に見えるのかもしれません。実際に文系の大学生は遊びすぎと思っている人たちからすれば、ずるいという感覚を覚えるケースもあるようです。理系の大学生からすると、文系の大学生は本当に暇すぎる状況に見えることがあるのでしょう。文系の大学生からすれば、遊びすぎという状況とは思っていないとしても、傍から見れば、そのように感じられることもあるのだと思われます。

 

・文系の大学生は本当に暇すぎる、遊びすぎな状況なのか?

文系の大学生は暇であるなどの意見はたびたび見られます。私自身、文系の大学生でしたが、少なくとも高校のときよりは暇だった気がします。ただ、暇という言い方が適切か?は分かりません。生活が楽だったという言い方の方が妥当な気がするのです。受験生であった高校3年生のときは除いて、1、2年生の頃のときと比較すると、大学生のときの方が生活にゆとりがありました。高校1、2年生の頃も部活はやっていませんし、そんなに忙しくはなかったですが、朝早起きるのが辛かったです。6時15分くらいに起きていた気がします。大学のときは最も早くても7時15分くらいであり、そういった時間帯に起きないといけないケースがほとんどありませんでした。たいていは8時半~9時くらいに起きていたのです。だから、生活はかなり楽でした。でも、文系の大学生の状況がずるいとは思いません。そういう生活で成り立つのですから。ちなみに私はほとんど遊んでいなかったので、文系の大学生で遊びすぎという状況ではなかったと思います。

 

友達とかと遊んだこともありますが、本当にたまにです。たいていは大学のキャンパス内で談笑したりというケースが多く、私の場合には遊びすぎという雰囲気は全くなかったと思います。遊ぼうと思えば遊べるだけの時間的余裕はあったかもしれませんけど、結果的には大して遊んでいないので、私のケースでは、やはり文系の大学生は遊び過ぎとは言い難いと思います。理系の人たち、忙しい日常を送っている人たちからすれば、確かに暇な時間が多い文系の大学生はずるいと思えるかもしれませんが、文系の大学生の全員が暇すぎるわけではありません。理系の学生以上に忙しい人も中にはいると思います。最近は奨学金を借りている人も多いので、アルバイトで忙しいという人は多くいます。そういった人に関しては、文系の大学生でもずるいという感情は出てこないでしょう。多くの人たちがずるいと感じるような人は確かにいるでしょうけど、文系の大学生だからずるいと言えるわけではないのです。でも、文系の大学生の時間割を見ると、そこに暇な部分を感じる人も結構いるのでしょう。

 

・文系の大学生の時間割は確かに暇そうに見える

文系の大学生は暇に思える人が多いかもしれません。その理由の1つは時間割があるでしょう。文系の大学生の時間割を見ると、確かに遊ぶ時間的余裕はかなりありそうに感じられるケースが多いと思われます。そういった部分から、文系の大学生は遊びすぎというイメージが出てくるのかもしれません。私の大学生の頃の時間割は1日あたり2~3コマで、週で12コマくらいだったと思います。理系の学生の場合、その1.5倍くらいの授業があったりすることもあり、どうしてもそういった人たちと比べると、文系の大学生は暇すぎるんじゃ?というイメージになりがちです。特に水曜日はほとんどの時期で1コマしか入れてませんでした。水曜日は1つだけ授業を受けて帰宅するという生活を続けていたので、確かに暇のような感じ方だったかもしれないです。少なくとも高校生のときよりは暇な雰囲気を感じていました。文系の大学生の頃の時間割を思い出すと、本当にあのとき以上にゆとりを持って暮らせていた状況はなかったかもしれません。実際、文系の大学生の時間割を見てずるいと感じる人もいるでしょう。こんなに履修している授業が少ないのか?と感じる可能性があります。

 

・文系の大学生のすべてが暇なわけではない

すでに少し述べましたが、文系の大学生は遊びすぎとか、暇であると言われることがありますが、それはそういう人がいるという話です。割合は分からないものの、全く暇じゃないケースもあるでしょう。文系の大学生をずるいと思う前に、そういった部分も知っておいてほしいです。文系の大学生の場合、やりようによっては暇を作ることができるというだけです。でも、そういった状況を作ることができない人もいます。文系の大学生は遊びすぎというイメージがあるものの、遊ぶ余裕なんかない!という人もいるのです。代表的なケースではアルバイトなどで忙しい人たちです。いろいろな事情でアルバイトに時間を割かないといけない人もいて、これは学業ではないですけど、忙しいことには変わりありません。あとは文系の大学生でも勉強時間にかなり時間を割く人もいます。予習や復習などをしっかりとやれば、それなりに忙しいので、文系の大学生でも暇すぎるとは言えないでしょう。遊ぶ時間的余裕もない可能性もあります。いろいろな大学生があるので、文系の大学生の時間割に関しても結構詰まっている場合もあります。だから、文系の大学生であっても遊びすぎとは言えない、暇だなんて言えないケースもあり得る点は、知っておいてほしいと思うのです。

 

あわせて読みたい記事

スターゼンの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

スターゼンの就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいならば、まず難易度を理解しておきましょう。実際にスターゼンの就職の難易度をチェックするときには、倍率の情報が必要と言えます。スターゼンの就職における倍率を使って、難易度をチェックしていくのです。ただ、倍率に関しては非公開になっている可能性が高いでしょう。具体的な数字が全く見つからない状況なのです。採用試験の倍率を公開している会社の方が少ないので、ここはしょうがないと思いますけど。でも、倍率が不明であれば、スターゼンの就職の難易度も分からないと言えるでしょう。しかし、難易度に関しては他にも知っておきたい部分があります。それは学歴フィルターが存在するか?です。

 

スターゼンの就職では学歴フィルターはあるのか?

スターゼンの採用試験の難易度において、学歴フィルターがあるのか?という部分はかなり重要と言えます。したがって、ここについて調べていきたいと思うのです。実際に学歴フィルターがあるか?をチェックするときには、通常は倍率の情報を使っていきます。でも、スターゼンの就職における倍率は不明となっているので、倍率以外の情報を使っていかないといけません。今回は採用実績校のデータを使用していきたいと思います。実際にスターゼンの採用実績校をチェックすると、いろいろな大学名を目にすることができます。有名大学の名前も多く見つかりますが、そうではない大学名も確認できる状況です。そして、中にはFランク大学と思われる大学名も存在しているので、そういった部分を踏まえると、学歴フィルターがある可能性はかなり低いでしょう。

 

スターゼンの就職では学歴フィルターは多分ないと思いますけど、仮にそうだとしても、学歴や大学名を全く見ていないとは言えないと思います。就活においては、学生のいろいろな面をチェックして、それらを総合的に評価したうえで、最終的な合否を決定していきます。だから、その過程においては、学歴や大学名を見ていても不思議ではないのです。でも、学歴や大学名のみで合否を決定するわけではありませんから、結局は他にも気を配っていくべき部分はあるわけですが。特にスターゼンの就職の面接対策は重要と言えるでしょう。志望動機や自己PRなどはかなり細かく見られているので、時間をかけて丁寧に考えていかないといけません。そして、スターゼンの就職の評判もチェックしてほしいと思います。社員の口コミを載せていくので、そういった部分を利用して、会社の普段の様子を把握してほしいと思うのです。スターゼンの仕事は激務なのか?などについて、特に知っておくといいでしょう。

 

スターゼンの就職の評判はどうなっている?

スターゼンの就職の評判をチェックしていきますけど、社員の口コミを見ればある程度の状況は判明するでしょう。まずは平均年収から調べていきたいと思います。スターゼンの平均年収はどれくらいか?というと、600~700万円程度となっています。したがって、それなりに高い数字であると言えるでしょう。では、働き方に関する口コミを見ていきたいと思います。全体的にはそんなに激務には見えません。ただ、部署によって違いがあると思われます。実際、残業は月に30時間程度あると言っている人たちもいるので、残業自体は存在しているケースがあるということです。休日に関しては、ちょっと変わった面があり、土日祝日か水日祝日が休みとなっているようで、水曜日が休みという人もいるみたいです。だから、ここに関してはスターゼンの働き方における大きなポイントであると評価できます。でも、休日出勤がある場合も存在するみたいですから、そこについても知っておきましょう。

 

スターゼンの休日は年間で120日以上あるとされており、この数字であればそれなりに多い方であると言えるでしょう。普通に評価できる数字ではないか?と思うのです。そして、有給休暇については取りやすい場合もありますが、そうじゃない場合もあると口コミで言われています。恐らく部署によって違うんじゃないか?と思われるのです。有給休暇は会社ごとに対応が異なっているので、こういった部分はしっかりとチェックしておく必要があります。こういった部分がスターゼンの就職の評判となっています。スターゼンの採用試験の難易度に関しても重要と言えますけど、やはり自分が実際に入社する可能性がある会社の実態については、細かいところまでしっかりと覚えておいてほしいと思います。そのうえで自分なりに納得してから受験をしていくといいと思うのです。

 

あわせて読みたい記事

指定校推薦と公募推薦の違いは?両方受けるはあり?合格率の差は?共通点も実はある

指定校推薦と公募推薦の違いは何か?ここは重要です。指定校推薦と公募推薦のどちらかを受けようと思っている、両方受けようと思っている人がいるかもしれません。そういった人はまず指定校推薦と公募推薦の違いを理解すべきであり、そもそも併願ができるのか?も知らないといけません。指定校推薦と公募推薦の両方を受けるためには、併願が可能である必要がありますから。だから、指定校推薦と公募推薦は両方とも詳しくなっておく必要があり、そのうえで指定校推薦と公募推薦の受験を検討していくといいです。また、指定校推薦と公募推薦の違いはどんなところにあるのか?合格率などは異なるのか?に関しても知っておきましょう。

 

・指定校推薦と公募推薦はそもそも併願ができるのか?

指定校推薦と公募推薦は併願ができるのか?というと、結論から言えばできません。公募推薦公募推薦同士であれば、併願を認めている大学はあります。しかし、指定校推薦については併願を認めているケースはまず存在しないでしょう。そのため、指定校推薦と公募推薦は両方受けることはできないのです。ただ、その代わり指定校推薦は校内選考に通れば、ほぼ合格です。その後大学の選考は一応あるものの、それで不合格になるケースはほとんどないでしょう。だからこそ、指定校推薦は併願ができないとも言えます。でも、指定校推薦と公募推薦は両方受けられないとなれば、どっちかを選ぶ必要があります。その場合には指定校推薦と公募推薦の違いを理解しておく必要があるのです。いろいろな部分で違いがあるので、そこについて知っておきましょう。

 

・指定校推薦と公募推薦の違いはどんなところか?

指定校推薦と公募推薦は両方受けることができません。ここはまず覚えておく必要があるでしょう。指定校推薦と公募推薦は併願できないという点は大きいです。ただ、それ以外にも違いはあります。指定校推薦と公募推薦の違いとして、特に大きいのは合格率です。指定校推薦と公募推薦では合格率は違いとして顕著になります。指定校推薦は校内選考に通れば、あとは大学の試験を受けるだけですけど、これは合格率はかなり高いです。100%に限りなく近い数字と言えるでしょう。つまり、指定校推薦は校内選考に通った時点で、ほぼ合格です。公募推薦に関しては、学校から推薦を受けることができても、受かる保証はありません。倍率次第なので、ケースバイケースで合格率は変わります。だから、指定校推薦と公募推薦では合格率に大きな違いがあるのです。公募推薦の場合には、倍率が割と高いケースもあり、合格するのが難しいと言える状況もあり得ます。指定校推薦と公募推薦の合格率の違いは割と顕著です。したがって、指定校推薦と公募推薦の違いとしては、非常に分かりやすい部分になるでしょう。

 

それ以外の違いとしては、受けることができる対象の大学における差という部分があります。指定校推薦は通っている高校ごとに枠があり、高校に存在している枠の中でしか選択肢がありません。ただ、公募推薦公募推薦を実施している大学はすべて選択肢にできます。例えば、早稲田大学に入りたいときに、指定校推薦の枠が自分が通っている大学になければ、指定校推薦で早稲田大学を受けることはできません。こういう制限があるのです。公募推薦はどの大学でもやっているとは言えませんが、やっているところならばすべて対象になります。ただ、指定校推薦と公募推薦も実際に受けるためには評定平均などの基準を満たす必要はありますけど。そういう注意点はあるものの、指定校推薦と公募推薦における違いとして、ここは重要と言えるでしょう。指定校推薦は通っている高校によって、受験の可能性が制限されてしまうので、特に知っておかないといけません。指定校推薦と公募推薦では合格率に違いがあるものの、そもそも受験できるか?どうかにも大きな違いがあるということです。

 

・指定校推薦と公募推薦における共通点とは?

指定校推薦と公募推薦は違いも確かにありますけど、同じと言える部分もあります。指定校推薦と公募推薦は両方とも推薦入試なので、基本的には評定平均が重要であり、そこが基準になってきます。それだけで決まるわけではありませんが、評定平均は無視できない部分です。また、受験する時期が割と近いです。秋にかけてになると思いますけど、指定校推薦と公募推薦は両方ともそういった時期に受験する可能性が高いです。一般入試とは違って、年内に受けることになるのです。時期は全く同じではないものの、ある程度は近いんじゃないか?と思います。指定校推薦と公募推薦はいろいろな違いがありますが、共通点もあるということで、ここは覚えておくといいかもしれないです。また、指定校推薦と公募推薦は併願はできない状況ではありますけど、両者の違いをしっかりと認識して、どっちを受けるべきか?どっちが自分に合っているか?を考えていくといいと思います。

 

あわせて読みたい記事

大学の第一志望が決まらない!志望校の決め方は?いつまでに決めないといけないのか?

大学受験では第一志望を決める必要があります。しかし、すぐに決まる人もいれば、なかなか決まらない人もいます。大学の第一志望が決まらないと受験勉強のモチベーションが維持できず、そもそも勉強を始められないとも言えます。第一志望が決まらない人もいると思いますが、そういったときには決め方のコツを知っておくといいです。また、大学の第一志望はいつまでに決めればいいのか?そこも重要でしょう。大学の志望校の決め方のみならず、いつまでに決めるべきか?という期限についても同時に知っておきましょう。実際に大学の第一志望が決まらない人はそれなりにいると思うのですが、これはいずれは決めないといけませんし、大学の志望校の決め方に関して理解しておいた方がいいと思います。

 

・大学の第一志望の決め方はなんとなくで構わない

大学の第一志望の決め方については、いろいろな方法があるはずです。しかし、志望校をどうやって決めるか?に関しては、正解はありません。だから、私はなんとなくでいいと思っています。実際に私もなんとなく決めました。というか、なんとなくの感じで勝手に脳内で決まっていたという感じです。例えば、人を好きになるときって、自分の感覚としては明確な理由が頭に浮かんでいる、言語化されているとは限りません。なんとなくあの人が好きと思い、あとから実はこういう部分が好きなんだみたいに見えてくることがあります。大学の第一志望もそれでいいと思っています。世の中にあるすべての大学の特徴を理解し、比較するなんて無理なので、どうしてもなんとなくで決まってしまう面はあるのです。だから、大学の第一志望が決まらないと悩んでいるならば、真剣に悩みすぎと言える可能性があるのです。具体的な理由がないといけない、いい加減ではいけないと考えすぎると、永遠に志望校は決まらないでしょう。大学の志望校の決め方に関しては、いい意味で適当な面はどうしても必要です。実際、私は大学の雰囲気、イメージなどで決めました。ちなみにオープンキャンパスなどは行っていません。その当時に頭の中にあったイメージや雰囲気で決めた感じです。

 

私は当初志望校を2つ思い浮かべていましたが、結果的にはそのうちの1つに合格でき、楽しい大学生活を送ることができました。オープンキャンパスなどは行ってませんが、入学後は割とイメージ通りでした。傍から見れば、適当に決めたように見えるかもしれませんが、真面目に考えたところで、絶対に後悔しない方法はあり得ないです。大学の第一志望の決め方については、入念に調べることも大切かもしれませんが、実際に入学してみないと分からない部分は非常に多く、そういったところまで考慮するのは厳しいです。だから、大学の志望校の決め方はどうしても適当になってしまう面がありますし、それはしょうがないでしょう。むしろそういった決め方以外で判断するのは難しい場合もあると思います。でも、大学の第一志望の決め方はそれぞれのやり方がありますから、どういった方法をとるか?は最終的には自分で決めないといけません。大学の第一志望が決まらない人は多くいるんじゃないか?と思います。大学の志望校が決まらないとなかなか勉強のやる気が出ませんが、問題は大学の第一志望はいつまでに決めるべきか?という点です。そこに関しても知っておく必要があるでしょう。大学の第一志望の決め方とは別にそういったところも知っておいてほしいです。

 

・大学の第一志望はいつまでに決めないといけないのか?

大学受験では第一志望が決まらない人の場合、どういう決め方が重要か?について、個人的な意見を述べてみましたが、それとは別にいつまでに決めるべきか?という期限の問題があります。大学受験の第一志望の決め方についてもいろいろな意見があるでしょうけど、期限についても同様かもしれません。大学受験の第一志望はいつまでに決めたらいいか?というと、個人的には共通テスト利用の出願時期までです。特に私立大学を受ける人に関しては、共通テスト利用で滑り止めを確保してほしいのです。でも、第一志望が決まっていないと、滑り止めをどこ受けるか?という部分が決められないのです。だから、大学受験の志望校はいつまでに決めるべきか?では、共通テスト利用の出願時期までがタイムリミットと思っておきましょう。でも、結果的に国公立大学を第一志望にする可能性もあります。そのときでも共通テスト利用で滑り止めを狙ってほしいので、どっちにしろ志望校はいつまでに決めるべきか?の目安は同じと言えます。できるだけ早い時期に決めてほしいとは思うものの、適当に決めてもよくないので、少なからず悩んでもいいとは思います。しかし、大学受験の志望校はいつまでに決めるべきか?では、どんなに遅くても共通テスト利用を出す時期までにしてほしいのです。

 

大学の第一志望については決まらない人もいれば、すんなり決まる人もいます。私はすんなり決まった方ですけど、なかなか決まらない状況があったとしても、そこで悩むことはないです。それだけ真剣なだけですから。自分の志望校の決定に真剣になることは悪いことではありません。でも、どれだけ悩んでもなかなか大学の志望校が決まらないときには、私なりに実践した大学の志望校の決め方などを使ってみるのもいいかもしれません。自分なりに調べた、想像したイメージや雰囲気を参考にするのもいいでしょう。大学は合う、合わないがあるので、どういう大学の第一志望の決め方をしても後悔する可能性は少なからずあります。でも、どうしても決まらないとき、どういった情報を集めて比較しても、どこがいいか?分からないときには、最終的には自分の直感を信じてみるのもいいかもしれません。大学の第一志望の決め方に悩んでいる人は結構いると思いますが、実際に大学受験で志望校の決め方が分からないときには、1つの選択肢として覚えておいて欲しいです。どうしても決められないときには、実践してみるといいかもしれないです。

 

あわせて読みたい記事

指定校推薦の面接で聞かれることは?厳しい圧迫面接はある?怖いと感じる可能性は?

指定校推薦の面接ではどんなことを聞かれるのか?ここが気になっている人もいるでしょう。指定校推薦の面接で何聞かれるか?という点は多くが気になるはずです。事前に面接の対策をする人が多いでしょうけど、そのときには指定校推薦の面接で聞かれることをあらかじめ想定しておくといいと思うのです。指定校推薦の面接で何聞かれるか?については、ある程度傾向が存在しているので、対策はしやすいと思います。事前に想定したこと以外を聞いてくる可能性はありますけど、聞かれることはだいたい決まっていると言えるのです。ただ、指定校推薦の面接では圧迫というケースがあります。厳しい雰囲気で、面接官が怖いと思える場合もあるので、そういった部分についても想定しておくといいと思います。

 

・指定校推薦の面接ではどんなことを聞かれるのか?

指定校推薦の面接で聞かれることは何か?というと、たいていは以下のものが多いです。だから、指定校推薦の面接で聞かれることを想定しておくときには、とりあえずこういった部分で対策をしていきましょう。

 

・自己紹介

・志望動機

・長所と短所

・高校時代の思い出(印象に残った出来事など)

・大学でどんな勉強をしたいか?(大学で何をしたいか?)

・卒業後にどんなビジョンを持っているか?

・最後に言っておきたいこと(質問しておきたいこと)

 

指定校推薦の面接の面接で聞かれることはだいたいこういった部分が多いはずです。だから、何聞かれるか?に関して、あらかじめ聞かれる可能性が高い質問を想定しておくときには、これらの質問が重要です。でも、指定校推薦の面接で何聞かれるか?については、完全に予測できないので、全く予想しない質問が飛んでくる可能性もあります。だから、あらかじめ完全に特定の質問に対して回答を考えて丸暗記するような対策はおすすめできません。あくまでも自分にとっての回答の軸を見つけて、それに沿って回答をしていくという感覚でいるといいと思うのです。そういったスタンスであれば、どういった予想外の質問がきたときでも、その場で考えが浮かびやすいはずです。

 

だから、指定校推薦の面接で聞かれることを事前に対策するのはいいものの、対策のしすぎはよくないということです。指定校推薦の面接で何聞かれるか?に関して、対策をあまりにもしすぎると、想定した質問に対しては完璧になるかもしれないものの、そうじゃない質問には答えられない状況になる可能性がありえます。だから、指定校推薦の面接の対策というのは、そういう部分で難しいところがあるのです。聞かれることが気になるのは分かるものの、こういった対策についてはほどほどにしておきましょう。指定校推薦は落ちる可能性はかなり低いですけど、重要なのはあらかじめ予想できる質問に対する回答ではなく、予想できない質問に対する回答であり、ここで採点に差がつく可能性があるのです。指定校推薦の面接において何聞かれるか?で事前に調べられる質問は重要ではないとは言えないものの、そこはみんなしっかりと対策はできます。そして、指定校推薦の面接が圧迫になる場合も考えられます。この場合、指定校推薦の面接が怖いと感じる可能性もあるでしょう。指定校推薦の面接の雰囲気が厳しいと言えるケースもあることは想定しておいてほしいです。

 

・指定校推薦の面接では厳しい雰囲気の場合がありえる

就活などで圧迫面接という言葉がありますが、指定校推薦の面接でも圧迫という状況はなくはないです。かなり珍しいとは思いますけど、指定校推薦の面接でも厳しい雰囲気の面接はあって、その結果怖いという感覚になる場合もあります。こんな話を聞くと、指定校推薦の面接が怖いという感覚は、受ける前から感じている可能性もありますが、仮に指定校推薦の面接が圧迫だったとしても、面接官は演技をしているだけなので、指定校推薦の面接が怖いと思う必要は本来はありません。何かしらの目的のために厳しい雰囲気を作っているだけなので、仮に圧迫面接がきても慌てる必要はありません。相手は演技をしているだけと思って、冷静に対処していけばいいのです。指定校推薦の面接で聞かれることについては、対策を多少なりともしているでしょうし、その対策をそのまま披露すればいいのです。圧迫面接でも、指定校推薦の面接における何聞かれるか?という部分はほぼ変わらないはずです。もちろん想定外の質問もありえますけど、そのときにも回答の軸に沿って答えていけばいいだけです。

 

指定校推薦の面接は基本的には多くが想像しているような雰囲気になるはずです。指定校の面接で圧迫というケースはあまり多くないと思います。でも、面接の形式はいろいろなものがあり、大学側としてもいろいろな形で生徒をチェックしようとしているはずです。そういった部分を理解して、指定校推薦の面接の対策をしてほしいと思います。指定校推薦の面接が怖いと感じる人もいるでしょう。指定校推薦は人生で初めてなわけで、どんな面接なのか?分からないはずですから。そもそも面接自体が怖いという人もいると思いますし、不安な気持ちは少なからずあるはずですけど、指定校推薦の面接で聞かれることなどをきちんと対策して、自信を持って本番に臨んでほしいと思います。指定校推薦の面接は落ちることはほぼないと思って、頑張ってほしいと思うのです。

 

あわせて読みたい記事

秋田大学と日東駒専のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

秋田大学はどのくらいのレベルなのか?そういった部分が気になる人もいるでしょう。したがって、今回は有名な私立大学との比較をしていきたいと思います。両者ともに頭いい大学でしょうけど、秋田大学日東駒専の偏差値やレベルの違いを見ていきます。秋田大学日東駒専はどっちが上なのか?そういった点について調べていきたいと思うのです。実際に両者の難易度を比較すれば、どっちが上か?はある程度理解できるでしょう。また、イメージや雰囲気の違いもチェックしていきます。秋田大学日東駒専はどっちがいいか?についても考えていくといいのです。

 

秋田大学日東駒専の偏差値の違いは?

秋田大学日東駒専はどっちが上か?偏差値やレベルで比較をしていきますが、今回は河合塾の個別日程の偏差値を使っていきたいと思います。国立大学と私立大学ですけど、とりあえず単純に偏差値の違いを見ていきます。まずは文系学部についてです。秋田大学は47.5~55.0です。明らかな文系学部が教育文化学部しかない状況です。国際資源学部は文理融合なので、今回は文系にも理系にも含めないことにします。日東駒専の文系学部の偏差値は50.0~57.5くらいでしょう。だから、偏差値だけで比較をすると、秋田大学日東駒専はどっちが上か?と言えば、文系学部は日東駒専になりますけど、国立大学と私立大学の比較なので、そう単純にはいきません。どっちが上か?の比較は難しいですが、この差であれば日東駒専の方が難易度は上である気はします。

 

では、理系に関してはどうでしょうか?秋田大学の理系学部については、理工学部が42.5~50.0で、医学部が47.5~62.5です。両者でかなり偏差値の差があります。理系において、秋田大学日東駒専はどっちが上か?では、ほとんど日本大学との比較になるでしょう。理工学部東洋大学もありますが、医学部は日本大学しかありません。理工学部については、秋田大学と同じような数字です。東洋大学日本大学理工学部の偏差値の方が多少高い気はしますけど、そんなには変わりません。したがって、秋田大学のレベルと似ている状況です。そうであれば、秋田大学の方が難易度は実質上と言えるのではないか?と思います。でも、医学部は日本大学の方がかなり難易度は高いです。秋田大学の医学部と比べると、偏差値に大きな違いがあります。そのため、医学部は日本大学という結論になるかもしれません。理系において、秋田大学日東駒専はどっちが上か?というと、秋田大学のレベル的には近いと言える可能性がありますが、学部次第の面があるでしょう。秋田大学日東駒専はともに頭いいと言えるレベルですが、文系と理系では違いがあるということです。そして、秋田大学のイメージや雰囲気の違いもチェックしてほしいです。キャンパスの立地条件などを考慮しながら、秋田大学日東駒専はどっちがいいか?を考えていきましょう。

 

秋田大学日東駒専のイメージや雰囲気の違いは?

秋田大学日東駒専のイメージや雰囲気の違いをチェックしていきたいと思います。秋田大学のキャンパスは複数あるものの、いずれも秋田県秋田市にあります。したがって、県内ではそれなりに都会的な場所にあります。でも、さすがに東京の都心と比べると、都会的な雰囲気は感じづらいと言えます。ただ、日東駒専に関しては大学学部ごとにキャンパスが違います。都心にある場合もあれば、郊外にある場合も考えられるのです。確実に都心に近いところにあると言えるのは駒澤大学くらいで、日本大学東洋大学専修大学は学部ごとにキャンパスの立地条件は違います。だから、そういった部分で日東駒専でも同じ雰囲気ではないと言えるのです。秋田大学日東駒専に関しては偏差値やレベルの違いもありますが、イメージや雰囲気の違いもあります。どちらが合っているのか?の判断は非常に重要であり、そういった部分も含めて、秋田大学日東駒専はどっちがいいか?を考えてほしいです。

 

秋田大学日東駒専では就職における違いはある?

秋田大学日東駒専の比較において、就職の違いはあるのか?という点はかなり気になるでしょう。これは文系と理系で違う可能性があります。文系学部は日東駒専の方が有利かもしれないですけど、理系学部については同じくらいか、秋田大学の方が有利である可能性があります。理系については、設備が充実している方が評価されることもあり、それはどちらかと言うと国公立大学なのです。だから、秋田大学日東駒専の偏差値やレベルなどを考慮したうえでは、こういう結論になりそうな気がします。就職において秋田大学日東駒専はどっちがいいか?というと、ケースバイケースで異なるということです。秋田大学日東駒専はともに頭いいと言えるレベルだと思いますけど、就活における評価は全く同じではありません。でも、秋田県では秋田大学が、東京では日東駒専がそれぞれ評価されやすいと言えると思うので、そういった部分も頭に入れておいてほしいです。

 

あわせて読みたい記事