リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

JTBに就職したい人の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務や平均年収の評判は?

JTBグループは旅行会社の中ではかなり有名で、規模が大きいです。JTBグループに就職したいと思っている人は多くいると思いますけど、JTBの採用の難易度はどれくらいでしょうか?大手企業であり、旅行会社というのは人気の業界でもあるので、倍率は高そうです。ただ、JTBは採用する人の数もそれなりに多いと思います。従業員数もかなり多い会社なので、JTBグループの就職の倍率はそこまで高くはないと言える可能性もあります。現実的にJTBグループの就職の倍率はどれくらいか?というと、50倍以上となっているようです。大企業の中では普通か、低い方かって感じかもしれません。一般的な基準で言えば高いと思いますけど。JTBグループの採用試験の難易度は間違いなく高いです。これだけの倍率があるわけですから。JTBグループの採用試験で気になるのは学歴や大学名の部分かな?と思います。JTBグループに就職したい人は学歴が関係あるのか?大学名は有名な方が良いのか?というのが知りたいと思うのですが、こういった部分は確実な情報は分かりません。

 

ただ、大学名や学歴が全く関係ないというのも現実的な意見とは思えないので、JTBグループでは採用において学歴や大学名は影響する可能性はあると思います。学歴フィルターがあるか?どうかは別です。学歴フィルターがなくても、学歴や大学名が関係する可能性はあるでしょうし、JTBグループの採用では学歴フィルターがある可能性もあります。それはどういう形であるのか?という部分も含めて分かりません。ただ、大手企業であっても学歴や大学名優先の採用がされているとは限りません。結果的に有名大学の学生が多く採られているという結果はあるかもしれません。でも、その結果を見て、「あ!有名大学の方が有利なんだ!」とは思ってはいけないのです。だって、有名大学の方がJTBグループを含めて、大企業を受ける学生の数が間違いなく多いはずなんです。Fランク大学の学生になると、大手企業を受けようとする人の数は減ると思います。それは自分が受けてもどうせ受からないという諦観の部分があるのかもしれませんが、有名大学の方が大企業に受かりやすいという発想は多くの学生は無意識のうちに持っていると思うのです。でも、実際その証拠があるわけではないのです。だって、受験している人数の絶対数が違う可能性があるから。

 

つまり、高学歴の学生と比べて、そうじゃない学生が大企業を受ける絶対数が少なければ、仮に高学歴の学生の方が多く採用されているデータがあったとしても、高学歴の方が採用に有利という結論はすぐには出せません。JTBグループの採用で大学名や学歴が関係するということは言えても、その関係の程度が分からないわけです。他の要素によって逆転できるくらいなのか?それとも厳しいくらいなのか?という部分でも全然違いますから。JTBグループの採用の難易度に関係する部分では学歴や大学名の問題は欠かせないのですが、JTBグループに就職したい人は大学名や学歴に関係なく受けた方が良いと思います。JTBグループの就職の倍率は高いので、何らかの方法で足きりが行われている可能性もありますけど、JTBグループの場合にはそれが学歴フィルターなのか?は分かりません、SPIやWEBテストかもしれませんし、エントリーシートかもしれないのです。でも、学生にとってはどんな方法で足きりが行われているのか?は分からないので、JTBグループの就職の難易度は分からない部分が多いので、気にしてもしょうがないということです。JTBグループに就職したい人は会社の評判は重要なので、そういったところも調べておきましょう。JTBグループの評判は就活生にとっても重要ですから。

 

JTBグループの就職の評判を調べるときには、社員の口コミが1番分かりやすいと思います。そういった口コミを見て、JTBグループの就職の評判を調べてほしいと思います。JTBグループに就職したい人は会社の状況というのを詳しく知っておいてほしいですから、JTBグループの社員の口コミからチェックしておきましょう。ここでも少しだけ紹介をしていきたいと思います。JTBの平均年収を見ると、500万円強となっているようで、思ったよりも高くないと感じられるかもしれません。JTBの平均年収というのはなかなか評価が難しいかもしれませんが、500万円前後くらいになる可能性もあり、大手企業としてはそんなに高くはないのです。消費を控えている家庭が多いと思いますが、真っ先に控えるのは娯楽であり、かつお金がかかりやすいものなのです。だから、旅行というのはその候補の筆頭になるのでしょうか?JTBグループの平均年収に関しては、JTBに就職したい人は気になるかもしれませんが、こういった感じになっているのです。そして、JTBで働いている人の口コミで気になるのは、意外と年功序列ではないということです。出した成果によって給料が決まりやすい状況になっており、若いときからでも稼げる可能性はあるが、一方で歳をとっても給料が高くならないという現象も起きます。実際、相対的に若い社員がそうじゃない社員よりも給料が高いということが、普通に起きているらしくて、それはJTBならではの評判かもしれません。この部分をどう評価するか?は人それぞれでしょうけど、それが刺激になっているとして良い評価をしている人もいるのです。

 

でも、これは捉えようによっては安定した会社じゃないという言い方もできます。年功序列じゃないってことは、結果を出せない人は給料がずっと低いままという可能性もあるのです。会社をクビになるわけではないだろうけど、成果によって給料が変動するというのは、サラリーマンは給料が安定しているという部分とは正反対の性質になるわけで、ここはJTBに就職したい人は評判として知っておくべきだと思います。働き方に関しては、仕事がきつい面もあるみたいですが、激務というほどなのか?は分かりません。ちなみに有給休暇の取得率は100%という口コミもあるので、そういったものがとりやすい職場環境なのかもしれません。でも、忙しいときには忙しい可能性はあります。JTBのような業界は忙しいときとそうじゃないときに分かれる部分もあると思います。JTBでは激務の面は絶対にあると思っていて、1年間で旅行が集中しやしい時期があるので、JTBに就職すると激務に感じるときはあると思うので、それは知っておいてほしいと思います。実際、土日で必ず休みがとれるとは限らないというJTBの社員の口コミもありますから、休みも不規則になりやすいときもあるということなのでしょう。JTBの社員の評判をチェックすると、JTBグループに就職したときの働きやすさなども分かってくるのではないでしょうか?

 

JTBグループでは忙しいときはあるので、それは他の会社も同じですし、そんなに特別な部分ではないと思いますが、やはり仕事が激務になるかもしれないということは知っておいてほしいですし、そのうえで受けてほしいと思います。JTBの採用試験の難易度は高いです。倍率もそれなりにありますし。JTBの採用試験の倍率を突破して、内定をもらえた先に理想の就労環境があるのか?という部分はかなり大切なので、JTBに就職したい人は自分でも社員の口コミなどを調べておくと良いと思います。JTBの就職の難易度に関してはやはり高いです。学歴フィルターがあるのか?どうかも分かりませんが、大学名や学歴が関係するかもしれないです。それは気にしてもしょうがないですし、就活の合否に関係する要素なんていくらでもあるのだから、他で頑張れば、他の部分で他の就活生に勝てれば良いと思えれば良いと思うのです。JTBに就職したい人は頑張ってほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事

集団討論は発言回数は重要?やってはいけないことは発言しすぎと流れに関係のない発言!

集団討論ではいろいろな部分に気を遣って対策をしていかないといけないので、そこは大変だと思います。集団討論で受かるには何を見るか?という部分をきちんと見極めて、そこでピンポイントの対策をしていく必要があるのですが、集団討論ではそもそも評価方法としてはどんなものが使われているのでしょうか?集団討論での評価方法はいくつかありますが、チーム全体と個人で別々の評価をしていると思われます。チーム全体の評価というのは、自分を含めたチーム全体なので、自分が頑張っても他の人がイマイチだと評価が下がらないという可能性もありますし、その逆もありえます。個人の評価は自分だけの評価なので、自分がとにかく頑張らないといけないのです。結局、自分は常に頑張らないといけないわけですが、集団討論で頑張るというときに、発言回数を増やそうとする人がたまにいると思います。アピールのつもりで発言回数を増やそうとしていると思うのですが、それは評価対象にならないこともあるので知っておいてほしいと思います。集団討論では発言しすぎという人は、チームワークを乱す存在として評価されてしまう可能性があるのです。これは集団面接でも同じなんですけど、制限時間が決まっているような場合、1人が話す時間が長くなると、他の人の話す時間が短くなるというトレードオフの関係があります。

 

その中で自分がたくさん話すということは、それだけ他人が発言する機会を奪っているので、協調性がないと評価される可能性もあるのです。だから、集団討論では発言回数にこだわらない方が良いと思います。発言回数を気にすると、それだけたくさん話さないといけないという思いになりがちで、発言しすぎという状況を生みかねません。そういった状況になると、その人が落ちるということもありますが、グループ全体としての評価も下がりかねない可能性があり、他人を道連れにしてしまう可能性もあります。なぜならば、1人の人間が発言しすぎると、他の人が発言できる機会が少なくなるので、他の人がアピールできる余地が減りますから。発言回数が多い方が評価されるとは限りませんし、あまり発言しない人がいても、その1つ1つの発言が議論において非常に大きな意味を持っているようなものならば、それは評価対象でしょう。例えば、本題がずれている議論をやっていたときに、その指摘をすることができた人とか。だから、集団討論ではやってはいけないことがあって、それが発言しすぎということなのです。集団討論で発言しすぎという人は落ちることが多いと思います。

 

集団討論ではやってはいけないことがいくつかありますけど、基本的には目立つことは考えない方が良いです。審査している人の印象に残らないといけないということを考える人が多いと思うのですが、集団討論では何を見るか?というときには印象に残ることは重要ではないとは言いませんが、それは目立つとはちょっと違うと思います。例えば、全く発言しない人がいればその人は逆の意味で印象に残るので、印象に残る人でも落ちる人がいるということを考えれば、集団討論では目立つ人が良いわけではないのです。集団討論は協調性が見られている部分もあるので、協調性のためには自分が目立つのではなく、みんながみんな力を発揮できるような状況が望ましいので、集団討論では発言回数には気を付けましょう。たくさんしゃべれば良いわけではないということなので。ただ、集団討論では評価方法はいろいろあって難しいです。とにかくしゃべればいいと思って意見を言う人もいますけど、審査している側が評価するのは、議論における効果的な意見を言っている人です。協調性云々とは別に、個人の意見における評価方法としては議論においてどのような影響を与えたか?という部分なので、何でも良いから話せばOKとは思わない方が良いということです。裏を返せば、議論に影響を与える意見が出ないときには黙っておいた方が良いかもしれないということです。

 

自分の中で自信を持っていない意見を言おうとすると、どうしても発言回数が増えてしまう可能性もありますから。それに発言回数はそこそこあるが、効果的な意見が出ない学生は、とにかく何でもいいから意見を言おうとしていると評価される可能性もあるので、それによって評価が下がるかもしれないのです。だから、自分の中で自信を持って言える意見が出るまではとりあえず発言は控えておくというのも勇気でしょう。制限時間があるので、自分の意見を控えておくとか、より良い意見が出るまで待つというのは難しいでしょうし、焦りも出てくると思いますけど、何でもいいから言った方が良いとは思わない方が良いということです。気をつけることがあるとすればそういったところになります。あと、もう1つやってはいけないことがあって、流れに関係ない意見は言わない方が良いです。その議論のテーマに沿った内容であっても、その瞬間に発言すべきではないという意見を言ってしまう人もいます。その話はすでに終わったのに、またぶり返すみたいなことがあると評価が下がる可能性があるのです。その意見が議論の根幹にかかわるくらい重大なもので、他のメンバーに指摘しておかないと、議論が間違った方向に進み、結論もおかしくなるという状況ならば、集団討論で流れに関係ない話をしても良いと思います。

 

ただし、そうじゃないならば流れに関係ない話をそのタイミングでするのは集団討論ではやってはいけないことになるので知っておきましょう。ようやく意見が思いついた!というときに、実はその意見はもう流れに関係なくなっているということも実はあるのです。田舎と都会ではどちらが住みやすいか?がテーマになっているとしたら、最初に否かと都会の良いところ、そうじゃないところを出し合って、その後意見をまとめる作業に入りますが、そのときにまた田舎のいいところの新しい意見を出すというのは、流れを止めることになりそうです。絶対にそれを言っておかないといけないと確信が持てるときならば良いですけど、この意見がなくても議論は成立すると感じたら、流れに関係ない意見は言わない方が良いと思います。集団討論で気をつけることはいろいろとありますけど、こういった部分も重要だと思っておきましょう。集団討論は受かるためにはいろいろなポイントがありますけど、発言しすぎというのも気をつける必要がありますけど、集団討論では発言回数とさらに発言する内容とタイミングの比較も重要になるのです。集団討論はいろいろなポイントがあって、難しいところもありますけど、受かりたい人はそういったポイントを1つ1つ頭に入れたうえで対策をしていきましょう。集団討論は何度も受けているうちになんとなくコツが分かってくると思うので、とにかく経験することが大切なのです。

 

あわせて読みたい記事

合同説明会の内容と流れから行く意味はあるのか?何回も行くべき?回数は人それぞれ違っていい

合同説明会というのは、今の就活だと3月くらいからスタートするものになります。合同説明会は就活が始まると同時に多くの学生が参加するもので、3月くらいから始まり、4月以降もやっているケースもあります。したがって、複数回参加しようと思えばできてしまうのが合同説明会になるのです。それ以前からもやっているケースもあるかもしれませんが、数としては多くないと思います。そして、合同説明会というと、そもそも参加しないといけないのか?とか、選考に影響するのか?という部分が気になる人もいると思います。合同説明会は全く行かない人もいますし、何回も行く人もいるのです。しかし、そもそもの話として、合同説明会は採用に関係あるのか?と言えば、基本的にはないです。合同説明会の役割は企業側の学生に対する宣伝であり、企業としては自社のことを学生に知ってもらうために開催されているのです。それが学生にとっても、知らない企業を知る機会になるため、メリットがあるというだけの話であって、合同説明会の存在意義としては、元々は企業側になるわけです。だから、学生にとってみれば、合同説明会に参加しなければ出会えなかった企業というのはあるとは思います。その企業がその学生にとってそんなに重要なのか?どうかは分かりませんが、いろいろな企業と出会うという意味では、合同説明会には意味はあるのです。

 

でも、合同説明会は採用とは関係ないですし、合同説明会に行っている間に、ナビサイトで企業検索をすれば、そういった行為でも今まで知らなかった企業に出会うことは可能ですから、わざわざ合同説明会に行かないといけない理由があるか?と言えばないのです。だから、合同説明会はそもそも何する機会なのか?というのを知ると、実は行く必要がないことに気付くと思うのです。だって、すでに話したように、合同説明会での内容というのは、家の中でも行えるからです。パソコンやスマホで企業検索をしていれば、合同説明会に出た場合と全く同じことができます。さらに言えば、合同説明会はスペースが限られているので、そんなに多くの会社は出展できませんが、ナビサイトには大量の会社の名前が載っており、出会える数は間違いなくこっちの方が多いです。合同説明会での内容というのは実は、合同説明会に出ないと達成できないものではないのです。合同説明会は何する場なのか?というのを理解して、そのうえで合同説明会の存在意義を学生自身も考えないといけないでしょう。合同説明会の流れはどこも一緒だと思います。代表的な流れとしては、会社ごとにブースに分かれていて、そこで話を聞いて、質問ができたりということになると思うのです。聞きたいことがある場合には質問もできますけど、それは個別の会社説明会でもチャンスがありますし、合同説明会でやらないといけないことか?どうかは分かりません。

 

合同説明会の内容を知らない人は、まずは内容を理解してほしいですし、合同説明会の流れはどれも変わらないと思います。そして、合同説明会の内容は特別参加しないといけない意義がそこまでないとなれば、合同説明会に何回も行くべきとは思えないのです。回数に関しては2,3回とか参加する人もいるのかもしれませんが、1回たりとも行かない人もいますし、どれが正解とは言い難いものの、合同説明会でやることは別の方法でも問題ないと思えた人は、合同説明会に行くべき回数は0で良いでしょう。また、結局どの企業に関しても個別の会社説明会に行かないといけないので、それで合同説明会の何するか?の部分は代替されてしまうのです。したがって、合同説明会に行くのは2度手間だと感じる人がいるわけで、そういう人は行かないです。合同説明会の回数は0で私は良いと思っていますが、合同説明会じゃないと達成できないことがあって、それにとても大きな魅力を感じるという人に関しては、参加してはいけないなんて言うつもりはありません。ただ、まずは合同説明会の内容について理解をして、どんな流れでどんな得るものがあるのか?そして、それは合同説明会じゃないといけないのか?などについて考えたうえで、合同説明会に出るか?どうか、そして合同説明会の参加する回数などを考えないといけないと思うのです。合同説明会に参加する回数は多くても3,4回くらいじゃないですかね?それを超える人はなかなかいないと思います。合同説明会は何回行くべきとか決まりはないので、何回も行くのは悪いとは言いませんが、目的意識は持っておかないといけません。そういったことを考えておくのは大切です。

 

合同説明会に行く意味というものはそれぞれの学生が考えれば良いので、一概に正解があるわけではないのです。ただ、絶対にやめてほしいのは、とりあえず行ってみるかとか、多くの人が参加しているんだから、行く意味があるんだろうという、根拠を見出せずに参加する姿勢です。そういった姿勢は就活全般に影響を及ぼす可能性があります。したがって、合同説明会に行く意味があるか?どうかは人それぞれなので、合同説明会の内容や流れについて調べることはまず重要ですし、合同説明会は何するのか?それによって自分はどういう得をするのか?今後の就活をするうえで何につながるのか?について考えないといけません。その結果、合同説明会に行く意味を感じた人は参加をしましょう。行く意味がないとか、行かなくても良いんじゃないか?という結論に達した人は行かないで良いと思います。逆に行く意味を大いに感じた人は、合同説明会に何回も行くべきと思って参加するのも良いかもしれません。合同説明会の回数に関してもそれぞれで考え方が違いますけど、やはり参加することに意味を感じた人も、何回も行くべきと思えるか?どうかが重要です。合同説明会に行く意味はあると思ったが、回数を何度も重ねる意味はそこまでないなと思った人は、合同説明会に何回も行く必要はないと言えます。

 

そうやって、合同説明会に行く回数に関しても自分なりに考えて、答えを出すということをしてほしいと思います。そういうプロセスを経て、論理的に考えること、自分にとって何の得があるのか?これをすることでどんな良いことがあるのか?ということに関して考える癖をつけるというのはかなり大切です。そういった思考ができるようになると、就活もそうですけど、人生において成功へと自分と導けるチャンスはどんどん大きくなる気がします。したがって、合同説明会に行く意味についても考えないといけませんが、回数はどうするのか?ということも含めて、合同説明会の内容や流れを理解して、合同説明会に参加することで、自分にどんな得があるのか?についてはしっかりと考えておきましょう。

 

あわせて読みたい記事

エントリーシートと履歴書の両方提出で自己PRなどで同じ内容、かぶるのは良い?違いを出さないといけないのか?

就活をしていると、履歴書やエントリーシートを書くことになると思いますけど、そのときにはこの2つは同じじゃないの?と思う人もいるのではないでしょうか?履歴書とエントリーシートの違いというのは何なのか?同じような項目もありますし、違いがよく分からないという人もいると思います。エントリーシートと履歴書の違いは言ってしまえば、企業が求めているものが違うということでしょう。履歴書は企業が作ったフォーマットではない場合も多く、この場合には企業が求めている部分はそれほど多くはないのだと思います。しかし、エントリーシートは企業がフォーマットを作っているので、その内容は基本的に全てが企業にとって聞きたいものであるはずです。履歴書とエントリーシートの違いはそういったところになりますが、同じ質問もあるので、どちらかで良いんじゃないか?と思う人もいるでしょう。それには個人的には同感です。ただ、日本の企業では履歴書とエントリーシートの両方が必要ということが多く、しかも手書きであるという非常に面倒な部分があるわけですが、こういった状況があると就活生も疑問が沸くでしょう。履歴書とエントリーシートは同じ質問もありますし、どうしても同じ内容になってしまうこともあるのではないでしょうか?

 

履歴書とエントリーシートが両方提出という企業の場合、同じことを書いても良いのか?というのはやはり気になるはずです。履歴書とエントリーシートの違いはわずかなので、どうしても同じ内容になることがあります。履歴書とエントリーシートで内容が同じだとマズイのか?ということに関してですが、問題であるとまでは言えないと思います。結局、これは見た人の印象による部分も大きく、例えば自己PRが履歴書とエントリーシートで同じだったら、どういう印象になるのか?と言えば、一貫性があるという風に見る人もいるでしょうし、もしかしたらアピールできることがこれしかないのかな?と思うかもしれません。逆に履歴書とエントリーシートの自己PRが違う内容だったら、アピール内容が複数あるような人なんだと思うかもしれませんが、違う内容になっていることで、その人の人物像がずれるというか、定まりづらいという可能性もあるかもしれません。だから、どっちもどっちということなのです。履歴書とエントリーシートで同じ内容になることは一概に悪いとは思いません。内容がかぶることはよくあると思います。履歴書とエントリーシートの両方提出を求める企業は多くあるので、就活生の中にはこういう悩みを抱えている人は多くいるでしょうし、履歴書とエントリーシートで内容が同じでも良いのか?と感じている人は多くいるはずなのです。

 

履歴書とエントリーシートでは自己PRとかが1番顕著かもしれません。自己PRは1個である必要がないので。複数あっても良いので、だからこそ履歴書とエントリーシートで違う内容を書く人もいますし、同じ内容にする人もいます。これが志望動機だったら別で、志望動機は履歴書とエントリーシートで同じ内容じゃないとマズイでしょう。履歴書とエントリーシートは内容が同じじゃないと、人事としてもこの人が志望する理由は結局なんなんだ?と分からなくなる可能性があるので、志望動機は履歴書とエントリーシートで内容がかぶることが必然になると思います。難しいのは自己PRなんですよね。履歴書とエントリーシートで自己PRが同じというのは、すでに説明した通り、いろいろな解釈ができるので、どっちが良いか?は何とも言えません。自己PRっていうのは長所とは違うわけで、自分の長けているポイントが会社の業務の具体的な場面で役に立つとちゃんと説明できることが条件です。その条件を満たした自己PRが複数あったときには履歴書とエントリーシートで違う内容を書いても良いと思いますけど、そうじゃない場合には、同じ内容で良いのではないか?と思います。履歴書とエントリーシートは同じ質問が多いので、自己PR以外でも同じことを書くしかないということはあります。そういったときに同じ内容だとどうなのか?と思う人もいるかもしれないですが、基本的には同じ内容ではダメということは言えないと思うのです。

 

履歴書とエントリーシートでは内容がかぶるとしても気にしないで良いと思います。履歴書とエントリーシートは同じことを書いても評価が下がるとは言えないと思います。重要なのは内容がかぶるか?ではなくて、内容そのものですからね。違うことが書いてあっても内容が微妙だと評価されませんし、内容が同じでもそれが素晴らしいものならば、評価は高まるでしょう。そこを意識してほしいと思います。内容自体が素晴らしいならば、同じことを書いてもちゃんと評価されるんじゃないですか?内容がダメだと、違うことを書いても評価はされないと思うので。だから、履歴書とエントリーシートは違いを出さないといけないというわけではないですし、あえて履歴書とエントリーシートで同じ質問に同じことを書いても良いと思うのです。内容がかぶることは大して気にしなくていい。アピール材料が2つ以上あって、それら共に自信を持ってアピールできるというならば、内容を変えても良いと思いますが。履歴書とエントリーシートはどうしても同じ質問があるので、そこは自己PRだけではないですけど、同じ質問ごとに毎回答えを変えようと意識すると、かなり大変です。時間もかかりますし、手間もかかって、ただでさえ手書きで大変なのに、余計に疲れます。だから、ここはそんなに考えないといけない部分ではないと思いますから、1つの自己PRであっても、どうやって表現をすれば人事に魅力的に伝わるのか?そういった部分について考えていくのが良いと思います。大切なのは何度も言いますが内容なので、伝え方は重要になるのです。

 

履歴書とエントリーシートの違いはほとんどありませんが、なぜか企業は両方提出させると。そして、それが手書きである可能性が高いのはずっと変わりません。それに就活生も疲弊しているわけですが、この状況は恐らく当分は変わらないでしょう。本当に大変だと思いますけど、就活生は内容面において文章力を磨くという点を考えた方が良いです。全く同じ内容なのだが、文章が違うと、人事の印象が変わり、知的に思えたり、稚拙に思えたりする場合もあるので、どういう文章、どういう表現で書くか?というのは、大きな要素になります。履歴書とエントリーシートで同じことを書くのはどうなのか?迷った就活生がいれば、大切なのはそこではなくて、中身と伝え方という点は知っておいてほしいです。面接もそうですけど、履歴書とエントリーシートは文章で字に書いて伝えるので、文章という部分が大きく合否にかかわってしまうのです。面接の場合には文章の構成よりは声のトーンや抑揚などの方が印象として与える影響は大きいとは思いますが、履歴書とエントリーシートは字に書いて伝えるので、こだわる部分、合否に影響を与える部分が異なっていると言えます。そういった点についても意識しておくと良いと思います。

 

最後に、就活で内定を取るために重要なポイントを紹介していきたいと思います。就活をするときにはナビサイトというものを使いますが、このナビサイトというのはどうやって選んでいますか?恐らく無意識のうちに有名で知名度もあるところ、多くの就活生が利用していると思われるところを選んでいるのではないか?と思います。そういったところはみんなが使っているのだから、ここが正解なのだろうという安心感のようなものはあるかもしれません。しかし、就活生の多くが利用しているということは、その多くの就活生が同じナビサイトからエントリーをするということになるわけです。そうなると、そのナビサイトに載っている企業に対して大量のエントリーが届くことになりますから、その企業の競争率が上がりやすいということになるのです。すると、倍率が高くなるので、倍率が高いと内定がとりづらくなると言えます。したがって、有名で知名度が高い、就活生の多くが使っているナビサイトというのは、みんなと同じということで安心感はあるかもしれませんが、結果的に内定がとりづらいかもしれないというリスクもあるということも言えるのです。

 

そうなると、就活のナビサイトは有名で知名度が高いところのみではなく、知名度がそこまで高くない穴場的なサイトも利用していくとおすすめです。おすすめなのは「キミスカ 」というナビサイトで、ここはスカウト型という点が特徴になります。従来は学生がナビサイトに載っている企業を検索して、気に入ったところにエントリーをするという流れになります。しかし、キミスカでは企業が学生を検索して、プロフィールを見て気に入った人にスカウトを送り、自社を受けてもらうというプロセスをとっているのです。それによってある大きなメリットを生むことになります。というのも、従来は自分が気に入った会社を受けるので、会社側が自分を気に入るかは分かりません。選考を通じてアピールをして、それで自分を気に入ってもらうということをしますが、最後まで自分に興味を持ってもらえずに不採用ということも十分ありえます。つまり、内定を取るには会社にが自分に対して興味を持たないといけないわけですが、結果的に自分に興味を持ってもらえないような会社をたくさん受けてしまうということが、従来の就活のやり方の問題点とも言えて、それによって非効率な部分が存在するということになります。しかし、キミスカのようなナビサイトを使うと、そういった問題点はなくなります。なぜならば、企業がスカウトを送ってこないと、就活生は身動きがとれないのですが、企業がスカウトを送ってくるということはその時点で、その学生に興味を持っているということになるからです。つまり、スカウトが着たということは、その学生はその企業から興味を持たれているということで、すでに内定がとれる確率が少し高い状態で選考を受けられるということになるのです。

 

実際、企業によってはスカウトを承諾した学生が選考を受ける場合、一次試験、二次試験などをパスして臨むことができる場合もあるのです。そこが大きなメリットになりますし、スカウトは実際にいろいろな企業や業界からくるので、自分が想定もしていなかったところからくることもあります。そうなると、自分でも気づいていない部分に企業は適性や魅力を見出してくれていると分かるので、今まで以上に就活における視野やフィールドが広がる効果も期待できるのです。このキミスカはスカウトが着た時点で対応をすれば良いので、それまでは特にすることはありません。つまり、今まで使っていたナビサイトや従来の学生が企業にエントリーするタイプのナビサイトを普段から使っていきながら、このキミスカを使うということも十分できるので、併用が可能という点が特徴的です。このキミスカというナビサイトは知名度は一般的にあまりないですし、就活生でも利用している人は多くないと思うので、穴場的なサイトとして、ここで採用活動をしている企業の選考を受けられれば、それだけ競争率が上がりづらく、倍率も高くならないので、内定がとりやすいと言える可能性もあります。スカウトは絶対にくるとは言えませんが、プロフィールを充実させることにより、その可能性を上げられます。こういう多くの就活生が知らないナビサイトを利用することで、周りに差をつけることもできるので、ライバルに差をつけて本気で内定を取りに行く気がある人は、無料の会員登録をすれば誰でも利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

 

あわせて読みたい記事

既卒の就活の流れは?何から始めるべき?なんとかなる方法とは?

既卒の人は就活をするときにはいろいろな悩みがあるのではないか?と思います。何から始めれば良いのか?というのは、特に大きな悩みかもしれませんが。既卒の人の就活の流れというのを理解しておかないと、新卒とは違う部分があるので、なかなか内定をもらうに至らないと言うか、そもそも適切な就活になっていない場合もあると思うのです。したがって、既卒の就活は何から始めれば良いのか?流れはどうなのか?というのはきちんと理解をしておいてほしいと思います。新卒の就活を経験している人もいるかもしれないので、それとの対比をした方が分かりやすいかもしれません。既卒の就活の流れを知っていれば、なんとかなる可能性も上がりますし、既卒の人はまずはそこから知っておかないといけないと思います。新卒の就活はナビサイトに登録し、エントリーをして、会社説明会に参加して、選考を受けていくという流れになっています。この流れは一般的で、すでに経験している人も多くいるでしょう。しかし、既卒の方はどうでしょうか?既卒の就活の流れはナビサイトのようなものは恐らくほとんど存在しない気がします。というか、新卒ではないという前提なので、中途採用組の求人サイトに応募することはできるでしょう。しかし、中途採用組の求人サイトは経験者採用が中心であり、正社員としての経験がない人の場合には、中途採用組の求人サイトを利用しても採用される確率は低いです。

 

つまり、既卒の就活は何から始めれば良いのか?については既卒者にとって望ましい求人サイトを見つけるところから始めるべきなのです。そして、それは中途採用組の求人サイトではないということです。既卒の人が中途採用組に混じって受けてもかなり不利なので、基本的には既卒者は既卒者しかいない中で受けるのが理想です。というのも、既卒者が一般的に就職に不利と言われていますが、それは新卒や中途採用と比べて不利という話なのです。つまり、別の言い方をすると、新卒や中途採用の人たちと既卒者が争ったら不利ということであり、新卒や中途採用の人がいない中、つまり既卒者のみで戦ったら、一切不利になりません。自分と同じ条件の人たちしか周りにいないわけですから。だから、そういった状況があれば既卒の就活はなんとかなるのです。そのための既卒の就活の流れを理解してほしいと思います。必要なこととしては、まずは既卒のみをメインに支援しているサイトに登録し、そこから就活をすることです。既卒者しかメインに扱っていないサイトというのは、そもそもそういう人しか利用していないので、そこから応募する企業には、既卒者の応募がほとんどになるはずなので、この時点で既卒であることがほぼ不利になりませんし、既卒者をメインに扱っているサイトに求人を出している会社は、既卒者が応募してくる前提で求人を出しているので、基本的に偏見などを持っていない、採用意欲があると言えると思うのです。

 

そういったサイトを利用できるか?どうかで既卒の就活がなんとかなるか?どうかが決まります。既卒の就活が初めてという人はコツを知ることが重要です。どういう流れで就活をすれば内定が出やすいのか?その仕組みを考えて就活をすると、なんとかなるのではないか?と思います。既卒で就活をするのが初めてという人は多いと思いますけど、コツがあるとすれば周りにレベルの高い人がいない状況で受けるというのは、1つ重要です。言い方は悪いですけど、既卒者というのは新卒で就職できなかった人も多く含んでいるので、内定が取れなかった実績があるという意味では、就活においてはレベルがちょっと下がるわけです。そういう人たちしか自分のライバルにいないという状況があれば、それは内定が取りやすいですよね。だからこそ、既卒者しかいない状況で就活をすることが重要で、既卒しか扱っていないサイトで求人を探すことが重要になるのです。既卒者の就活のコツとしてはそこは覚えておいてほしいですから、そういうサイトを見つけることが先決になります。初めて既卒で就活をする人は流れを確認してほしいですが、そういうサイトを見つけたら、そこに登録して求人を紹介してもらい、サポートを受けながら書類選考、面接などをしていくことになります。これが一般的な既卒者の就活の流れになりますが、新卒は自分で求人を検索してエントリーして、会社説明会に参加して、面接を受けて、といった感じで、ナビサイトは基本的に何もしてくれません。就活塾とかに通っている人は別にして、自分でなんとかしないといけないのです。

 

でも、既卒者の場合にはサイト側がサポートをしてくれます。求人の紹介や書類選考、面接におけるサポートを受けながら就活ができるので、実はこの点は新卒の就活では受けられないサービスになりますから、実は有利な面になるのです。新卒の人は数が多いので、ナビサイトがそんなサポートを個別にやってる余裕がありません。でも、既卒が就活に不利という言説を信じている人が多いので、既卒にならないために新卒で就活をする人がかなり多くなりますから、相対的に既卒になる人が少ないため、人数が少ないので個別のサポートをしやすいという点でメリットが生まれるわけです。だから、世の中の多くの人は新卒が有利と思っていると思うんですけど、それは言説は存在しているとしても、本当に実質そういえるか?というのは微妙だと思いますよ。世の中に存在している「新卒は(既卒よりも)有利」という言説を信じている人は多くいると思いますけど、本当にその通りなのか?を考えないで、信じてしまっている人は意外と多くいるのではないか?と思います。既卒の方が絶対数が少ないので、求人の数も少ないかもしれませんけど、きちんと既卒の枠内で就活ができれば、争う人数も少ないですし、すでに話したように、就活エリートみたいな人はまずいませんから、自分でも勝てるんじゃないか?という人が多くライバルになるのです。新卒はいろいろな人がいますよね。内定を全くとれない人もいますが、就活エリートという1人で内定を何個もかっさらっていく人もいるので、自分じゃ到底敵わないっていう人もライバルになってしまうわけです。自分が戦うライバルのレベルが新卒は高くて、既卒は相対的に低いとなれば、やっぱり内定を取りやすいのは既卒ではないか?と思います。

 

そして、既卒の人だけがライバルになるために、既卒を採用する気がある会社を見つけるためには「【ウズキャリ既卒】 」というサイトがおすすめです。ここはフリーター、ニートなどを含む既卒者専用の支援サイトで、新卒は利用できません。このサイトはすでに説明したような充実したサポートが期待できるので、そこもおすすめの理由です。このウズキャリ既卒は会員登録をすると、キャリアクアンセラーと面談をして、希望の条件を聞いて、そこからおすすめの求人をいくつか紹介してもらえます。その中から応募する企業を選んで応募するところがスタートになります。ただ、応募した後には書類選考がありますが、そこではキャリアカウンセラーがきちんと書類をチェックして、添削して受かるように工夫を施してから送付してくれます。そして、書類選考に通れば面接になりますけど、面接は苦手という人が多いと思います。そこもウズキャリ既卒は考えていて、面接対策を徹底して行ってくれます。ウズキャリ既卒では、模擬面接を行い、面接のレベルなどをチェックしたり、直すべき部分を指摘したりしてくれて、内定を取れるレベルにまで各自の面接スキルを上げてくれるので、面接が苦手だと思っている人もここで対策をすれば、自信を持って企業の面接に挑むことができると思います。面接が苦手だという意識を持っている人は多くいると思いますけど、それは模擬面接などの機会がなかったか、問題点があるのだが指摘してくれる人がいなかったからとか、そういった部分が理由化もしれないのです。

 

ウズキャリ既卒はキャリアカウンセラーがマンツーマンで徹底して面接指導をしてくれるますし、応募する企業ごとに過去の面接の傾向の情報があるので、受ける企業ごとに面接対策を変えて、柔軟に対応してくれるので、それによって内定率は高くなっています。ウズキャリ既卒はキャリアカウンセラーが最初から最後までマンツーマンで対応し、頼れる存在、自分のために力になってくれる人がそばにいるという安心感というのも大きいと思います。新卒の就活ではそんな存在はなかなかいないでしょう。自分1人で頑張っている人が多いと思うんですけど、既卒の就活ではそういう心強い存在がそばにいるのも魅力で、それがウズキャリ既卒ならではの特徴になります。ちなみにここまでのサポートをしてもらって、お金はいくらかかるのか?というと、無料となっています。したがって、お金の心配をせずに就活ができるので、既卒の人の就活の流れの中でも成功の確率が高いと思いますし、既卒の就活は何から始めれば良いのか?悩みを持っている人はおすすめだと思います。既卒の就活はなんとかなる可能性はありますが、それは適切な方法をとったときなので、既卒の就活は何から始めたら良いのか?分からない人は特にこういったサイトはおすすめなので、良かったら参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい記事

札幌学院大学の偏差値や倍率は?評判もいい?ボーダーラインや合格最低点はどうなっている?

札幌学院大学という大学は北海道の私立大学で、規模もそこそこ大きいです。したがって、北海道では特に評判がいい大学になると言えますけど、この札幌学院大学は難易度は高いのでしょうか?首都圏の大学ではないので、そんなに難しくはないだろうという予想はつくかもしれません。札幌学院大学の偏差値は河合塾のものを参考にすると、30台がほとんどなので、高くはないです。人文学部、法学部、経済学部、経営学部がありますが、それぞれの学部の偏差値はそんなに変わらないのかな?という気がします。札幌学院大学は北海道の私立大学では評判がいいというか、知名度はあると思うのですが、難易度は高くないので、入りやすい印象も受けるのではないか?と思います。札幌学院大学の偏差値は数字だけ見ると高い印象ではないと思いますけど、倍率などもあわせて見ていかないといけないので、その点は注意しておきましょう。大学の魅力なども多くあると思うので、北海道に在住の方にとっては特に人気の大学である可能性もありますから、札幌学院大学に入りたいならば、まずは入試に関する情報を調べることをしていきましょう。

 

札幌学院大学の偏差値はすでに説明した通りで、学部ごとの差は少しはありますが、基本的には40未満となっているので、高くはないということで、簡単に入れそうな印象もあるかもしれませんが、しっかりと勉強はしてほしいです。普通の一般入試を受けても入れますが、センター利用入試という手段もあるので、そういったものを使っていくというのも忘れないでほしいです。人によってはセンター試験の形式の方が得意という人もいますから。札幌学院大学のセンター利用入試におけるボーダーラインの得点率を調べることで、センター試験を通じて札幌学院大学に受かるにはどれくらいの難易度なのか?が分かります。札幌学院大学のセンター利用のボーダーラインはというと、人文学部が50%前後、それ以外の法学部、経済学部、経営学部は40~50%弱くらいなので、それくらいの点数がとれれば、センター利用入試で札幌学院大学に受かるということになります。札幌学院大学に入りたい人は入試科目を調べて、センター試験の過去問を解いて、どれくらいとれるのか?というのを確かめてみると良いと思います。

 

札幌学院大学のセンター利用のボーダーラインを調べたら、あとは札幌学院大学のセンター利用入試の入試科目も重要なので、学部学科ごとに入試科目を調べて、必要なモノに関して、センター試験の過去問を解いて、どれくらいとれるのか?を確かめていきましょう。札幌学院大学の偏差値とセンター利用のボーダーラインは必ずしも比例するとは言えませんが、札幌学院大学のセンター利用のボーダーラインは高くはないでしょう。札幌学院大学の偏差値は一般入試で受けるときに必要になるデータですが、センター利用入試ではボーダーラインの得点率が重要になります。札幌学院大学に入りたい人はこういう情報はチェックしておいてほしいです。あとは倍率はどうなっているでしょうか?札幌学院大学の評判とも関連する部分になりますが、札幌学院大学の倍率はそんなに高いとは言えません。東京の私立大学は一部で倍率がかなり高くなっているところがありますが、地方に行くとある程度落ち着いているということも言えますし、これからいきなり倍率が大きく変化するということも考えづらいです。したがって、札幌学院大学の偏差値もそんなに大きく変動するということはないと思いますが、倍率に関しては過去のデータを見れば、今後の倍率というのは想像がしやすいと言えるのではないか?と思うのです。札幌学院大学に受かりたい人は多くいると思いますから、その学部学科ごとに倍率がどうなっているのか?というのをチェックしておくと良いと思います。

 

札幌学院大学の倍率はホームページなどに載っていますが、都心の大学ではないので、高い倍率になるということはないです。過去の倍率を見ると、1倍台が基本で、1.0倍にかなり近い学部学科もあるので、札幌学院大学の倍率は低いです。そういう評価になると思います。ただ、札幌学院大学の倍率は低いですが、絶対に油断はしないでください。偏差値が足りていれば受かる可能性は十分あるものの、問題の相性などもあるので、札幌学院大学の偏差値には届いているが、問題が自分に合わなくて思ったよりも点数がとれないということがありえるのです。だから、札幌学院大学の倍率は確かに低いですけど、絶対に受かるとは言えないので、しっかりと対策をしていかないといけないのです。札幌学院大学の評判は北海道内では良いはずなので、多くの受験生が受けます。ライバルも多くいるので、やはり油断はしてはいけないのです。札幌学院大学を評価している人は多くいますし、札幌学院大学に受かりたいと思っている人も多くいると思いますから。札幌学院大学の倍率はチェックしても良いのですが、1倍台という部分は恐らく今後もほぼ変わらないと思います。札幌学院大学の難易度の一部になるので、倍率は札幌学院大学のホームページなどから見ておきましょう。

 

あとは札幌学院大学の合格最低点なども気になるのではないでしょうか?札幌学院大学の合格最低点は専用のサイト()に載っているので、そこから見ておくと良いです。合格最低点は毎年変わるので、自分が受けた入試の合格最低点が過去の札幌学院大学の合格最低点とどれほど関連するか?は分かりませんが、受験生の中には札幌学院大学の合格最低点が気になる人もいると思いますから、知っておいてほしいと思います。そして、最後には札幌学院大学の評判として、学生の口コミを見ていきたいと思いますが、札幌学院大学のキャンパスに関しては通いやすいという口コミがあります。雰囲気も良いのではないか?と思いますが、最寄駅からそこまで距離がないみたいです。バスを使って向かうルートもありますけど、徒歩10分で着く最寄り駅もあるので、そういった点において、札幌学院大学の学生の評価は高いです。そして、キャンパスの中の雰囲気としては食堂が3つあるみたいで、学食をそれぞれで楽しめる環境があり、混雑しづらいというメリットもあるのではないでしょうか?そして、図書館がかなり充実しているみたいで、そこを評価している札幌学院大学の学生の口コミもありました。札幌学院大学のキャンパスの雰囲気は全体的にかなり良いみたいです。ただ、周辺はお店などがそこまでないようなので、駅まで行かないといけないという声もあります。オープンキャンパスに行けば、札幌学院大学のキャンパスについてはよく理解ができるのではないか?と思います。札幌学院大学は評判のいい大学で、非常に人気もあると思いますが、キャンパスのことだけではなくて、自分が受験する学部学科の情報や入試情報、その他のキャンパスライフの情報についても詳しく調べておくと良いと思います。

 

あわせて読みたい記事

就活の面接で緊張しない人は少数!緊張しすぎで話せない、あがり症の人はありのままの自分と肯定すべき!

就活の面接では緊張する人が多いと思います。緊張しない人もいるかもしれませんけど、そういう人は初対面の人と話すことに慣れている人、動じない人だと思うのですが、あまり多くはないと思います。一般的には就活の面接では緊張する人が多いので、あがり症と言えるか?は分かりませんけど、就活の面接では緊張しない人はまずいませんし、特に最終面接とかになると緊張すると思います。ありのままの自分でいられるならば緊張も緩和するかもしれませんが、そういう発想になりづらいというのもありますし、ありのままの自分はそもそも「今、私はありのままだ」なんて意識になっていないので、それを意識している時点でありのままではないのです。したがって、就活の面接はありのままでという部分はそこまで意識しなくて良いと思います。ありのままの自分を出すのは面接の回答とかで良いんじゃないですか?本音に近いことを言えば、それが1つのありのままの自分にもなるでしょうから。本音が一般的にイメージの悪いものである場合にはちょっと考えた方が良いかもしれませんけど、そういったものじゃない場合には就活の面接ではありのままの回答を意識しても良いと思います。面接官としても本音を聞きたいと思っている人もいるので、これは本音だろうなと判断できるものに関しては、かえって評価が高くなることもあります。

 

だから、「ありのまま」の捉え方でしょう。緊張しないという意味でのありまま、普段の自分の心情という意味でのありのままという意味ではなくて、心情に関しては緊張しすぎでも良いと思います。緊張はお腹が空くとか、眠くなるということと同じで、生理現象に近いと思うので、それは仕方のないものであり、防ごうとしても無理です。したがって、就活の面接では緊張しすぎと感じていたとしても、それはおかしいことではなく、普通でしょうし、緊張していることは面接官も理解してくれますから、緊張した結果ちょっとミスをしても、そんなに評価は下がらないと思いますけどね。緊張して話せないって人もいると思いますけど、意思疎通が困難というレベルでなければ評価は変わらないのではないですか?就活の面接で緊張して話せない人なんて五万といますよ。でも、自分以外の面接の光景を見る機会ってあまりないですよ。集団面接くらいじゃないですか?だから、自分が失敗すると、他の人は上手くやっているんじゃないか?と不安になるんですよ。でも、他にも上手く話せない人はいるはずです。それに面接は緊張しすぎの人も含めて、緊張するのは当然なので、上手く話せないことが特別に不利になることはまずないでしょう。

 

緊張するのは生理現象と同じで、その人の能力とはちょっと違いますし、それによって話せないならば、それはその人の能力が低いからではないのです。緊張する場面だからこそ話せないのであり、普段の会話もままならないってことにはなりませんから。だから、よほど極端じゃない限りは、就活の面接で緊張して話せないことがあっても不利にならない気がします。就活の面接では緊張しすぎだと感じても、それを抑えるのは難しいので、いい意味でスルーした方が良いと思います。「ああ、やっぱり緊張してるわ(笑)」くらいに思っておいた方が良いです。あがり症という自覚がある人も、それをネガティブに捉えるのではなく、それを受け入れたうえで「今日もあがっているわ(笑)」と肯定した方が気楽になれる気がします。あがり症の定義はないですけど、主観で自分は就活の面接ではあがり症だわと感じている人もいると思いますが、そう感じた時にどういう感情が芽生えるか?によって、その緊張が促進するのか?緩和するのか?が変わると思います。あがり症を肯定できる人は、なんやかんやで緊張が緩和する気がしますが、あがり症の自分を見てヤバイ!とか、そういう感情になると、益々緊張が促進されると思います。これは感情の問題なので、コントロールするのは難しいと思いますけど、あがり症の自分がありのままなんだと思った方が良いのです。就活の面接でのありのままというのは、そういった自然に存在する自分を肯定するということが重要だと思うのです。

 

就活の面接でのありのままというのは嘘をつかない、本音で話すという意味でのありのままという表現でも使われますけど、別の見方をすると、その状況にある自分自身がありのままであると、それが自然なんだと肯定するという意味でも捉えられると思います。そういった部分が実は重要で、すでに話したように、ある状況をプラスに捉えるか?マイナスに捉えるか?で心情はものすごく変化しますし、それが与える影響も異なります。緊張している自分を自分自身で観察したときに、ヤバイわと思ってしまうと、それは緊張がマイナスの影響与えるかもしれませんが、例えば、緊張しているということはこの面接の重要性を自分でよく認識しているということだと思えたならば、これは緊張がプラスに作用する可能性もあると思います。心情的にプラスの気持ちでいることは重要なのです。プラスの気持ちで肯定してあげると、緊張が和らぐ可能性もありますし、面接というのは、実は面接に臨む前に自分の感情をコントロールするところからすでに始まっているというのは知っておきましょう。過去に就活の面接で緊張しすぎていて話せないことがあったとしても、それを思い出すとまた同じような状況になるかもしれないという恐怖感があるかもしれませんが、過去と比べて今は面接の回数も重ねてきているし、経験を積んでいる分、あのときの自分と同じではないと考えたり、そこまで酷いことはもうないだろう(笑)みたいに捉えたりして、とにかく心情をプラスに持って行くようにすることを意識しましょう。

 

 就活の面接が得意な人はこういった問題を抱えることはまずありませんが、苦手な人ほど緊張しすぎとか、うまく話せないとか、あがり症じゃないか?という問題を抱えることになります。だから、こういった問題というのは避けられるものではなく、ほぼ必然だと思うのです。一定の人には必ず生じる部分なので、起きることを否定してもしょうがないと思います。したがって、こういう部分は自分の感情をどうコントロールするか?こういう状況が生じていても、その状況をどう捉えるか?という策で解決していくのが、理想だと思います。就活生でも面接で緊張して話せないとか、緊張しすぎで悩んでいる人がいたならば、緊張しないようにするにはどうすれば?ということを考えるよりは、緊張している自分をどう肯定的に捉えるか?を考えるのが、恐らく1番の解決策になると思うので、そこを意識するのが最も重要なのです。

 

あわせて読みたい記事