リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

短大はあっという間で遊べない?遊ぶ時間が少ない?就活で忙しいことがメリットになる?

短大に入学すると遊ぶ時間がないと思っている人がいるかもしれません。相対的に四年制大学よりは遊ぶ時間は少ないとは言わざるを得ないと思います。短大の人は2年間で卒業をするので、2年間しか大学生活を謳歌できません。相対的に短大の学生は忙しいということは言えるでしょう。私は四年制大学出身なので、短大のことは詳しく知っているわけではありませんが、短大の場合には就職を見据える場合、就職活動は1年生から始めている人も多くいると思います。四年制大学の学生はいつからか?というと、j早くても3年生が多いです。簡単な準備くらいはもっと早くから行っている人もいるかもしれませんが、ある程度本格的なものであれば、3年から4年生にかけてでしょう。そうなると、大学1,2年は遊べるわけです。私も大学1,2年、さらに3年は就職活動とか何も考えてませんでしたし、何もやってませんでした。普通に遊んでました。だから、私は3年間は遊べたということになりますが、短大は1年生の後半から就職活動が始まるという意味では、半年強くらいの期間しか自由に遊べない。それ以降は就職活動の合間でしか遊べないとなるのではないか?と思います。

 

だから、相対的に短大の学生は遊べる時間がないのです。あっという間に就職活動をしないといけないという状況なので、忙しいと感じる人は四年制大学よりは多いかもしれないです。文系、理系にもよるかもしれないですけど、少なくとも文系の場合には短大の学生は忙しいという印象を持つ人は多いかもしれないのです。四年制大学で忙しいと感じる人は少ないと思います。奨学金を借りていてアルバイトを日夜やっているような人は除いて、一般的な学生の場合であれば、忙しいと感じる人は文系の場合にはほとんどいないのではないか?と思います。これは私の実体験も含めて。四年制大学もある意味あっという間な気はします。私は大学に5年間通ったんですけど、それでもあっという間だったなという印象があります。5年間であっという間だったとしたら、短大はかなりあっという間と感じる人の割合が高いのではないでしょうか?そういったところがあるので、、短大は忙しいというのはあるかもしれないですね。ちなみに短大は四年制大学よりも2年間早く就職活動を始めると思うのですが、それがある意味短大の有利なところでもあるのです。短大は忙しいかもしれないけど、それと引き換えにメリットもあると思います。それは四年制大学の学生よりも若いときに就活ができるということです。

 

短大の学生は四年制大学の学生よりも就活が有利になる要素があります。それは2歳歳が若いということです。2歳分の歳が若いということがなぜ有利になるのか?というと、求められるハードルが低いからです。一般的は年齢が上の人ほど、学歴が高いほど給料は高くなります。初任給もそうなっていますね。ってことは、高い給料を払うのだから、それに見合った成果を残せそうな人しか採用しないという部分が生まれます。つまり、四年制大学の人は短大の人と比べて、より高い能力が求められ、相対的に就職できない人が増えやすくなります。言ってしまえば、高卒が80で大卒が90の能力を求められているとします。ここで高卒の時点で80の能力を持っている人は、高卒の時点で就活をしていれば就職できたのに、大学に進学して能力が全く伸びていないとなれば、能力が80のまま大卒としての就活をすることになりますから、この人は就職できない可能性が増えるとなります。つまり、これは現実的にあり得る話ですけど、大卒よりも高卒の方が就職できる確率が高いって人もいるわけです。世間の認識では大卒の方が絶対に有利だという風潮かもしれませんが、ケースバイケースによるので、大卒の方が絶対に就職しやすいとは思わない方が良いでしょう。

 

こういった状況は短大と四年制大学の間でも同じようになっているので、短大の方が企業が求めているハードルが低いはずです。だから、四年制大学に行った方が良いという人もいるかもしれませんが、短大の方が就職しやすいという人もいると思うのです。人によるという部分もありますが、短大に行ったから就職できたという人も少なからず含まれる気がします。短大は遊べないという部分が相対的に言われていますが、それに対するメリットも一応あると言えるのではないか?と思うのです。したがって、短大は遊ぶ時間が相対的に少ないとしても、別のメリットがあるので、どっちを優先するか?の問題でもあると思います。短大はあっという間に学生生活が過ぎる可能性があり、それはデメリットのように思えてくるかもしれませんけど、短大には四年制大学にはないメリットもあると思います。就職に有利になるかもしれないというのはその一例ですけど、他にもあるかもしれませんし、短大は遊ぶ時間が少ないとしても、人生トータルで考えるとそこを犠牲にしても還ってくるものがとても大きいと言える余地もあるのではないでしょうか?短大は四年制大学よりもスケジュールがきついかもしれませんけど、見方を変えれば密度の濃い2年間の学生生活ということも言えるのです。その辺を踏まえて、短大に進学するか?どうかを考えるべきではないでしょうか?

 

あわせて読みたい記事

内定辞退の理由の例で一身上の都合や親の反対はNG?留年や合わないはおすすめか?

内定辞退の理由としてはどんなものが良いのでしょうか?内定辞退をするときには理由が必須とは言えませんが、聞かれる可能性があるので考えておいた方が良いのかもしおれません。内定辞退の理由の例としてはいろいろなものがありますけど、内定辞退をするときには、できるだけ人事に納得してもらえるものが望ましいと言える気がしますが、そういったときに1番の理由は何でしょうか?内定辞退の理由の例で1番人事が納得してくれそうというか、納得せざるを得ないのが留年です。留年したので、内定辞退をしますと言えば、これはどうしようもないですから、よくある会社に呼び出しをしたり、説得などをするような人事だとしても、諦める可能性が高い気がします。留年をしていても来年採用するからそのとき入社してよ。みたいなことを言ってこないとは100%は言いませんが、そういう会社はまずないと思うのです。確率的にまずありえないでしょう。したがって、内定辞退の理由では留年は1番効果的だと思います。留年を理由にしても、食い下がってくるような人事がいたとしても、その人事はどの理由を使っても食い下がってくると思うので、留年を理由にしてダメな場合はしょうがないです。そういう人事に当たった場合にはどうしようもないと思います。他の理由を使っても同じでしょう。

 

それ以外の内定辞退の理由の例でいえば、親が反対したとかそういったものもあります。親が内定先に反対して内定辞退をしろと言ってきたりすることはたまにあるみたいですし、親が反対したというのを内定辞退の理由にするというのも1つの選択肢かもしれませんが、内定辞退の理由として親を出すと、説得させられそうな気がするんですよね。どうしてもその会社の内定を辞退したいときには、親が反対したとかは言わない方が良い気がします。決めるのは親ではなくて、あなたであるべきだとか、入社するのはあなただとか、いろいろと言いくるめられそうな気がしますから、内定辞退の理由では親は出さない方が良い気がします。それ以外では、よくありがちかもしれませんけど、家庭の事情とか、一身上の都合とか、そういったものになりますね。内定辞退の理由は言いたくない人もいると思います。それはその内定辞退をする企業の機嫌を損ねる可能性があるため、正直に言いたくないと思っている人がいると思うのです。そういうときには内定辞退の理由では家庭の都合とか、そういう理由にするのも1つの選択肢ですが、それで向こうが納得するか?が問題なのです。内定先の企業に合わないと感じたとかdセ内定辞退をする人もいると思いますけど、そういうときには理由を言いたくないと感じる人もいると思います。だからこそ、内定辞退の理由で家庭の事情とか濁す感じにしたいと思うのですが、それで企業がすぐに引き下がるか?が問題になります。

 

内定辞退の理由で一身上の都合などを使うと、企業としても正確な理由が分からないため、詳しく教えてと言ってくる可能性があります。辞退されることを特に気にしていない企業にとっては、理由はどうでも良いと思っている可能性があるので、一身上の都合とかでもすぐに認めてくれる可能性がありますけど、そうじゃない企業もあるかもしれないので、そういった企業を想定しておくならば、内定辞退の理由で家庭の事情や一身上の都合は使わない方が良いかもしれません。内定辞退の理由で合わないと正直に答えれば、それもどうしようもないので、すぐに引き下がる可能性もありそうですけどね。御社とは合わないと感じたということを素直に言えるならば、それはそれで良いと思います。留年と同じくらいどうしようもない理由だと思いますから。だから、内定辞退の理由を言いたくない人は留年か、合わないということを理由にするのが良い気がします。正直に言いたくない人は多くいると思うのですが、家庭の事情とかで誤魔化すと、向こうも考えていると思いますからね。しつこく食い下がってくる可能性があるのです。内定辞退の理由では正直に言える人は、それを伝えるのも手ですが、内定辞退の理由を正直には言いたくないという人は留年か、会社と合わないということで良いかもしれないです。本来、理由は必要ないとは思いますけど、理由なしで辞退について納得してくれる企業が少ない気がするのです。

 

会社に合わないという内定辞退の理由についても、どこがどう合わないのか?と詳しく聞かれる可能性もありますけどね。そうなると、内定辞退の理由の例として1番おすすめなのは留年だということになります。本来理由が必要ないので、聞かれても言いたくないと突き通すのもありですが、それで納得しないケースがあるということもちゃんと考えておきましょう。嘘をつかないで内定辞退をするのが1番だとは思いますけどね。それが1番良いとは思いますが、企業の対応の仕方とかを見ていると、嘘をつきたくなる人が出てくるのも必然な気がしてきます。内定辞退の理由としてはいろいろなものが考えられますが、いろいろな理由が考えられる中で、企業に対しての有効性は違うということはまず知っておきましょう。企業にとって納得せざるを得ないものを理由に据えて内定辞退をするのが1番良いかもしれないです。これから内定を辞退するときには、そこをポイントとして考えていくと良いのではないでしょうか?

 

あわせて読みたい記事

内定者懇親会、内定式の返信の件名やタイトルは?返事が遅れた、忘れたは大丈夫?引用は必要か?

内定者懇親会というのはメールで案内状が来る可能性もありますが、それ以外と言う可能性もあります。メールで内定式の案内が着たならば、メールで返信をするのが良いのではないか?と思いますが、メールでくると返信を忘れるとか、遅れるというケースが考えられるのです。というのも、内定式の案内のメールが着ていることに気づかなかったという可能性がまずあります。そうなると、必然的に内定式のメールの返信は遅れるということになります。そうなると非常にマズイ!と感じる人もいるかもしれませんが、慌てないようにしましょう。メールで内定式の参加の返事への督促がきていなければ、企業としてもまだそこまで問題視していないということ、つまり遅い!と怒っているということではないということになります。仮に督促のメールがきていたとしても、怒っていると断言できるわけではありません。したがって、メールボックスをよく見て、内定式のメールへの返事の督促のメールが着ていなければ、本人は返信が遅れた!と危機感を抱いているかもしれませんが、企業としてはまだそこまで気にしていないのでは?と推測できるということになります。つまり、督促のメールなどが来る前に返信を出せば、セーフ!というか、企業としてもそこまであなたへの印象は悪くならないのではないか?ということになります。

 

内定者懇親会のメールの返信を忘れたということは割とある気がします。ビジネスではそういうことはあってはならないということかもしれませんが、失敗は誰でもするのでしょうがないとは思います。逆にこういう失敗を入社する前にしておいた方が良いとも言えるわけです。反省して対策がとれるわけですから、実際に働いているときではなくて、働く前に失敗しておいた方がまだマシでしょう。だから、内定者懇親会のメールの返信が遅れたりした場合でもそこまで気にしないで、次に生かせればいいと思った方が良いでしょう。ただ、内定式のメールの返信が遅れたとか、忘れたとか、そういった事態は避けられた方が良いのは間違いないので、ちゃんと事前に注意深くメールをチェックしておく習慣は必要だと思います。もしかしたらメールに気づかない可能性があるから、毎日欠かさずチェックしておこうとか、そういう対策をとれるならばとっておいた方が良いと思いますから。内定者懇親会のメールの返信を忘れたとか、そういう失敗が存在するということにあらかじめ気づくのが重要と言えるわけです。失敗の事例があることを知っていれば、その失敗をしないように無意識の行動できると思うので。

 

内定式でのメールの返信が遅れたとしても慌てる必要はないですけど、メールの返信を忘れたとか、そういう失敗が起きる可能性があるということはあらかじめ知っておくと良いのです。そういったことは今後の仕事においても生かしておくと良いと思います。仮に内定式でメールの返信が遅れたと感じたならば、メールの文面に謝罪の言葉と今後そういうことがないようにとるべき対策を書いておけば、ちゃんと反省しているなと企業側も思うのではないですか?そもそも先ほど言ったように、企業側が遅いと感じていない可能性もありますけどね。そして、内定式でのメールの返信の件名やタイトルはどうしたら良いのか?も気になるかもしれませんが、件名やタイトルは「内定式への参加の可否について」と、メール内容が開く前に分かるようなものであれば良いと思いますけどね。特定のタイルじゃないといけないというわけではないと思います。内定者懇親会のメールのタイトルや件名はそもそも相手から着たメールの返信として返すならば、タイトルにReがついてそのまま送れるので、それでも良い気もしますが。タイトルと件名にそこまで神経を使う必要はなく、ちゃんと考えるべきなのは文面の方でしょう。内定式のメールの件名やタイトルというのは、内定式の参加の可否についての内容ですよ。ということが分かるものであれば良いと思います。

 

ちなみに内定式のメールの文面では、引用を使うというのも良いかもしれません。引用というのは、自分に届いた企業からの内定式のお知らせのメールの文面のことです。それを引用して返信をすると丁寧と言えるのではないでしょうか?まずないとは思いますけど、メールを開いてこのメールはなんのメールに対する返事なのか?が分からないケースが考えられます。そのときに引用があれば、なんのメールに対する返信なのか?が真っ先に分かるので、より丁寧ということなのです。だから、内定式のメールの返信では引用をすると良いと思います。これは絶対ではないですが、しておくというのも1つの手ということです。ちなみに内定式のメールの返信で引用をするときには、自分が書いた文面の1番下にスペースを空けて載せておくと良いと思います。内定者懇親会へのメールの返信では件名やタイトルに悩む人もいるかもしれませんが、そっちよりは引用をするか?しないか?で悩んだ方が賢明かな?とは思います。内定者懇親会のメールの返信ではいろいろなことに悩むと思います。入社する前なので、企業からの評価が下がったらどうしようとか、不安になることもあると思いますけど、そこまで神経質に悩んでもしょうがない部分もあるので、とりあえず自分なりに精一杯の返信ができれば良いのではないか?と思います。内定式に参加する予定の人は、せっかくの機会なので楽しんで良い思い出にしてもらいたいと思います。

 

あわせて読みたい記事

青山学院大学地球社会共生学部の偏差値や倍率は高い?合格最低点やボーダーライン、評判などについて

青山学院大学地球社会共生学部というのはここ数年でできた学部になりますが、2017年度の入試ではとんでもない倍率を導き出した学部として有名です。2017年度の入試は私立大学では合格者を意図的に減らした大学が多く、例年よりは倍率が高いケースが続出したのです。青山学院大学地球社会共生学部は以前はMARCHでも穴場の学部とされていた時期もありましたが、その雰囲気は今はそこまでないので注意しましょう。2017年度の青山学院大学地球社会共生学部の倍率はとんでもない数字になっているようですね。青山学院大学地球社会共生学部の偏差値は青学の中ではそこまで高くありません。青山学院大学地球社会共生学部の偏差値は58とか、そのあたりではないでしょうか?でも、一般入試の方はそれくらいの難易度だとしても、センター利用入試の方は結構難易度が高いんですよ。というのも、青山学院大学地球社会共生学部のセンター利用入試のボーダーラインというのがかなり高いです。パスナビの数字によると90%となっており、この数字はMARCHの中でもかなり上位ですから、とんでもない難易度だということが分かります。青山学院大学地球社会共生学部に入りたい人は一般入試の方が良いと思います。

 

青山学院大学地球社会共生学部のセンター利用入試の受験科目が国語は現代文のみというのが理由の1つになっているかもしれません。現代文だけだとしてもそんなにセンター利用入試のボーダーラインが上がるか?というと、そうは思えないのです。別の理由があるかもしれません。青山学院大学地球社会共生学部の偏差値からすると、8割台前半が妥当な気もしますが。でも、この数字は今後変わる可能性があります。9割というのもパスナビの数字ですし、他のデータだと変わる可能性もあります。また、2016年度は9割でしたが、それ以降はまた数字が変わるかもしれないので、青山学院大学地球社会共生学部のセンター利用入試のボーダーラインは安定しない可能性もあると言えるでしょう。まだ変動があるかもしれませんから。青山学院大学地球社会共生学部の受験科目はそんなに特徴的な部分はありませんけど、受験予定の人はホームページで早めに調べておきましょう。そして、青山学院大学地球社会共生学部の倍率についてですが、2016年度は全学部日程が2.7倍、個別A方式が5.3倍、個別B方式が2.3倍なので、普通の倍率って感じがすると思います。しかし、それが2017年度は合格者をかなり絞った影響で25倍くらいになっているみたいです。記事を書いているじてんっでは公式発表はありませんが、いずれ正確な数字が分かると思います。ただ、青学の倍率は地球社会共生学部に限った話ではなくて、他の学部でもある程度高くなっているようですから、青学の難易度は年々高くなっている印象です。青山学院大学地球社会共生学部の難易度は以前はMARCHの中でも穴場の学部と言われていましたが、そういう状況とは言えません。MARCHでも最難関の学部になる可能性があります。

 

青山学院大学地球社会共生学部の偏差値はそこまでではありませんが、倍率がここまで高い状況が今後も続くとなれば、見た目の偏差値では測れない難しさがあると言えると思います。センター利用入試のボーダーラインはすでに高いということに言及しましたが、一般入試の偏差値に関しても今後上がる可能性もあります。青山学院大学地球社会共生学部に入りたい人は偏差値が60くらいないと厳しいかもしれません。青学という大学自体がここ数年で本当に伸びてきていますから、相模原キャンパスで4年間を送るとはいえども、青学ブランドは強力なので、青山学院大学地球社会共生学部は簡単な学部ではないですし、穴場の学部とも言えないでしょう。青山学院大学地球社会共生学部の偏差値などの情報も予備校のホームページなどをチェックしてみると良いでしょう。合格最低点についても簡単に紹介していきますが、これも2016年度のデータなので、どこまで参考になるか?分かりませんけど、一応お伝えしていきます。青山学院大学地球社会共生学部の合格最低点は全学部日程が235/350で、個別A方式が242/350で、個別B方式が75/150となっています。これが2017年度は倍率が一気に上がったみたいなので、青山学院大学地球社会共生学部の合格最低点の数字も一気に上がると思ったほうが良いのかもしれません。穴場の学部から一気に難しい学部になってしまった印象です。

 

青山学院大学地球社会共生学部に受かりたいと思っている人は評判も同時にチェックしてもらいたいですが、この学部の特徴としてはやはり4年間相模原キャンパスということになっているので、青山キャンパスに行く機会はほとんどないと思います。サークルなどで行く機会がある可能性もありますが、普段の授業ではあまり関係ないというこおとになるのではないでしょうか?あとは青山学院大学地球社会共生学部の評判で重要なのは留学が必須ということです。この学部はそこが特徴的なのです。そこが魅力だったり、人気になっている面もあるかもしれませんが、留学が必須ということは人によってはあまり入りたいという気持ちにならないと思う可能性があるので、そこはあらかじめ知っておきましょう。青山学院大学地球社会共生学部の口コミは他にもいろいろなものがあると思いますが、特徴的な部分だけを紹介してみました。ちょっと特殊な学部になると思うので、4年間の学生生活やカリキュラムについては自分でも調べてみましょう。青山学院大学地球社会共生学部の評判を見ると人気や魅力的と思える部分もありますけど、合う、合わないというのがあると思うので、ちゃんと自分でも口コミなどを調べて受験するか?どうかを決めていきましょう。

 

あわせて読みたい記事

早稲田大学のAO入試の難易度は高い?倍率は低いが試験の内容や出願の条件や資格は難しい!

AO入試を利用すると、一半入試ではとても入れないような難関大学に合格するチャンスが増えることもあります。一般入試も難しいですが、AO入試も難しいです。難しさの種類が違うと思うので、少なくともAO入試ならば楽に入れるとは思わない方が良いでしょう。受験生には人気の早稲田大学もAO入試をやっている大学の1つで、一部の学部学科についてはAO入試を利用して入学することができます。最新の情報によると早稲田大学で実施しているAO入試は政治経済学部国際教養学部スポーツ科学部、基幹理工学部創造理工学部先進理工学部となっているようですね。したがって、どの学部でもやっているわけではないので、早稲田大学で特に希望する学部がある場合には、そこがやっていない可能性もあります。早稲田ならばどこでも良いという方であれば、受かりやすいところを受けるという手もありますけど、学部ごとに早稲田大学のAO入試の試験内容も違いますし、難易度も変わってきます。

 

例えば、早稲田大学のAO入試の政治経済学部ではグローバル入試を行っており、これは面接、小論文、書類選考のほかに英語能力を見る試験となっています。英語能力というのは、TOEFLTOEICなどの資格をもとに審査をするみたいですが、英語力に長けた学生を多く集めたいという早稲田大学側の要望が感じられます。早稲田大学政治経済学部は看板学部なので、そういった人材を多く集めたいのでしょうか。早稲田大学のAO入試の内容としてはこのグローバル入試は1つ特徴的です。あとは早稲田大学スポーツ科学部ではトップアスリート入試を行っています。しかし、これはオリンピックや世界選手権への出場経験を持っていることが条件なので、いわゆるAO入試とはちょっと違うかもしれませんし、多くの人は無理でしょう。早稲田大学のAO入試では難易度が極めて高いと思います。AO入試というよりは、スポーツフロンティア入試に近いかもしれません。そして、早稲田大学のAO入試と言えば、国際教養学部ですね。ここは早稲田大学の中ではちょっと異質な学部という認識もあるかもしれませんが、AO入試で学生を募集しています。

 

この早稲田大学国際教養学部のAO入試は4月と9月に実施されており、4月は国外選考、9月が国内選考になっているので、9月がメインになるかと思います。早稲田大学国際教養学部のAO入試の試験内容は、筆記試験、面接試験、書類選考などとなっており、AO入試だけど筆記試験があるのが特徴です。一般入試ほどの問題のレベルではないかもしれませんが、早稲田大学の筆記試験なので、それなりの覚悟がいるかもしれません。早稲田大学のAO入試の中では難易度的には1番AO入試っぽい感じがします。一応、文系学部と思われる学部はこれだけかな?と思います。あとは3つの理工学部では徳辺選抜入試として、理系分野で数学オリンピック情報オリンピック物理チャレンジ、化学グランプリなどを活用した試験を行っており、こういった実績がないと難しいAO入試かと思われます。そして、早稲田大学創造理工学部建築学科だけに関しては、早稲田建築AO入試を実施しています。細かいことはホームページに載っていると思いますが、各学部ごとの早稲田大学のAO入試の内容は簡単にまとめると上記の通りになると思います。早稲田大学のAO入試は難易度はどれも高いでしょう。早稲田に入れるために多くの学生がチャレンジしてきますから。優秀な人が集まりやすいということも言えるかと思います。早稲田大学のAO入試はバカと揶揄されることもありますけど、むしろ一般入試で入ってきた人たちよりもAOや推薦で入ってきた人たちの方が成績は良いみたいなのです。それが以前ニュースにもなりましたから、早稲田大学のAO入試はバカを生み出す入試とは言えないということなのでしょう。

 

早稲田大学のAO入試は倍率を調べると、合格可能性とかもある程度見えてくるかと思います。一応、早稲田大学のAO入試の倍率を調べてみると、言うほど高くはなさそうです。年度によって細かい数字は変わるかと思いますけど、すでに紹介した学部のAOはどれも倍率は3倍前後くらいです。低いと2倍くらいで、高くても3.5倍くらいとなっています。早稲田大学のAO入試は出願条件を満たすのが結構大変なものもありますから、その時点で受けられない人が多くいると、それだけ早稲田大学のAO入試の何度も上がると言えます。早稲田大学のAO入試はレベルが高いですよね。特にスポーツ科学部や理工系の学部は試験内容や出願条件が難しいと思います。早稲田大学のAO入試の出願資格では評定平均などが加味される可能性もあるので、それも併せて調べておく必要があるでしょう。早稲田大学のAO入試は出願条件を満たして、土俵に上がるまでがすでに難しいので、そのうえで合格するのはさらに難しいと言えます。早稲田大学のAO入試に受かりたい人は出願資格を調べて、それを満たし、または満たせる学部を選び、そこを受験して、受かるための対策をとっていく必要があると思います。

 

早稲田大学のAO入試に受かりたい人は、早稲田大学のAO入試の倍率には惑わされないでしっかりと対策をとっていく必要があります。早稲田大学のAO入試に受かるにはAO入試専用の塾や予備校を利用すると良いかもしれません。そういったところがありますから、探してみると良いかもしれません。早稲田大学のAO入試は評定平均が関係する可能性もありますから、学校の勉強も頑張るようにしていきましょう。早稲田大学は人気の大学で、AO入試の難易度も高いとは思います。一般入試ではかなり難しい大学で、多くの人が苦労しているとは思いますけど、AO入試でも入りたい人は多くいて、かなり大変だと思いますから、入れた人は本当にすごいと思います。一般入試とAO入試は難しさの種類が違うので、AO入試も難しいと思いますよ。逆に言うと、AO入試の方が向いている人がいると思うので、そいういった人にとってはAO入試を受けていくことで早稲田大学に入れる可能性が上がっていくのではないでしょうか?早稲田大学AO入試は大変だとは思いますけど、挑戦される方はぜひ頑張ってほしいと思います!

 

あわせて読みたい記事

内定辞退ではあっさり終わらない、説教以外にも引き止められる説得を受けるケースもある

内定辞退をするといろいろな事態が想定されますが、中には引きとめられたというケースもあるみたいです。ちょっと珍しいケースもあるかもしれまえんが、そういった可能性はあるということになります。でも、採用担当が引き止めるということはよっぽどのケースなんじゃないでしょうか?内定辞退をすると説教をされたりするケースもありますが、逆に説得されるという、しかも入社してくれと引き止められるというケースがあるというは、珍しいとは思いますけど、結構貴重なシーンだと思うのです。内定辞退をして採用担当がそういったことをするということは、それ相応の人材として認めている可能性もあります。したがって、そういった扱いを受けたときには、ちょっと考え直してみるのも手かもしれません。内定辞退をして引き止められたら、採用担当が引き止めたいほどの人材という可能性を予見しておくべきだと思います。内定辞退をして採用担当の反応として1番ありえるのはあっさり認めてくれるというケースです。この反応が1番多いとは思います。

 

内定辞退をされることは当然ながらちゃんと計算して採用者数を決めているはずなので、たいていの会社では内定辞退をされても困るということは起きないはずです。しかし、予想以上に内定辞退の数が多い場合は別ですけどね。だから、内定辞退をしてもあっさりと引き下がることが多いと思うのです。でも、そうはいかないケースがあって、それが説教をしたりするケースです。電話口でいろいろと言われたりする可能性があり、中には会社に呼び出されるということがあるので、これはちょっと困りますよね。ただ、こういうケースもそんなにはないと思いますけどね。そして、1番なさそうなのが、内定辞退をして引き止められるということかもしれない。内定辞退をして引き止められるというのは、説教とどう違うのか?ということですが、説教をするケースはそもそもその内定辞退をした人に自体を撤回してほしいとは思っていないと思うのです。でも、引き止めるケースというのは、撤回してほしいのでしょう。そして、入社してもらいたいという気持ちが人事に恐らくあるのだと思います。

 

内定辞退で引き止められた経験を持っている人はどれくらいいるのでしょうか?あまりいない気もしますけど、いろいろな会社から内定を貰えるような優れた学生ならば、そういうことはあるかもしれません。採用担当から見てもこの人には絶対に入社してほしいというような人というのは、少なからずいると思うのです。したがって、そういう学生はいろいろな企業で取り合いになります。多くの会社が是が非でもうちに来てもらいたいと思っている可能性があるので、そういう会社は内定辞退をされてもすぐに引き下がりません。しつこく引き留め策を図ったりして、絶対にうちに入社してほしいという姿勢を見せるわけです。その結果、そういう学生が当初入社しようと思っていた企業ではなく、別の起業を選ぶということもあるので、そういう策が全く無駄ではないということも言えると思います。したがって、企業がそういう努力をしているということは知っておくと良いかもしれません。業績を左右するような人材だと判断したら、内定辞退をされても説得を試みることはあるのでしょう。だから、引き止められた経験があれば、それがある意味誇れる経験になるということなのです。

 

就活生にとってはこういったケースは嬉しいかもしれないですけど、あまりに説得がしつこいとちょっと困りますよね。自分のことを評価してくれているかもしれないというのは嬉しいと思える部分もあるかもしれませんが、就活生にとってはやはり内定辞退をしてあっさり認めてくれた方が良いのかもしれないです。だから、内定辞退をして説得をされるというのも結構つらいものかもしれないですね。内定辞退をして説教を受けるというのもつらいですけど、説得をされるのもそれが長くなればなるほど、つらいものだと思うのです。したがって、就職生にとっては内定辞退で引き止められるというのは好意的には見れない場合もあると思います。内定辞退であっさり認められるケースがほとんどだと思うので、そこまで心配はしなくて良いとは思いますけど、そういった可能性もあるので、あらかじめ知っておくと良いと思います。

 

就職活動において、内定辞退をあっさり終えられた非常に良いとは思いますが、企業にとってもいろいろな事情があるため、そう簡単には終わらない可能性もあります。それは知っている人が多いでしょう。でも、あっさり終わらないケースではいろいろなことが考えられるので、内定辞退をしたら説教をされる以外にも引き止められたなどの経験を持っている人がいるというのも知っておいてほしいですし、そういう可能性は低いかもしれませんが、あると思っておいた方が良いです。説得をされるケースでは辛辣な言葉を投げかけることはまずないでしょうから、気分的に悪くなることはまずないとは思いますが、悩む人もいると思うので、時間をもらって、もう1度考えてみると良いと思います。自分にとっても重要な選択なので、引き止められたというケースがあれば、もう1度考え直してみると良いと思うのです。

 

あわせて読みたい記事

新潟大学の偏差値や倍率は?入りやすい学部とセンター試験の足きりのボーダーライン

新潟大学というのは北陸地方にある国立大学で非常に難易度が高いです。この大学は新潟県やその周辺に住んでいる人ならば、多くが目指す可能性がある大学ですが、結構難しいと言えると思います。新潟大学の偏差値は文系学部は55前後で、理系学部はそれよりも少し高めということになると思います。新潟大学の偏差値は私立大学に例えると、MARCHまでいくか?どうかくらいだと思います。新潟大学の偏差値を私立大学に換算すると、文系学部は50台後半になると思うので、MARCHまでのレベルにあるか?どうか微妙なところですね。MARCHの偏差値が57~63くらいになると思うんですけど、だから、法政大学とかに近いのかな?という印象を持っています。だから、私立大学に例えると分かりやすいと思いますけど、新潟大学難関大学と言えると思うのです。新潟大学の偏差値はMARCHに匹敵するのではないか?と思われますけど、いろいろな学部があるので、その中でどこを受けるべきなのか?どこが入りやすい学部なのか?というのも気になると思います。

 

新潟大学の場合には文系学部で入りやすい学部というと、どこもあまり変わらないかな?という印象です。新潟大学の偏差値に関して、どこの情報を参考にするか?にもよりますけど、新潟大学の偏差値は文系学部はほぼ横並びなのです。人文学部教育学部、法学部、経済学部がありますけど、55前後って感じで、新潟大学ではどこが入りやすい学部か?というのは、なかなか決めづらいと思います。したがって、受験したい学部をそのまま受けるのが良いかもしれません。あとは受験科目やセンター試験の足きりのボーダーラインなどの情報を参考にして決めるというのもありですね。新潟大学センター試験の足きりのボーダーラインは文系学部は前期日程で65~70%くらいです。教育学部は学科や専攻がかなり多くあるので、個別のケースでかなり違いますけど、だいたい概ねこんな感じです。センター試験の足きりに関しては文系学部では存在しない可能性もありますが、パスナビを見る感じだと経済学部がやや低いかな?という感じです。65%あるか?ないか?くらいなので、新潟大学で受かりやすい学部というのは、センター試験の足きりのボーダーラインを参考にすると、経済学部というのは1つ候補になるかもしれないのです。ちなみに理系学部の受かりやすい学部はというと、偏差値で言うと、工学部あたりかな?という気がします。理系に関しても新潟大学センター試験の足きりのボーダーラインの情報はよく見ておきましょう。

 

新潟大学の入りやすい学部は相対的なもので、簡単な学部や穴場の学部というものはないと思った方が良いです。国立大学なのでどの学部も難しいですし、新潟大学の難易度はやっぱり高いですよ。受験科目や二次試験とセンター試験の比率などを調べて、それで最終的に受験する学部を決めると良いと思います。新潟大学は国立大学なので倍率などはほぼ一定だと思うのですが、一応見ておいてほしいと思います。新潟大学の倍率は前期日程は、文系学部も理系学部も2~3倍程度が多いです。教育学部や医学部、歯学部はちょっと事情が違うケースもありますけど、概ねこんな感じです。新潟大学の倍率は後期日程も前期日程とあまり変わらない印象です。全体的にはということなので、個別に見れば変わるケースもありますが、後期日程に関しても倍率はそこまで高くないです。新潟大学は倍率をみるとそんなに難易度が高い大学には見えないかもしれませんけど、簡単な学部もないですし、どこを受けてもそれなり難易度はあるので、新潟大学に入りたい人はやはりセンター試験の対策からコツコツとやっていくしかないでしょう。そして、二次試験の対策ももちろんやっておいてください。それを入試本番までに間に合わせないといけないのです。新潟大学に入りたいならば、科目数の多い勉強効率よくやっていかないといけないので、勉強の仕方も工夫していく必要があるかもしれません。

 

新潟大学の偏差値はMARCHに近いレベルで、とても難しい大学になりますから、受かりたいならば文系でもそれなりに勉強が必要ですし、理系はさらに大変かもしれません。新潟大学新潟県民やその他の周辺の地域ならば、やはり多くが目指すと思う大学なので、ライバルは多いですよ。新潟大学の偏差値にとらわれず、難しい大学なんだと気を引き締めて、受験勉強を始めてもらいたいと思います。国立大学は勉強の仕方なども難しいかもしれません。より多くの科目を勉強しないといけないので、そこは効率化や要領の良さをというのが求められるでしょう。新潟大学に入りたい人はセンター試験と二次試験の対策を両方やっていかないといけないので大変だと思いますけど、そういった点を踏まえるならば、より早く受験勉強を開始した方が良いと思います。新潟大学の難易度は高いですから、本当に気合を入れて勉強をしていきましょう。センター試験に関しては医学部以外は足きりのボーダーラインとかはない可能性もありますけど、目安とされている点数をとれるように、確実に二次試験に進んで、その時点で不利な状況にないようにしていきましょう。センター試験でとるべき目安の点数はパスナビなどに載っていますから、気になる人は調べてみてください。

 

あわせて読みたい記事