リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

エントリーシートの文字数の目安は何割?足りない、少ない場合や文字数自由のケースの考え方

就活ではエントリーシートを書かないといけないのですが、文字数というのは1つ難しい部分と言えるでしょう。文字数制限がある場合は少ないと思いますけど、何文字以上とか、何文字以下という制限がある場合には、それは守らないといけないでしょう。しかし、文字数制限がない場合には、基本的にはルール上は何文字書いても良いですし、何文字でも良いということになります。エントリーシートの文字数自由というケースがほとんどではないか?と思うのですが、文字数制限があってもなくても、ある程度は埋めないといけないと思っている人が多いかと思います。文字数制限がある場合には何文字以上となっていて、かつ何文字以内となっているのではないか?と思いますけど、文字数が足りない場合や多すぎる場合には、絶対に規定の範囲に収めるようにしましょう。最低限のルールが守られていないエントリーシートはやはり採点の対象にならない可能性がありますから。文字数が足りないや多すぎる場合には、考え直さないといけないのです。そして、文字数が自由の場合には、就活は人の印象によって決まる部分があるという意味では、意味がないとしてもとりあえず埋まっているということが、好印象につながり、合否にとってプラスに作用することもあるので、エントリーシートは文字数自由でも、文字数制限があっても、用意されている欄をできるだけ埋めて、たくさん書いているアピールをした方が有効と言える場合もあるのです。だから、エントリーシートの文字数の目安は何割くらい書けば良いのか?というのが気になる人が多いと思うのです。

 

エントリーシートの文字数自由の場合でも、制限がある場合でも、基本的には9割以上は埋めた方が良いかもしれません。見た目の問題で、行が書かれていてもいなくても、最後の行の1つ前の行まで使うくらいがちょうどいいと思います。横書きだと思うのですが、全部埋めたら10行でいっぱいになるとしたら、9行目までは差し掛かりたいところなのです。文字の大きさにもよるので一概には言えませんけど、それくらい書いていれば、見た方としても、お!たくさん書いているな!と印象がよくなるかもしれないのです。そこまで必要なことではないとしても、欄を埋めるために書くことはプラスに作用する可能性もあるので、やる意味はあると思います。しかし、内容はそれなりに納得できるものを書かないといけないのです。志望動機や自己PR、それ以外の項目に置いて、欄を埋める目的で、ちょっと関係ないこと、必ずしも必要ではないことを入れるとか、表現を文字数を稼げるものを入れるとか、そういった方法はテクニックとして使用するのが良いのではないか?と思います。だから、全体としてはきちんと筋の通った、論理的なことを書かないといけませんが、細かい部分においては自分なりにアレンジして書いても良いということなのです。

 

そういう感じで、基本的にはエントリーシートの文字数の目安は9割以上というのが鉄則かな?とは思いますが、逆にシンプルに短くまとめて書いた場合、それも人事から見ると好印象になる場合もあります。というのも、言いたいことを短くまとめることって難しいのです。あれもこれも話したくなってしまう場合もありますし、なかなかできないことだと思います。でも、6割とか、7割とか中途半端な割合ではなく、全体の3~4割しか使っていないような、かなり空欄があるような書き方であっても、言いたいことがちゃんと伝わったと人事が思ったならば、それは高評価になると思います。だから、いわゆる頭の良さのような部分をアピールできるかもしれないので、そういう方法もあるということです。ん?あまり書いてないなと一瞬、人事が思っても、よくよくんで見ると、へーって感じで感心してしまうようなギャップがポイントということです。ただ、こっちは難しいです。だから、自信のある人しかおすすめしません。エントリーシートの文字数の目安は9割以上かければ普通に良い印象のものになるのではないいか?と思いますけど、別の方法もあるので、それに関してもとりあえず知っておきましょう。

 

ただ、エントリーシートは文字数が多いか?少ないか?という点よりも、まずは中身が重要というのは大前提としてあります。そこがまず第一目標にしていかないといけないのです。でも、とりあえず中身がしっかりしているという状況ならば、ちょっと蛇足のようなものをつけて、文字数を水増ししても、全体の印象としては影響は少ないでしょうし、むしろちゃんと埋めてきているという熱意のようなものを買ってくれる可能性もあるのです。だから、まずは中身ですよ。中身がしっかりしていれば、逆に文字数が少ないとしても、お!と思ってくれる可能性があるわけで、シンプルな表現になっていても中身がしっかりしてさえいれば、評価される可能性があるので、まずは中身をしっかりと考えていかないといけないのです。そのうえで中身がしっかりできたら、あとはどちらを狙うか?考えると良いと思います。文字数が少ないパターンといっぱい埋めるパターンのどちらかということです。どちらも人事に対して好印象を与えられる可能性がありますが、文字数が少ないパターンの方はちょっと難しい、難易度が高いと思うので、どちらかというと多く埋める方をおすすめします。エントリーシートの文字数は何割くらい埋めれば良いのか?については、ある意味両極端のケースが考えられるので、少ないとダメとは言えませんが、多い方が無難ということは言えるのです。文字数自由のケースが多いと思うので、基本的には自由ですけど、こういったポイントがあるということですね。

 

エントリーシートでは文字数制限がある場合もあるので、そのときにはエントリーシートの文字数が足りないとか、多すぎるという状況はまず作ってはいけないでしょう。でも、文字数自由では中途半端な文字数はあまり好ましくない気がするので、シンプルに短くまとめるか?かなりの割合を埋めるか?のどちらかがおすすめということです。文字数が少ない場合も一概に悪いとは言えないが、多くの就活生は現実的には短くシンプルにまとめてはこないと思います。とりあえず8割以上は最低埋めてくるのではないでしょうか?それが正攻法とされていますから。エントリーシートは文字数が少ないとしても良い場合もあるけど、一般的な人事は欄がほぼ埋まっている方が良いと考える人が多そうなので、そっちの方がリスクは少ないです。短くシンプルにまとめる方をどう思うか?というのは、人事に依存する場合もありますから。エントリーシートの文字数は何割が良いのか?とか、目安はどれくらいか?というのはケースバイケースや考え方で変わる部分もあります、正攻法は9割程度は埋めるというもので、かつ書いてある内容をしっかりとさせないといけないということになると思います。

 

あわせて読みたい記事

会社説明会で満席なら電話で参加したい、行きたいと言おう!時間帯やタイミングなどかけ方に注意だが

会社説明会で満席になっているときにはキャンセル待ちをするという方法もありますが、それで参加できるか?どうかは分かりません。そういったときには別の方法で参加したいということを会社に申し出るということも有効になります。会社説明会で満席になっているときには問い合わせのメールを送るという方法も1つあるかもしれませんが、電話で直接会社に参加したいということを話すと有効と言えるでしょう。会社説明会で満席のときには問い合わせのメールをして参加が認められるということもありますけど、メールよりは電話の方がメリットが多い可能性があるのです。したがって、会社説明会で満席になっているときには電話でお願いをするというのがポイントになると思います。実は満席になっているときに会社に参加したいということを直接話すと、承認されることがあるのです。参加したいという熱意を会社に伝えることで、参加できるということが割とあるということで、成功例が結構あるのです。だから、ダメ元のつもりでどうしても会社説明会で満席のときに行きたいというのであれば、電話をかけてみましょう。

 

企業側の気持ちになってみると分かりやすいと思いますけど、そういったときには快くOKしてしまうことがあります。なぜならば、どうせ当日に予約した人たち全員がくるわけないでしょ?と思うからです。恐らく事前に予約した人の7割くらいしか平均で来ないと思うので、多少予約外で参加を容認しても当日困ることは考えづらいと思うので、会社説明会で満席のときに電話で行きたいと話せば、ダメだと言われることはそんなに多くないのではないか?と思います。他のサイトには勝率5~7割くらいと書かれていたので、ダメなケースもありますけど、でも大丈夫というケースもあるので、おすすめの方法だと思います。電話をかけるタイミングなどは気をつけないといけませんが。会社説明会で満席になっているときに電話をするタイミングを間違えると、企業側の機嫌を損ねる可能性もあるので、そこは本当に慎重にならないといけないのです。というのも、企業にとって都合の悪い時間帯に電話をしてしまうと、それによってこの学生は・・・と思われて、参加を拒否される可能性があるからです。したがって、会社説明会で満席のときに電話をするならばタイミングはかなり考えないといけません。基本的には企業が忙しくない時間帯に電話をするのがベストです。忙しい時間帯や一般的に望ましくないとされている時間帯に電話をすると、評価が下がる可能性があり、会社説明会で満席になっているときに参加したいと思ってもできないことがあるため、そこはあらかじめ考えておきましょう。

 

では、一般的に会社説明会で満席のときに電話をするならばタイミングはどういうときが良いのか?というと、これはいくつかパターンがありますけど、1つは午後に電話をかけるというタイミングで、昼休み以降から夕方くらいまでであれば、企業の人も問題なく出られると思います。13時から16時くらいまででしょうか?こういった時間帯は他の企業の人たちからの問い合わせなどがくるタイミングとしても割と普通だと思うので、企業側の仕事にも支障が出ない状況で電話でお願いができると思います。会社説明会で満席になっているときに電話のかけ方としてはこういったところに気をつけましょう。会社説明会において満席となったときにはキャンセル待ちをするというのも1つの手ではありますけど、キャンセル待ちをしても参加できなかったというときにはそれで諦めてしまう人が多いと思うのです。しかし、そこで諦めないでまだとれる手段はないのか?と探すことも重要だと思いますから、そういったところも考えておくと良いと思います。そういうときに使えるのが会社説明会において満席ならば電話で参加したいと頼み込むという方法なのです。

 

この方法の良いところは参加できる可能性があるだけではなくて、そういう手段を使うことで、人事に自分の名前を売り込める可能性があるということなのです。電話までして会社説明会に行きたいと言う熱意は伝わると思いますから、この人は相当志望度が高いのかな?と思われる可能性もあります。したがって、そういうメリットもあるのです。こういう熱意の部分が後々になって選考で効いてくる可能性もありますから、やはり会社説明会において満席のときに電話で行きたいと言うのは大きな効果を生むことが考えられます。メールで問い合わせをするのではなくて、電話でお願いをすることが熱意という意味ではポイントになるのでしょう。メールでも構わないとは思いますけど、人事の印象度合いという点においては電話の方が上だということなのです。メールで得連絡をしたからといって、会社説明会に参加できる可能性が下がるとは言えないと思います。でも、電話の方がプラスで効果もあると思うので、そういったところは覚えておくと良いと思います。ただ、すでに話したように会社説明会において満席のときは電話のかけ方が重要なので、そこは覚えておきましょう。電話をかけるタイミングについては企業の仕事に関して考慮をしないといけませんが、時間帯に気をつければ問題ないでしょう。会社説明会において満席のときには電話の時間帯に注意をして、さらに言葉遣いを丁寧に、かつ無理を言わないことなどを意識しておけば参加を認めてくれる可能性はあると思うので、こういったところを頭の中に入れて電話をすると良いと思います。会社説明会に参加できないと、その企業の選考に参加できないというところが多いと思うので、こういったところは多くの就活生が頭に入れておくべき点になると思います。会社説明会において満席のときはまずはキャンセル待ちをすると思いますけど、同じことをしている人は多くいると思うので、それでも厳しいときにはこういった手段で予約をとってみると良いと思います。必ず成功するわけではないですが、何回かやれば参加させてくれる会社があると思いますから。

 

あわせて読みたい記事

大阪市立大学の学生の評判や口コミは?キャンパスの立地条件と就職支援、就職実績について

大阪市立大学に入りたい人は1度キャンパスに行ってみると良いと思いますけど、どういう雰囲気なのでしょうか?大阪市立大学のキャンパスというのは2つあって、杉本キャンパスと阿倍野キャンパスになります。多くの学生は杉本キャンパスに通うのではないか?と思いますが、杉本キャンパスについては交通アクセスや周辺環境などについてあらかじめ調べておくと良いです。大阪市立大学の杉本キャンパスの雰囲気に関しては、他のアジアの大学にありそうなキャンパスの感じに見えます。大学っぽいような、ぽくないような感じで、高校みたいな雰囲気もありますけど、それなりの広さはあるようなので、高校よりは広いです。杉本キャンパスについて知りたい人は実際に行ってみるのが良いと思います。オープンキャンパスなどを利用すれば、大学のキャンパス内を隅から隅まで見られますから。杉本キャンパスに通う学生は多いと思いますから、事前にどういう場所なのか?というのをチェックしておきましょう。

 

そして、阿倍野キャンパスというのもあって、こちらは医学部の学生が通うのでしょうか?医学部の施設があるようなのですが、こちらは医学部しか使わないのかもしれませんが、規模は小さめです。というか、キャンパスという感じではないようですね。普通の建物という感じで、普通のキャンパスというのは広い敷地があって、その中に建物がいくつもあるという感じですけど、大阪市立大学阿倍野キャンパスというのは、建物があるだけになります。学生の数も多くないと思うので、それだけの敷地で十分ということなのかもしれません。だから、阿倍野キャンパスの雰囲気はあまり大学のキャンパスという感じではないのです。大阪市立大学のキャンパスの交通アクセスや周辺環境などは受験をする前に調べておいてほしいですし、キャンパスの雰囲気や施設、設備などについても知っておいてほしいです。特に理系の学生はそういったところは重要でしょう。公立大学なのである程度しっかりはしていると思いますけど、大学で学ぶ以上は重要なところだと思いますから、しっかりとチェックしておいてほしいと思うのです。そして、大阪市立大学の学生はどういう口コミを持っているのでしょうか?そういったところもチェックしておいてください。

 

杉本キャンパスについて、学生の口コミを見ると最寄り駅から結構近いらしいので、通いやすいという声があります。杉本キャンパスまで通える駅は複数あるようですが、1番近い駅からはそんなに距離がないというのは大きいでしょう。あとはキャンパスの中がそこまで広くないので、移動が楽という口コミもあります。大学によってはキャンパスの敷地がかなり広い場合があって、移動に自転車がないときつい、授業に遅刻するというケースがあるみたいなのです。国立大学に多いみたいですけど、大阪市立大学はそこまでキャンパスの敷地は広くないみたいなので、移動は楽というのは一応覚えておきましょう。ただ、気になるのはキャンパスに直接関係あることではないですけど、一部の路線はよく遅延するみたいで、それによって授業に遅れることもあるみたいです。したがって、多少早く家を出ておいた方が良いかもしれません。周辺環境など含めて、キャンパスの立地条件は割と良いみたいです。そして、大阪市立大学阿倍野キャンパスの口コミについては、交通アクセスはかなり良いという評判があって、かなり通いやすいみたいです。そして、周辺環境としては飲食店やショッピングモールがあるようなので、大学の授業の帰りに寄ったりすることができるお店はあると言えるのではないでしょうか?大阪市立大学の医学部の学生はそれなりに充実したキャンパスの立地条件だと思うので、こちらの方が立地条件だけ言えばより魅力的と言えるのではないでしょうか?ただ、医学部の学生しかいませんし、キャンパスという感じはしないので、そこがどう感じるか?ということです。

 

それ以外の大阪市立大学の学生の口コミを見ると、就職支援に関するものがあります。就職に関しても入学前から考えている人がいると思いますけど、特に就活のナビサイトの説明会に行く必要がないくらいに、大学内に多くの企業が来て企業研究ができるという声があります。選考を受けるためには、それぞれの企業の個別の会社説明会に行かないといけないとは思いますけど、会社との出会いで言うならば機会として多いということなのでしょう。あとは就職支援においてエントリーシートの添削、面接の練習などの実施をしてくれて、それが大阪市立大学の学生の評判として言われています。大阪市立大学の就職に関する評判は全体的に良いと思います。やはり関西では大学のネームバリューが利くみたいですから、それも就職活動では有利になるかもしれないという点です。就職支援についてはある程度良いという口コミがありますけど、就職実績はどうでしょうか?大阪市立大学の就職実績を見ると、医学部を除いた学部生のもので過去5年について見ると、就職先の上位は大阪市三井住友銀行三菱東京UFJ銀行となっています。公務員が就職先の1位というのは珍しいかもしれませんが、4位には大阪府がきているので、公務員の人気は高いみたいです。

 

大阪市立大学の就職実績では、就職先の上位の企業しか見られないような感じなので、どこまで参考になるか?は分かりませんけど、就職状況などについて気になる人はホームページからチェックしておきましょう。ホームページからは大阪市立大学の学部ごとの就職先の企業が見られます。ただ、上位企業、有名企業だけしかほぼ載っていないと思います。就職支援については評判が良かったですが、就職実績についても有名な国公立大学ならではのものは並んでいると言えるのではないでしょうか?大阪市立大学は有名大学なので就職の評判も良いでしょうけど、大学のランクに相応な就職状況になっていると言えると思いますから、こういった大学を出れば就職に困ることはないとは言えないが、不利になることは少ない気がします。大阪市立大学に入りたい人は評判についても調べておいてほしいと思いますけど、受験する前には学部学科ごとの授業内容とかについても知っておきましょう。

 

あわせて読みたい記事

大阪市立大学の偏差値や倍率と入りやすい学部は?センターの足きりのボーダーラインの得点率と配点比率を紹介

関西の国公立大学の中では非常に有名で人気もあるのが大阪市立大学です。文系、理系ともに学部が充実していて、学生の数も多いです。大阪市立大学に入りたい人は勉強をたくさんしないといけないでしょうけど、かなり有名な大学なので、難易度も高いです。大阪市立大学の偏差値は文系は60前後、理系はそれよりちょっと高いくらいでしょうか?医学部などもあるので、ちょっと全体として評価するのは難しいですが、大阪市立大学の偏差値は高いです。文系学部の偏差値はほとんど同じです。学部ごとの難易度の差はほぼないでしょう。したがって、大阪府立大学の入りやすい学部は文系に関してはほぼないでしょう。簡単な学部もないですし、相対的に受かりやすい学部はないので、非常に難関大学と言えます。入りやすい学部は誤差の範囲ではあるかもしれませんが、だいたい同じような難易度と言えると思いますから。事実上、大阪市立大学は受かりやすい学部はないと思った方が良いと思います。関西だと関関同立よりも高いレベルにあるかもしれません。同志社大学と比べたらどうか?分かりませんが、それ以外の大学と比べたら大阪府立大学の方が上のような感じはします。それだけの難易度があるということなのです。同志社大学大阪市立大学だったら迷う人はいるかもしれません。どっちが上か?というのは難しいですけど、この2つ受かったらどっちがいいのか?というのは迷う可能性があります。

 

大阪市立大学に入りたい人はセンター試験と二次試験の対策を両方やらないといけないので、それはそれで難しいと思いますが、まずはセンター試験を突破しないといけないので、その得点率がどれくらいなのか?というのは重要です。大阪市立大学センター試験の足きりのボーダーラインは文系学部は8割弱くらいです。どの学部もそのくらいの数字なのです。これは前期日程の話で、後期日程は85%くらい必要になることもあります。大阪市立大学センター試験の得点率は前期日程でも8割近く必要なので、かなり難易度は高いです。大阪市立大学の偏差値からしてそれくらいの得点率が必要なのです。センター試験のボーダーラインについては目安なので、実際がどれくらいになるか?は分かりませんが、センター試験ではかなり点数をとっていかないといけないので知っておきましょう。大阪市立大学の文系学部では入りやすい学部はほぼないので、文学部、法学部、経済学部、商学部のいずれも難しいということで覚えておきましょう。大阪市立大学は偏差値がかなり高いので、センター試験の必要な得点率というのはそこそこ高いです。でも、大阪大学センター試験の足きりのボーダーラインについては、足きりがあるのか?という部分もまず重要です。医学部は足きりがありそうな気はしますけど、他はない可能性もあるので、必ずしも一定の点数をとらないと二次試験に進めないということではないでしょう。だけど、予備校やその他の媒体が発表しているセンター試験のボーダーラインや目安の得点率を目標にしていくと、二次試験に進んだときにセンターの得点で不利にならない状態で挑めるのではないか?と思います。

 

大阪府立大学に入りたい人はセンター試験の対策をまずはしていかないといけませんが、足きりのボーダーラインがあるのか?どうかについては医学部を受ける人以外の人はそこまで気にしなくて良いかもしれないのです。では、大阪府立大学の倍率はどうなっているでしょうか?倍率については学部学科、日程によっても違いますから、学部学科ごと、日程ごとの細かい倍率が知りたい人はホームページなどをチェックしてもらいたいと思いますけど、過去の大阪府立大学の倍率を見ると、医学部を含めて前期日程は概ね2~3倍台に収まっています。それよりも高い倍率の学部学科が一部ありますが、ほとんど2,3倍前後です。2017年度はそういう感じでしたが、今後も同じようになるとは限らないので、そこは頭に入れておかないといけませんが。ただ、国公立大学ならば大幅な倍率の変化は考えづらいというのはあると思います。大阪市立大学に入りたい人は倍率などのデータも重要ですが、それ以上に重要なのはセンター試験と二次試験の配点比率です。それによって、どちらにどれだけ時間を割くべきか?という部分が変わるので、そういう情報も重要ですが、これは調べても出てこない可能性もあります。学部学科ごとに違うということが言えますが、パスナビというサイトには学部学科別のセンターと二次試験の配点比率が載っています。パスナビに載っているのは二次試験の配点比率が何%か?という数字で、それが分かれば、センターの配点比率も自動的に分かるということになります。大阪市立大学センター試験と二次試験の配点比率は「大阪市立大学/一般入試(科目・日程)|大学受験パスナビ:旺文社」に載っているみたいなので、受験する学部学科ごとに確認して、それをもとにセンター対策と二次試験の対策のやり方を考えていくのが良いと思います。このページの学部のタブをクリックすると、情報が出てきますから。

 

あとは大阪市立大学センター試験と二次試験の受験科目についても確認をしておくと良いと思います。これも学部学科ごとに違うでしょうし、前期と後期でも違うと思いますから、大阪市立大学の受験科目については入念にチェックしておいて、それから受験勉強を始めると良いでしょう。大阪市立大学の難易度は普通に高いですし、関関同立と比較しても上でしょう。同志社大学だけはレベルが近くなると思いますが、一般的には大阪市立大学関関同立ではどっちが上か?と言えば、前者になると思います。それくらいに難易度が高いので、しっかりと勉強していかないといけません。どの学部もやはり偏差値は高いですし、大阪市立大学は関西圏では特に人気の大学なので、そういったところも踏まえて、大阪市立大学に入りたい人は文系も、理系の受験生もとにかく勉強を頑張るしかありません。入りやすい学部などはほとんどないでしょうから、どこも難しいと思ってほしいと思いますし、センター試験の対策から二次試験まで幅広い勉強が必要なので、大変だとは思いますけど、計画的に勉強を頑張ってほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事

宅建の予備校に通う時期はいつから?期間はどれくらい?資格スクエアは柔軟に対応可能

宅建の勉強をされている方というのも結構いるのではないでしょうか?最近は大学生などにも人気の資格でもありますから、多くの人が受験を考えている可能性もあります。大学生のみならず、社会人などでもこういった法律資格を目指している人もいるかもしれません。法律資格の中では宅建は相対的にまだ難易度が低い方かもしれませんが、だからといって簡単ではないです。しっかりと勉強をしていかないと受からないので、そこは覚悟して宅建の資格を取れるように勉強をしていきましょう。さて、宅建の資格は独学では可能なのでしょうか?可能な人もいると思います。ただ、これはしっかりと合格のタメに必要な勉強の仕方や進め方が理解できていて、それを実践できている人じゃないか?と思います。当然ですけど、合格に必要な勉強量が不足していたり、やり方が非効率だったりすると、受からない可能性は高くなります。予備校に通うとそういった心配はまずないと思うのですが、独学だとありえるのです。だからこそ予備校を選ぶ人が多くいます。予備校には過去の宅建の試験のデータが豊富にあって、それを活用してカリキュラムが考えられているので、そういったところに通えば試験に受かる確率は上がると考える人が多いのだと思います。しかし、宅建の予備校に通う時期やいつからが良いのか?とか、期間はどれくらいになるのか?という問題があるので、そこについて調べてから利用を決めた方が良いでしょう。予備校にはメリットがありますが、いろいろと調べてから利用を開始しましょう。

 

予備校は長年宅建の出題傾向などを研究して、それを踏まえたうえで必要な勉強の範囲や量とそのやり方を見出しているはずですから、予備校に通ってしまえば、あとはその通りに勉強をしていくだけとなります。予備校に従っていれば、ある程度は問題なく合格に近づけると思うのです。しかし、独学の場合にはどうなるか?は分からないので、リスクもあります。予備校はお金もかかりますし、自由度が少ないという問題はあるものの、メリットも大きいですから、そういったところを利用した方が良いと言える可能性もあります。宅建の予備校は基本的にいつから通ってもOKです。それはいつ受けてもOKということと関連していますが、早く受かりたいならば早く通い始めた方が良いということであって、時期を問わないのであれば、宅建の予備校に通う時期はいつからが良いのか?というのは、いつでも構わない。今すぐでも、来週でも、1ヵ月後でも、1年後でもOKなんです。宅建の予備校というのは選択肢はそんなに多くないですからね。私が知っている中で1番おすすめなのは「あなたの時間は限られている!最も効率的な法律学習法!【資格スクエア】 」になりますけど、ここは映像授業がメインなので、そこが特徴的であり、おすすめできる部分になります。

 

ここは宅建を含めた法律資格やその他メジャーな資格試験のための予備校になりますが、映像授業の何が良いのか?というと、学生と働く人どちらにとってもメリットが大ありな点になります。学生も働く人も予備校に通うことでどういう問題が起きるか?というと、やはり本業との両立の難しさだと思うのです。日中、学生も働く人もそれぞれ授業と仕事がありますから、朝から一定の時間まではそっちに時間をとられます。つまり、予備校に通えません。しかし、予備校で行う授業っていうのは、あらかじめ予備校がスケジュールを決定して、それを見て、必要に応じて受講生が教室に通うというスタイルになってしまっているので、予備校の都合に自分が合わせないといけないのです。つまり、それに合わせられないならば、出たい授業も出られないという状況が生まれてしまいます。でも、映像授業がメインならばそれが起きないということが言えます。映像授業ってどうやって授業をしているのか?というと、授業風景をビデオを撮って、それをサイトの中にアップしている状態なのです。だから、それを受講生は視聴するということになります。そうなると、インターネット上にアップされている動画はYoutubeなどと同様ですけど、24時間観られるわけですから、自分の都合の悪いときには観る必要ないですけど、自分が都合の良い時間に観れば良いということになり、従来は予備校の授業優先だったのが、映像授業により、自分の都合優先にできるようになったのです。このメリットが資格スクエアにとっては非常に大きいと思います。利用者にとって自分の都合を最優先しても、問題なく授業を聞けるというのは大きな利便性になります。しかも、映像授業っていうのは教室での授業と違って、同じ授業を何度も繰り返し見られます。また、映像を流していて分かりづらいところは巻き戻して、そこまで戻ってまた同じ箇所を見られるなど、かなり授業内容を理解しやすいようなシステムになっているのです。

 

この資格スクエアならば、宅建の予備校としていつから通えば良いのか?というのは自由ですし、宅建の予備校としての期間に関しても割と自由です。1年でも、半年でも、3ヶ月でも、1年半でも、2年でも、そういった中で1ヶ月単位とかで通う期間を決められる講座も多いので、宅建もそうなっている可能性があります。そういった利便性の部分も考えてくれているのです。また、資格スクエアはとにかく費用が安いです。ホームページを見ると分かりますけど、他の予備校などと比較して費用が結構安いと言えるのも魅力だと思います。資格スクエアでは映像授業がメインなので、どういう映像でどういう講義をするのか?気になる人もいるでしょう。資格スクエアでは無料会員登録をすると一部の授業が視聴できるようなので、資格スクエアに興味のある人やちょっと気になっている人はそれを1度見てみると良いかもしれません。宅建の予備校に通う時期はいつからでも良いと思います。そして、宅建の予備校に通う期間もそれぞれで決めて良いと思うんですけど、1年程度利用する人が多いと思います。1年半とか、半年とかいう人もいるかもしれませんけど。資格スクエアはどちらでも柔軟に対応できるので、非常に理想的な予備校かと思います。宅建の資格試験に受かりたいならば、選ぶ予備校として1つ選択肢になるかな?と思うので、良かったら参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい記事

信州大学の偏差値や倍率の情報とセンター試験の足きりのボーダーラインや入りやすい学部について

信州大学は長野県の国立大学でかなり難しい大学です。信州大学は長野県民ならば非常に評価している大学ではないか?と思いますけど、この信州大学の偏差値は55~60くらいでしょうか?医学部はさらに高いですが、それ以外の学部はこれくらいになると思います。すると、首都圏でいうとMARCHくらいになるのでしょうか?信州大学の場合にはまずはセンター試験に受からないといけませんが、その足きりのボーダーラインの目安はどれくらいなのか?というところが気になると思います。信州大学に入りたい人はセンター試験で何割くらいとれば良いのか?についても調べておくべきです。それは学部によっても違いますけど、文系、理系ともに7~8割くらいでしょうか?例外があるとすれば教育学部と医学部です。教育学部センター試験の足きりのボーダーラインは概ねこのくらいの数字ですけど、ここは学科や専攻が複数あるので、それぞれで数字がかなり異なっていて、教育学部では5割くらいで通過できるケースもあるみたいなので、そこが信州大学の穴場の学部になるかもしれません。医学部の場合には8割を大幅に超える点数をとらないといけない場合もあるので、やはり信州大学では1番難しい学部と言えるのではないでしょうか?

 

信州大学に入りたいならば受験する学部の選び方は重要です。入りやすい学部がないわけではないですけど、全部難しいですよ。信州大学で受かりやすい学部は文系は教育学部の穴場の学科、専攻になるのかな?という気がします。文系学部はそもそも人文学部、経法学部、教育学部も3つしかありませんけど、その中で受かりやすい学部を1つ挙げるとすれば教育学部かな?と思います。信州大学の入りやすい学部の理系はほぼないと思います。医学部は別格でしょうし、それ以外の偏差値もほとんど差がありません。理系の選択肢は多いですが、入りやすい学部と言えるほどに偏差値の差があるわけではないので、どこを受けてもあまり変わらないかな?という気がします。信州大学の偏差値はどこもそれなりに高いので、簡単な学部もないですから、理系の人で学部選びに迷っている人は、決めるのが大変かもしれません。最初から受験する学部がすぐに決まる人、大学は言って学びたいことが決まっている人は良いですが、そうじゃない人で信州大学に入りたいという気持ちだけあるが、受ける学部学科などは決まっていないという人は迷うケースも多そうですね。

 

信州大学の学部ごとの難易度で差がないとなれば、受かる確率が高いところを見つけるのは難しいですから。私立大学だと穴場の学部や学科ってあるんですけど、国公立大学はあまりないですからね。信州大学に受かりたい人で受験する学部学科が決まっていない人は最終的には学ぶ内容などを参考にして決めるしかないのかな?とは思います。あとは信州大学センター試験の足きりのボーダーラインについても調べてみることです。先ほど簡単に紹介しましたけど、細かく見るとこちらは偏差値よりも学部学科ごとの差があります。したがって、センター試験の得点率に関して難易度の差がより大きくあるので、こちらを参考にすると受かりやすい学部があるかもしれないです。信州大学センター試験におけるボーダーラインの数字は、文系学部はだいたい7~8割くらいです。教育学部については学科、専攻によってはもっと低い場合もありますから、ここがやはり信州大学の穴場の学部ということになるでしょうか?理系の学部については医学部以外は65~80%くらいの間で、医学部は70~90%の間くらいで、こちらも結局は学科ごとに異なるということになります。文系と理系でもちょっと差がありますけど、学部学科によっても差があるので、信州大学に入りたい人はこういうセンター試験の足きりのボーダーラインについてはちゃんと細かい数字を調べておきましょう。センター試験の過去問を解くときに重要になりますから、こういった情報は必要になるのです。

 

信州大学に受かりたいならば受験科目の情報についても重要なので、センター試験と二次試験の受験科目についても調べておきましょう。学部学科ごとに違うとこともありますから、受験する学部学科が決まってからでも良いかもしれませんが、受験科目を見ながら決めるということもできますし、人によっては受験科目で有利になることもあるので、それによって信州大学の入りやすい学部なども決まってくることもあります。そして、センター試験と二次試験の配点比率も重要です。これは探すのが難しいかもしれませんが、パスナビというサイトの信州大学の受験科目のページには載っているので、そこを参考にするのも良いと思います。例えば、人文学部の前期試験の二次試験は38%の割合で関係してくるみたいです。この場合はセンターは62%ということになります。信州大学センター試験と二次試験の配点比率は学部学科によっても違うので、そこを考慮して調べていかないといけません。信州大学は偏差値も全体的に高いですし、難しいですが、入りたい人はこういった情報はチェックしていきましょう。そして、さらに重要なのは信州大学の倍率についてです。国公立大学なので、そんなに極端なケースはないと思いますけど、こういった情報についてもしっかりとチェックをしていってください。

 

信州大学の倍率は前期日程は2~3倍くらいがほとんどです。医学部はちょっと高いかもしれませんが、それくらいの範囲に収まっていることが多いです。しかし、後期日程はどうでしょうか?結構高いです。信州大学の後期日程は前期日程と同じくらいの倍率のケースもありますけど、5倍を超える場合もあるので、学部学科によってはかなり難易度が高いと思った方が良いでしょう。信州大学の難易度は倍率によって決まる部分もありますけど、倍率は極端には変動しないと思います。特に前期日程に関しては。そうなると、信州大学の偏差値を見た方が難易度は測りやすいかもしれないです。倍率も参考程度に自分が受ける学部学科のものをチェックしておいてほしいと思います。センター試験を突破しないと二次試験に進めないですけど、まずはそこまでいけるように頑張ってほしいと思うのです。

 

あわせて読みたい記事

学習院大学と法政大学はどっちが上?文学部、法学部、経済学部などの難易度で比較してみた

GMARCH内の序列というのはいろいろな見方があると思います。学習院大学はMARCHの中で何番目なんだ?という意見を持っている人もいるでしょう。学習院大学のMARCHの中の序列は個人的には4番目か、5番目くらいかな?という感じです。明治、立教、青山学院にはちょっと勝てないかな?と思いますが、中央と法政と比べると、難しいですね。そんな学習院大学はMARCHレベルにあるのは間違いないと思いますが、その中で法政大学と比較するとどっちが良いのか?難易度はどっちが上なのか?について独断と偏見を加えて考えていきたいと思います。学習院大学はこれといって看板学部や偏差値が抜けた学部がないと思いますが、法政大学と比較できるとしたら、文学部、法学部、経済学部、国際社会科学部でしょうか?理学部は法政にはないので、理系は除外しますが、文系学部に関しては主要学部は比較ができるでしょう。文学部に関してですが、学習院大学では文学部ではある程度評判が良いと思います。名門の学部と言えると思うのです。しかし、偏差値は必ずしも高いわけではないです。法政大学の文学部は法政大学の中では相対的に難易度が高い方で、学生からの人気もある方だと思うのですが、学習院大学と法政大学の文学部ではどっちが上か?というのは難しいです。ほぼ同じと言える気もしますが、偏差値はやや法政大学の方が上と言える可能性はあります。

 

文学部は学科が細分化されているので、それぞれで難易度が違います。だから、一概には言えませんが、河合塾の偏差値を見ると、学科レベルでは60.0に法政大学の文学部がいくつか該当していますが、学習院大学文学部はほとんどが57.5なので、法政大学と学習院大学の文学部ではどっちが上か?というと、法政大学と言える可能性があります。ただ、イメージとしては同じくらいと思っている人も多いかもしれませんが、実際は法政の方が分があるのかな?という印象です。法政大学と学習院大学の文学部ではどっちがいいか?に関しては好みにもよると思うのであれですけど、学科レベルまで見ると、特定の学科はどちらかの大学にしかないということもあるので、それを基準に決めると良いという場合もあります。そして、学習院大学と法政大学の法学部ではどっちが上か?というと、これは法政大学だと思います。今後どうなるか?分かりませんが、最近になって法政大学の偏差値は上昇傾向にあり、特に法学部(国際政治学科)の偏差値が上昇したことでも知られています。河合塾のランキングで言うと、62.5を記録し、これは中央大学法学部の一部学科と同じくらいの数字です。つまり、法学部だけで言えば中央大学法学部と同じレベルにまで近づいてきているのです。法律学科と政治学科についても60.0となっており、学習院大学よりも偏差値が高いので、学習院大学と法政大学の法学部の難易度の比較でどっちが上か?というと、法政大学になると思います。法政大学の看板学部は法学部(政治学科)になると思いますから。

 

では、経済学部はどうでしょうか?学習院大学と法政大学の経済学部ではどっちが上か?というと、同じくらいかな?という気がします。難易度はほとんど変わりません。ただ、法政大学と学習院大学の経済学部ではどっちがいいか?というときにはキャンパスの比較で学習院大学の方が人気と言えるかもしれませんが、難易度はほぼ一緒ですね。ただ、学科まで見ると学習院大学は経済学科と経営学科、法政大学は経済学科、国際経済学科、現代ビジネス学科とやや違いが見られます。特に国際経済学科があるところが法政大学経済学部の特徴になるので、グローバルな視点で経済を特に学びたいという人は、法政大学の方がおすすめかもしれません。法政大学と学習院大学の経済学部ではどっちが上か?という比較はほぼ同じだと思いますが、学科まで見てどっちがいいか?を決めると良いと言えるのはあります。最後は国際系の学部の比較です。学習院大学には国際社会科学部、法政大学には国際文化学部とグローバル教養学部があります。ちょっと難易度の比較が難しいですけど、どっちが難しいか?というのを考えていきましょう。まず法政大学の国際文化学部とグローバル教養学部は難易度がかなり違います。後者の方が特に偏差値が高く、早慶レベルに近いです。国際文化学部はMARCH中位くらいで、恐らく学習院大学国際社会科学部の偏差値に近いと思います。したがって、学部ごとに比較するとグローバル教養学部は抜けていますが、国際文化学部と国際社会科学部はほぼ同じくらいになると思います。グローバル教養学部は帰国子女などが多くて、ちょっと特殊みたいですけどね。

 

総合的に見ると法政大学と学習院大学ではどっちが上か?というのはあまり変わらないかもしれませんが、学部別に見ると差がある場合があります。特に法学部に関しては法政大学の難易度が上がってきています。法政大学と学習院大学ではどっちが上か?の難易度の比較では法学部と文学部については法政がリードで、それ以外はグローバル教養学部以外はほぼ同じと言える気がします。どっちがいいか?というのは好みも関係してくるので一概には言えませんけど、どっちが上か?といえば、今はあまり変わらないと思います。以前は学習院大学の方が上と言えた気はしますけど、法政大学が偏差値を全体的に上げてきているので、同じレベルなのかな?という気がします。法政大学は学部が非常に多くあり、紹介したもの以外でも選択肢が多くあるので、そういったところにも注目していくと良いでしょう。もっと入りたい学部が見つかる可能性もあります。法政大学はMARCHの大学として高い難易度を誇っていますが、MARCH上位の大学と比べるとまだちょっと差がある感じです。MARCHの上位の序列は明治と立教、青学が引っ張っている感じですが、下位の序列も中央と法政で争っている感じで、そこにGMARCHとして学習院も入ってくる感じでしょうか?MARCHの順位は難しいかもしれませんが、人によっていろいろな意見があると思います。しかし、どちらも特色があっていい大学だと思うので、両方気になっている人は双方の大学とも難易度以外の部分も含めて、理解を深めるためによく調べていきましょう。

 

あわせて読みたい記事