読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

早稲田大学政治経済学部の偏差値は高いが、倍率や評判と口コミ、就職実績、就職先はどうか?

早稲田大学政治経済学部は私立大学の中でもトップに近い存在です。慶應義塾大学法学部と私立大学のトップを競うレベルだと思うのですが、ここは本当に難しいです。著名な卒業生も多くいる学部で、早稲田大学政治経済学部は難易度がとても高いため、学内でも人気は1番か、2番くらいではないでしょうか?早稲田大学の看板学部になりますし、偏差値もとても高いので、ここに受かる学生は相当頭が良いと言えるかもしれません。東大や京大の滑り止めになる存在でもあり、東大や京大の受験生でも確実に受かるというレベルではない気がします。早慶を滑り止めにする受験生は別の学部を受ける可能性もありますね。それくらいに難しいので、早稲田大学政治経済学部に入るには相当な努力を必要とするということになります。では、早稲田大学政治経済学部の偏差値はどれくらいなのでしょうか?これは予備校によっても違うのですが、だいたい60代後半で67くらいじゃないでしょうか?だから、非常に難しいですよ。一般入試で受かるには相当な勉強時間が必要でしょうね。早稲田大学の中でも特に偏差値が高い学部なので、早稲田大学政治経済学部に受かるには勉強効率も考えていったうえで、勉強時間が相当必要でしょう。

 

そして、早稲田大学政治経済学部はセンター利用入試もやっているのですが、ボーダーラインはどれくらいか?というと、91%となっています。無茶苦茶高いです。9割以上必要ということで、ほとんどミスができないので、難しいですね。早稲田大学政治経済学部はセンター利用入試牛のボーダーラインがかなり高いので、現実的には一般入試で合格を狙っていくのが良いと思います。では、早稲田大学政治経済学部の受験科目はどうなっているでしょうか?早稲田大学政治経済学部の一般入試の受験科目は英語、国語、地歴公民数学です。国語は古文、漢文が出題されると思いますし、地歴公民数学は日本史、世界史、政治経済、数学から選択です。そして、早稲田大学は配点が特殊なので、そこも注意してもらいたいのですが、早稲田大学政治経済学部の配点は英語が90点、国語と地歴公民数学が70点となっており、230点満点みたいですね。したがって、英語が傾斜配点というのは他の大学学部と共通していますが、配点が特殊なのでそこはあらかじめ知っておいてほしいと思います。早稲田大学政治経済学部ではどの科目の難易度が高いですが、やはり英語も難しいとは思います。しかし、国語が1番鍵になりそうな科目な気がします。早稲田大学政治経済学部の難易度は高いですが、早稲田というと国語が難しいイメージでしょうから、国語で何点とれるか?が重要ですね。

 

早稲田大学政治経済学部は偏差値がかなり高いということで、問題のレベルも高いとは思いますが、やはり過去問をやってみることが重要です。自分の実力を把握することも重要ですが、傾向やレベルを把握して、今後どうやったら早稲田大学政治経済学部の合格点に届くか?またはどれだけ余裕を持って合格点を越えられるか?その戦略を寝ることが重要だと思います。つまり、赤本は単にやるだけではなくて、やった後どういう戦略を練って合格点に届かせるか?考えていくことが大切なのです。そして、早稲田大学政治経済学部の評判についても簡単に紹介しておきます。口コミはネットで検索すれば結構見つかりますけど、在学生の声を見ると授業の質が高く、真面目な学生が多いという声があります。そして、早稲田大学政治経済学部は3つ学科がありますけど、その中でも経済学科は数学を使う授業が割とあるようなので、数学が苦手な人にとってはちょっと難しいと感じる部分があるみたいですね。でも、眠くなるような授業もあったり、出席して勉強をすれば単位はまずとれるような授業もあったりで、他の大学とあまり変わらない部分もあるという口コミがありますね。したがって、早稲田大学政治経済学部の評判としては特有なものは少ないかもしれませんが、他の大学の学生と同じようなキャンパスライフは送ることができるのではないでしょうか?

 

早稲田大学政治経済学部の口コミはネットでも調べられるので、自分でも見ておいてください。ここに載せられるのは早稲田大学政治経済学部の口コミの一部ですから。入学を希望する人は早稲田大学政治経済学部の評判についてちゃんと調べて、それでモチベーションを上げて、勉強をしていってほしいと思います。口コミや評判は必ずチェックしておいてください。そして、早稲田大学政治経済学部の就職先の企業はどうなっているでしょうか?就職実績は早稲田大学なのでかなり良いですけど、どういった就職先があるのか?は知りたいでしょう。早稲田大学政治経済学部の就職状況を見るといろいろな業種への就職先があります。就職状況としては金融とメーカーが特に多くなっています。就職率とかが分からないのですが、就職実績としてはやはり格別のものがあるでしょう。早稲田大学政治経済学部の就職先の企業はホームページに代表的なところが載っていますけど、みずほ、三菱東京UFJ、三井住友などのメガバンクが上位に入ってきています。

 

早稲田大学政治経済学部の就職実績はやはりすごいですが、就職は個人の努力でなんとかしないといけない部分も大きいですから、こういった大学に入れれば就職は安泰ということはないので知っておいてください。早稲田大学政治経済学部の就職状況や就職先の企業は自分でも見ておくと良いと思います。早稲田大学政治経済学部は偏差値がとても高いですから、受かるのは難しいですが、私立大学の雄になると思うので、ここを目指している方は本当に勉強を頑張ってもらいたいと思います。早稲田大学政治経済学部の倍率は高いので知っておいてほしいです。学科によって違いますけど、だいたい4~7倍くらいです。早稲田大学政治経済学部の倍率を見るとやはり難易度が高い学部だなというのも分かると思いますから、早稲田大学政治経済学部に入りたい人はとにかく勉強をしないといけませんが、限られた時間で合格レベルまで実力を上げないといけないので、効率性も考えながらやっていく必要があると思います。倍率からするとこれだけ偏差値の高い大学学部を多くが受けにきているということなので、やっぱりここに受かりたいと思っている人は多くいるということなのでしょう。

 

あわせて読みたい記事

第二外国語はなぜ必修なのか?学ぶ必要性は?いらないと感じる人も多いが

大学にはいると第二外国語が必修になっているケースが多くあると思いますが、第二外国語はなぜ必修なのでしょうか?文系学部の場合には第二外国語は入学手続きの時点で決めて、それを申請すると、その第二外国語の授業がすでに時間割にセットされているみたいな状況があると思うのですが、そういったことはどの大学でもたいていあるため、あまり不思議に思わないという人も多いのではないでしょうか?しかし、よくよく考えてみると、第二外国語が必修である必要性がわからないという人もいるのではないでしょうか?私もその1人なのですが、私は大学でスペイン語を履修しましたが、1年間しか勉強していません。そして、大学での講義以外でスペイン義を学習した機会は1度もないと思います。その結果、ほとんど何も喋れません。単語も10個くらいしか覚えていないのではないか?と思います。そういう人って珍しくないと思うのです。それは第二外国語はやりたくてやっているわけではなくて、やらされていいる感が強いからです。専門科目はその学部固有の授業であり、興味があってその学部を選択したならば、興味を持って勉強をちゃんとする人は多いと思うのですが、第二外国語は興味もないし、やる気もないsけどやらないといけない状況が存在しているということだと思うのです。

 

おまけに教養科目も含めますが、専門科目というのは文系の場合には暗記が多いので、しばらくやっていなくてもなんとなく覚えていることって結構多いと思うのです。しかし、言語は暗記の部分もあるけど、暗記じゃない部分も多いので、しばらくやっていないと全く会話にならないような、学んだ意味があるとは思えない状況が発生します。英語みたいにずーっとやっているならばまだしも、1年間か2年間くらいでもうやらないという言語は結局のところ、大学卒業後には何も残っていないという人も少なくないと思います。私も第二外国語をなぜ学ぶのか?について調べてみましたが、他国の文化を理解するのに役立つとか、他国の文化に興味を持つみたいな記述を見かけたのです。これはどうなねしょうね?他国の文化を理解することが第二外国語の学ぶ意味ならば、最初から文化を学べば良いのではないか?と思うのですが。それに言語を学ぶことで、文化に興味を持つようになるという理屈がよく分からないのです。ちなみに、私はスペイン語を学んでスペインの文化について理解できた部分ってほとんどないと思いますし、スペインに興味を持ったこともないのです。そういった私の体験も踏まえると、尚更第二外国語を学ぶ必要性が分かりません。

 

これは私の場合ですけど、世界史とかを学ばせた方が他国の文化とかに興味を持つ人や理解できる人が増えるんじゃないか?と思います。第二外国語がいらないと思っている人は他にも結構いるようですが、第二外国語を必修にするのであれば、4年間みっちりやらせる必要がある気がするのです。でも、本当は必修にさせる必要性は私はないと思いますけどね。第二外国語を学ぶメリットはあると思うんですよ。でも、メリットがあるというのは、全員にとってメリットになるわけでもないし、メリットがあるから必修にする理由になるわけでもないと思うのです。そうなると、別の他の授業だって学ばせるメリットはあるはずなのです。そうなると、選択の中の1つに第二外国語を用意するとかではダメなの?と思うのです。第二外国語を教養科目の選択の1つにすると、履修する人はほとんどいなくなりそうな気はしますけどね。だって、単位を取るためには明らかに勉強量が多くなると思うからです。暗記していれば良いとかではないので、単位をとる難易度が高いわけです。だから、第二外国語を選ぶ学生はかなり少なくなりそう。

 

そうなると、第二外国語を必修にしている理由というのは、第二外国語を多くの学生に学んでもらわないと困る何らかの事情があるのでは?と思えてきます。大学側に何らかの事情がある可能性もあります。学生の側からすれば、第二外国語はいらないと思っている人は結構いると思うし、大学側ももしかしたら思っているかもしれません。つまり、大学側は第二外国語を必修にする意義があるから必修にしているのではなくて、必修にしないといけない何らかの事情があるから必修にしている可能性もあるのです。そこは分かりませんけど、第二外国語がなぜ必修なのか?についてはどうしても疑問に思う人が多くいるでしょう。でも、今後も大学では第二外国語は必修になり続けると思います。第二外国語の必要性は私も分かりませんが、定番の授業として残り続けると思うのです。第二外国語はいらないと感じている人は、そこで学んだことが役に立たなかった、役に立てる機会がないと感じている人ではないか?と思います。学校の勉強全般に言われることもあることですけど、結局無理矢理やらされること、自分でやりたいと思ってやった以外のこと、やる必要性に迫られてやったこと以外は、役に立たないことが多々あるというのが傾向としてある気がします。大学で学ぶ勉強のうち、それに該当するのは第二外国語だけじゃないんですけど、特に時間をかけないと身につかない言語については、必要性については考えてしまうでしょう。

 

あわせて読みたい記事

国立大学法人は日程変更で受かりやすい?筆記は教養のみだから難易度はかなり難しい

国立大学法人の採用試験は難しい部類に入ると思います。あまり知られていない公務員の試験種かもしれませんが、今は8月に筆記試験を行っており、公務員試験の大きな試験種が一通り終わった頃にやるので、穴場的な存在かもしれません。でも、簡単なわけではないです。国立大学法人は以前よりは受かりやすいと言えると思うのですが、それでも難しい試験種になると思います。国立大学法人というのは何が難しいのか?というと、第一に筆記試験になると思います。国立大学法人の筆記試験は難易度が高いのですが、それは問題のレベルが高いというわけではありません。筆記試験の問題は簡単ではないけど、難しいまではいかないと思うのです。国立大学法人の筆記試験は教養のみですが、その教養試験だけで高得点をとらないといけないので、思ったよりも筆記試験に受かるのは大変です。国立大学法人の難易度は以前よりは下がりました。それは日程が変わったからです。2014年くらいまでかな?その頃は5月くらいに筆記試験をやっていた記憶があります。

 

しかし、国立大学法人の日程は変更になり、今の8月になったのです。そのためすでにどこかしらの試験種で合格を持っている人は、あえて国立大学法人を受けないという人が出てきたのです。8月頃だと、すでに面接試験を終えて最終合格が出ている試験種が結構あると思うので、国立大学法人の筆記試験の受験者数は、日程が変わったことにより減少したと言えます。だから、国立大学法人に受かりたい人にとっては日程変更は朗報になったわけです。でも、相変わらず国立大学法人の筆記試験は難しいと思います。国立大学法人の日程は結局独立しているっていうのが1つポイントになるのです。5月にやっていた頃も8月になってからも独立した日程で、かぶっている試験種がありませんから、それが受験者数を増やす一因になっていると言えます。また、国立大学法人は教養のみというところもポイントです。専門試験も論文試験もないので、勉強の開始が遅れた人が教養試験のみをやって受けられるという意味では、それも受験者数を増やす一因になっていると言えます。筆記試験の負担が少なければ、勉強の開始が遅かった人でも受けやすいですし、あとは民間企業の就職活動をしている人も受けやすいですから。

 

教養試験しか筆記試験をやらないというのは、こういった理由によって受験者数を増やすことにつながり、結果として国立大学法人の筆記試験の倍率を上昇させる力になり、ボーダーラインも上がるということになります。したがって、国立大学法人の筆記試験は倍率がそれなりに高いですし、ボーダーラインも思ったより高いです。合格最低点に必要な点数は6~7割くらいではないか?と思いますが、この点数を取るのは大変です。教養のみというのは負担は軽いように見えて、一次試験を合格するための難易度を上げている状態と言えると思います。教養試験の得意な人はそれがそのまま点数に直結しますから有利と言えるものの、苦手な人もそのまま点数に直結するのでかなり不利です。だから、教養試験だけじゃなくて、論文とか専門試験もやりたい!と思っている人はいるのではないでしょうか?国立大学法人の筆記試験は受かりやすいとは言えないでしょう。以前よりは受かりやすいが、国立大学法人に受かりたい人は教養試験を得意にするのが1番必要なコトになると思います。国立大学法人の筆記試験の倍率は調べれば出てきますが、そこそこありますから、面接試験よりも筆記試験の方が難しいと言えるのではないか?と思います。

 

国立大学法人は日程がずれたことで、ここを第一志望にしている人が多く受けてくる気がします。民間企業も受けている人は除いて、公務員試験をメインに就職活動をしている人で国立大学法人を受ける人はすでに内定を貰っているが第一志望だから受けるという人、またはそれまで1つも内定を貰っていないから受けるという人もいるでしょう。でも、第一志望で受けているという人は結構多く含まれている気がします。したがって、かなり本気で対策をしてくる人もいるという意味では、国立大学法人の試験種はそういう人たちと戦っていかないといけないので、相当難しいですし、かなり本気で対策をしていくことが必要になります。国立大学法人の筆記試験に受かるにはボーダーラインが高めということに備えて筆記対策をしていかないといけません。国立大学法人は過去問が売っていない可能性があります。したがって、筆記対策をしようにも難しいところがあります。そこも国立大学法人の難易度の高いところなんです。したがって、教養のみではありますけど、高いボーダーラインを突破するために国立大学法人の筆記対策をどうやるか?というのをまず考えていかないといけません。それが国立大学法人の合否にかかわってきます。国立大学法人に受かりたい人はやはりこういったところを考えないといけないので、筆記対策をどうやってやるか?過去問はどうするのか?の部分で、国立大学法人に受かるか?どうか決まってくるというのは知っておかないといけません。国立大学法人の筆記対策は難しいですし、面接対策以上に合格のために重要なプロセスになります。

 

あわせて読みたい記事

専修大学と獨協大学ではどっちがいい?どっちが上?法学部と経済学部は同列?知名度や就職は?

専修大学獨協大学では結構悩む人がいるみたいです。インターネットで調べてみると、この2つでどっちがいいのか?聞いている人が多く見つかります。専修大学獨協大学の比較というのはちょっと毛色が違う大学ですけど、入試の難易度では近い存在でもあります。獨協大学は外国語学部と国際教養学部という特殊な学部があって、それは専修大学にはありません。それにこの2つの学部の偏差値は60近くあることもあって、入試難易度で言えば外国語学部はMARCHに近い、国際教養学部成蹊大学とかに近いのかな?という印象です。そうなると比較対象は法学部と経済学部しかありません。専修大学は他にも学部がありますけど、獨協大学と共通しているのはこの2つなのです。専修大学獨協大学では偏差値はどっちが上か?というと、法学部はあまり変わらないかな?という印象です。偏差値を出す予備校とかにもよるんですけど、学科単位まで見れば分かりませんが、法学部全体で言うならば専修大学獨協大学ではどっちが上?と言われてもほとんど差がないと言って良いと思います。

 

ただ、獨協大学はやはり外国語学部と国際教養学部が目立つ存在で、法学部や経済学部は若干陰に隠れた存在になっている印象です。そのため、専修大学獨協大学の法学部ならば偏差値はほぼ同じだとしても、専修大学を選ぶ人が多い気がするのです。そして、経済学部はどうか?というと、専修大学獨協大学の経済学部の偏差値はどっちが上か?の比較をすると、これもそんなに差がない気がしますが、若干専修大学の方が上かもしれないという感じです。ほとんど差はないと思うのですが、専修大学獨協大学の経済学部では偏差値は専修大学の方が少しだけ上かもという感じです。だから、専修大学獨協大学ではどっちがいい?というのは法学部と経済学部に関しては甲乙つけがたいです。強いて言うならば、専修大学の看板学部が経済学部となっているので、経済学部に関しても専修大学獨協大学では専修大学を選ぶ人が多いかもしれません。おすすめというわけではないですけど、受験生はそういう傾向なんじゃないですかね?大学全体の偏差値で言うならば、専修大学獨協大学では獨協大学の方が上になります。それは外国語学部と国際教養学部の存在が大きいです。この2つの学部によって、國學院大學武蔵大学と同じレベルになっています。

 

しかし、法学部と経済学部に関しては獨協大学日東駒専のレベルという感じでしょうか?専修大学駒澤大学に近いと思います。だから、専修大学獨協大学ではどっちがおすすめか?というのは、獨協大学で外国語学部と国際教養学部に入りたい人がいる場合には、専修大学のどの学部に受かったとしても、獨協大学を選ぶのがセオリーでしょう。同系統の学部が専修大学にはないので。専修大学獨協大学ではどっちがいい?というのは偏差値だけでは決まらないので、それ以外にも注目していきましょう。キャンパスの立地条件で言えば、どちらも都心ではないですね。専修大学は一部学部は東京の神田キャンパスなので、都心にありますけど、大半の学部は神奈川県の生田キャンパスになります。今後商学部が神田キャンパスに移転するという話もありますが、メインキャンパスは生田になります。獨協大学は埼玉県の草加市にあるので、こちらも都心ではないですね。だから、どちらもキャンパスの立地条件で言うと、受験生の人気はそこまで出なさそう場所にあります。だから、ここでもあまり差がつかないかもしれません。

 

そして、専修大学獨協大学では知名度はどうか?というと、これは確実に専修大學の方が上だと思います。スポーツや日東駒専という括りも影響していると思いますが。ただ、受験生目線で言うと、専修大学獨協大学では獨協大学の方が上に見られるケースも結構ありそうです。先ほど言ったように、外国語学部と国際教養学部の存在により、獨協大学日東駒専よりも1ランク上の位置づけになっています。したがって、学部関係なく、大学単位で言うならば獨協大学の方が上と見られるケースはあると思います。だから、獨協大学の法学部と経済学部の学生からしてみれば偏差値は日東駒専レベルだけど、大学単位ならばそれよりも上に見られる可能性があるということなのでお得感はあるかもしれないです。外国語学部と国際教養学部ならば確実に専修大学よりも上に見られるのではないでしょうか?専修大学獨協大学では偏差値の比較では法学部と経済学部ならばほとんど変わりませんし、この2つの大学で悩むとしたら法学部と経済学部だけでしょう。だから、この2つで悩んだときには偏差値と立地条件はほとんど変わらないので、世間の知名度と大学全体のランクなどが基準になるかな?と思います。専修大学獨協大学の比較ではこのあたりが違いになると思いますが、大学自体の雰囲気もちょっと違うので、自分でも大学のキャンパスに行ってみてはどうでしょうか?

 

ちなみに専修大学獨協大学の就職を考えてみると、こちらも差はほとんどないでしょう。学歴フィルターにおいても、両者とも日東駒専以上なので、影響は変わらない気がします。だから、就職実績や就職状況などを比較してみても良いですが、偏差値やレベルがほぼ同じ大学ということになれば、就職に関しては専修大学獨協大学では差がないと言える気がします。これは獨協大学の外国語学部や国際教養学部であっても、あまり差が出そうな感じがしないのです。多少専修大学よりは上かな?という気もしますが、こういった学部でもMARCHクラスの評価はされないでしょうから。就職実績や就職状況を自分で調べてみると良いと思いますね。専修大学獨協大学では法学部と経済学部ならば難易度にも差がほとんどないと思いますし、入試方式とか、受験科目にも違いがありそうなので、受かった後ではなくて、これから受けるということならば、そこもチェックしていきましょう。

 

あわせて読みたい記事

國學院大學と日本大学ではどっちがいい?どっちが上?偏差値や就職やキャンパスの立地条件で比較

國學院大學日本大学はどっちがいいか?と迷う受験生や高校生もいるかもしれません。この2つの大学は主要学部の偏差値が結構近い学部もあり、併願している人、併願を予定している人も結構いそうな気がします。一般的には日本大学の方が知名度がありますが、偏差値の比較では國學院大學の方が高いと思いますね。この2つの大学は偏差値の差はありますが、そこまで大きな差ではないので、それぞれの人の好みでどっちがいいか?は変わりそうな気がします。Yahoo知恵袋とかでも同様の質問がありますが、意見は分かれており、どっちを選ぶか?は人によって変わりそうです。そういう状態なので、國學院大學日本大学でどっちがいい?と悩んだときにどういう視点で選べば良いのか?のヒントを書いておきたいと思います。まず偏差値については國學院大學日本大学でどっちが上か?というと、國學院大學です。これは主要学部においては全部國學院が上だと思います。文学部、法学部、経済学部の3つの比較に関しては國學院大學が偏差値では上になるでしょう。國學院大學には神道文化学部と人間開発学部がありますが、宗教系の学部と教育系の学部は日本大学にはないので、この2つは比較が難しいですが、共通してある3学部に関して言えば、全て國學院大學の方が偏差値は上になります。

 

特に國學院大學日本大学では文学部に関しては偏差値に差があります。日本大学文理学部になりますけど、國學院大學日本大学での文学部はどっちがいい?という比較をするときには多くが國學院大學を選ぶ気がします。特に日本文学科や史学科に関しては國學院大學は人気です。偏差値にも結構差がありますし。しかし、法学部と経済学部では國學院大學日本大学の偏差値の差はそこまでありません。國學院大學日本大学での法学部と経済学部の偏差値は一応國學院の方が高いですけど、文学部ほどの差はないと思います。微々たる差といえばそうかもしれないのです。でも、一般的には國學院大學日本大学では法学部と経済学部でも國學院の方が偏差値は上になります。とりあえず今のところは。でも、そこまで差がないということを踏まえれば、國學院大學日本大学の法学部と経済学部ではどっちがいい?というのは迷う人も多くいると思います。あとは立地条件などでしょうか?キャンパスがどこにあるのか?というのも大きいでしょう。日本大学は全国各地にキャンパスがありますけど、主要学部に関しては全部東京にあるはずです。國學院大學のキャンパスは人間開発学部を除けば全部渋谷になります。だから、主要学部は全部支部やキャンパスで学ぶということになるのです。

 

日本大学はというと、学部ごとにキャンパスが細かく違っていて、法学部と経済学部は水道橋にあるキャンパスで、商学部は世田谷区の砧で、文理学部は世田谷区の桜上水になります。都内のいろいろな場所にキャンパスがありますが、渋谷と比べると雰囲気が違うでしょう。どういう立地が好みか?というのは人によって違うので、立地条件に関しては國學院大學日本大学ではどっちがいい?というのは人によって違うでしょう。したがって、立地条件ではどっちがいいか?というのはちょっと一概には言えません。それぞれで異なると思うので。あとは知名度ということになると、これは日本大学が上でしょう。大学受験に詳しい人じゃなければ、國學院大學の名前は知っていてもどのレベルの大学なのか?は分からない人もいると思うので。国士舘大学と勘違いしている人もいるのです。詳しい人は成成明学獨國武という序列を知っていると思うので、日東駒専日本大学よりも上ということは分かりそうですけど、一般的には日本大学國學院大學ではどっちが偏差値が高いのか?を知らない人も多くいると思うのです。日本大学の方が上なんじゃないか?とか、日本大学の方がイメージが良いという人もいるかもしれませんし、知名度ではやはり日本大学に分があるのは否めないでしょう。スポーツも強い分野が多いですし。

 

就職に関してはどうでしょうか?國學院大學日本大学では就職はどっちが強いのか?というと、この2つの大学に関して言うと差がそれほどあるとは思えません。就職というのは元々個人の力の方が大きいので、大学名がかかわるケースはそこまで多くないと思います。で、そこまで偏差値に差があるわけでもなく、お互いに学歴フィルターはあまり影響なさそうなラインなので、どっちを選んでもって感じがしますけどね。OB,OGが多い日本大学が有利と言われることもありますし、それは確かに有利な材料になるというのはそうかもしれませんけど、歴然たるさまではいかないと思うので、少しでも就職に有利になる大学を選びたいと思うならば日本大学の方が良いかもしれません。でも、私の感覚だと、結果に大きな差が出るほどの差には感じないんですけどね。就職活動は大学名も関係はある部分はありますけど、その人自身がどれだけやれるのか?の方が重要だと思うので、そこは認識しておかないといけないと思います。

 

総合的に見ると、國學院大學日本大学ではどっちがいい?というのは人によって意見が異なります。國學院大學日本大学ではどっちが上か?というと偏差値では國學院大學かな?と思います。それは文学部のみならず、法学部や経済学部でも國學院大學日本大学では國學院の方が上という感じがしています。キャンパスの立地条件は完全にその人の好みですね。知名度では日本大学の方が上で、就職はやや日本大学が上かな?という感じです。こういった違いがありますけど、どっちがおすすめか?ということはあまり言えないですね。それぞれで國學院大學日本大学ではどっちが上か?という部分が違いますから。だから、人によって意見が分かれているということが起きるのだと思います。理系に関しては日本大学しかないのですが、文系は悩む人が多くいそうですから、日本大学國學院大學で迷ったときには少しでも参考になればと思います。

 

あわせて読みたい記事

就活では学歴不問や学歴は関係ないは嘘?企業が大学名について調べるタイミングで測れる部分も

就活では学歴は関係ないと言っている企業が一部あります。大手の中にも学歴不問を謳っているところはあると思うのです。しかし、それは本当なのか?というのは気になるのではないでしょうか?大手ならばより学歴が関係ありそうな雰囲気じゃないですか?就活では学歴で足きりがされるようなケースは実際にあります。学歴フィルターなどが顕著かと思いますけど、そういった企業は一部でもあるので、そういう現実があると学歴不問というのは本当なのか?どうかは疑わしいですよね。就活では学歴で足きりまでいかなくても、少なからず関係しているだろうという見方をしている人が多いと思うので、学歴不問というのは嘘じゃないか?と疑う人の気持ちは分かります。これに関しては推測しかできませんが、私の意見を言うと、学歴不問という言葉をどう捉えるか?によると思うのです。だから、学歴不問を謳っている会社がウソをついていないとしても、学生からしてみれば嘘に思えることがあるんじゃないか?と思うのです。それは学歴不問という言葉の解釈がそれぞれで違っている可能性があるからです。

 

学歴不問っていうと、学歴が一切関係ないという意味に捉える人もいると思うんですけど、企業が言っている学歴不問というのは恐らくそこではないと思います。学歴が関係ないという企業は学歴で決まるということではないという意味だと思うのです。つまり、学歴は関係するんです。でも、他の要素と同程度に関係するくらいじゃないか?と思います。そうじゃなかったら、企業が課すエントリーシートに学歴欄がある理由が説明できません。学歴不問と言っている企業のエントリーシートには学歴を書く欄が恐らくあるんじゃないか?と思うのです。学歴不問なのに、何でそういう欄があるのか?といと、学歴を知るためになります。特定の大学か?どうかを知るためではなくて、ちゃんと大学に通っているのか?を確認するためという可能性もありますけど、理由はどうあれそういった欄があれば、就活生がどの大学に通っているのか?は判明するわけじゃないですか?で、その判明した大学名に対する印象は絶対にあると思うんです。それは意識的に芽生えた印象ではなくて、無意識のうちに芽生えた印象も含みますけど。だから、人事はロボットじゃなくて感情を持った人間なので、その学生がどこの大学に通っているか?を知ってしまうと、学歴不問だとしても、学歴を一切考慮しないで採用を決めるというのは不可能に近いと思います。

 

大学に関する知識がまるでない人が人事をやっているならば、大学名によって印象が変わるなんてことはないんでしょうけど、そういう人が人事をやる可能性はまずないと思うので、そこは人間の限界の部分とも言えるかもしれません。だから、就活において学歴で決まるとしていない企業であっても、学歴は関係すると思います。どのくらい関係するか?というときにおいて、学歴不問を謳っている企業ならば、他の企業よりは関係する割合が少ないということは言えるかもしれないという感じではないでしょうか?大手でも学歴不問を言っているところはありますが、嘘ではないにせよ学歴が全く関係しないとは思わない方が良いと思います。そして、人事は学歴について調べるか?というと、調べている可能性は高いと思います。調べるといっても本当にその大学に通っているか?くらいじゃないですか?それは成績証明書などを使って調べるケースが多いと思います。就活において学歴を調べるのが選考をやっている最中である企業の場合だと、なんとなくですけど学歴を割と気にしているのかな?という印象です。就活において学歴を調べるのが内定を出した後とかになるところは、結果的にあまり気にしていなかったのでは?と思うのです。

 

こういったことは私の推測も含みますけど、成績証明書の提出時期がいつか?という点において、その企業がどれだけ学歴を気にしているのか?が掴めるかもしれません。学歴フィルターも足きりで早いうちにやるわけですから、学歴を調べるということも早くからやるところはあるでしょうし、本当にその大学に通っているのか?を調べるのが早いところは嘘をついていない学生に絞り込みたいという意図が見ており、学歴を気にする企業なのかもしれないのです。就活では学歴の足きりをする企業は少ないので、そこは気にしないでもいい気がしますけど、学歴が関係ないという企業はほぼないと思います。就活では学歴で決まる企業も少ないですし、足きりになるケースも少ないですが、全く関係しないというケースはさらに少ないと私は思います。その理由はすでに説明した通りで、人間における感情や印象の問題があるからなのです。就活では大手でも学歴不問のところはありますが、そこが嘘をついていないとしても、学生と企業の学歴不問という言葉の認識が違う可能性があるので、そこは想定しておいてほしいと思いますし、そういったところでも少なからず学歴は関係するという想定も同時に必要かもしれません。でも、学歴以外にも採用、不採用を決める要素はたくさんあるので、学歴にこだわる必要性はそこまでないと思いますよ。学歴に長けていても、別の部分で自信がないという人だっていると思いますから。気にしないのが1番だと思います。

 

あわせて読みたい記事

大学を卒業して就職しない!時間持ちになれる隠居生活を望む若者は増えている!?

若者の間で隠居を望む声が以前よりも増えていると言われています。隠居って何か?っていうと、お金のかかりづらい地域などに住んで、労働などに従事せずに暮らすスタイルのことを指しています。通常は定年退職をした高齢者がこの概念に当てはまることが多いとされていますけど、若者でもそういう生き方を選んでいる人が多くなってきているみたいなのです。それこそ大学卒業後に多くが就職をしている中、隠居生活を目指している人がいるくらいですから。ミニマリストという言葉が流行りましたが、お金がかけらなれないという事情もある中で、お金をかけない生活を志向する人たちが増えてきたということなのです。こういった生き方ってどうなの?って思う人もいるかもしれませんが、メリットはあるんですよ。1番のメリットは自由が増えることです。きつい労働をする必要性がないので、あまり贅沢な暮らしもできませんが、趣味がお金のかからないものだったり、贅沢な生活に興味がないという人であれば、こういう生き方をするのは割と可能だと思います。いろいろな人が言っていますけど、普通に最低限の生活をするくらいならば月に10万円あればなんとかなるんですよね。

 

都心に住むともっと必要かもしれませんが、お金のかかりづらい地域ならば月に10万円あれば生活は可能だと思います。そういった収入ならば正社員を選んで毎日きつい労働をしなくても十分達成可能な金額と言えそうです。実際、そこが隠居生活の最大のメリットでしょうから。お金持ちって言葉がありますけど、たいていの人はお金持ちになれないのです。それは正社員として一般的な生き方をしている人もそうで、そこである人は気付くわけです。お金持ちになれるならばなりたいけど、自分はまずなれないと。ならば、時間持ちになろうと思う人がいるのです。時間持ちという言葉はたまに使っている人がいますけど、自由な時間をたくさん持っている人のことを指しています。普通に働いていたら自由な時間はさほどありません。毎日仕事で忙しいという人が多いと思います。でも、稼ぎは少ないが労働時間を少なくすることで時間持ちになるということは割と達成可能だったりします。それこそ、先ほど挙げた月に10万円くらいの稼ぎで良いならば、自由な時間は大分増えるでしょう。金持ちではなく、時間持ちに価値を見出している人が増えてきたということは言えると思います。

 

人っていうのは、どうしても人並みを求めてしまうものだと思うのです。どれだけ辛いと思っていても正社員を多くが目指すのもその1つだと思いますが、人並みの生活がしたいという気持ちはどんどん平均を押し上げてしまいますよね。平均を求める人が増えれば増えるほど、平均を超えようとする人が多くなるわけだから、結果として平均そのものが上がってしまうということになります。オークションサイトで特定の品を落札したいと思う人が多ければ多いほど金額がどんどん上がっていく現象に近いかもしれません。だから、人並みを求めたい気持ちはどんどん、日々の生活を大変にしていくという側面があり、その流れはなかなか止まらない気がします。その中で人並みの生活には興味がないとか、そんなことよりも自由な時間や気楽な生活を手に入れたいと思える人は、こういったミニマリストや隠居生活にかなり向いていると言えるでしょう。隠居生活を勧めているわけではないですけど、1つの道しかないと思わない方が良いと思うんですよね。受験をするときに本命しか受けないって人もいれば、滑り止めを受けるって人もいますし、1つがダメでも別の道があるって人がいるわけなんです。

 

でも、今の世の中って大学を卒業したら就職することがとりあえず正解で、それ以外は間違いの選択肢、失敗の選択しみたいな風潮がある気がします。でも、そんなことは実はなくて、そっちの道の方が実は幸せに生きられたりする人がいるのです。受験の例で言うと、本命に落ちたが、第2志望以下の大学に入ってなんだかんだで楽しくキャンパスライフを送っているという人もいるはずですから。自分が当初望んでいた道のみが正しくて、それ以外は全部間違いとは思わない方が良いと思います。フリーターになることだって私はおかしいとは思わないし、そういう生き方が合っている人だっているはずですから。自分にはいろいろな生き方の選択肢があって、それぞれにいろいろな可能性があると知ることができれば、例えば就職活動が上手くいかなくて、人生おしまいだなんて考えになる人は少なくなると思います。その選択肢の1つとして隠居みたな生活があるわけですが、最近は働いている人でも定年退職を待たずに40代くらい退職して隠居のような生活をしている人もいますし、若者以外でもこういった生き方は増えつつあります。したがって、人生における選択肢を多く持つことは意味があると思うので、そこは知っておいてもらいたいと思います。

 

あわせて読みたい記事