リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

東武鉄道の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

東武鉄道に就職をしたいと思っている人もいるでしょう。東武鉄道というのは大手の私鉄の1つになり、かなり大きな会社で、安定もしているので人気と言えるでしょう。東武鉄道の就職の難易度に関してはかなり重要ですが、倍率を見ておくと良いと思います。しかし、東武鉄道の就職における倍率というのは公開されていないようなのです。したがって、東武鉄道の就職の難易度はちょっと分かりづらいのですが、東武鉄道に就職したい人にとって重要なのは学歴フィルターになるでしょう。東武鉄道の就職では学歴フィルターが存在しているのか?ここを特にチェックしていきましょう。

 

東武鉄道の就職では学歴フィルターはあるのか?

東武鉄道の就職における難易度をチェックする際には学歴フィルターの有無は重要です。東武鉄道の就職の難易度に関係してくるので、しっかりと調べておきましょう。ただ、東武鉄道の就職の倍率が分からないので、そういった部分からではなくて、別のアプローチをしていきます。東武鉄道の就職においては採用実績校をチェックしていくと良いでしょう。東武鉄道の就職の採用実績校を見ると、大東亜帝国までは採用があります。したがって、そういった大学名を見ると学歴フィルターがある可能性は低いでしょう。学歴フィルターの基準としては日東駒専~MARCHまでが相場となっているようです。だから、大東亜帝国まで採用があるならば、東武鉄道の就職では学歴フィルターがある可能性は低いと思います。東武鉄道の就職では学歴や大学名に関してはそこまで重要ではないということです。しかし、全く関係ないということではないでしょう。東武鉄道の就職では学歴や大学名が無関係とは言えないと思うのです。

 

東武鉄道の就職では学歴フィルターはないとしても、学歴や大学名も関係するということは頭に入れておきましょう。しかし、そういった部分は今から変えられませんから、努力をする部分というのは、東武鉄道の面接対策になるでしょう。東武鉄道の志望動機や自己PRなどをしっかりと練っておくことが重要なので、そういった点を考えておいてほしいです。東武鉄道の評判も重要と言えますから、東武鉄道の社員の口コミをしっかりとチェックしておきましょう。東武鉄道に就職したい人は難易度とは別にそういった面をしっかりと理解してから、受けていくと良いと思います。東武鉄道の仕事は激務なのか?といったことがかなり気になると思うので、そういった部分を把握していくと、納得して受験ができると思います。

 

東武鉄道の就職の評判はどうなっている?

東武鉄道の就職の評判について知っておきましょう。東武鉄道の社員の口コミから紹介をしていきますが、まずは平均年収を頭に入れておきましょう。東武鉄道の平均年収についてはおよそ700万円前後となっています。したがって、かなり高いです。そして、問題は働き方になります。東武鉄道の社員の口コミでは、現業と本社勤務でかなり違いがあるそうです。特に気になるのは現業の方が楽で、本社勤務の方が忙しいということです。東武鉄道の労働時間の1日の平均は9~10時間となっていますけど、現業職の人の口コミを見ると割と働きやすそうです。激務な雰囲気はないです。特に休暇が取りやすいという口コミがあり、有給休暇は100%とれるとされていて、東武鉄道の就職の評判としてはかなり満足している感じでした。それ以外の休日もしっかりと取れるとなっています。普段の仕事では忙しいときはあると思いますけど、休日に対する評判は高いです。東武鉄道現業職の仕事は激務までいくか?どうかは微妙ですが、この業界は休みをとれるか?という点が特に重要なので、こういった口コミはかなり重要と言えます。

 

一方で、本社勤務の人の口コミを見ると、現業職の口コミとは対照的な面が見えます。本社勤務の人たちはかなり忙しい日々があるようで、数か月間休みがないこともあるという状況みたいです。かなり激務な面が見受けられます。そして、休日出勤があったときには代休をとることになりますが、その代休の日にも出勤しないといけないことがあり、とにかく仕事量が多いという状況になっているようです。本社勤務人たちはかなり激務な日々を送っている可能性があるということで、こういった東武鉄道の就職の評判はかなり重要です。本社勤務も全ての人がこういった働き方をしているとは限りません。口コミの数が多くないので、部署ごとの状況を伝えきれないのです。こういう人もいるということなので、そこは理解しておいてほしいです。東武鉄道の採用試験の難易度を理解しつつも、会社の実態を知っておいてほしいので、こういった部分は調べておきましょう。

 

あわせて読みたい記事