リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

りそなグループの就職の難易度や倍率は?大学名や学歴の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

りそなグループの就職の難易度はどうなっているのでしょうか?倍率は非常に高いでしょう。りそな銀行が特に有名ですけど、りそな銀行としてではなく、りそなグループとしての採用になっています。したがって、りそなグループとして採用試験を受けていかないといけないのです。りそなグループは採用人数が多く、毎年500名くらい内定を貰っているようです。募集人数は多いですけど、りそなグループの就職の難易度は相当でしょう。倍率も高いと思いますが、選考も長いと思うので、内定までたどり着くのは大変だと思います。りそなグループの就職の難易度は詳しく調べても、倍率が見つからないので、りそなグループの就職の倍率が分からないという意味では、りそなグループの就職の難易度を正確に把握するのは難しいと言えます。りそなグループの採用試験の難易度は細かくば分かりませんが、銀行業として準メガバンクのような扱いとなっているので、りそなグループは安定性が高いと感じている人が多いという意味では、人気であり、倍率も高いのではないか?という予想は容易にできます。しかし、りそなグループの将来性は正直言って分かりません。詳しくは後述します。

 

りそなグループの就職の難易度に関して、学歴フィルターの存在などが気になっている人もいるはずですが、りそなグループの就職では学歴フィルターはあるのでしょうか?りそなグループの就職に関して学歴フィルターの存在は気になる人も多いと思いますけど、これに関しては何とも言えません。りそなグループの規模を考えれば、学歴フィルターがあっても不思議じゃない気もします。ただ、りそなグループの採用実績校を見ると、特にこれといった大学名は載っていません。したがって、全国の国公立、私立大学から採用しているというスタンスなのでしょう。りそなグループの就職で学歴フィルターがありそうな雰囲気は感じられませんけど、正確には言えないのです。あと、学部学科は関係あるのか?というと、これに関してはりそなグループの就職のページのQ&Aに関係ないということが書かれています。実際、りそなグループの就職では理系からの採用もあるので、関係ありそうな雰囲気はないです。経済学部、経営学部、商学部とかが有利じゃないか?という思う人もいるかもしれないですけど、大学で学ぶことと銀行業の業務がそれほど関連するとは思えませんし、新卒は即戦力を期待しているわけではないので、これから伸びてくれればいいというスタンスだと思います。

 

経済学部や経営学部、商学部が有利というイメージは、そういう学部の学生が多く銀行を受けているからでしょう。それか銀行に入りたいと思っている人がそういう学部に入るケースが多いという結果論も関係していると思います。だから、特定の学部学科じゃないと不利になるといったことは考えづらいです。りそなグループの就職では学歴フィルターはない気がしますけど、学部学科ごとの有利不利もないと思います。でも、りそなグループの就職では学歴や大学名が関係しないということではないと思うのです。大学名や学歴は直接関係はしないと思いますが、採用の過程において関係はすると思います。りそなグループの就職では大学名や学歴を考慮する可能性があるということなのです。とはいっても、就活ではいろいろな面が考慮されるので、その一部でしかないのですが、例えば、ルックスが良い人が有利と言われることもありますけど、それと同じような感じかもしれません。りそなグループの就職では学歴や大学名が関係する可能性に関しては、あらかじめ考慮しておきましょう。りそなグループの就職の難易度に関係する部分なので知っておいてほしいです。りそなグループの就職の倍率は非常に高いと思いますし、難しい試験になると思いますけど、入社前にりそなグループの評判について知っておきましょう。働き方に関する部分などについてりそなグループの評判を調べておくと、そこから志望動機なども浮かびやすくなるかもしれませんから。

 

りそなグループの社員の口コミを紹介していきますが、りそなグループの平均年収は900万円くらいのようです。これは一般的に見れば高い数字ですけど、メガバンクと比べると低く、そこに関して不満を持っている社員がいます。人によって貰っている額は違いますけど、平均年収は高いものの、各自の給料に関して満足している声はあまりないです。他の銀行と比べてしまうみたいなんですよ。上を見たらメガバンクがあるのはしょうがないのですが。しかし、りそなグループの平均年収についてはそういった口コミがありますが、労働時間についてはちゃんとセーブされているようで、りそなグループでは激務な面はあまり見られないと思います。りそなグループでは概ね18時退社ですが、どんなに遅くても20時までには退社するようになっているのです。20時を過ぎて残業していると、警備会社に連絡がいってしまうので、それ以降は会社にいられないので、20時までに退社しないといけないことになっています。残業もある程度セーブされており、りそなグループでは激務な部分はあまり感じられません。銀行は忙しいイメージがありますけど、りそなグループでは忙しい部分がないとは言えませんが、社員の口コミを見る感じでは、激務な面はあまりないんじゃないですかね?部署とか、職種にもよりますけど、りそなグループの社員の評判はこういった部分に関しては良好となっています。

 

りそなグループの就職における評判は各自でもチェックしてほしいです。りそなグループは激務なのか?忙しいのか?平均年収はどれくらいか?といった部分以外でも各自で調べておくと、会社への理解がより深まります。したがって、自分でもりそなグループの就職の評判について調べて、りそなグループの面接対策や企業研究などに生かしてほしいです。りそなグループの志望動機などを作るときに、こういった点を知っておいた方が有利になることもありますから。りそなグループの就職の難易度は高いと思いますが、銀行業というのは今後分かりません。安定性がある業界というイメージではありますが、業界自体は安定しているでしょうけど、社員が安定するとは限らないのです。銀行員の数は今後ドンドン減少していく予想がされており、メガバンクの中でもそういった動きがすでにあるので、りそなグループもどうなるか?は分かりません。会社の安定はあっても、雇用の安定があるか?は分からないのです。だから、りそなグループの将来性はそういった部分でも評価していかないといけないと思います。りそなグループに就職するには高い倍率を乗り越えないといけないので、かなり難しいでしょうけど、しっかりと情報を集めて、企業研究へとつなげて、面接などでアピールできるように頑張ってほしいと思います。

 

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。キミスカというナビサイトは一風変わった仕組みになっており、学生が検索して好きな企業を見つけたら、そこにエントリーをするという従来のようなタイプではなくて、キミスカで採用活動をしている企業が、そこに登録している学生の中で気になる人材を見つけた場合にスカウトを送るという流れになっているのです。企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。

 

しかし、キミスカというサイトはスカウトがこないと就活ができませんが、スカウトが着た場合にはその会社はあなたに少なからず興味があると、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けることで内定が少しでも取りやすい企業を受けることができます。スタート時点ですでに自分に興味を持っているという状況は大きいのです。そこがキミスカのメリットということになります。また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事