読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

内定式や内定者懇親会のお知らせや案内状はいつ届く?通知が来ない場合のリミットは?

毎年10月くらいになると、内定式が行われます。その時期になると、就活生は内定した企業からの案内を待つということになると思うのです。しかし、内定式の案内というのは必ずくるとは言えないと思います。内定式をそもそも実施することが確実とは言えない可能性があるからです。そのため、内定式をやるのか?どうかをまず企業に確かめないといけないのではないでしょうか?そのうえで内定式をやるということが確定ならば、あとはいつ案内や通知がくるか?という問題のみになります。案内や通知がいつくるか?というのは、はっきり言ってそれぞれの企業ごとに違いますけど、10月に実施するということが確定ならば、出欠をとらないといけないので、1ヶ月前くらいには内定式の通知やお知らせを発送すると思います。10月1日に実施ならば、内定式の案内状や通知はいつ届くのか?というと、だいたい9月過ぎくらいには届くのが一般的な気がします。ただ、これより遅いという可能性もあるとは思います。ギリギリの場合には9月の半ばとか、そういった可能性もないわけではありません。

 

したがって、内定式のお知らせや案内状が来ないときにはとりあえず待ってみるという方法があります。でも、待てる期限というものがあるはずです。内定式や内定者懇親会の開催日が10月1日くらいだとすると、さすがにその2週間くらい前には案内状を届けていないと不自然です。内定者懇親会の当日の2週間くらい前までに案内状やお知らせが来ないとなれば、それはちょっと遅いな感じると思います。これは一般的な感覚として。したがって、内定式の案内状やお知らせを発送する時期というのはいつなのか?というところは企業によって違いますけど、リミットとしては10月1日の2週間くらい前までだと思います。この時期に内定式の案内状やお知らせが来ないとなれば、内定式をやらないという場合を除いては、何らかのアクシデントが起きていると考えた方が自然な気がします。したがって、内定者懇親会の案内状やお知らせが来ないケースの対応としては、とりあえず待ってみるというのが最善です。

 

発送する時期がいつか?という問題があるので、内定者懇親会のお知らせをい発送するか?という部分を考慮すると、ちょっと遅いというケースもありえると思うのです。したがって、内定式の開催日と思われる2週間前くらいまでは待ってみると良いです。そのうえで、2週間前くらいになっても内定式のお知らせや案内状が来ないならば、これは連絡をした方が良いです。内定式をやるのに、その時期で案内状や通知が来ないのは何らかのアクシデントが考えられます。その状態でも待っていたら来るかもしれませんけどね。企業がお知らせを発送するのが遅いというケースで、例えば1週間前とかもありえますから。そういった状況を考慮すると、企業によっては対応が違うという可能性もあるので、そこも考慮しておくべきだとは思いますが、アクシデントで届かないのか?そもそもまだ発送してないのか?の区別はできた方が良いので、気になるときには連絡をしておいた方が良いでしょう。内定式は学生が出るべきイベントと思っている企業もあると思いますけど、普通に考えたら絶対に出られる保証はないので、学生の予定の調整などの期間を考えたら、余裕をもって1か月前くらいには知らせてほしいです。でも、最低でも2週間前くらいかな?この時期にはお知らせは届けてもらいたいですね。

 

ただ、内定式の開催日は10月1日というのが定番で、土日のケースでは違う日にちということも考えられますけど、学生にもだいたい察しがつくはずなので、企業も予定がどうのこうのという部分はあまり考えていない可能性があります。したがって、そういう企業の場合には内定者懇親会のお知らせや案内状を届ける時期がいつか?というのは遅くなる可能性があるのです。そういったところまで考えると良いかもしれません。でも、内定式の通知や案内状がいつ届くか?によって、企業がどの程度内定者に対して誠実な対応をするか?というのが読めるので、入社してからの期待度とかも飲酒として生まれると思います。内定式に参加する学生への対応の仕方によって、学生も内定を承諾したり、辞退したりという行動をとることがありますから、企業はそこまで考えておくべきだとは思いますけど、そこまで気が回らないケースや忙しいケースもあるのでしょう。私が学生だったら、内定式の通知や案内状が来ないとか、遅いなーと感じるようなケースでは、そういう会社に入社するのはちょっと不安ですけどね。内定式は参加することが目的というよりは、企業の体質の見極めとしても使える場なので、そこまで考えておくと良いと思います。

 

あわせて読みたい記事

内定辞退で他社について聞かれたら?他社に影響する?嘘の内定先を言うべき?

内定辞退をするときには他社のことを聞かれる可能性があります。どうして他社のことを聞くのか?の理由は定かではありませんが、基本的には内定辞退をするときに他社のことを聞かれたらどうするか?というのは迷うかもしれませんけど、答える必要はないです。答えることでメリットはないと思うので。逆に内定辞退をして他社のことを答えて影響があるかもしれませんから、そういったことを踏まえると答えない方が良いと思うのです。他社に影響するというか、内定先ですね。特にそこに影響する可能性があるかもしれないので、嘘の内定先を答えるとかではなくて、そもそも言いたくないで良いと思うのです。内定辞退で社について聞かれたらというのは、内定先のことじゃないか?と思います。やっぱり気になるんじゃないですか?内定辞退をした学生がどこに就職するのか?というのは。

 

でも、そういったことを聞かれるケースは少ない気がします。でも、気かっるかもしれません。だから、聞かれても良いように心の準備はしておくべきだと思いますけど、私ならば他にどこから内定を貰っているか?とか、どこに決めたか?などを聞かれても答えないです。答える義務がないので。あまり考えづらいですけど、内定辞退をして他社に影響が出るようなことはしたくないのです。内定辞退をされるというのは、その企業にとってはよくないことと言えるでしょう。したがって、イメージ的によくないので、その企業が何をするか?分からないのです。他社の名前を聞き出して、悪いうわさを流すんじゃ?みたいなことを想像してしまうので、そういうことをする可能性は低いとは思いますけど、他にどんな理由で、他社のことについて聞かれるのか?というのがあるので、私はそういったことに備えて答えません。他社について嘘も言いません。何も答えないでその場を済ますと思います。こういったことを聞かれると答えてしまう人って多くいると思うのです。どうしても内定辞退をするということを引き目に感じてしまい、他社のことを聞かれたらそれくらい答えるのは良いか。と思って答える人は多くいる気がします。

 

でも、そういった情報を伝えてしまうことで、その後他社との関係や内定先の関係がこじれる可能性もなくはないです。内定辞退をした会社が裏で何をするか?分からないからです。そういう会社は少ないとは思いますけど、内定辞退のトラブルって増えているじゃないですか?会社に呼び出しを喰らって行ったら、カレーをかけられたとか、脅しを受けたとか、いろいろとありますよ。そういったトラブルが発覚して、事例として有名になってしまったので、会社に来いと言われても行かない学生が増えたと思うんですよ。そうなると、会社に呼び出してストレス発散をしようと思っていた人事はその手が使えません。だから、別の方法として内定先を聞き出し、そこにありもしないことを伝えて、内定先のその学生に対する印象を悪くしてやろうと考える人事がもしかしたらいるかもしれない。可能性が0ではないという意味では注意した方が良いと思います。

 

内定辞退は温和に終了するのが良いとは思いますけど、そうもいかない可能性があるのです。内定辞退で嘘の内定先を言って誤魔化すという方法もありますけど、そこまでする必要はないです。内定先を教えないと引き下がらないみたいなケースがあるかもしれませんけど、そういうときには電話を切りますよ。さすがにしつこいと感じるところまでいくと、益々その会社への印象が悪くなるのに、そこまでやってくるということは、その人事も意地になっている可能性があるので、それ以上付き合っても・・・って感じがしてきます。内定辞退で嘘の内定先を言うと、その内定先に何らかの迷惑がかかる可能性があるので、やる必要もないですし、やめておいた方が良いと思います。内定辞退で他社の嘘をつくと、それ自体が別の問題を生むかもしれないので、気を付けてほしいと思います。

 

内定辞退では他社への影響を考慮して、内定辞退に臨まないといけないと思います。内定辞退をする他社や内定先に何らかの影響があるかもしれないので、そこは本当に想定しておいてほしいです。軽くしゃべったことが何に利用されているか?分かりませんから。内定辞退では他社について嘘をつくことも、他社についていろいろと喋ることもやめておいた方が良いと思います。内定辞退をすべて完了するところまでが就職活動だと思うので、そういった意識で就職活動には取り組んでいきましょう。内定辞退は就職活動の中でも本当にトラブルが多い部分でもあるので、気を付けてほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事

東京理科大学工学部の偏差値、難易度は上智並み!評判は高いが勉強は大変・・・

東京理科大学は非常に有名な理系の単科大学になります。厳密に言えば、経営学部もあるので、理系のみの大学ではありませんが。それでも東京理科大学は理系の中では特に評判で、偏差値も高いです。そして、難しいです。私は使ったことありませんが、早慶上理という言葉もあるようですね。早慶上智東京理科大学が肩を並べるのが妥当なのか?というのは分からないものの、MARCHレベルって感じではないですからね。かといって、早慶レベルという感じもしないので、上智と同列くらいかな?という印象なのですが、その上智早慶と同列ならば、自動的に理科大早慶と同列になるということになります。東京理科大学はそれだけ難易度が高く、世間からの、社会からの評判も高いということが言えると思います。その東京理科大学は文系は経営学部のみですが、これも偏差値で言えばMARCHクラスに匹敵するくらいはあります。そして、理系の学部はいくつかありますが、中でも人気なのは工学部です。理系の学部としては定番ですが、工学部を出た人はある程度就職に関しても有利と言われていますから。

 

ましてや東京理科大学の工学部出身ともなればやっぱり一目置かれる存在ですよね。東京理科大学の工学部の偏差値はちょっと正確なものは出せませんが60ちょっと感じでしょうか。62,3くらいになるかと思いますから、かなり高いです。工学部は学科によってもやや入試科目が変わってきます。東京理科大学の場合にはB方式というのが、1番メインの入試方式になると思います。このB方式が募集人数も多く、1番チャンスがあるでしょうか?センター利用入試の方式も別途ありますが、一般入試はこのB方式になります。東京理科大学工学部の一般入試のB方式の入試科目は、建築学科、電気工学科、工業化学学科、機械工学科、情報工学科などによって3つに分かれます。まずは工学部の建築学科と電気工学科についてですが、こちらは英語、数学(数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III)、理科(物理、物理基礎)になっています。配点は全部100点なので、特にこれが出来ないと困るという科目はないものの、でもやはり数学ができないと厳しいでしょうか。東京理科大学レベルだとどの科目もある程度難しいとは思いますけど、理科は物理で受けないといけないということになります。

 

そして次は工業化学学科になりますが、こちらは理科科目が化学、化学基礎に変わるだけで、あとの2科目は基本的に一緒です。配点も3科目100点満点で、合計300点満点になります。そして、情報工学科と機械工学科は、先に紹介した建築学科と電気工学科と同じ入試科目になります。したがって、理科は物理基礎と物理になるのです。受験方式のうえでは分かれているのかもしれませんが、入試科目としてはどちらも一緒ということになると思います。ただ、2016年から建築学科、電気工学科、情報工学科、機械工学科は名称が変わるという風に書かれており、今後工学部の中の学科の再編が行われるのかもしれません。東京理科大学の工学部の入試科目については、一般入試はこういった感じで現在のところは発表されています。今後、また学科ごとの入試科目が変わる可能性もあるので、ちゃんと自分の目で大学のホームページなどでも確認をしておくと良いと思います。ちなみにセンター利用入試の科目は「東京理科大学/センター利用入試|大学受験パスナビ:旺文社」に載っています。東京理科大学工学部のC方式では2科目入試もやっているので、特定の科目が特に得意だという方はそういった入試方式を考えていくのも良いでしょう。

 

東京理科大学工学部の難易度や入試科目に関しては理解いただけたかと思いますが、どう考えても難しいですね。基礎工学部と比べて多少難易度が上がります。東京理科大学経営学部を除いて、そこまで学部間の序列はあまりありませんが、中でも工学部は結構難しい方になるのではないでしょうか?東京理科大学工学部の偏差値が上智大学とほぼ同じという点を見てもお分かりいただけると思います。それでは東京理科大学工学部の在学生はどういう評判や口コミを持っているのでしょうか?東京理科大学工学部の評判としては、学科によるところもあるかもしれませんが、課題が多く、レポートなどを消化するのがとにかく大変という声がありますね。他の理系の大学はどうなのか?分かりませんけど、東京理科大学の場合にはここが1つ大変なポイントとなるでしょうか?あとは授業自体もタメにはなるが、とても難しい感じる授業もそれなりにあるみたいです。東京理科大学全体が留年率が割と高いので、工学部のみならず、他の学部に関しても卒業するためには相当勉強をしないといけないでしょう。遊んでいると留年しやすく、卒業も難しくなりますから。あとはゼミや研究室に関しては希望したところに入るには、やはりそれまでの成績が重要のようです。したがって、研究室を選ぶには、自分の希望する分野の研究をするには、1年生からきちんと勉強をして良い成績を残していかないといけないのです。東京理科大学工学部は真面目に勉強できると評判ではあるものの、本当に大変な大学なので、それを理解したうえで受験するようにしてください。

 

あわせて読みたい記事

特別区の面接で一発アウトになる言ってはいけないことは?気をつけてお帰りくださいは合否に関係ある?

特別区の面接においてはいろいろな注意点があるかと思います。特別区の面接の倍率は非常に低いので、受かりやすいということは言えると思いますけど、でも落ちる人もたくさんいるわけですから、軽く見ない方が良いと思います。では、特別区の面接では一発アウトになるような、NGワードみたいなことはあるのでしょうか?こういったことが気になっている人もいるようですけど、基本的にそういったものはないと思います。一発アウトみたいなすぐに見切りをつけるということは、よほどのことがない限りはありえないでしょう。特別区の面接は倍率を見る限りは受かりやすいとは言えそうですが、意外と攻略が難しいのです。というのも、いろいろな都市伝説なども言われているので、そこで萎縮してしまう人もいるのではないか?と思います。特別区の面接での都市伝説とは何か?というと、面接を終えて帰るときの面接官の一言です。「お気をつけてお帰りください」といったことを言われることがあります。というとか、結構高い確率で言われるのではないか?と思います。これが落ちるフラグなのではないか?と解釈している人がいるみたいなのです。

 

その結果、その噂は広まり、特別区の面接の都市伝説になってしまったということなのです。特別区の面接で気をつけてお帰りくださいみたいなことを言われたら、落ちるグラグなのか?というと、常識的に考えてそんなわけないだろう!と思うわけですよ。というか、それが本当に落ちるフラグだとしても、そんなことをわざわざ受験生に教える意味が分からないのです。そんなことをするメリットが分かりません。さらに言うと、そもそも面接の合否ってその場では分かるはずがないのです。点数は分かるかもしれないが、最終的な合否は全ての受験生の結果が出てからじゃないと分かりません。全ての受験生の結果を出して、点数順に並べて初めて合否が決まるわけです。したがって、面接を終えた時点では合否が判明していないはずです。よほど点数が低い場合には、面接官もこれは落ちただろうなというのは予想できるかもしれませんけど、そんなケースは滅多にないでしょう。したがって、気をつけてお帰りくださいを言われた受験生が、みんな総じて面接官が落ちたと確信できるような点数であることはないと思うので、これは本当に都市伝説だと思います。特別区の面接では気をつけてお帰りください的なことを言われても気にしない方が良いと思います。これを言われている人は結構いるみたいなので、特別区の面接で落ちる人の割合を考慮すると、さすがに多すぎないか?と思いますし、合否とは一切関係ない最後の挨拶的な言葉だと思います。

 

特別区の場合には不合格フラグみたいなのは気になる人もいるかもしれませんが、基本的にはないでしょう。そういうことを伝えるメリットが面接官や特別区の側にないと思いますから。だから、特別区では面接の不合格フラグなどはないと思って良いと思いますし、そんなことを推測しても分かりませんから。だから、気にしてもしょうがないと思うのです。特別区の面接はこういった感じで疑心暗鬼になる人が結構いると思うのです。でも、特別区の面接は倍率が低いということもあり、受かりやすい試験種の1つです。だから、言ってはいけないこととかもほとんど存在しないでしょう。受かりやすいということは落ちる割合が少ないということなので、特別区の面接は一発アウトになるようなNGワードとかもまずないと思うのです。だから、特別区の面接で一発アウトになるようなことはあるのか?というのは気になる人が多いと思いますけど、面接は特定の質問で合否が決まるわけではないので、特定の質問に対する回答が面接官の機嫌を損ねる可能性はないとは言えませんが、それだけで落ちるとは言えないでしょう。特別区の面接で一発アウトになることはまずないと思われます。面接は総合評価なので。

 

でも、特別区の面接はなぜ東京で働くのか?なぜ都庁ではなくて特別区なのか?どっちでも良いといられるような発言は言ってはいけないと思います。それは面接官の評価を下げることになると思うので。でも、気をつけるべきことがあるとすれば、その辺になると思います。特別区で働きたい人にとっては大前提と言えるようなことになりますけど、そこが揺らいでいると思われるような回答をしない限りは、特別区の面接で一発アウトというのはまずないと思います。したがって、特別区の面接で言ってはいけないことがあるとすれば、そういった内容のことになると言えると思います。特別区の面接は受かりやすいとはいえ、難しいと思うので、きちんと入念に対策をしていかないといけないと思います。特別区の面接に受かりたい人は筆記試験の合格後からでも対策は間に合うかもしれませんが、それより前から始めておいた方が良いと思いますから、できるだけ早めに準備しておいてください。特別区の面接は今は1回だけで終わりみたいですから、チャンスは少ないので、そこでいかにアピールできるか?を考えて練習をしていきましょう。

 

あわせて読みたい記事

短大の学生は就活を始める時期はいつから?スケジュールは四年制大学と違う?

短期大学の学生は就職活動を始める時期が結構早いのではないか?という想像があると思います。しかし、具体的にいつから始めれば良いのでしょうか?四年制大学の学生は3年生から始める人と4年生から始める人がいます。短期大学の学生の場合にも1年生から始める場合と2年生から始める場合があるので、一概に短大の学生の就活はいつから始めると良いのか?という回答は出せませんが、だいたい今の就職活動の慣習だと、四年制大学の学生は4年生の3月、短期大学の学生は2年生の3月には遅くても始めれば良いのではないか?という気がします。基本的に就活のスケジュールというのは短大の学生も、四年制大学の学生もそんなに変わらないと思います。短大の学生の場合には遅くても2年生の春には就職活動を始めないといけないので、大学生活を満喫している余裕はあまりありません。早い人は1年生の夏ごろから少しずつ準備をしていると思うので、ほとんど大学生活と就職活動の並行になっているような学生もいると思います。

 

そういった学生が短大の場合には結構多い気がするのですが、四年制大学の学生も大学生活を満喫できるのは、最初の2年間とちょっとと言われることがあるくらいですが、短大の学生はさらにその期間が短いわけです。したがって、本当に忙しい2年間になるということが言えるのではないか?と思います。短大の学生が就活を始める時期はすでに話した通り、人によって違うわけですが、就職活動が本格的に始まるのが今のスケジュールだと卒業年の3月くらいになると思うので、その時期に照準を合わせるというのが1つ重要です。その時期に本格的にはじめられれば良いということは言えますが、その時期に始めるというのでは遅いと思うのです。少しずつ準備をして、3月を迎えるというのがベストであって、そういう意味ではさらに早い時期から就職活動の準備をしていかないといけないでしょう。実際、企業のエントリーとかは3月よりももっと早くから行われている場合もあります。ナビサイトの利用は3月からしかできない場合もありますけど、そういったサイトに求人を載せていない企業はもっと早くから採用活動を始めている場合もありますし、そういった企業を見つけて、そこを受けてくということも1つの手段ですし、それができるか?どうかで内定を貰える確率も変わってくることがあります。

 

したがって、短大の学生の就活の時期はいつからか?というと、やはり1年生の頃からやっていかないと間に合わないとまでは言わないが、1年生のころからやっていった方が賢明ということは言えるのではないでしょうか?具体的に言うと、1年生の秋から冬にかけてです。その頃から情報収集などは始めていった方が良いと思います。早い人はそのくらいから始めているものです。したがって、珍しいわけではないです。短大の就活はいつからやるべきか?というのは人それぞれ違うといっても、2年生になってからでは遅いのでは?という意識がある人が多いと思うのです。したがって、そのくらいの時期からやっている人は多いと思いますから、なるべく早めに動いていくことが重要になります。最大の問題は短大の人は就活をいつから始めれば良いのか?ということそのものよりも、いつから始めるべきか?という意識をできるだけ早く持つことです。その意識を持った段階が遅いと、すでに就職活動が本格的に始まっているといったことがありますから。したがって、短大の学生は就職活動への意識を入学時から持っているというのが理想です。

 

そして、四年制大学の就職活動と短大の就活ではスケジュールは大して変わらないと思いますが、その部分に関しても自分で調べていくと良いです。一般的なスケジュールの中で採用活動をやっている企業がほとんどですが、たまにイレギュラーなところもありますから。自分が受けたい企業がすでに決まっているときには、その企業の採用活動のスケジュールをチェックしておくと良いと思います。短大の就活はスケジュールも大切ですが、どういった意識で学生生活を送っているか?というのがやはり重要です。そういった部分への意識を早くから持って短大で生活をしていければ、就職活動にもスムーズに進むことができて、内定を取れる確率なども上がっていくのではないでしょうか?短大での就職活動は本当に入学してから時間がそれほど経たないうちに始めないといけないので大変だと思いますけど、大学での勉強と就職活動を並行して頑張っていってもらいたいと思います。短大の学生は1年生の秋から冬にかけて少しずつこれから迎える就活への準備をしていくと良いと思います。そのためには入学時から常に早くから就職活動を始めていかないといけないという意識を持つことが大切でしょう。早くから始めればそれだけ受けられる企業が多くなるので、多少有利になるというか、内定を取れるチャンスは広がると思いますよ。

 

あわせて読みたい記事

東北学院大学の雰囲気や立地条件と評判、口コミは?就職率や就職実績についても紹介

宮城県にある東北学院大学というのは東北のエリアでは人気の私立大学であり、ここを受験したいと思っている人は多くいるのではないでしょうか?東北学院大学は魅力が多いでしょうし、人気となっている大学です。そして、東北学院大学はこの地域では評判が良いと思うのですが、そういったものは自分でも確かめておいた方が良いと思います。東北学院大学の口コミなどはインターネットにかなりあるので、そういったものを参考にして、東北学院大学とはどういう大学なのか?についてチェックしていきましょう。東北学院大学の口コミに関してはインターネットを探すと良いのですが、ここでも少し紹介していきたいと思います。東北学院大学の学生や卒業生の口コミになります。東北学院大学の口コミとしては立地条件に関するものがあります。立地条件に関しては、学年でキャンパスが変わるというケースがあるみたいですけど、1.2年で主に使う泉キャンパスというところは駅から遠いので、バスを使うことになるみたいです。実際に通ってみると分かるかもしれませんが、これが結構不便みたいです。徒歩でも通えないことはないかもしれませんが、かなり時間がかかるようなので、バスを使うのが現実的なのでしょう。そして3,4年生が主に使う土樋キャンパスも最寄り駅から結構距離があるようなので、時間がかかるという意味では学生からの評判はそんなによくない感じがします。

 

東北学院大学での授業の方の口コミはどうか?というと、こちらは学部学科によりかなり違いますし、とっている授業によっても違いますね。したがって、どこまで参考になるか?という感じです。他の大学と同じように、勉強したい人にとってはあまりおすすめえきないとか、かなり充実していて分かりやすいとか、良い評判もありますけど、そうじゃない意見もあるので、人によって感じ方が違うという意味では、こういった部分の口コミはあまり参考にならないかもしれません。どうしても学部学科によって違いますし、学生によって授業をどう感じるか?というのは違いますよ。入ってみないと分からない部分の1つになるでしょう。でも、東北学院大学には魅力的な授業や人気の教授陣などがいるのではないでしょうか?そういったところは絶対にあると思うのです。あとは図書館が充実しているという口コミがありますね。図書館というのは大学の売りの1つになりますが、東北学院大学の図書館に関しては評判が良いので、こちらはテスト前の勉強期間とかで利用することが多いと思いますが、期待が持てるかと思います。こういったところが東北学院大学の口コミになりますが、自分でも調べてみてほしいと思います。自分なりの東北学院大学に対する新発見があるかもしれないので、受検をする前に評判についてはチェックをしておきましょう。

 

では、東北学院大学のキャンパスの雰囲気についても簡単に紹介しておきます。泉キャンパスの雰囲気はいわゆる大学のキャンパスという感じで、白を貴重とした建物が目立ち、清潔感が感じられるような雰囲気になっています。土樋キャンパスの方はどちらかというと、ヨーロッパ的な雰囲気を感じます。というか、何ていうかな?昔の学校にありそうな校舎って感じがするんですよね。こちらも白い建物が多くて清潔感を感じますが、大学のキャンパスとしてしっくりくるのは泉キャンパスの方かな?という感じです。これは個人的感想なので、自分でも見てもらいたいと思います。オープンキャンパスなどを利用すればキャンパスの雰囲気についてはよく分かると思うので。では、最後に東北学院大学の就職状況について見ていきましょう。東北学院大学の就職状況に関してはデータが細かすぎるんですよね。ホームページに就職実績とかが載っているんですけど、学部学科別に就職先の業種などがすごい細かく載っていて、どこを紹介して良いのか?困るレベルなのです(笑)それくらい親切にまとめてくれているということなので、そこは評価できると思うのですが。東北学院大学の就職率も学部学科別に載っています。これを見ると、工学部が異様に高いです。100%に近いです。平成27年度のデータでは99%とかになっているので、かなり就職率は良いです。ちなみに文系学部でいうと、90%前後となっています。平成27年度のデータで1番良い学部は教養学部も93%くらいかな?

 

東北学院大学の文系学部の就職率の平均は89.5%となっています。就職先の企業とかも載っているので、気になる人は見て欲しいと思います。でも、東北学院大学の就職状況についてはかなり詳細に載っているので、全部を丁寧に見ようと思ったら、結構時間がかかると思います。でも、それだけ全てを曝け出してくれているというのは大きいです。東北学院大学の就職実績については、受験生も見ておくと良いのではないでしょうか?こういったところも大学選びに関しては重視する人がいると思うので、東北学院大学の就職実績などに関してはホームページを見ておくと良いと思います。学部学科ごとに結構違いがあるので、そこまで認識しておけると良いと思うのです。東北学院大学はこの地域では人気の大学になると思いますし、魅力も多くあると思いますけど、自分の中でそういったものを是非発見してみてほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事

夏に半袖を着れない、着たくない理由は似合わないから?重ね着や長袖、7分袖も人気

夏になるとみんな半袖を着ますが、半袖を着たくないという人もいるのではないでしょうか?サラリーマンとかはクールビズで半袖を着ている人が大半で、長袖を着ている人はあまり見ないです。学生に関しても同様ですが、私服が許されている大学生とかに関して言えば、夏でも半袖を着ていない人はそこそこ見かけます。私が大学生のときにもいましたし、私自身がそもそも夏に半袖を着たくない人間だったので、半袖はほぼ着ていません。じゃあ長袖を着ていたのか?というと、正確に言うと7分袖と長袖を使い分けていました。7分袖はそのまま着ていましたが、長袖は腕まくりをして着ていたのです。私みたいに夏に半袖を着れない人というのはいると思います。それは似合わないという理由もあるかもしれませんし、他にも理由があるでしょう。私の場合には腕が細いので半袖を着られないというのもあれば、半袖が似合わないという理由で着ていませんでした。だから、私は大学生以降というのはずっと夏になると長袖や7分袖を着ていたのです。夏に半袖を着られないと暑いんじゃないの?と思う人もいるでしょうけど、これは暑いですよ。ただ、暑いのは半袖を着ている人も一緒で、35度の体感温度が36度になるくらいの差でしかないと思います。

 

現実的には袖の長さによって体感温度を劇的に変える力はないと思っているので、私は機能性よりも見た目を重視したわけです。だから、夏に半袖着れないとしても全然私は問題なかったと言えるのです。夏に半袖を着たくない人がいるというのは、ファッションや見た目を意識しているからだと思います。そういったところを一切意識しないで良いならば機能性を重視すれば良いだけなので、半袖を着ない理由はないわけです。でも、あえて半袖を夏に着たくないと思っている人がいるということは、機能性を犠牲にしてでも見た目を重視したいと思う人がいるからということになり、そういう人はそこに自分なりのこだわりを持っているということなのでしょう。それに半袖を夏に着ている人は多くいますが、半袖を着ている人は長袖を着ている人に暑くないの?と疑問を持つわけですけど、ノースリーブという選択肢もあるわけです。そうなると、半袖を着ている人はなぜノースリーブを着ないのか?という疑問もあるわけです。そうなると、ノースリーブを着ない理由も、結局同じなんじゃないか?と思えてくるということいなります。これは想像ですけど、ノースリーブを着ない理由も似合わないからとか、好きじゃないからとかになるんじゃないですかね?

 

私もノースリーブは着ないですね。半袖も着ないですけど、ノースリーブはもっと似合う気がしないです。だから、夏は半袖も着られないですが、ノースリーブも厳しいです。夏に半袖を着れない人はだからおかしくないと言えるわけです。半袖よりもノースリーブの方が涼しいのに、ノースリーブを着ている人の方が少ないでしょう。特に男性は。そうなると、機能性よりも見た目を重視しているのではないか?という推測が成り立ち、それは夏に長袖を着ている人と同じ理由になるのですから、みんなと同じ考え方になるということになります。あと、夏には半袖で重ね着をしている人もいます。これはもっと暑いでしょう。レイヤードをした方が見た目がオシャレだからやっているわけですが、これも機能性を犠牲にして見た目を重視しているパターンです。夏はTシャツ1枚とかの人が多いですから、半袖の重ね着をしていると良い意味で目立ちます。そこを狙っている人がいるのではないか?と思います。夏には半袖の重ね着をするということですが、半袖に長袖のレイヤードをしている人もいると思います。下が長袖で上に鼻袖を重ね着するような感じです。そういうパターンもあって、結構みんな暑い中でファッションを頑張っているというか、暑さを犠牲にして見た目のこだわりを突き詰めているんだなということが分かります。

 

夏に半袖を使ってレイヤードするというのも1つのコーディネートですが、夏は半袖を着ていても暑いわけですから、重ね着をして暑いのも一緒という気持ちはよく分かります。私は夏に半袖を着れない理由は似合わないからというのが大きいですけど、普通に半袖1枚を着ていない人、ノースリーブを着ていない人も含まれますけど、やっぱり似合う、似合わないという部分は服装を決めるうえではかなり重要な要素になるということなのでしょう。夏に半袖で涼しい格好をするのはほぼ不可能なので、開き直って暑くて構わないと思ってオシャレをするのは結構合理的かもしれないです。夏に半袖を着たくないと思うならば、着ない理由としては十分じゃないでしょうか?夏には半袖を着ようが、何しようが涼しい格好をするのは難しいと思うので、涼しさという機能性を重視した服装をすることは不可能に近い気がします。相対的に涼しい格好はできなくはないけど、限界がありますし、体感としては涼しいどころか、暑いんですよ。だから、夏に長袖を着たり、半袖を使って重ね着をするというの間違いではないでしょうし、少数派かもしれないが、問題のない格好と評価できると思います。だから、夏に半袖を着ないのは不自然と思う人もいるかもしれませんけど、積極的にそういう格好をしていくのも良いのではないか?と思います。

 

あわせて読みたい記事