リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

ホクトの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

株式会社ホクトは食品会社として、結構大きな会社となっています。社名よりもテレビCMが有名になった経緯もあり、ホクトという社名を知らない人でも、この会社のことを知っている人は多くいると思います。「きのこの唄」というのが、10年以上前に流行ったのです。ホクトの就職の難易度はどれくらいか?というのはかなり重要ですけど、ホクトの就職の倍率は公開されていないようなので、そういったところはちょっと把握しづらい状況となっています。しかし、ホクトの就職の難易度は高いとは思います。大きな会社ですし、毎年の採用人数がそこまで多いわけではないので、倍率はそれなりに高い可能性があります。例年の採用人数でいうと10~30人くらいなので、すごい少ないわけではないですけど、すごい多いわけでもないので、ホクトの就職の倍率が気になります。

 

・ホクトの就職では学歴フィルターはあるのか?

ホクトの就職における倍率が分からないので、ホクトの採用試験の難易度もちょっと把握しづらい面があります。しかし、ここで重要なのはホクトの就職では学歴フィルターがあるか?ということです。ホクトの就職における難易度として重要な面になりますけど、ホクトの就職において学歴フィルターがあるか?どうかの判断をするときには採用実績校を見ていくと良いと思います。倍率が分かれば、そこから推測することもできますけど、ホクトの就職における倍率は分からないので、採用実績校をもとに考えていきましょう。ホクトの就職の採用実績校を見ると、かなり幅広く大学名が載っており、Fランク大学であると思われるところも確認できます。したがって、ホクトの就職では学歴や大学名において、そんなに厳しい基準が存在するわけではないのではないか?つまり、学歴や大学名は採用の基準としてそこまで関係ないのではないか?という可能性もあるのです。学歴フィルターがないとは言い切れないものの、可能性は低いと思います。

 

ホクトの採用試験の難易度はどっちにしろ高いと思うのですが、ホクトの就職では学歴や大学名がそこまで関係ない可能性があります。ということは、それ以外の部分が評価対象になるということです。そうなりと、人物重視ということになると思うので、ホクトの就職では志望動機や自己PRなどの面接対策に関して、特に重要と言えます。どの会社でも面接はやるはずなので、ホクトの志望動機や自己PRというのは絶対に考えておかないといけませんけど。人物重視ならば、面接試験が特に重要なので、それに対する対策をきちんとやっておきましょう。ホクトに就職したい人は対策をすることが重要ではありますけど、さらにホクトの就職の評判についても知っておいてほしいです。ホクトの仕事は激務か?とか、年収はどうなっている?とか、いろいろなことが気になると思うので、ホクトの社員の口コミを簡単に紹介していきます。

 

・ホクトの就職の評判はどうなっている?

ホクトの就職の評判をチェックする際には、まずは平均年収に関して知っておきましょう。ホクトの平均年収は500万円前後となっています。そこまで凄い高いわけではないですけど、それなりの数字となっているので知っておきましょう。ホクトの給料面に関する口コミでは、400万円くらいまでは割とスムーズに上がっていきやすいが、それ以降は伸び方が緩やかになっていくという感じです。ただ、給料はゆるやかでも上がっていく分マシな気はします。あと、ボーナスは年に2回出るようなので、そういったところに関してはしっかりと頭に入れていくと良いでしょう。ホクトの就職の評判では給料に関しては重要ですけど、仕事が忙しいか?とか、そういった部分も重要と言えます。ホクトの仕事は激務なのか?と言えば、社員の口コミがあまり多くないので、そこは考慮しておいてもらいたいですが、激務というほどの雰囲気ではないと思います。部署によって働き方が違うので、場合によってはホクトの仕事が激務という場合もあるかもしれませんけど。1日の平均の労働時間が9~10時間となっているので、残業はあるようですが、そこまでの長時間労働ではないということになります。ここはホクトの就職の評判として重要な面でしょう。

 

だから、残業時間に関しては部署によって異なるものの、数字としては標準の範囲内だと思うのです。激務とまではいかないのではないでしょうか?ただ、ホクトでは気になる口コミもあって、有給休暇が使いづらいという声もありますし、飲み会や忘年会は強制に近い状況という評判もあります。他の会社でもそういう状況はあり得ると思いますけど、ホクトでもそういった口コミがあるので、ホクトに就職したい人は知っておきましょう。ホクトの就職の評判をチェックすると、平均年収はそれなりで、仕事内容は激務ではなさそうです。ただ、マイナス面が全くないか?というと、そうではないと思うので、そういったところを理解したうえで受験していきましょう。ホクトの採用試験の難易度はそれなりには高いと思うので、しっかりと対策をして受けて欲しいと思います。ホクトに就職したい人は企業研究も兼ねて、こういった会社の実態に関しても理解しておくと良いと思います。

 

・就活で内定を取るためにおすすめのナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。キミスカというナビサイトというのは、普通のナビサイトとは違います。自分が企業を検索して、その中で好きなところにエントリーをするというものではないのです。キミスカで採用活動をしている企業側がキミスカ内に登録している学生を検索して、気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

そうなると、スカウトが届いた企業を受験することで、自分への関心がすでに存在しているところを受けられるので、それはつまり少しでも内定を取れる確率が高い企業を受けられるということを意味するのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事