リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

関関同立のセンター利用入試のボーダーラインは何割?入りやすい学部、穴場の学部はあるのか?

関関同立というと関西の有名私立大学で、関東で言うとMARCHに該当すると言われています。関関同立は一般入試で受けるのも難しいですけど、センター利用入試で受けるというのもまた難しいです。ボーダーラインが高いのです。特に同志社大学のボーダーラインは高いので、そこは知っておいてほしいです。関関同立のセンター利用入試のボーダーラインは何割か?というと、大学によって違いますし、同じ大学でも学部によって違います。同志社大学のセンター利用のボーダーラインはやはり抜けています。かなり高いです。関関同立でもセンター利用入試で入りやすい学部はあるとは思いますけど、それでも簡単ではないので、かなり勉強しないといけないということは知っておきましょう。関関同立の中でもまずは同志社大学のセンター利用のボーダーラインについて紹介していきたいと思います。同志社大学のセンター利用入試のボーダーラインは文系理系でもまた違いますが、全体的には8~9割程度が必要となっています。一部例外を除いて、それくらいの得点率で受かるケースが多いです。

 

同志社大学のセンター利用入試のボーダーラインは?

同志社大学のセンター利用入試のボーダーラインは文系、理系を問わず8~9割となっており、非常に高いです。関関同立のセンター利用入試のボーダーラインの中では1番の難易度と言えます。8割台中盤以上というのがほとんどで、8割台前半でも良いというのはあまりないですね。文化情報学部、社会学部の産業関係学科、スポーツ健康科学部の5科目型に関しては8割前後くらいでOKみたいなので、このあたりは穴場ですが、それ以外の学部学科は85%以上はだいたい必要みたいです。ただ、文学部、グローバル地域文化学部、理工学部、生命医科学部の一部学科に関しては9割以上必要なケースがありますから、ここら辺は同志社大学のセンター利用のボーダーラインの中でも特に高いです。関関同立のセンター利用のボーダーラインは何割か?では特に高いので、同志社大学にセンター利用入試で受かるにはかなりの得点率が必要ですが、一部で穴場と言えるところもあるので、そこを狙ってみるというのも良いかもしれません。同志社大学にセンター利用で受かるには相当な難易度ということで覚えておいてほしいと思います。

 

関西学院大学のセンター利用入試のボーダーラインは?

関西学院大学のセンター利用入試は3科目、5科目、併用方式など多岐に渡っているので、ちょっとボーダーラインの調べ方が難しいですが、3科目に関しては概ね8~8割5分くらいとなっています。どの学部も基本的には80~85%くらいが関西学院大学のセンター利用のボーダーラインの得点率になっているのです。5科目は80%弱くらい、併用方式は7~8割くらいで6割台というケースも一部あります。3科目型で受ける人が1番多いと思いますけど、関西学院大学のセンター利用入試で穴場の学部はないのか?と言えば、人間福祉学部です。ここは7割台後半くらいがボーダーラインになっています。したがって、穴場の学部があるとすればここになります。ちなみに理系に関しては理工学部しかありませんが、センター利用入試のボーダーラインは75~80%くらいです。理工学部は4科目、5科目、7科目となっているので注意です。併用型もありますが、こちらは60~70%強くらいのボーダーラインになっています。関西学院大学院大学にセンター利用入試で受かるにはかなりの難易度になりますが、同志社大学ほどではないです。関関同立のセンター利用入試のボーダーラインの中では同志社大学が抜けていますが、関西学院大学もそれなりに難易度は高いです。ちなみに関西学院大学のセンター利用入試においては英語検定試験活用型というものも存在しますが、こちらもまた特殊なんですよね。こちらはボーダーラインは80~85%くらいになっているようです。関西学院大学のセンター利用のボーダーラインの得点率に関しても、学部学科ごと、あとは科目数や併用方式の別などによって違います。

 

立命館大学のセンター利用入試のボーダーラインは?

立命館大学のセンター利用のボーダーラインについては文系学部は概ね80~85%となっています。したがって、関西学院大学と同じくらいですが、85%以上というケースもあります。これは3科目になりますが、一部の学部では9割近い数字が必要になることもあります。国際関係学部、経営学部あたりは9割近い数字になっているのです。ただ、立命館大学はセンター利用入試が5科目、7科目というケースもあるので、それによってボーダーラインは多少変動します。科目数が増えると、少しだけボーダーラインが下がります。そして、センター試験の併用型に関しては学部によってかなりボーダーラインが違います。というのも、併用型も3科目だったり、5科目だったりしますから。また、立命館大学のセンター利用入試の穴場の学部は経済学部や政策科学部です。この2つは8割弱くらいがボーダーラインになっているので、立命館大学の中では穴場の学部になります。ちなみに理系に関しては理工学部、情報理工学部はセンター利用入試のボーダーラインが3教科で8割を切っているケースが多く、薬学部は対照的に3科目でも80%台後半が必要になります。立命館大学のセンター利用入試のボーダーラインが何割か?というのは、学部によってはかなり高い数字が必要になるので、関関同立のセンター利用のボーダーラインとしては同志社大学に近い部分もあるということなのです。

 

関西大学のセンター利用入試のボーダーラインは?

関西大学のセンター利用入試のボーダーラインは文系学部は概ね80~85%くらいで、これは他の大学をあまり変わらないです。しかし、関西大学はそもそも3科目とは限らず、1科目、2科目、4科目以上というケースもあり、かつ3科目入試がない学部もあるのです。3科目だけに限れば、80~85%くらいが多いですけど、85%を超えることはあまりないです。ただ、関西大学のセンター利用入試も前期と中期があり、中期日程はボーダーラインが上がる傾向にあります。中期日程は85~90%以上問いケースがあるのです。ただ、社会学部、総合情報学部、社会安全学部に関しては前期日程の3科目でも80%未満になっているので、関西大学のセンター利用入試のボーダーラインにおいて、穴場の学部があるとすればこのあたりになります。特に社会安全学部はボーダーラインが7割台前半なので、かなりの穴場の学部になります。関西大学のセンター利用入試の穴場の学部ということも言えますけど、関関同立のセンター利用入試での穴場の学部にもなるでしょう。関関同立のセンター利用のボーダーラインは何割か?と言えば、大半は80%以上必要ですが、社会安全学部に関しては近畿大学と同じくらいのボーダーラインになっているので、難易度が大分下がりますから。ちなみに理系学部のボーダーラインは概ね75~85%くらいとなっており、文系よりは多少下がる程度です。70%台で受かる学部が多いですね。関西大学はセンター利用入試においても関関同立でも受かりやすい大学の1つになっています。

 

あわせて読みたい記事

都庁の面接対策で何を聞かれる?聞かれることで頻出の質問はなにか?

公務員試験を受けえる方の中には地元、そうじゃない人か?どうかを問わず都庁を受けるケースが特に多く、すでに面接対策をしている、これからするという方も多くいるのではないでしょうか?公務員試験は特に地方公務員の採用試験は人物重視なので、当然都庁の採用試験も多くは人物重視になるでしょう。そうなると、都庁の職員採用試験は筆記試験よりも面接試験により重きを置かないといけないということになります。面接試験の対策は、多くの人にとって筆記試験よりも大変に感じる人が多いでしょう。やはり正解を求めて行うものではないので、対策はするけれどもこれで本当に良いのか?どうか迷いながらやっていかないといけないような状況の人が多いと思います。都庁は本当に全国から受験生がやってきて、毎年多くの公務員が誕生していますが、彼らも同じように面接対策をやって公務員になっているのです。都庁の面接では何を聞かれるのか?ここが気になっている方も多くいるのではないでしょうか?都庁の面接対策では何を聞かれるのか?について対策しておくことは重要です。対策をしているのとしていないのでは、答える内容の質も変わるはずですから。都庁の面接対策で聞かれることについてはインターネットで調べれば良いのですが、ここでも一部を紹介していきます。特に都庁の面接で頻出の質問についてはあらかじめ想定をしておいて、対策をしていくことで、合格率が上がると思います。

 

特に多くの受験生が受ける都庁のB日程は面接が従来は2回だったのが1回になりましたし、特別区国税専門官などと同じ日程で筆記試験が実施されているため、以前と比べても全体の倍率も下がり、面接の倍率も下がりつつあるかもしれません。見た目では受かりやすくなっているようにも見えますけど、油断しないように都庁の面接対策をしていきましょう。では、実際に都庁の面接試験で頻出の質問、よく聞かれることを紹介していきます。志望動機や自己PR,やってみたい仕事などの当たり前の質問は除きます。聞かれる可能性がどれくらいあるか?は難しいですが、聞かれてもおかしくない質問について特に事前に回答を練っていきましょう。東京都庁Ⅰ類の面接試験ではいろいろな頻出質問、よく聞かれることがあると思いますけど、そのうちの少しの例を挙げていきます。そして、考え方の例も一緒に紹介していきたいと思います。

 

・都市の魅力とは何か?理想的な都市とは?

これは都庁ならではというか、東京ならではの質問かもしれません。皆さんが考える都市の魅力って何でしょうか?いろいろな都市の理想像があるので、まさに正解はないですけど、公務員目線で答えられると良いかもしれないですね。つまり、自分にとってこういう面が優れているとメリットが多いとかではなく、人々にとってこういう都市が実現すると、それは多くの人にとって利便性が高いのではないか?そういう住民目線で答えられると公務員としての性格が滲み出て、良い評価を得られるかもしれないのです。

 

特別区ではなく都庁をなぜ選んだか?

これは都庁の志望動機に似ていますが、特別区と比較してなぜ都庁を選んだのか?という部分ですね。都庁と特別区の役割の違い、仕事の違いをそもそも分かっていて、選んでいるのか?適当に選んでいるのではないのか?という面接官側の疑念が含まれた質問かもしれません。つまり、私は特別区と都庁の違いをきちんと理解をしていて、そのうえで都庁の方が自分にとって、こういう部分で優れているから、または自分が成し遂げたいことは都庁でないとできないから、特別区ではなく、都庁を志望したという話ができれば良いと思います。

 

・東京都の魅力とは?

これは難しい質問だと思いますよ。つまり、東京都の特徴ということも言えると思います。特徴といえば、何でも言えると思うんですよ。人口が良いとかね。でも、それが魅力と言えるためには、それが何らかのメリットを生む、住民にとって大きな意味を持つものでないといけないのです。その前に東京都っていうのは首都なわけですよね。首都であることの優位性を考えれば、自ずと答えは出てくるかもしれません。東京都で探しても構いませんが、それで思いつかない方は首都という見方で魅力を探しても良いかもしれません。首都だから他の街と比べたときに生まれる優位性、そして首都だから出来ることというのが必ずあるはずです。東京都で魅力を探すよりも、首都で探すというのも1つの手ではないでしょうか?

 

・東京都でやってみたい仕事や興味のある政策を複数

都庁の面接では過去の面接した人の再現を見ると、政策とかやりたい仕事において1個ではなく、2番目、3番目を聞かれていることがあります。これは都庁だけではないかもしれないので、別の自治体の、試験種の面接対策をするときにも意識してもらいたいですが、都庁でやってみたい仕事や政策を考えるときには、1つではなく、第2希望、第3希望あたりまで考えておくと良いのではないでしょうか?それは都庁以外の面接対策をやるときにも是非覚えておいてください。

 

・東京都で産休や育児休暇をとると他者に皺寄せが出るけど、どう考えているか?

これも実際に受験者の中には聞かれている人がいたみたいです。実際、民間企業では産休もそうですけど育児休暇について話題が多いですよね。公務員の育児休暇取得率も男性は極めて低いです。こういう聞き方をされるか?どうかは分からないものの、民間や公務員の育児休暇、または女性の場合には産休について質問を受ける可能性もあるので、自分なりに意見をまとめておく、またはどうすれば産休、育児休暇をとる側にとって、残って仕事をする側にとって望ましい状態を作ることができるか?望ましい職場にできるか?を考えていきましょう。

 

・どんな人間が嫌いか?嫌いな人間と仕事をしないといけない場合にどうするか?

これも都庁の面接以外でも聞かれることが多い質問、頻出質問になると思いますが、これは答えづらいですね。こういう答えづらい質問は、一般論で答えるのが1番ですよね。どういう人間が嫌いか?っていうときには、その回答に共感してくれる人数がとても多い、つまり面接官も「そりゃ嫌いになるのも当然だよね」と思ってくれるような回答をすると良いと思います。例えば、自慢ばかりして他人を見下すような人間とか、そういう回答が1つ方法としてあるでしょう。あとは公務員として明らかに不適格と思えるような人間を挙げるケースです。住民のことを蔑ろにしている人間とかです。これらは例なので、別の内容でも構いません。多くの人に共感してもらえるか?公務員として明らかに不適格と思えるか?どちらかが当てはまっていると良いのではないでしょうか?そして、そういう人間と仕事をしないといけないときには自分がその人間のダメな部分を指摘して正してあげる。しかも、それを続けているとこういう問題点が出てくるぞと具体的なイメージを持たせられるように根拠を添えて指導してあげるという風にするのが妥当な対応な気がします。

 

一例ではありますけど、これらが都庁の面接試験でよく聞かれる可能性のある質問、頻出質問になると思います。本番では面接カードからの質問がほとんどだと思うので、聞かれることがそれぞれ違ってくる可能性が高いと思いますし、予想外の質問もあると思いますが、都庁の面接対策を頑張ってください。

 

あわせて読みたい記事

既卒の就活のやり方や進め方は?時期はいつから?←始める時期はいつでも良い!

既卒の就活は始める時期はいつが良いのか?という問題で悩んでいる人もいるでしょうし、それ以前に既卒になってしまうと、就職活動が難しくなるということを聞いたことがある人は多いかもしれません。時期の問題についてはちゃんと後述していますが、まずは既卒者が決して就活で新卒と比べて不利と断言することはできない。という理由を聞いてほしいと思います。実際、そういった事実があるのか?というと、必ずしも適当とは言えないと思います。既卒は新卒と比べて不利だ!というのは、ある意味正しかったんですよ。でも、今はもしかしたら間違いかもしれない。みたいな状況が発生していると思うのです。ここでちょっと1つたとえ話を紹介すると、ある電車に2つの車両があって、1つはガラガラ、もう1つは満員だったとします。この状態で、ガラガラの方に行けば自分は快適に列車に揺られることができる!というのは正しいでしょうか?実際、このケースではいろいろな可能性が考えられます。その1つのケースが満員の車両にいる側の人間がほとんどもう一方のガラガラの車両に移ってしまい、元々満員だった車両が今度はガラガラになり、ガラガラだった方の車両が満員になってしまう。これはありうるケースの1つとして存在します。これが実は新卒と既卒の就活で実際に起きている可能性があるわけです。このたとえ話では何が言いたいのか?というと、あっちの方が良いっジャン!と思った方に、みんなが向かってしまうと、それがかえって自分にとって不都合な状態を生んでしまうということなのです。

 

新卒の方が既卒よりも就職しやすいというのは有名な話で、多くの大学生が信じていると思います。しかし、その話を信じて、みんながみんな既卒になるのを避けて、新卒でいようとするとどうなるか?さっきと同じことが起きますよね。新卒が大量に存在し、既卒はどんどん数が少なくなる。新卒、既卒のそれぞれの求人の数が一定ならば、新卒がどんどん増えるってことは、学生1人あたりの内定獲得の確率のようなものが下がるわけです。ライバルが多くいることになるので、競争率が上がりますから。一方、みんなが新卒でいてくれようとするおかげで、既卒の人は人数が増えないので、競争率が高まりません。これって実は既卒の人に有利な話なんですよ。だから、新卒が有利というのはある条件下では正しいです。しかし、新卒の数があまりに増えすぎるという状況が到来すると、意外と新卒は既卒よりも不利かもしれない、内定を取るのが難しいかもしれないと言えるのです。だから、既卒の人が新卒よりも不利か?どうかは分かりません。新卒神話がこれだけ普及すると、実は既卒の人もチャンスがあるわけですから、諦めないで就活をしてほしいと思います。新卒の方が就職しやすいと思ってくれている人が増えている現状では、既卒の人にとってはライバルがどんどん減っていき、就職できる確率が上がっているのです。そういう後押しが期待できる状況で就活をしないというのはもったいないです。

 

では、既卒の人はいつから就活をすれば良いのか?ということになりますが、基本的にはいつでも構いません。新卒の人の場合には慣習として時期が決まっています。決まっているというか、スタートする日が決まっている感じです。毎年四年生の3月1日というのがスタートの日になっているのですが、その日から始めないといけないわけではなく、6月くらいから始めても就職できる可能性はあります。既卒の場合にはスタートラインの慣習すらないので、いつから始めても良いのです。既卒の就活の始める時期は特に決まりがなく、いつから始めるのが有利とか、そういうのはないと言えます。だから、いつでもいいわけです。既卒の人は就活の進め方とかが分からない人が多いと思うのです。新卒みたいなテンプレ化されたやり方が存在しないから。だから、既卒の就活はいつから始めるのが良いのか?という点においてまず迷うと思うのですが、進め方は個人の自由で良いです。新卒の人はみんながみんな同じナビサイトを使って、同じやり方をしている印象なんですけど、既卒の人は人にとって就活の進め方は違うのではないでしょうか?それで良いと思うのです。正解があるわけではないので、既卒の就活の進め方はそれぞれで良いですし、いつから始めるのか?という時期の問題についても、何月でもOKだと思います。既卒の就活のやり方がそもそもわからないって人もいると思います。それは新卒みたいに固定化された、当たり前のようなやり方が存在しないからです。だから、どういう方法で就活を始めるのか?をまず考えるのが先だと思うのです。

 

既卒の人は就活を始める時期はいつからでも良いということを言いましたが、やり方をどうするか?ということで、既卒者のための専門のナビサイトを利用することをおすすめします。新卒の人のナビサイトがあるのは多くが知っていて、そこを利用する人がかなり大半になると思いますが、既卒でもそういうサイトがあるので、そこを知ることが重要です。そして、既卒者専門のサイトにも求人があって、そういったサイトに求人を出している会社は既卒者を採る気があると解釈できます。既卒者の就職支援をしているサイトにわざわざ求人を出しているわけですから、大学を卒業してから就活をしている人でも採用する気があると解釈するのが妥当だと思うのです。だから、こういったところも知っておいてほしいのです。既卒の人の就活の進め方でおすすめなサイトとしてはどんなところがあるのか?というと、例えば「【ウズキャリ既卒】 」は1つおすすめです。ここは既卒者(フリーター、ニートなども含む)しか利用できないサイトで、キャリカウンセラーという担当者がついて、その人があなたの就活を支援してくれるというところに特徴があります。ここは会員登録をすると、キャリアクアンセラーと面談をして、あなたの希望の条件とかを聞いたうえで、おすすめの求人などをいくつか紹介してもらえます。ウズキャリ既卒にある求人の中から好きなものを選んで、応募することになるわけですが、その際にはキャリアカウンセラーが万全の体制でサポートをしてくれるので、内定を貰える確率が上がります。

 

例えば、書類選考においてはきちんとキャリアカウンセラーが書類をチェックして、必要な箇所を添削して、万全の状態になったと言えるものを作ってから送ることができますし、推薦状ののようなものを添付して送ってくれるので、それも通過率を上げるポイントになります。そして、やはり重要なのは面接ですよ。面接対策もサポートが充実しており、キャリアカウンセラーがあなたの面接を直接チェックして、模擬面接を通じてダメな箇所を指導していき、面接の実力が上がるように教えてくれますから、面接が苦手な人も多いと思いますけど、就職のプロが直接あなたの面接を見たうえで、どうすれば受かるのか?ダメな部分はどこか?などをチェックして、適切に指導をしていくことにより、就活の場で通用する面接スキルが手に入る可能性があるのです。また、ウズキャリ既卒では、応募する企業ごとに過去の面接データのようなものがあるので、そういったものを見ながらその企業に特化した面接対策をすることができます。漠然と面接対策をするわけではなく、その企業に受かるためにやるので、内定を貰える可能性はより高くなるのです。こういったところがウズキャリ既卒の就職支援の中身の概要になりますが、これは一部なので、もっといろいろな細かい部分でもサポートもありますから、さらに期待できる部分はあると思いますし、ウズキャリ既卒は内定率が80%以上あるみたいですから、8割の確率で就職できる可能性があるならば、やはり心強いと言えるのではないでしょうか?

 

新卒のナビサイトは、自分で企業を検索して、エントリーして、選考を受けるということをするだけが中心でしょうから、ナビサイト側が何かサポートをしてくれるという割合は少ないと思います。それはすでに話したように、数が多いからです。新卒の人数がめちゃくちゃ多いと、1人1人にサポートをするとかいうのは厳しいでしょう。しかし、既卒者の場合には数がどんどん減ってきているので、1人1人にサポートをしやすいのです。だから、ここまで手厚いサービスができるという部分もあると思います。こういう差も含めて、新卒というのは意外と有利とは言えないのでは?相対的に既卒の人も就職に有利な面はあるのでは?ということが言えます。ウズキャリ既卒はこういった手厚いサービスを受けられるわけですが、やっぱり新卒の就活みたいに基本的に1人でやらないといけないというよりは、就職のプロであるキャリアカウンセラーのような人がそばにいて支えてくれる環境というのは大きいでしょう。心強さを感じられると思います。しかも、料金は一切かからないので、無料で利用ができるという点もありがたいと思います。無料の会員登録から利用ができるので、既卒での就活のやり方が分からない方、既卒で本気で就職をしたいと思っている方、ウズキャリ既卒を利用すれば自分でも就職できるかも?と思えた人は参考にしてもらいたいと思います。

 

あわせて読みたい記事

立教大学現代心理学部の偏差値や倍率は?評判とボーダーラーライン、合格最低点はどうなっている?

立教大学現代心理学部というのは立教大学の中でも人気の学部の1つになります。新座キャンパスのため、そこが若干敬遠される要因になるような気もしますけど、偏差値は普通に高いですから。立教大学現代心理学部の偏差値は河合塾のものを基準にすると、心理学科が個別日程、全学部日程ともに62.5、映像身体学科が個別日程、全学部日程ともに60.0となっています。学科によって難易度が違うということが言えますから、立教大学現代心理学部は偏差値は高いということで覚えておきましょう。立教大学の全体の偏差値が高いので、このくらいの偏差値でも全然高いという感覚ではないかもしれませんが、新座キャンパスで4年間を過ごすということを考えても、この数字は高いと思います。立教大学現代心理学部に入りたい人は多くいると思いますが、難易度は高いのでそこは覚えておきましょう。やはり評判が良い学部だと思うのです。立教大学現代心理学部の評判がよくないと、こういった高い偏差値にならないですから。魅力なども多くて、通うメリットが感じられる学部なのではないでしょうか?そのあたりのことについても紹介していきますが、まずは入試に関する情報を載せていきます。立教大学現代心理学部の偏差値はこういった感じで高いですということになります。

 

あとはセンター利用入試のボーダーラインです。立教大学現代心理学部のセンター利用乳牛のボーダーラインはどうなっているのか?についても考えていきましょう。これに関しては一応データが公表されているようで、WEBサイトに載っています。パスナビを参考にすると、心理学科が86%、映像身体学科が83%となっているので、やはりこちらに関しても心理学科の方が難しいということなのです。しかし、これは3教科の数字なので、4教科の方はもう少しボーダーラインが下がります。それぞれ2,3%程度下がりますが、それでも8割以上は必要ということなので、立教大学現代心理学部のセンター利用のボーダーラインは何割か?というときにはこれくらいの点数をとらないといけないということになります。ちなみにこのボーダーラインの得点率というのは、立教大学の他の学部と比べてもあまり差はないです。つまり、文系学部においてですが、池袋キャンパスの学部とそこまで差がないので、やはり立教大学現代心理学部の評判が良いということが言えるのではないか?と思います。新座キャンパスはどうしても池袋キャンパスよりもアクセスがよくないという印象の人が多いと思いますけど、そういう条件だとしても通いたいと思う人が多くいるわけですから。センター利用入試の立教大学現代心理学部のボーダーラインは何割か?については、受験生は知っておきたいところです。

 

あとは立教大学現代心理学部の倍率も気になるところです。すでに何度も言っているように、この学部は恐らく評判がかなり良いのではないか?と思われるのですが、その評判については倍率を見るをある程度分かりやすいかもしれません。やはり人気の学部ならば倍率がかなり高いと思いますから。過去の立教大学現代心理学部の倍率はどうなっているのか?確認しておきましょう。実際、立教大学現代心理学部の倍率は高いです。2017年度のデータになりますけど、個別日程に関しては心理学科が10.5倍、映像身体学科が8.4倍で、いずれも大学入試の倍率にしてはかなり高い数字です。全学部日程に関しては心理学科が5.8倍、映像身体学科が4.8倍となっており、こちらはまだ標準的と言えるかもしれませんが、個別日程の方が募集人数も多いですし、メインの入試になるので、受ける人も多くいますから、こちらの倍率がとても高いというのは受験生は知っておかないといけません。立教大学現代心理学部の偏差値も高いですが、倍率も高いということで、いかに難易度が高い学部か?というのが分かるのではないでしょうか?それだけレベルの高い学部を受けないといけないのです。立教大学現代心理学部は偏差値も高いですけど、本当にレベルの高い学部なので、そういったことは頭に入れておきましょう。

 

ちなみに合格最低点は分かりません。立教大学現代心理学部の合格最低点は非公開となっています。というか、立教大学が合格最低点を公開していないので、合格最低点は現代心理学部に限らずワカラナイということになっています。そこはちょっと不便ですけど、過去問を解いて1点でも多くとれるようにしてほしいと思います。ただ、一応噂で言われている部分では、7割台後半くらいが合格最低点になることが多いみたいですけど。学部によっては7割台前半くらいで、難しい学部は8割近くないと厳しいみたいです。立教大学現代心理学部に受かりたい人は合格最低点は分かりませんけど、最低でも7割以上はとらないと厳しいと言えるので、過去問研究に時間を使っていきましょう。そして、立教大学現代心理学部に受かりたい人は評判についてもチェックしておいた方が良いです。特に心理学科と映像身体学科については何が違うのか?それぞれの学科の違いについて、学生の口コミなどを見ておくと良いです。立教大学現代心理学部の口コミでは、心理学科はいわゆる心理学部と同じようなことを学ぶみたいで、映像身体学科は演劇や舞台など、映像作品に関することを学ぶみたいですが、こういった違いについては学生の口コミやホームページかた何が違うのか?について調べておいた方が良いです。あとは立教大学現代心理学部の評判としては新座キャンパスについても調べた方が良いです。池袋キャンパスは徒歩10分くらいで着くみたいですけど、新座キャンパスはバスを使わないと通うのがきついみたいです。

 

新座キャンパスは立地条件があまりよくないという口コミはありますけど、のどかな雰囲気で通うのが気持ち良いという口コミもあるので、立教大学現代心理学部の学生の口コミは必ずしも悪いわけではないですけど、やはり徒歩だと通うのがきついので、バスを使わないといけないという点は1つポイントになりますから知っておきましょう。立教大学現代心理学部の学生の口コミを見ると、新座キャンパスにも魅力はあるようで、気に入っている人も結構いるみたいです。立教大学現代心理学部の評判について調べるときには、新座キャンパスがどういったところなのか?立地条件や交通アクセス、周辺環境などについて、立教大学現代心理学部の口コミで探してみたり、ホームページの情報を参考にしたり、あとはオープンキャンパスなどを通じて体感していくと良いと思うのです。立教大学現代心理学部の評判は全体的に良いですけど、学部学科の口コミやキャンパスの立地条件などにおいて魅力を理解していくことが重要だと思います。立教大学現代心理学部は難易度も高いですし、難しいですけど、ここに入りたい人は入試情報について調べながら、入学後の学生生活についてのことも調べていくと、モチベーションが上がって受験勉強もはかどると思います!

 

あわせて読みたい記事

追手門大学のキャンパスの立地条件や評判と口コミは?就職支援や就職実績の魅力はどうか?

大阪府にある追手門大学はどういった大学なのでしょうか?キャンパスの立地条件や雰囲気などについて知っておくと同時に、学生の口コミなども参考にしながら、大学自体の評判についても知っておいてほしいと思います。いろいろな特色がある大学だとは思うのですが、追手門大学の魅力やメリット、どういった特徴があるのか?について知っておきましょう。追手門大学は関西では評判の大学になりますけど、入学する前にどういった特色がある大学なのか?については調べておくことも重要だと思いますから。まずは大学のキャンパスの立地条件について知っておきましょう。追手門大学のキャンパスは大阪府茨木市にあります。最寄り駅や利用可能な路線が複数あり、いろいろなエリアから通学することが可能になりますが、茨木駅茨木市駅などが代表的な最寄り駅になります。それ以外の駅からも通うことはできるようですが、数が結構多いので、追手門大学のホームページの交通アクセスを見ておいてほしいと思います。バスを使って通学するのが基本みたいで、JR茨木駅と阪急茨木市駅から直通バスを運行しています。 さらに大阪モノレール宇野辺駅から徒歩で向かって、JR茨木駅直通バスのりばを利用することも可能になっています。そして、阪急バスについてもJR茨木駅からキャンパス内に乗り入れるなど、電車を使いながら、最終的にはバスを利用してキャンパスに向かうのが一般的な追手門大学のキャンパスへの交通アクセスになります。

 

これらバスがある駅が最寄り駅として機能しているので、これらのどの駅を利用していくか?ということも考えておかないといけないのです。追手門大学のキャンパスの立地条件についてはこういった感じですが、キャンパスの雰囲気はどうなっているでしょうか?追手門大学のホームページにはキャンパスの概要などが画像つきで載っているので見ておいてほしいですが、追手門大学のキャンパスの雰囲気は一般的な大学に近い印象です。したがって、割と違和感なく過ごせると思うのですが、建物そのものよりは中の方が綺麗な印象かもしれません。室内は場所にもよるとは思いますけど、綺麗な環境が感じられます。先進的な雰囲気も感じられますし、綺麗な部分もあって、敷地もそれなりに広いでしょうから、過ごしやすい場所に感じるのではないか?と思います。追手門大学のキャンパスの評判は良いと思います。魅力として感じられる部分です。追手門大学のキャンパスの立地条件については口コミを見てみると、どういう場所なのか?分かりやすいと思うので、そこは知っておきましょう。学生の口コミを見ると、バスの利用時間が結構長くて、渋滞によって遅れることもあり、講義に遅刻するケースもあるようです。混んでいないときでも、30分近くかかるみたいで、混んでいるときには1時間近くかかることがあるようです。ここは追手門大学のキャンパスの口コミでかなり大きな部分です。テストがあって絶対に遅刻できないときはタクシーを使う学生もいるようです。

 

このバスの部分に言及している口コミがかなり多いです。したがって、追手門大学のキャンパスの評判ではバスの部分に不満を口にしている人が多くいます。立地条件は決して良いとは言えないのが現状みたいです。しかし、2019年に同じ茨木市内に新キャンパスができるようなので、そっちの方は立地条件が良いと言える可能性があります。追手門大学の進キャンパスは2019年からなので、そのキャンパスを利用できる学生は満足いくキャンパスライフを送りやすいと言えるのではないか?と思います。追手門大学の評判としてはキャンパスの立地条件は大きいですし、あとは周辺環境がどうなっているか?という部分についても調べておくと良いと思います。追手門大学の学生の口コミでは周辺環境としては遊ぶような場所はないという声があるので、あまり栄えていないエリアなのかもしれません。オープンキャンパスなどを利用して、追手門大学のキャンパスの立地条件や周辺環境について自分でも調べておくと良いと思います。2019年からの新キャンパスへの期待も膨らみますが、今のキャンパスについても詳しく知っておく必要があると言えると思います。

 

追手門大学ではどういった就職支援をしているのか?その評判についても知っておくと良いと思います。就職に関する評判というのも受験生にとっては重要でしょうから。追手門大学ではどういう就職支援をしているのか?というと、これは大学のホームページにも書かれています。追手門大学では就活に関する図書やDVDが充実しているようで、企業、業界研究ができる書籍や就活の基本マナーを調べられる書籍、あとは先輩が残してくれた就活に関する報告書があります。企業ごとなどで選考内容や採用時期、面接で聞かれたこと、筆記試験の有無などについて詳しく書かれているので、自分が受ける企業の参考になるのではないか?と思います。そして、DVDでは就活における書類の書き方、基本マナー、面接のポイントなどについて映像で分かりやすく学ぶことができるので、これも大きな存在となるでしょう。そして、年間を通じた追手門大学の就職支援の内容については、ガイダンス、セミナー、企業説明会などが学内で割と頻繁に開催されており、かつ自己PR作成講座、筆記試験対策講座、面接対策講座、先輩の就活体験報告内など、かなり就活生にとって有益なイベントが年間を通じて行われているので、こういったものをいかに活用するか?というところが、追手門大学の学生の就活の結果に大きくかかわってくると言えると思います。追手門大学は就職に関しても評判は良いと思いますけど、学生の口コミなどを見るとその実態が分かると思います。追手門大学の学生がどういう感想を持っているのか?を調べれば、就職支援がどれだけ充実しているか?も判断しやすいと思いますから。

 

そして、追手門大学の就職実績に関してですが、ホームページの内容からは詳細な部分はちょっと伝わってきづらいですが、業種に関しては小売業と卸売業への就職をしている人が多くいます。追手門大学の就職状況では、この2つの業種で全体の3~4割くらいとなっています。年度ごとに就職状況は変わると思いますし、後は学部学科ごとにも違う可能性がありますが、追手門大学の就職状況ではこういった特徴があるということなのです。しかし、全体的に見るといろいろな業種への就職先があるので、バラエティに富んでいるというのが、追手門大学の就職状況になります。就職実績としては就職先の企業名も載っているので、そこを見ておくと良いでしょう。業種ごとに就職先の企業名がありますから、追手門大学の就職実績としてどういった企業に先輩が就職できているのか?をチェックするのが良いと思います。こういった部分から追手門大学の就職の評判を見ておくと、ある程度は就活への期待度も生まれてくるのではないでしょうか?こういったところにも追手門大学の魅力はあると思いますし、通うメリットも感じられる可能性もあるので、追手門大学について理解をするときには、就職に関しても詳しく調べておくことをおすすめします。

 

あわせて読みたい記事

産業能率大学の偏差値や倍率は高い?合格最低点やボーダーラインはどうなっている?

産業能率大学経営学部と情報マネジメント学部の2つのみで構成された大学になりますが、偏差値はどれくらいになっているのでしょうか?産業能率大学の偏差値は河合塾の数字だと45前後くらいという感じです。学部によっても違いますが、大体そんな感じなので、知名度はあまりないかもしれませんけど、大東亜帝国と呼ばれる大学群とほぼ同じくらいの難易度ではないでしょうか?大東文化大学東海大学亜細亜大学帝京大学国士舘大学などと偏差値は近いと思うので、そこそこ難易度はあるのです。だから、簡単に入れるとは思わない方が良いです。そして、産業能率大学に入りたい人はどちらの学部を選択すべきか?ということについて、考えないといけません。難易度はどっちが簡単なの?と思う人もいるでしょうけど、経営学部の方が若干高いのかな?と思います。あまり差はないですけど、産業能率大学の偏差値を見た感じでは、経営学部の方が高いです。だから、入りやすい学部は情報マネジメント学部になると言えます。そういったところがまず情報としてあるわけです。

 

つまり、産業能率大学で入りやすい学部があるとすれば、それはどっちか?というと情報マネジメント学部になります。難易度で産業能率大学の受ける学部を決めるならばそういったことになります。産業能率大学の難易度はそこまでの差がないので、厳密に言えばもっと別の要素、倍率や合格最低点とかも見ておいた方が良いとは思いますけどね。いろいろな部分も含めて、産業能率大学の難易度を理解していってほしいと思いますが、とりあえず偏差値を参考にすると、産業能率大学の入りやすい学部は情報マネジメント学部になるということなのです。産業能率大学に入りたい人はいろいろな入試の形態があるので、その中からどれを選ぶか?ということも重要になります。例えば、センター利用入試の場合には産業能率大学のボーダーラインが何割か?という情報が必要になるのです。ただ、産業能率大学のセンター利用入試のボーダーラインが何割か?というのは、ちょっと特殊なところがあります。

 

というのも、1つの学部でセンター利用入試の入試方式が複数あるからです。産業能率大学では3教科型、4教科型、国立大学併願用の3つがあります。3教科型に関しては、経営学部が両学科ともに70%、情報マネジメント学部が60%強くらいとなっているので、産業能率大学のセンター利用入試のボーダーラインでは学部ごとに難易度の差が大きいということです。特に経営学部の3教科で70%以上という数字は結構高いですよ。大東亜帝国よりもさらに高くて、日東駒専の下位レベルくらいの数字が必要になります。だから、産業能率大学のセンター利用のボーダーラインは何割か?というときには3教科の時点で結構難しいのです。基本的に3教科で受ける人が多いと思いますけど、4教科に関しては経営学部が経営学科が65%で、現代ビジネス学科が62%くらいとなっており、情報マネジメント学部が56%程度となっているようです。さすがに4教科型になれば、産業能率大学のセンター利用のボーダーラインの得点率も下がるということになります。産業能率大学のセンター利用のボーダーラインの得点率は思ったよりも高いと感じた人が多いかもしれません。産業能率大学の偏差値はともかくとしても、センター利用入試のボーダーラインを見ると、そこそこレベルが高い大学ということに気付くと思います。結構難しいのです。だから、産業能率大学に入りたい人はどの入試方式で受けるにしても、結構勉強が必要になると言えます。

 

産業能率大学の入試の倍率はどうなっているでしょうか?一般入試では入試方式が多岐に渡っていて、前期全国、前期統一、前期2教科B、中期、後期という種類があります。これらの中で、後期日程の倍率はかなり高いですが、それ以外の入試日程の倍率はほぼ同じ数字です。同じ数字といっても、それは同じ学部内での話になります。同じ学部であれば、後期以外の4つの入試日程の倍率はほとんど同じです。経営学部についていうと、経営学科も現代ビジネス学科も倍率は後期に関しては10倍以上あるようなので、ちょっと高いですね。しかし、後期以外は3~4倍くらいと標準です。産業能率大学の情報マネジメント学部の倍率は全部の入試日程において2~3倍前後くらいです。したがって、情報マネジメント学部の方は倍率が低いです。ただ、経営学部の方の後期の倍率が非常に高くなっていますが、2016年度は普通の倍率で、他の入試日程と同じ数字になっています。2017年度の倍率から一気に上がったのです。だから、この傾向が今後も続くのか?は分かりません。産業能率大学の一般入試の倍率はそういった事情も含めて考えないといけないのです。だから、ちょっと予測が難しいところもありますが、後期以外は産業能率大学の倍率は普通くらいだと思います。産業能率大学に受かりたい人は倍率もちゃんとチェックしていきましょう。偏差値も重要ですけど、こういった情報についても重要なので受験する人は確認しておいてください。

 

産業能率大学の情報としてはあとは合格最低点なども重要です。過去問を解くときには合格最低点といった情報も確認しておきましょう。ただ、産業能率大学の合格最低点は調べても出てこないのです。したがって、合格ラインがどれくらいなのか?分からない中で対策をしていかないといけないのです。産業能率大学に受かりたい人は合格最低点が知りたいと思う人も多いかもしれませんけど、ここはみんな平等なのでしょうがないです。赤本に載っている可能性もあるかもしれませんが、インターネット上では合格最低点は見つからないです。センター利用入試のボーダーラインが何割か?というのは載っていますけど、産業能率大学の合格最低点は自力で見つけるしかありませんが、大学側が公開していなければどうしようもないです。センター試験で受ける人は産業能率大学のボーダーラインの得点率を調べれば分かります。産業能率大学のレベルはそこまで難しいというわけではないものの、偏差値は決して低くないので、油断はしないでほしいです。有名な私立大学でレベルを比較すると大東亜帝国から日東駒専の間くらいになるのではないか?と思います。したがって、中堅大学ではありますけど、産業能率大学は偏差値もそれなりにありますから、しっかりと勉強をして、基礎学力をつけて、過去問をといて専用の対策を怠らないようにしてほしいと思います。経営学部と情報マネジメント学部の違いを理解しておくこともそうですし、経営学部でも学科の違いがあるので、そこも理解してから受験する学部学科を決めましょう。

 

あわせて読みたい記事

就活でどうせ受からない、どうせ落ちる、無理と悟ったときの対処法、内定を取る方法

就活をしている人というのは、それぞれで結構モチベーションが違います。期待に胸を膨らませて臨んでいる人もいれば、自分が就活をやってもどうせ受からないとか、採用されないとあまり期待をせずにやっている人もいると思うのです。後者の人たちは一部の人たちからは就活諦観層と呼ばれているみたいですが、そういった層の存在は仕方ないです。就活で内定がとれないとか、そういう部分だけではなくて、入社してからも大変な毎日が待っていると考えると、やっぱり期待なんか持てないですよ。労働は辛いはずで、その辛い労働をみんなこなさないといけない時点で、期待を持てという方が難しいかもしれないのです。そして、自分は就活をしてもどうせ無理と諦めがちの人が出てくるのもしょうがないと思います。厳密に言えば、就活のやり方に問題がある場合もあるのですが、就活をしてもどうせ落ちると判断している人は、その直感自体はある意味間違っていない場合もあるのです。なぜならば、昨今の日本の就活は内定が取りづらいシステムになってしまっているからです。日本の就活のシステムは簡単に説明すると、ナビサイトというサイトに登録をして、そこで企業を検索して、エントリーをして、選考を受けて、内定を目指すということになります。これが一般的なシステムです。

 

ただ、ここで1つ問題になることがあります。それは要はスタート地点であるナビサイトの登録の段階にあるのです。ナビサイトって言うけど、たいていの人が利用するサイトはリクナビマイナビあたりが主流で固定化されてしまっているじゃないですか?つまり、就活のやり方自体も固定化されているが、利用するナビサイトもほぼ固定化されているという現状があるわけです。固定化というのは、就活生の大半が同じナビサイトを使っているということです。それが問題なのか?と思うかもしれないけど、内定を取りづらい原因の1つになっている場合があります。つまり、私は昨今の日本の就活システムを見ると、就活生がどうせ受からないとか思ってしまうのは仕方ないと思うのです。というのも、みんなが同じナビサイトを使う状況というのは、みんなが同じような企業にエントリーをしている状況と同じだからです。こういったナビサイトは掲載企業数も多いので、そんなにかぶらないとは思います。でも、どうしても人気企業とそうじゃない企業に分かれてしまうのです。人気企業にエントリーをして、選考を受ける学生がどうしても多くなるため、みんなが同じナビサイトを使っていると、その中の特定の一部の企業にエントリーが集中するという現象が起きやすくなりますから、それって特定の企業に多数の就活生が応募している状況で、かなり競争率が高くなっているのです。

 

みんなが同じナビサイトを使っていても、そのサイトに掲載されている全ての企業に万遍なくエントリーが分散すれば話は別ですけど、どうしてもエントリーが大量に集まるところとあまり集まらないところに偏ってしまうということが起きます。だから、相対的に学生の人気がないような企業でも構わないという人は逆に内定は取りやすい状況にも思えるかもしれませんが、そういうところは零細企業が多く、将来性が不安と言う人もいるかもしれないですけど、何よりも採用人数が少ないので、仮に応募者が少なくても倍率はそこまで低くならないと言えるのではないか?と思います。だから、特定のナビサイトに就活生の多くが集中している現状というのは、その手段をとると、内定を取るのが難しいという結論になるのです。ライバルが同じ土俵に数多くいるわけですから。だから、現状の日本の就活システムはどうせ落ちると思われてもしょうがないと言えるのです。したがって、直感かもしれないけど、就活生で自分はどうせ受からないと思っている人がいたら、ある意味正しいと言えてしまうのです。これは全体の確率の問題なので、個別の学生単位で言えば、内定をいくつもかっさらっていくような優秀な人もいますけど、全体で言えば内定は取りづらい仕組みになっているのです。就活をしてもどうせ無理と諦めてしまうのもどうかと思いますけど、でもそう思わせるような現状はあると思うので、その状況で内定を取るには、このシステムの中でなんとか頑張るか?自分は違う方法で頑張ると思えるか?のどちらかでしょう。

 

就活生でどうせ受からないと自分で感じている人がいるならば、そういう人はみんなと同じやり方はおすすめしません。別の方法をとった方が良いと思います。同じようなナビサイトを使ってもいいんですけど、そこだけしか利用しないというのはリスクがでかいわけです。だから、普通に就活をやっていてもどうせ落ちると予感してしまう人がいるならば、みんなが使っている同じナビサイトを使っても良いとは思いますけど、そこだけに頼るのではなくて、別の穴場のナビサイトを使うことでリスクを分散していくことをおすすめしたいのです。穴場のサイトというのは、新卒の就活生があまり使っていないようなところです。すでに話したように、みんなが同じサイトを使うから、結果的に同じような企業に応募が殺到し、その企業の倍率が上がり、内定が取りづらくなるということが起きるわけです。だから、逆にみんながほとんど使っていないようなサイトは、利用者が少ないと言えて、そのサイトに載っている企業の求人に応募する人も少ないわけですから、倍率は上がりづらく、客観的に内定が取りやすい状況と言えると思うのです。そういったところを使うことが、現代の日本の就活で内定を取る確率を上げるために必要なことなのです。受かる気がしないとか、どうでもよくなったと感じている人がいても、そういったところに気が付いて、就活のやり方そのものを転換してみると、内定が貰える可能性は上がると思います。

 

就活でどうせ落ちると思って諦めている人がいたら、そういうやり方に転換してみると良いと思うのです。どうせ落ちると思っていても就活をやっている人がいるならば、その人に関してもやり方を変えてみることをおすすめします。就活ではどうせ無理とか、そういうネガティブな気分にさせる要素はどうしてもあります。どうでもよくなったとして人は就活をしていないのかもしれませんが、一応やったけど、内定がとれなくて終活がどうでもよくなったという人、まだやっていないけどどうでもよくなったという人、どちらに関してもまだ逆転の可能性はあると思うのです。これは確率を上げることなので、絶対に内定が取れる方法ではないですけど、多くの就活生が使っているナビサイトよりも知名度はないし、利用者数も少なくてどうなの?と思えるようなものの中には、穴場的な内定が取りやすい、確率を上げてくれるサイトが含まれている。というのは知っておいてほしいのです。就活でどうせ受からないとか思って、そこで止めるか?続けるか?で将来の自分の生き方も変わると思うのです。就活は難しいことで、上手くいかないことも多々あると思います。何の悩みもなく、内定を取ってしまう人も一部はいますが、多くの就活生は少なからず挫折しながら就職活動をしていると思うので、その中で、自分はどうせ無理と思っている人も就活システムの中で、内定が取りやすい要素について気付くこと、どういう就活のやり方が内定を取りやすくするのか?について考えてみるということが大切なのです。

 

では穴場的なサイトはどこがあるのか?ということについて話しますけど、例えば、「就活のパートナーを見つけよう【ココリク】 」というサイトは特におすすめです。このココリクというサイトは、就活サイトに在籍するアドバイザーがあなたの就活をサポートしてくれる点が特徴的です。アドバイザーは新卒の就職活動にかなり詳しく、経験も豊富なので、そういった人に対して志望動機や自己PRの作り方、企業や業界の選び方、内定を取るためのテクニックなどについて質問をすれば的確な答えてもらえるでしょう。気になることや聞きたいことがあるときには遠慮なく頼っていければ、少しずつ就職活動がスムーズに進むと言えます。また、アドバイザーはそれぞれの就活サイトでの特別推薦状を持っており、その特別委推薦状を利用して受けられることがあります。アドバイザーからの推薦がある時点で内定が取りやすい、有利に選考を受けられると言えますが、特別推薦枠ではアドバイザーが書類選考の前の添削、面接の前の対策や指導を直接してくれるので、そういったところも内定獲得のためには有利になるでしょう。ココリクは多くの就活生が利用しているわけではないですし、ここを通じて受ける企業は他のライバルと競合しづらいため、倍率が上がりづらくて受かりやすいため、穴場的なサイトとして本気で内定を取りたい人にとってはおすすめです。無料会員登録をすれば誰でも利用できるため、良かったら参考にしてみてください。

あわせて読みたい記事