リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

野村証券の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名は関係ある?激務や忙しい評判はあるのか?

【スポンサードリンク】

証券会社に憧れを持っている人、就職したいと思っている人は多くいると思うのですが、その中でも野村證券は大手の会社になります。野村證券は金融に興味がない人でも名前は知っているはずで、それだけ知名度が高い大手の会社ということになります。従業員数も多く、安定した将来性が期待されますが、野村證券に就職したい人はその難易度を知っておかないといけません。野村證券の就職の難易度はどれくらいなのか?というのは就活生も知っておきましょう。野村證券の就職の難易度に関しては、かなり難しいです。したがって、野村證券に就職したい人はかなり努力をしないといけないと思いますが、野村證券の就職の難易度について簡単に理解するために倍率を紹介しておきましょう。野村證券の就職の難易度に関しては、倍率で言えば100倍超と言われています。正確な倍率は載っていないので、推測ということになりますが、内定を取れるのは100人に1人以下ということになっていますから、そこは知っておいてほしいと思います。大手企業なので、野村證券の採用試験の倍率が高いのは当然ですが、それにしても難しいです。野村證券に就職したい人はこういう倍率を勝ち抜いていかないといけないというのは覚えておきましょう。

 

野村証券の採用試験の難易度に関して話していますが、気になるのは学歴フィルターの存在ではないでしょうか?野村證券には学歴フィルターはあるのか?というと、これも推測しかできませんが、なさそうな気はします。根拠としては、野村證券の過去の採用実績校のデータになります。野村證券の採用実績の出身大学のデータがあるのですが、そういった野村證券の就職の採用実績校を見ると、東大、京大、早慶、MARCH、関関同立など有名な大学名が並んでいるわけですよ。これを見ると、有名大学の学生を採るのか?と思うかもしれませんが、問題はこういった有名大学のみで全体の50%を切っているということです。採用した人の出身大学を見ると、東大、京大、早慶、MARCH、関関同立までのラインで全体の半分以下ということなので、これ以外の大学から採用している人が全体の半分以上ということになります。ってことは、こういった高い偏差値の大学以外からの採用も多くあるってことなのです。これらの大学以外では他にも有名国公立大学もありますし、日東駒専産近甲龍などもあるのですが、そこまで高い偏差値の大学じゃなくてもチャンスはあると言える可能性があるのです。したがって、野村證券の就職では学歴フィルターはない可能性も十分あります。学歴フィルターの有無は正確には分かりませんけど、野村證券の就職の出身大学を見ると、学歴にそこまでこだわりがある会社とは見えません。だから、学歴フィルターとかは気にしないで野村證券の就職を目指してみると良いかもしれないのです。

 

野村證券の就職の難易度は高いですが、学歴フィルターの心配がなければ多くの人にチャンスがあるわけですから。ただ、野村證券の就職では学歴フィルターがなくても、学歴や大学名が無関係とは限りません。書類選考などの過程で、大学名や学歴が考慮されている可能性はあります。したがって、野村證券の就職では学歴や大学名で合否が決まるとは言えませんが、合否に考慮される可能性はあります。それはどの会社でも共通化もしれませんけど。でも、中には学歴フィルターで合否を決めてしまうところがあるので、仮に野村證券の就職で学歴フィルターがなければ、そこは大分マシかもしれませんが。でも、高学歴の人からしたら学歴フィルターがあった方が良いのかもしれませんが。野村證券の就職の倍率は高いですから、何らかの方法で足霧はするのではないでしょうか?それが学歴フィルターなのか?そうじゃないのか?というのは推測しかできませんが、野村證券の就職では学歴フィルターはないのではないか?と個人的には予測しています。野村證券の就職の難易度は高いので、いずれの選考も難しいとは思いますが、野村證券に就職したい人はしっかりと対策をして、臨んでいくようにしましょう。それでは野村證券の就職の評判についても少し紹介していきます。実際に野村証券で働いている人の口コミから、車内の評判について知ると、野村證券の企業研究にもなりますし、野村證券を受けるべきか?入社すべきか?といった判断材料になる可能性もありますから。野村證券社員の口コミは詳しくチェックしておくと良いと思います。

 

野村証券の平均年収に関しては数字としては1000万円近い数字みたいです。年齢にもよるのですが、ある程度の年齢になれば1000万円程度の年収になっても不思議じゃないということなのでしょう。平均年収に関しては不満を感じている人は少ないみたいです。したがって、野村證券で働くと平均年収はそれなりに高くなりやすいので、そこは野村證券に就職する評判の1つになります。口コミを見ても満足している人が多いみたいです。ボーナスについても基準がしっかりしていて、モチベーションが上がりやすいという口コミもありますから。働き方に関しては、野村證券の評判としては労働時間が全体としてはそこまで長くないという口コミがあります。帰社時間に関しては厳しく管理され、残業が多くならないように徹底されているという声があるのです。つまり、激務になりづらい状況があるということなのです。野村証券では激務にならないように、帰社時間は気を付けているので、夜遅くになるまで仕事をするということは少ないのかもしれません。ただ、これは総合職は例外という声もあり、全体として野村證券が忙しいわけではないというわけではないのかもしれません。また、帰社時間は早いが、出社時間まで早くされるという口コミもありますから、そこはちょっと気になるところです。どの企業も忙しいですから、野村證券でも忙しい面はあると思います。野村証券では総合職以外でも忙しい瞬間はあるはずです。それが他社よりはマシなのかもしれないということです。

 

野村証券の働き方の口コミはこういった感じで、激務の度合いは他社よりは少ないかもしれないが、それでも野村證券でも忙しい瞬間はあるはずですから、野村證券に就職したい人はそこは知っておきましょう。野村證券の評判については各自で調べておいてほしいです。ここで紹介したのは一部なので、より幅広く野村證券の特徴について知るためには、そういったこともしておいてほしいと思います。野村證券では仕事は激務とは言えないかもしれないが、楽ではないはずなので、野村證券の採用試験の倍率はそれなりに高く、内定を貰うのは難しいので、しっかりと対策をしていかないといけません。野村証券は就職の難易度は高いですが、入社できればそれなりの充実した毎日を送ることができる可能性がありますから、野村證券に就職するには企業研究などをしっかりとやって、面接やエントリーシートで自分をアピールしていくことを考えていきましょう。野村証券に就職するにはそういった努力をしていく必要があるので、頑張って努力していきましょう。

 

就活をするときに使用するナビサイトというのは、いろいろなタイプのサイトがあって、中には就活生にとって非常に有利とも言えるような特徴を持ったところがあります。それが「キミスカ 」というナビサイトで、これは就活生が企業を検索して気になったところにエントリーしていくという従来のナビサイトとは特徴が違います。キミスカでは登録している学生を企業が検索して、気になった学生に対してスカウトを送るという流れになっています。つまり、従来のナビサイトと比べると真逆の流れと言えますが、それが実は大きなメリットを就活生にもたらすのです。従来のナビサイトは学生が気になった企業を受けるため、企業が学生を気に入るか?というのは事前に分からない状態で受けないといけないのです。しかし、内定を取るには企業が学生を気に入ることが必要で、それが分からないまま受けると、自分を気に入る企業に出会うことは難しいとなります。実際、多くの就活生は自分が受けた企業のほとんどから最終的に不採用となるので、自分のことを気に入るか?分からないようなやり方で受ける、自分のことを気に入る企業に出会える確率は低いということなのです。しかし、キミスカは企業がスカウトを送ってきたところがスタートになります。

 

ということは、スカウトが着た企業を受ければ、それは自分に少なからず興味を持っている企業を受けることと同義なのです。したがって、自分に興味を持っていることがある程度確定しているので、キミスカを利用してスカウトが着たところを受けるというのは、内定が取れる可能性がより高まる可能性があるのです。また、キミスカでは一次選考や二次選考をパスして臨めるケースもあり、このメリットは相当でかいので、内定を取れる確率を確実に上げます。そして、このキミスカは今まで使ってきた従来のナビサイトと併用もできます。キミスカはスカウトがくるまで特にすることなく、スカウトが着たときだけ対応すればいいのですから、それまでは今まで通りのナビサイトで自分で企業を検索してエントリーしていくというやり方ができます。そこもメリットと言えると思います。多くの就活生はキミスカのようなナビサイトの存在は知らないと思うので、他の就活生が従来通りのやり方で就活をしているときに、自分が優位に立てるとしたらそれは大きいと言えます。周囲のライバルに差をつけたい人、本気で内定が欲しい人にとってはかなりおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

 

 

あわせて読みたい記事