リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活で受かる確率アップは受かりやすい企業を探そう!受かると思ってたが落ちたという原因も防げる?

就活は内定を取ることが本当に大変に感じることもあると思いますけど、受かるコツというものがあると思うのです。受かる確率を上げるためにできる努力をしていくことが重要になります。それは何か?というと、やっぱり競争率という指標を意識するということが大切です。特定の企業じゃないと入りたくないという人は、そこを受けて内定を取れるように頑張ってもらうしかないのですが、とりあえず内定が欲しいと思っている人は、ある程度広い視野で就職活動をしていると思いますから、そういった人が受かる確率を上げるには、競争率の低い企業を受けることが大切なわけです。就活で受かると思ってたというケースでも内定が取れないことがあるわけですが、その原因の1つが競争率である可能性もあります。競争率というのは、本人にとって確実に実感できる指標ではないので、競争率が低いと思っていたのに、実は高かったみたいなケースがあると思うのです。そうなると、受からない原因になってしまうので、そこは気を付けてほしいと思います。

 

就活で受かるにはその競争率の低い企業を受けられるか?が重要です。競争率が低い企業は一緒に受けている就活生の数が少ない、倍率が低いので、それだけ受かる確率が上がります。そして、就活において受かる確率を上げるにはそこを突き詰めるべきだと思います。では、どうやって競争率が低い企業を見つけるのか?ということになるでしょう。どの企業を選ぶか?どの企業を受けるか?というのは、多くの人はほぼ同じサイトから行っているのではないか?と思います。いわゆるナビサイトというものがありますけど、そういったものを利用して就活をしている学生が多いです、それは無意識のうちにそういうサイトを使っている人が多いと思うのです。というのも、そういうところはまず知名度があるので、就活生はみんな知っています。そして、みんなが使っているならば大丈夫だろうということで、安心感もあると思うのです。そういった心理状況により、多くの学生が特定のナビサイトに集中しているのではないでしょうか?有名なところがいくつかあると思いますけど、そういうところをほぼ全員が利用しているとしたら、どういう状況が起きますか?特定のナビサイトに多くの学生が集中しているという現象は実際に起きているでしょう。だって、学生がナビサイトととして挙げられるサイトの数って多くても3つか4くらいじゃないですか?そうなると、それらの少数のサイトを多くの学生で利用していることになるので、そのサイトに載っている企業の求人には膨大な利用者からのエントリーが大量に届くことになります。

 

インターネットでの就職活動が主流なので、1人で50社も100社もエントリーすることが普通にありますから、結果的に学生の多くが利用しているいくつかの有名なナビサイトに求人が載っている企業へ大量のエントリーが届くことになり、多くの学生が実際に選考を受けることになるため、メカニズムとして倍率が上昇しやすい傾向があると思うのです。だから、多くの学生と同じように、無意識のうちに有名なナビサイトをとりあえず利用しておけば問題ないだろうと考えてしまうことは、就活では受かる確率を下げることにつながります。だから、ナビサイト選びそのものが就活で受かるコツにつながるのです。受かると思ってたけど、受からないという事態も減らせる可能性があると思いますから。こういったことは知っておいてほしいと思うのです。では、就活で受かりやすい企業を探すには、つまり倍率がそこまで上がらない企業を探すには、知名度が相対的に高くないサイトを通じて求人を探して、エントリーすると良いと思います。そういった方法をとることで、倍率が低い企業、受かりやすい企業を見つけられる可能性は高まると思います。言ってしまえば、多くが利用しているサイトは安心感はあるかもしれないが、内定を取りやすいか?と言えばそうじゃないので、そういう面は認識していないといけないと思います。

 

逆にこのサイトは誰が使っているのか?と思えたとしても、そう思えたサイトほど利用者が多くないと言えるので、そのサイトに載っている企業の求人にはエントリーが集中しづらいと言えるので、倍率が上がりませんから、そういう就職活動のやり方をしていかないといけないのです。知名度がそこまでじゃないサイトというのは探すのが大変かもしれないですけど、数としてはそこそこあります。有名なサイトはサイト名が多くが知っていると言えますから、サイト名を検索して見つけることができますが、そうじゃないサイトは直接検索ができません。だから、探すときにはちょっと苦労するかもしれないですけど、極端なことを言えば、名前も聞いたことがないサイトがあれば、そこは狙い目と言えるでしょう。受かるコツとしてはそういったところになるので知っておいてほしいと思います。就職活動で内定を取るには受かりやすい企業を受けるというのが1つポイントです。受かるコツはいくつかあると思いますけど、そこを突き詰めるというのも重要なのです。就活では受かると思ってた人が落ちることもあるので、やはり最初から確率の高い方法を実践してほしいと思います。

 

就活で受かるコツはいくつかあるので、他にもいろいろな方法を実践してほしいですけど、倍率が低いことで競争率が下がるので、そこは重要と言えると思います。受かりやすい企業を探すことができれば、とりあえず内定を取るということに関してはメリットを発揮すると思います。どうしても行きたい企業がある場合にはそこを受けるしかないですが、内定を取ることが最優先で、ある程度広い視野で就職活動をしている人にとっては、就活では受かりやすい企業を探して、そこを優先的に受けていくと良いでしょう。就職活動をするときの方法1つで内定をとるための難易度も変わりますし、やはりサイトの選び方が重要なので、そこは知っておいてほしいです。企業選びや業界選びをする前にサイト選びの重要性を知っておいてもらえると良いと思うのです。

 

あわせて読みたい記事

就活では業界が決まらない、定まらない場合はどうする?将来性や安定も基準としては重要だが・・・

就活では業界を絞って行う人が多くいると思いますけど、業界を絞れない人もいると思います。業界は絞らないといけないのか?というと、そんなことはないと思いますけど、現実的には絞って就職活動を行っている人が多いです。業界を基準にしても、しなくても、何らかの基準によって企業を選んでいく必要はありますから、そこは知っておくと良いと思います。でも、いろいろな見方があると思います。例えば、将来性はどうか?という部分です。安定しているか?どうかというのは、就活生にとっては重要な要素と言えると思いますけど、ここで問題なのは企業自体の安定性と業界の安定性を両方観察しておくことです。就活における業界が決まらない人は安定しているか?という将来性の部分で選ぶこともできますが、そういったときにはこの両面を観察しないといけないのです。どういうことか?というと、企業自体は今とりあえず安定していても、業界全体の将来性が衰退していく可能性があるならば、その企業はちょっとリスクがあると言えると思うのです。

 

その企業自体が安定していても、業界が不安定な場合は、その企業は将来的に不安定になる可能性があるわけですから、安定した会社に入りたいと思う人は、会社選びの前に業界選びが肝心ということになります。だから、こういった基準で会社を選んでいくことは重要で、将来性を気にする学生ならば、特にこういう基準で選んでいくことは必要なのではないでしょうか?就活で業界が決まらないという人は、いろいろな見方があると思うのですが、それが安定した需要を生むのか?将来的に需要が本当にあるのか?というのは考えないといけないと思います。例えば、ネットに代替されてしまうようなところは将来性はどうなんだ?と思う人もいるのではないでしょうか?新聞社とかは大手の会社もありますけど、需要自体は間違いなく減っていますし、今後増える気がしません。ネットにほぼすべての部分が代替されてしまうからです。ただ、全ての新聞社がどうなるわけではなく、個性を発揮できるところは良い意味でも、悪い意味でも目立つ存在として注目されますから、潰れることはないでしょうね。そういった会社は経営を続けていけるでしょうけど、そうじゃない会社はどうなるのか?私も分かりませんが、厳しい将来性が予想されるのではないか?と思うのです。

 

テレビがあるのに、Youtuberがこれだけ持てはやされているのは、テレビ番組にはない魅力があるからでしょう。テレビ番組でできることは限られていますが、ネットの世界はその範囲がかなり広いので、そこが真新しく感じられるのでしょう。新聞社は単なる1つの例であって、同じようなケースは他にも多くあると思いますが、他の存在に代替されがちな業界というのは、自分たちにしかない個性を持っている、作ることができることがこれから経営を安定させていくための条件になると思います。そういったところまで就活をするときには見ていかないといけないので、業界が決まらないときには、業界全体が安定している、将来性があることが大前提で、企業自体は今のところ大手でも、その企業の業界がそうじゃない場合には、あまりおすすめしません。これは長く同じ会社で働きたいという人に関しての話なので、そうじゃない人は安定性や将来性を気にする必要はないですけど。いろいろな基準があるので、それぞれで好きなものを使ってもらって良いと思うのですが、こういった部分は就活の業界選びの1つの基準になると思います。

 

なかなかうまく決まらないということもあると思いますから、そもそも就活では業界が定まらないとダメなのか?ということに関して言っておきたいと思いますが、決してダメなんてことはないと思います。日本には多くの企業がある中で、全部は受けられないので、その中から絞って受けることになりますが、その基準の1つが業界で会って、それ以外の基準でも良いわけです。私は何を基準に企業を決めていたのか?というと、企業規模とか、あとは会社の雰囲気とかですかね?大手企業とか好きじゃなくて、アットホームな感じの中小企業が好きだったので、会社説明会に出たときの感触と企業の規模や社員数をもとに会社を選んでいきました。人それぞれでいろいろな会社選びの基準があると思うので、それぞれで基準を作って、それで絞っていけば良いと思います。無理に絞らないといけないわけではないものの、受けられる数には限界があるので、何らかの基準は必要でしょう。就活では業界の将来性や安定性というのも1つの基準になるということです。自分自身で何かしら重視することってあるんじゃないですかね?定まらない人はそういったことを考えてみると良いと思います。自分はどんな会社に入社したいのか?を考えると、自ずと会社選びの基準が見えてくると思います。

 

私の場合には大手企業よりは、社員の人数がそこまで多くないようなところの方が社員間の連帯感が感じられて楽しそうだなーと思ったので、そういう企業規模の社員数が多くても100人、200人くらいまでのところを目安にしていました。社員数が10人いないくらいのベンチャー企業も受けていましたけど、そういう感じの職場が好きだったんですよね。私はそういう想像をして会社選びをしていたので、そういう目線で決めると良いと思います。就活では業界が定まらない人もいますし、簡単に決まる人もいますが、そういった基準でも良いですけど、決まらない人もいるので、そうじゃない基準でも良いということで、自分が働きたい会社はどんなところか?どういう職場が理想なのか?をイメージしてみると良いのではないでしょうか?業界で絞らないで、別の基準であっても良いと思うので、いろいろな角度から自分が働きたいと思う会社の姿を考えて、それを基準にしていくと良いでしょう。

 

あわせて読みたい記事

広告代理店に就職したい人は難易度や倍率は高い?激務で忙しい評判は本当か?

広告代理店というのは、マスコミ業界の中でも人気の業界だと思いますが、広告代理店って忙しいイメージがかなりあるんじゃないですかね?広告代理店への就職を考えている人はそこが気になっているという人もいると思いますけど、実際どうなのでしょうかね?広告代理店で働いている人の評判などを見ると、激務は必須みたいな書き込みがあるので、やはり忙しいことは避けられないようです。特に何日もベッドで寝ていないことがあっても当たり前みたいな記述もあり、想像以上に広告代理店への就職は激務の連続のようです。これは企業や部署にもよると思いますが、そういう働き方をする可能性はあるということになります。だから、広告代理店への就職においては評判などは企業ごとにチェックしないといけないのです。そして、離職率などのデータに関しても細かく見ていく必要があるでしょう。でも、広告代理店はどうして忙しいのでしょうか?そこのメカニズムに関してはいろいろな要因が組み合わさっているのです。

 

広告代理店が忙しい理由の1つは、クライアントの案件によるものです。それぞれにおいて要望が違うわけですが、特に大きな規模で広告展開をしてほしいと言っているクライアントに関しては、それだけ手間や時間がかかるわけです。それだけ予算が大きくて、会社としてはもうかるということはあるものの、人員は限られているので、彼らでなんとかするしかないとなれば、当然忙しくなります。というか、忙しく動き回らないと、クライアントを満足させられないのです。クライアントによって要望それ自体がかなり違うので、相対的にそこまで忙しくはならない場合もありますが、無茶苦茶忙しいケースもあるということで、そこはどういう案件か?という部分によります。で、クライアントからの修正依頼とか、後からこうしてほしいとかの依頼が多かったりすると、それも激務の原因になります。広告代理店の場合、やはり期日という問題が非常に大きいため、激務の要素が満載なのです。また、広告の展開の仕方って言うんですか?シーズンごとにコロコロ広告を変えないといけないようなケースがあって、そういう案件はより忙しいと言われています。

 

これはシーズンごとに販売する商品が異なるような会社の広告を制作する場合がそれに当てはまります。例えば、アパレルとかでしょうか?そういったケースでは、シーズンごとの細かいスパンで異なる広告をそれぞれ作っていかないといけないので、より業務が濃密になりやすいというか、忙しくなる原因になります。したがって、広告代理店は仕事が増えるということは良いものの、激務の度合いが相当きつい場合があるので、そこの評判などは詳しく見ていかないといけないでしょう。広告代理店への就職のメリットとしては将来的にも比較的安定な業界だということです。広告や宣伝というのは、今後需要がなくなることは考えづらいですから。だから、マスコミ業界の中でも広告代理店は将来性においては伸びる業界とも言えないかもしれませんが、衰退する可能性も少ないと思います。将来性については割と安定しているということが言えますけど、それは業界全体での話であって、個別の企業ごとでは潰れる可能性はあります。広告代理店への就職の口コミは業界全体のではなくて、個別の企業ごと、自分が受ける企業ごとにも調べていくと良いでしょう。また、職種や部署にもよるので、一概に全員が広告代理店で激務と言えるわけではないと思います。それぞれの職種や部署、担当する案件ごとに変わる部分も大きいと思うのです。

 

でも、広告代理店への就職の難易度はどうなのでしょうか?広告代理店といっても大手から中小まであるので何とも言えませんが、大手はもちろんのこと、中小の広告代理店でもそれなりの難易度はあると思います。したがって、広告代理店に就職したいという人は多くいると思いますが、基本的にはどの会社でも就職の難易度は高いので、広告代理店は難しい業界だと思った方が良いと思います。広告代理店は年収の平均も高いというデータがあります。これは一部の大手の企業が引き上げているだけかもしれませんが、平均年収が高いとしたらそこは魅力的でしょう。広告代理店はすでに話したように将来性に関してはリスクが少ない。業界全体の安定はあると思うので、潰れる会社などは個別ではあると思いますけど、比較的規模の大きいところには入れれば、安心できるみたいな面はあるのではないか?と思います。ただ、今後日本の社会構造が根本的に変わる可能性があるので、数年後は予想できても、10年後とかは予想できない可能性があるので、就職時の将来性とかを考えてもしょうがないという見方もできるかもしれませんが。だから、今は広告代理店は業界全体では安定しているかもしれませんが、それは今後分からないと言える余地もあると思うのです。

 

だから、広告代理店に就職したい人は多くいると思いますけど、その難易度と将来性が釣り合うか?は分かりません。しかし、広告代理店は就職したい学生が多く、倍率もとても高い場合が多いです。社会的地位というのもあるかもしれませんね。広告代理店というのは、イメージもあるかもしれませんけど、すごい稼いでいるイメージやエリートのイメージがあるのではないか?と思います。それが実態と即しているか?は分かりませんけど、学生の中には広告代理店に対するすごいイメージがある場合も多いと思うので、そこが人気を呼んでいる部分にもなると思います。その結果、やはり倍率は高くなりますし、就職のための難易度が上がるのです。男性の場合には合コンでのウケが良くなるなどの話も聞きますし、社会的なステータスにもなりえる業界ということが言えるでしょう。広告代理店の就職の倍率などは企業ごとに違うので、相対的に受かりやすいところもあるとは思いますけど、全体的には難しいですね。それに全ての広告代理店が評判が良いわけではないので、個別の口コミをチェックして、企業ごとに受けるべきところを絞っていくと良いかもしれません。どこを受けてもある程度の倍率はありますし、難しいと思うのですが、全てが良い会社とは限らないので、やはり口コミなどを見ておく必要性はあると思います。

 

広告代理店での業務というのは激務になりがちで、忙しいと思う人は結構いると思います。そういう業界なのだということは知っておかないといけませんが、具体的にどう忙しいのか?については、評判などをインターネットでチェックしてほしいですし、自分が受ける企業ごとにチェックしてほしいです。広告代理店の就職の難易度は高いので、実際に内定を貰うのは難しいと思いますけど、どうしてもこの業界で働きたい人もいると思うのです。やりがいの1つとしては有名人に会えるということを挙げている人もいましたから、そこは広告業界とかの特権かもしれないですね。これは会社の規模や職種、部署にもよりそうですけど。そういった感じで、やりがいもあると思いますし、忙しいとしても魅力のある業界なのかもしれないです。ただ、倍率は高いので、なかなか受からないとは思いますから、頑張って就職活動をやっていきましょう。広告代理店に就職したい人は倍率が高い中を突破して内定を取らないといけないので、大変だとは思いますけど、就職活動を頑張っていきましょう!

 

あわせて読みたい記事

記念受験をする人の心理はなんのため?迷惑だからは否定理由にならない

記念受験というのはいろいろなところであります。就活や大学受験などです。記念受験というのは、一般的には合格の望みがほとんどないのに、受験するということでしょうか?大学受験で言うならば、模試でE判定しか出ていないようなところを受けるということになるかもしれません。記念受験は否定派の人もいるみたいですが、肯定派の人もいます。私はちなみに肯定派です。今から10年くらい前になるけど、私が高校生のときに駿台予備校だったと思うけど、そこの講師の人がきていて、「可能性がどれだけ低くても第1志望だけは絶対に受けてくださいね?万が一ということがありますから」ということを言っていたのを覚えています。ということ、その講師は記念受験を肯定していたということになると思います。記念受験は万が一ということがあるわけですよね。実際に記念受験で受かったという人はいるはずです。ただ、記念受験というのは、本人の主観の問題なので、定義があるわけじゃないです。だから、どこからが記念受験なのか?という問題があるわけですが、そこがはっきりしないわけです。だから、人から見たら記念受験に見えるが、本人は記念受験とは思っていない可能性もあります。

 

そして、記念受験は迷惑ということ言っている人もいるみたいですね。何がどう迷惑なのか?というと、大学側とか迷惑ってことなんでしょうかね?一般入試の場合はともかく、推薦やAOとかだと面接とか、書類選考などの負担がかかることになる。だから、生半可な気持ちで受験をすると、そういったことを負担する人間にとって迷惑ということなのかもしれませんが、そもそも生半可な気持ちか?どうかを評価するのが難しいでしょう。そして、現実的に合格可能性が高いところを優先して対策をした結果、合格可能性が低いところは対策がおろそかになる。これを生半可と評価するのかもしれませんが、それは受験生から見たときの合理的な判断でしかないと思うのです。そりゃ合格可能性が低いところの対策を無茶苦茶時間をかけてやったら、合格可能性が高そうなところの対策がおろそかになり、受かるはずのところまで落ちる可能性があるわけです。ならば、受かる可能性が高いところに時間を使って、そうじゃないところにあまり時間を使わないというのは受験生から見れば合理的な当然の判断だと思います。

 

もちろん、受かる可能性が低いところに時間を使うということをしても構わないです。それぞれの受験生の判断なので、正解はありません。だから、受験生の都合を優先させた結果、受験先に迷惑がかかるというのはあるけど、それは同じじゃないですか?受かる見込みがない人は受けるな!ということを言ったとしても、それは受験先の手間が減るという点において合理性があるというだけであって、合理性を優先しているのはどっちも同じなんですよ。受験先の合理性は優先するけど、受験生の合理性は優先しないというのは、なぜ同じような問題なのに結論を分ける必要があるのか?分かりません。生半可な気持ちに見えるのは、適当な気持ちで受けているわけではなくて、(合理性を考えて)対策がそこまで行き届いていないけど、気持ちはそれなりに本気で、入りたい気持ちが強いというケースは結構ある気がするのです。記念受験は迷惑だとしても、記念受験をできないとなれば、それも受験生にとっては迷惑じゃないですか?だから、迷惑を理由に記念受験の是非を話してもしょうがないと思うのです。

 

それに記念受験がダメだとなると、滑り止めもダメでしょう。滑り止めはそこに進学する可能性が低い。つまり、滑り止めとしてある大学のAO入試とかを受けている人もいるわけだけど、その滑り止めとして受けている人の大半は進学しないわけですよ。落ちた人はもちろんだが、滑り止めとして受けている以上、受かっても進学しない可能性の方が高いと思います。記念受験と滑り止めって同じような状況を生む気がしますけどね。記念受験と滑り止めが両方ダメだという理屈ならまだ分かりますが、記念受験だけダメで、滑り止めは良いと言われるのはよく分かりません。あとは他にその大学を第1志望にしていた人が可哀想という意見もありますが、これはなんか違う気がする。何が違うか?っていうと、記念受験の捉え方が違くないか?と思います。記念受験について調べてみると、進学する気がないのに記念に受けておくみたいな風に捉えている人もいれば、合格可能性を度外視して、有名な大学や憧れている大学を受けること。みたいな定義が見つかりますが、私が言っているのは後者の方に近いですね。前者の定義で言うと、万が一受かっても進学する気がないならば確かに、第1志望で頑張っている子が可哀想という意見も分からなくはないが、そうなると滑り止めも同じような状況を生みますよね。という話に戻ります。

 

私は後者の意味合いで捉えているので、憧れている大学などを受けるという時点で、受かったら進学すると思うんですよ。だから、この第1志望で受けている子が可哀想という意見は、こっちの記念受験の定義には当てはまらない気がします。記念受験の手以後や意味がはっきりしないとなれば、この問題について語る意味もなくなってくるかもしれないが、記念受験をする人の心理としては、私はその大学とかに行きたいという思いがあってこそだと思うのです。その大学とかに行きたい気持ちがないのに、受ける意味は正直私も分かりません。どんな意図があるのでしょうか?なんのために記念受験をするのか?といえば、大半はそこに行きたいからだと思います。合格可能性があまりにも低いならば受けないという選択肢をする人もいますが、万が一に期待をする人もいますし、落ちたとしても受けないで後悔するならば、受験してちゃんと落ちて自分を納得させたいとか、そういう意味合いもあるかもしれません。記念受験はなんのためにするのか?という理由は人によって違うでしょうけど、そこは考え方の差なので、記念受験をする人が間違っているとは思わないですし、しない人がいるのも当然かな?と思いますけどね。

 

記念受験は大学だけじゃなくて、高校や中学、小学校受験とかでもありえますし、就活でもありえます。記念受験をしたとしても、それが記念受験か?どうかは第3者にはまず分からないでしょう。受けた先の人間と自分本人(またはその家族)くらいであって、記念受験をしたことがまず判明しないですよ。記念受験をする人の心理は個人的にはなんとなく分かります。受けないと納得できない人もいると思うんですよね。だから、自分自身の割切りの意味合いがあると思いますよ。記念受験をする人の心理は理解できない人もいるとは思うが、こういう言葉が浸透しているということは、多くが実際にやっているということなのではないでしょうか?記念受験は定義や意味が曖昧みたいなので、そこで意見の食い違いもあるとは思いますけど。

 

あわせて読みたい記事

早稲田大学国際教養学部の偏差値や倍率は?英語のレベルや配点、評判や口コミでは異色の学部か?

早稲田大学の文系学部の中ではちょっと特殊な位置づけにも思えるのが国際教養学部でしょうか?これは受験生には人気の国際系の学部と言えると思いますけど、文系学部の中で立ち位置が若干違う気もします。何が違うのか?は上手く言えませんけど、早稲田大学の学部の一覧を現したサイトを見るときに、1番下に書かれていることもあります。理系学部のさらに下なんですよね。パスナビとかはそういう表記になっていて、キャンパス別に分けたのかな?と思いましたが、国際教養学部早稲田キャンパスみたいですし、人間科学部スポーツ科学部(所沢キャンパス)のちょうど下に書かれているので、キャンパス別ではないのかな?と思ったりもしています。国際教養学部早稲田大学の学部一覧の中では、こういう表記になっているような場合もあります。だから、ちょっと立ち位置が違うのかな?という感じがしてくるのです。早稲田大学国際教養学部の偏差値は恐らく63とか64くらいでしょうか?早稲田大学の中では真ん中くらいになる気がします。だから、穴場の学部ではないけど、難しい学部とも言えないかもしれないのです。早稲田大学国際教養学部の難易度はこういった感じですけど、英語の入試が難しいみたいなので、人によって政治経済学部や法学部などの難関学部よりも難易度が高いと言えるかもしれません。

 

だから、そういったところがちょっと難しいところになりますけど、早稲田大学国際教養学部の受験科目に関しては他の学部と大差ないと言って良いと思います。最新の情報は自分でも確認をしておいてほしいですが、早稲田大学国際教養学部における受験科目は、一般入試は英語、国語、地歴数学(日本史、世界史、数学)になっています。政治経済は受験できないみたいですね。だから、一般的な受験対策でOKと言えばOKなのだと思いますが、問題の傾向やレベルが特異である可能性があるので、そこを考慮したうえで早稲田大学国際教養学部の対策をしていくべきでしょう。早稲田大学国際教養学部の偏差値は普通に高いので、一般的な早稲田大学の難易度はあると思った方が良いでしょう。ただ、ここはセンター利用入試もあるみたいです。早稲田大学国際教養学部のセンター利用入試のボーダーラインは?というと、92%という数字になっているので、9割超えられるくらいの点数が出せれれば受かる可能性もありますが、早稲田大学国際教養学部のセンター利用のボーダーラインがこの数字ということはかなり難しいです。ちなみにセンター利用入試の受験科目は3科目ではなくて、もっと多いみたいです。国公立大学の受験生並みに必要みたいなので、受験できる人はかなり限られるのではないでしょうか?

 

むしろ、そういう人のために用意している入試形態とも言えるかもしれません。早稲田大学国際教養学部に入りたい人は一般入試の方が現実的でしょう。だから、英語と国語と地歴数学の対策をするということがまず大切です。そのうえで早稲田大学国際教養学部に入りたい人はどの科目を重点的にやる必要があるのか?ということになりますけど、早慶レベルになると3科目全部大切ですけど、国際教養学部の場合には英語でしょうか?英語の配点が特に大きいです。配点についても最新の情報を調べておいてほしいですが、早稲田大学国際教養学部の配点は英語が100点、国語と地歴数学が50点ずつなので、英語がかなり大切です。他の学部でも英語の配点が他の科目より大きいというところはありますけど、国際教養学部の英語の配点は他の学部よりも一段上なので、英語の対策が特に必要です。というか、この学部は英語が得意な人がこぞって受けると思うので、英語ができることはもはや当たり前みたいなところがあるのかもしれません。だから、見た目の早稲田大学国際教養学部の偏差値とか以前に、英語の偏差値が高い人じゃないと厳しいのかもしれません。帰国子女なども多く受験するのではないでしょうか?早稲田大学国際教養学部に受かりたい人はやはり英語の対策が大切で、偏差値をかなり上げないといけないと思います。

 

ちなみに早稲田大学国際教養学部の学生の口コミを見ると、英語を使う授業が大半みたいです。ほぼすべての授業が英語で行われるという評判もありますし、ディスカッションやプレゼンテーションなども英語で行うので、それができる程度にまで英語力がないといけないという意味では、英語の入試問題のレベルはどんな感じなのか?想像もつかないですね。早稲田大学国際教養学部の口コミを見ると、学生自身も異色の学部であると述べている人がいるので、そういう意味では本当にいろいろな意味で難易度が高い学部になると思います。あとは外国人と話す機会が多いと聞きますし、留学が必須みたいですから、そこも知っておきましょう。早稲田大学国際教養学部は評判に関してはいろいろなものがありますが、人によって合う、合わないが結構ありそうな学部なので、受験する人は早稲田大学国際教養学部の評判は幅広くチェックしておくと良いと思います。入試情報のみではなくて、入学後の学生生活についても知っておかないといけないことがたくさんあると思いますから。

 

早稲田大学国際教養学部は偏差値では測れない難しさがあると思いますし、英語の難易度がとても高そうというのは分かってもらえたと思いますが、過去問を解いてみて合格最低点に届くか?というのは確かめてほしいと思います。そのときには早稲田大学国際教養学部の入試の傾向やレベルも分かるでしょう。英語の配点が大きいので、特に英語の対策は重要ですが、英語だけできても受からないと思いますから、国語と地歴数学に関しても対策は必要でしょう。早稲田レベルなので、国語や日本史、世界史、数学もかなりの難易度だと思います。合格最低点は英語だけじゃなくて、3科目のトータルの点数なので、早稲田大学国際教養学部に入りたい人は合格最低点についても調べて、それを過去問を解くときに気にしながら取り組んでみると良いと思います。ちなみに倍率はどれくらいか?というと、過去の傾向を見ると4倍前後なので、普通くらいだと思います。ただし、早稲田大学国際教養学部の倍率が普通だとしても、ライバルは帰国子女などの人たちが多くいると思うので、かなり難しいということは認識しておくべきです。ライバルは手ごわいでしょうから、早稲田大学国際教養学部に入りたい人は倍率は関係ないと思って、合格最低点を超えられるように対策をしていきましょう。早稲田大学国際教養学部の偏差値などについて調べながら、学生生活の口コミや卒業後の進路などについても同時に調べておくと、モチベーションが上がって勉強にも身が入る可能性があります。評判などはあまり調べないで受ける人もいますけど、かなり異色な学部なので、そういった情報は調べておいた方が良いと思います。

 

あわせて読みたい記事

鹿児島県庁の公務員試験の面接対策での志望動機や自己PRの考え方のポイント

鹿児島県庁の公務員試験を受けるときには志望動機を考えないといけません。志望動機の考え方は出身者であっても難しいかもしれませんが、鹿児島県は特徴的な部分もあるので、そこを中心に据えると良いかもしれないのです。鹿児島県庁の面接対策で中心となる志望動機については、鹿児島県で働くということを踏まえて、鹿児島県をなぜ選んだのか?という部分を地元だから以外でまず考えないといけません。地元だから採用するということはないでしょうし、大半の受験生は地元出身者や在住者だと思うので、それは差別化にならないのです。鹿児島県の特徴はいくらでもあると思いますから、そこから自分はなぜ鹿児島県庁で働きたいのか?を明らかにしていくことが必要です。鹿児島県は、例えば世界遺産に登録されている部分もあるなど、特徴的な部分は結構あると思います。それをまず志望動機に持ってくると良いのではないでしょうか?そして、その仕事をしたいという理由でまず鹿児島県を選んだ理由を明らかにすると、面接官もとりあえず鹿児島県で働きたい理由は分かった。となるのではないでしょうか?しかし、それだけでは足らないのです。

 

鹿児島県庁の面接対策の志望動機の考え方では、私が鹿児島県で働きたいと思った理由を述べるだけでは他の受験生と同じです。一歩進んで志望動機を述べるならば、面接官目線にも立つ必要があります。今まで言ってきたのは、自分が働きたい理由であって、鹿児島県で働けたら自分にとってこんなメリットがある(働きたい場所で働ける)ということを説明したにすぎません。次は面接官にとって自分が鹿児島県で働くメリットを説明するのです。そうすることで、面接官があなたを採用する意欲を持ちやすくなるのではないでしょうか?つまり、自己PRを絡ませろということになります。鹿児島県で働きたい理由があって、鹿児島県で働くことのメリットまで説明できれば、非常に効果的な志望動機の考え方と言えると思いますから。あなたが鹿児島県庁で働きたい理由とあなたが鹿児島県で働くと自治体にとって、街にとってこんな良いことがあるんだということについて説明をしていきましょう。そのためにはまずは鹿児島県での取り組みなどを通じて、やってみたい仕事や政策などに言及する必要があります。鹿児島県でやってみたい仕事や政策を明らかにした後に、そのやりたい仕事や政策を取り組むうえで有利になる能力や経験を自己PRとして選ぶのです。

 

すると、自分は〇〇をやりたいので鹿児島県庁で働きたいが、自分は△△な能力を持っているので、〇〇をやるときにはそれが生きるはずで、自治体や街に貢献できるはずだ。だから、私は鹿児島県庁を志望するのです。という流れにすると、面接官からも採りたいと思える志望動機となる可能性があるのではないか?と思います。鹿児島県の公務員試験の志望理由の考え方はこういったところがポイントになると思います。ただ、自分が鹿児島県でやりたい仕事や政策に合う能力や経験を持っていないといけないので、そこがややハードルになる場合があります。だから、全員が使える手というわけではないので、そこはあらかじめ知っておかないといけませんが、人によっては上手くハマる可能性もあるので、そういう人にとっては面接で評価される、受かるための志望理由になる可能性があります。鹿児島県の面接対策では志望動機や自己PRの考え方を考えないといけませんが、受かることを意識するためには、面接官から評価されるという点が重要です。そのためには鹿児島県庁で働きたいという気持ちを押し出すのではなくて、それを含めながらも自分が鹿児島県庁で働く意義について説明をして、自分を採用するメリットがありますよ?というプレゼンのようなつもりで面接を受けていくと良いのではないでしょうか?

 

鹿児島県の公務員試験の面接対策においては受かるための志望動機の作り方を考えないといけませんが、そのときには自己PRが同程度に重要になってくるので、その自己PRと一緒に考えるのが良いと思います。自己PRの考え方も重要ですが、志望動機とリンクするものじゃないといけないと思うのです。鹿児島県の公務員試験で採用されるための他の受験生と差をつける志望動機の作り方に関してはいろいろなものがあると思いますけど、その中で1つ参考になったと思う人は真似をしてみてください。鹿児島県の公務員試験の面接対策は余裕を持って始めてもらいたいと思いますけど、志望動機や自己PRというのは考えるのに非常に時間がかかると思うので、早めに取り組んでほしいと思います。面接が特に大切なのが公務員試験なので、鹿児島県庁に受かりたい人は筆記試験の勉強をしているときから対策を始めてほしいと思いますし、筆記試験終了後は面接対策に時間を多く割いてほしいと思います。他にも併願しているところがいくつかあると思うので、そういったところと同時並行で面接対策をしないといけないケースもありますが、バランスよくいろいろな受験先の面接対策をやっていきましょう。鹿児島県庁に受かりたい人は鹿児島県庁もそうですけど、他の受験先についても丁寧に面接対策をやっていってください。

 

あわせて読みたい記事

就活の写真では真顔や無表情が良い?笑顔は?グロスや口紅をつけて撮影しても良いのか?

就活では写真が必要になります。エントリーシートや履歴書に貼るための写真が結構多く必要になると思うのですが、そういった写真は表情は1つポイントになります。表情というのは結構難しいと思いますけど、どういう感じで写れば良いのか?というのは悩むと思います。就活の写真では真顔というか、無表情で写る人が多いと思います。それが基本かな?とは思いますが、真顔以外はいけないのか?という問題です。就活の写真は基本的に真顔ですが、それは真顔で写っている人が多いというだけであって、それ以外の表情はダメということではないでしょう。無表情で写るのが1番無難ということであって、例えば笑顔で写るのはダメなのか?というと、そうではないと思います。就活における写真というのは、ある意味あなたのアピールポイントになる場合があるからです。写真を見てエントリーシートの合否を決めたりすることがありますが、そのときには写真は当然チェックするでしょう。したがって、その写真の表情1つで評価が変わることはあると思います。

 

したがって、大切なのはどういう表情をすることが、自分を魅力的に見せることができるか?だと思います。魅力的に見えるならば、就活の写真で笑顔で写っていても良いと思います。でも、人によっては当然ながら笑顔よりは無表情で写った方が良い場合もあると思うので、そこは自分で判断するしかありません。ケースバイケースで異なると思うので、最終的には自分で見極めることも大切になると思います。しかし、就活の写真は無表情が良いと思っている人も多いと思うのですが、必ずしもそういうわけではないと思いますから、そこは知っておくと良いのではないでしょうか?真顔で写っているケースが多いので、就活の写真というのはそういうものだと思っている人もいると思いますけど、そうとは限らないと思いますから。笑顔すぎるのもどうかって感じもしますが、ちょっとはにかんでいるくらいの笑顔ならば許容範囲というか、人によってはそっちの方が人事の印象が良くなる可能性もあるのです。ただ、もちろん笑顔で写ることで逆効果になる可能性もあるので、そこは自分で考えないといけません。人事の考え方を読むのは難しいので、リスクがあるということになりますが、そこが気になるならば無難に無表情で写るのが良い気がします。

 

就活の写真については真顔で写ることで特に問題はないと思いますから、表情に迷ったときには真顔で撮ると良いと思います。就活の写真の笑顔か?真顔か?の問題は人それぞれで考えると良いと思うのですが、こういったケースでは女子学生の場合には別の悩みもあると思います。それは就活の写真はすっぴんで撮って良いのか?という問題です。すっぴんで撮ると、多分すっぴんであることが人事からも容易に確認ができてしまうと思います。そうなると、そこはリスクになるかもしれないので覚えておきましょう。すっぴんがいけないということはないでしょうけど、人事の中には女子学生は化粧をするのがマナーと考えている人が多分います。そういう人にあたると、すっぴんで写真を撮ることをよく思わない可能性がありますから、やはり就活の写真をすっぴんで撮ることはリスクがあると思うのです。すっぴんが好きな人もいるかもしれませんが、男子学生はともかく、女子学生はすっぴんが絶対にダメというわけではないものの、すっぴんはNGだと思っている人事がいるということを前提にすると、化粧をして写真を撮った方が良いと言えると思います。しかし、すっぴんで写真を撮ってくる女子学生は一定程度はいる気がします。したがって、すっぴんの写真を就活で使ってくる人が珍しいというわけではないでしょう。でも、少なからず化粧をした方が無難とは言えると思います。

 

あとは逆に化粧をする際にはどこまでOKなのか?という疑問を持つ人もいると思います。化粧をする場合には口紅とかグロスはOKなのか?ということが気になっている人もいると思うのですが、就活の写真を口紅やグロスを使って撮っても良いのか?というと、口紅はよほど派手じゃないものならばOKじゃないですか?真っ赤とか、そういう目立つものでなければ人事の印象としてはあまり変わらない気がします。したがって、口紅は場合によってはOKだと思いますが、グロスは微妙な気がします。グロスはどれを選んでもある程度目立ちますし、派手さがある気がしますから。面接のときは厳しいですけど、写真ならば気にならない程度に収まるかもしれませんから、グロスも場合によっては良いかもしれませんけど、就活の写真でグロスはあまりおすすめしません。もちろん面接を受けるときもです。口紅は派手なもの以外ならば大丈夫ではないか?と思います。これは面接のときもです。就活の写真では口紅やグロスはどうなのか?というと、人事の印象がどうなのか?を考える必要がありますけど、ナチュラルな感じであればそこまで問題にはならないと思いますから、その範囲内に留まるような使い方をしていくと良いのではないか?と思います。就活の写真では表情や化粧をするか?すっぴんで良いのか?などは難しいところかもしれませんが、無難にいくのがやはり良いのかもしれません。

 

あわせて読みたい記事