リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大学生のデートの予算、金額を安く抑え、お金かからない場所は?

【スポンサードリンク】

大学生のデートはどんなところに行っているのでしょうか?あまりお金が使えない人たちが多いと思うので、そんなに高いお金がかかる場所にはいけないと思いますけど、できるだけ安く済ませたいと思っている人もいるのではないでしょうか?そういうときには、私は大学めぐりをしてはどうか?と思うのです。大学生ならではのデートコースともいえると思いますけど、大学めぐりというのは、自分のいつも通っている大学以外の大学に行ってみるということです。大学なんて無数にあるので、デートコースのネタも尽きづらいです。大学に行ってみれば、当然学食があるので、食事はそこで一緒に済ませることができます。食事はデートの場所とは別に考える必要性が本来はあるかと思いますが、大学に行けば、そこで解決されてしまうのです。実際、多くの大学の学食は、非常に質が高いです。テレビ番組や雑誌で紹介されることもあるなど、非常に美味しいです。

 

美味しいということに加えて、安いですから、気兼ねなく食事ができますよね。学食は時間帯を選べば混んでいませんし、基本的には外部の人間も入れるはずなので、ネットとかで調べて、美味しそうな学食、評判の良い学食を提供しているところを選んで行ってみてはどうでしょうか?学食の魅力も大学をデートコースにする魅力の1つになりますが、それ以外にも魅力はあるでしょう。大学の中を散策する、散歩に近いかもしれませんけど、それも楽しいですよね。普段通っている大学はもう見飽きていると思います。でも、大学によってキャンパスの場所、雰囲気、造りなどは全然違うため、まるで美術館の中にいるような感じで、1つの作品を見ているように歩けると思います。大学が変わるとキャンパスのそれらの要素がまるで違うので、新鮮さを感じられたり、今まで持っていたその大学への印象もがらりと変わる可能性があります。大学の中って、見ているだけでも結構楽しいと思うのです。

 

大学自体をデートコースに選ぶと、あまり長い時間を過ごすのは難しいかもしれません。だから、休みの日とかじゃなくて、大学がある日に行ってみると、時間帯的には夕方からとかになるのかな?そして、その時間帯から向かってみて、夜をその大学の学食で済まして、大学の中を散策したりすると、1,2時間は過ごせるでしょう。夕方以降から、夜にかけて向かってみると、やや短めのプチデートになるのではないでしょうか?こういった時間帯にするのも良いと思います。それか、ここ以外に別の場所も考えておいて、そちらにも向かうという予定でいれば、昼間とかからでも問題ないですね。その場合には、学食も昼から食べられますし。例えば、映画を観に行くときに、映画館が渋谷にあったとしたら、そのあたりには大学がいくつかあります。女子大もあるのですが、女子大は恐らく男性は入れないのではないか?と思うので、青山学院大学國學院大學であれば、近くにあるので、そこに向かってみて食事をしたり、大学の中を歩いてみたりして、時間を過ごしてから映画に向かってはどうでしょうか?映画も、長くても2時間くらいで終わってしまうので、2つを組み合わせるとちょうど良いかもしれません。

 

そういったデートプランの中にこういったものを取り入れていくと、予算も最小限で済みます。何よりも食事代が安く済むのが良いですよね。デートで行きそうなエリアって、どこも高いイメージで1人分で1000円は普通に越えそうですから。そういう意味では、学食を利用すれば500円あれば食べられるケースが多いでしょう。それを何度も積み重ねていくと、結構な金額の差になりますから、デートに食事が付き物である以上は、考えないといけないポイントかもしれませんし、そのときに大学の食堂は欠かせない存在になると思います。普段食べなれている分、デートで利用しても別に違和感ないでしょう。お金がないからといって、安く済ませようとすると、選択肢は大分狭くなります。マクドナルドなどのファストフード店になってしまいます。だからこそ、大学の食堂は生きてくるのです。社会人以上になれば、使える金額が増えるので、デートコースの幅も広がってくるでしょう。ただ、その分男性がおごらないといけない風潮や雰囲気が生まれるので、男の人にとってはきついかもしれませんけど。

 

大学生は割と時間がありますから、今のうちに楽しい青春を送っておくと、後で思い出として残りますからね。お金がそんなに使えない分、頭を使わないといけませんが、お金がないと言ってもそれなりに楽しいデートにすることはできるはずですから、2人で考えて、たまには違ったデートの楽しみ方をしても良いのではないでしょうか?そのときには今回のようなプランは少し参考になるかもしれません。良かったら考えてみてくださいね。