リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

ファンケルの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

ファンケルと言えば健康食品で有名な会社ですが、就活生にはかなり人気となっており、就活でこういった会社を受けたいと思っている人は多くいるでしょう。ファンケルの就職の難易度に関しては、倍率をチェックすると良いと思いますけど、ファンケルの就職の倍率はデータが公開されていないので、正確な倍率を知ることができません。ファンケルの就職における難易度に関してはそういった角度からは掴みづらいですけど、有名な会社なので、ファンケルに就職したい人はかなり多くいると思います。したがって、ファンケルに就職するには高い倍率を突破していかないといけないということは間違いないと思います。ファンケルの採用試験に関する部分では学歴フィルターが重要と言えます。学歴フィルターがあるか?どうかで、難易度に大きく関係しますから。ファンケルに就職したい人はそういったところをまずチェックしておきましょう。

 

ファンケルの就職では学歴フィルターはあるのか?

ファンケルの就職における難易度を理解するには、まずは学歴フィルターが重要になります。ファンケルに就職するにはこの学歴フィルターを突破しないといけない可能性があるのですが、倍率が分からないので推測が難しいです。したがって、採用実績校からファンケルの就職で学歴フィルターがあるのか?について判断していきましょう。ファンケルの就職の採用実績校に関して言えば、いろいろな大学からの採用があり、大東亜帝国レベルよりも下と思われる大学名が載っており、こういったところを見ると、ファンケルの就職では学歴フィルターはないと思います。ファンケルの就職における難易度という意味では学歴フィルターはとても重要です。ただ、採用実績校を見る感じでは、学歴フィルターがある可能性は低いと思います。本当はファンケルの就職における倍率が分かれば、学歴フィルターの有無は判断しやすいですけど、そういった情報がないので、採用実績校を見て考えてみました。

 

ファンケルの就職では学歴や大学名というのはチェックはすると思うのですが、それが合否の要素として非常に大きな存在となることはあまり考えづらいです。学歴に関しては新卒採用であれば、大学卒業であれば基本的にはOKでしょう。ただ、中には院卒の人もいますし、短大や高等専門学校の人などもいます。そして、大学名については多少は関係する気がしますが、それだけで合否が決まることはないと思うので、あまり気にしないで良いと思います。学歴や大学名とは別に就活では求められている重要な面がありますから。結局は面接試験などの人物試験の評価が重要なので、そういったところは知っておきましょう。ファンケルの採用試験の難易度は恐らく高いはずです。具体的な倍率は分かりませんけど、ファンケルの就職の倍率も高いと思いますから、ファンケルに就職したい人はしっかりと対策をしておきましょう。そして、ファンケルの就職の評判についても知っておいてほしいです。かなり難しい企業だと思いますが、入社するときに後悔しないようにするには事前に会社の実態を理解しておいてほしいですから。社員の口コミから、仕事は忙しいのか?激務なのか?といったことについて、知っておきましょう。

 

ファンケルの就職の評判はどうなっている?

ファンケルに就職したい人は評判に関しても知っておくと良いです。平均年収から紹介していきますけど、ファンケルの平均年収についてはおよそ600万円弱くらいです。世間の平均年収よりは高いです。大きな会社なので、給料面は恵まれていると言えると思います。問題は働き方に関する口コミになりますが、ファンケルの仕事は総合職、販売職、生産技術職、研究職などに分かれています。ファンケルの社員の口コミを見ると、多くが販売職です。それ以外の口コミもありますが。販売職に関しては、店舗での勤務になり、店舗ごとに働き方は異なりますが、多くの口コミにおいて激務な雰囲気はありません。残業があまりないようで、あっても1日1時間~2時間くらいで、定時で帰ることができることが多いみたいです。ただ、休みに関してはどうしてもとりづらいようで、店舗の営業日の事情により、年末年始などもあまり休めない、3連休以上もまずできないということが言われており、休みに関してはあまりいい評判はありません。ファンケルの仕事は店舗では激務という雰囲気ではないかもしれませんが、忙しい雰囲気も一応あるということです。

 

それ以外の総合職、生産技術職、研究職に関してもある程度共通の部分は多く、労働時間がそこまで長い感じではないです。そもそもファンケルの1日の平均労働時間は8~9時間なので、残業があってもそこまで多くはないので、激務ではないでしょうし。ただ、同じように休日に関しては思ったほどとれないとか、そういうファンケルの社員の口コミがあります。有給休暇に関してもとりづらい雰囲気を感じている人も多いようで、社内全体として休みやすい職場という感じではないようです。大型連休はまずとれないので、旅行などにも行けないという口コミがあります。残業代に関しては1分単位で計算されるという口コミもあれば、サービス残業があるという口コミもあります。全体的にファンケルの就職の評判としては仕事がすごい忙しい感じではないけど、楽な雰囲気でもないです。販売職に関しては店舗ごとに異なっていると言えますから、割と楽な職場とそれなりに忙しい職場があるはずです。総合職、生産技術職、研究職などに関してはその中間くらいの感じで、ファンケルの仕事は激務ではないが、多少は忙しいと感じられる程度であり、社内全体の共通するのは休みがあまり多くない、有給休暇が取りづらいというものです。ファンケルの採用試験の難易度は高いと思いますが、受ける前にはこういったファンケルの就職の評判について知っておきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。だから、仮にスカウトが届いたならばその企業を受けることで、自分に関して興味を持ってくれていることが決定的な企業を受けられるので、これは従来のナビサイトでは実現できなかった部分です。

 

ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。また、キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできます。今までのように自分で検索して、良いなと思った企業にエントリーをしながら、スカウトを待って、スカウトがきたときのみ対応すれば良いということなのです。タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事