リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

NTTデータの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

NTTグループの中でもそんなに知名度があるわけではないかもしれませんが、NTTデータというのは大きな会社になります。社員数が1万人以上いるので、かなり大きな大企業と言えます。NTTデータに就職したい人はかなり難しいということを知っておきましょう。NTTデータの就職の難易度をまずは知っておく必要があります。NTTデータの採用試験の難易度については、まずは倍率を知っておく必要があるでしょう。NTTデータに就職するにはその倍率を超えないといけませんが、NTTデータの就職における倍率はおよそ20倍強くらいとなっています。従業員数から察することができるように、採用人数も多いですから、倍率はそこまでじゃないと言えるのです。それでも高いですけど。NTTグループに就職したい人はそういった点をまずは把握していきましょう。

 

NTTデータの就職では学歴フィルターはあるのか?

NTTデータの就職における難易度を確かめるためには、まずは学歴フィルターが重要です。NTTデータの就職の倍率からするとそこまで高くはないので、学歴フィルターはないんじゃないか?と思うかもしれません。ただ、従業員数1万人以上を超える企業なので、ここまでの大企業だと学歴フィルターがあっても不思議じゃないかもしれないのです。NTTデータに就職するにはそういった難関があるのか?ということですが、NTTデータの採用実績校をチェックするとそういった点が分かりやすくなります。NTTデータの採用実績校をチェックすると、いろいろな大学名が載っているのが分かりますけど、全体的には国公立、私立の有名大学が多いですが、Fランク大学と思われる大学名も載っており、そういった点を見るとNTTデータの就職では学歴フィルターはないんじゃないか?と思います。NTTデータに就職するにはいろいろな選考をクリアしないといけませんけど、学歴フィルターの有無はNTTデータの就職の難易度においてかなり重要と言えます。学歴フィルターは恐らく問題ないと思いますが、学歴フィルターがないとしても、NTTデータの就職では学歴や大学名を全く見ない、一切関係ないということではないと思うのです。

 

この会社のレベルになると、学歴や大学名を気にしないということはないでしょう。だから、NTTデータの就職では学歴や大学名はチェックはするんじゃないか?と思います。学歴フィルターとしては存在しないけど、学歴や大学名を見て選考の合否の決定に加味するということは普通にあり得ると思うのです。でも、今更学歴や大学名は変えられませんから、他で頑張れば良いと思います。割合的には学歴や大学名よりも人物重視の部分が大きいと思いますから。面接を通じてチェックをして、人間性がどうか?潜在能力はどうか?これからの成長力はあるか?という点を間違いなく見ていると思います。だから、NTTデータの就職では学歴や大学名よりはそういったところに力を入れてアピールをすれば、自分の大学に自信が持てない人であっても逆転できます。NTTデータの就職の難易度は高いはずですが、そういったところ重視していくと良いと思います。NTTデータの就職の倍率はそこそこありますから、その中で内定を掴むにはそういったところが重要ですから。

 

NTTデータの就職の評判はどうなっている?

NTTデータに就職したい人は評判についてもチェックしておきましょう。NTTデータの社員の口コミからそういったところを紹介していきますけど、NTTデータの平均年収から見ておいてほしいです。平均年収は800万円程度ありますから、こういった数字だとかなり高水準という評価になりますし、ここはNTTデータでも評判が高い部分ですね。働き方に関しては、プロジェクトの進捗度合いによって、激務になったりすることがあるようですが、労働時間の管理はきちんと行われているという評価があります。どうしても残業が増えて、NTTデータの仕事としても激務になることもあるみたいですが、長時間労働にならないように、勤怠管理システムで一定時間の残業を越えると警告がされたり、上司から注意を受けるようになっているようで、社内としても長時間労働を良しとしない空気があり、そのためのシステムが整っているのです。上司と労働組合の2つから労働時間を管理されているので、ブラック企業とは程遠いという口コミもあり、社内の評価としてもNTTデータはかなり好印象なのでしょう。激務になることはあっても、限度は越えないって感じなんでしょうね。

 

NTTデータの平均労働時間が1日あたり9~10時間になっているので、これは標準かな?という気がします。どんな会社でも忙しいときは絶対にありますし、NTTデータでも仕事が忙しい瞬間はあるとは思います。そこはしょうがないですけど、長時間労働には気を配っており、それでいて平均年収が高いので、NTTデータの就職の評判はそういった点を評価すると良いと思います。休日出勤があっても、振替休日はちゃんと取れますし、残業代はちゃんと出ますし、あとは有給休暇に関しては未消化部分があると、上司から消化するように促されるようなことがよくあるらしいので、結果的に有給休暇は全部消化しやすい職場環境になっているようですから、働きやすい会社なのではないでしょうか?NTTデータの就職の評判としてはそういった感じです。NTTデータの仕事は激務と感じるときもあるかもしれないですけど、忙しい中でも魅力はありますし、NTTデータに就職したい人はそういったところを知っておきましょう。NTTデータに就職するには倍率は高いと思います。NTTデータの就職における難易度も高いでしょう。対策をしっかりとやって本番の選考を受けてほしいですけど、その前には会社の評判を把握して、それで企業研究を兼ねて、モチベーションを高めたうえで受けていくと良いのではないでしょうか?

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思いますけど、知名度が高くないナビサイトの中にも非常に優れた特徴を持っているところがあります。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で起業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。

 

でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けることで内定が少しでも取りやすい企業を受けることができます。そこがキミスカのメリットということになります。また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用もできますから、併用ができるというのはポイントになります。通常のやり方で自分で会社を選んでエントリーをしながら、キミスカでスカウトが着たときだけ対応すれば良いので、両方を使っていけます。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事