リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

安川電機の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はあるのか?

【スポンサードリンク】

安川電機は福岡県に本社がある会社になりますが、必ずしも全国的な知名度があるとは限らないものの、かなり大きな会社であり、人気となっています。したがって、安川電機の就職の難易度は高い可能性があります。安川電機に就職したい人はその難易度について知っておくべきと言えますけど、安川電機の就職の倍率が公開されていないので、難易度は掴みづらいです。安川電機の就職における倍率は分からないのですが、大手企業だけに倍率が低いということはないでしょう。だから、内定を取るのが難しいと思います。あとは安川電機の就職では学歴フィルターがあるのか?という点が気になります。安川電機の就職の難易度に関係するので、その点は事前に知っておくと良いでしょう。

 

安川電機の就職では学歴フィルターはあるのか?

安川電機の採用試験の難易度としてこういったところも知っておく必要があります。安川電機の就職における倍率が分からないので、別の部分から判断をしていくことになります。それが採用実績校です。安川電機の就職の採用実績校を見ていくと、学歴フィルターの有無が判断できる場合があるのです。安川電機の就職の採用実績校はどうなっているのか?というと、あまり情報としては多く載っていませんでしたが、私立大学で言えば、最もランクが低いところで日東駒専です。ここまでは採用が確認できます。載っていないだけで、もっと低いランクの大学から採用があるという可能性もありますけど、確認できる大学名で言えば日東駒専が最も低いということです。安川電機の就職では学歴フィルターはあるのか?というと、こういった状況だと可能性としては低い気がします。日東駒専まで採用があるのであれば、絶対とは言えませんが、安川電機の就職では学歴フィルターがある可能性は低いと思います。

 

本当は安川電機の就職における倍率が分かれば良いのですが、そういった情報がないので、安川電機の就職における難易度も分かりづらいですし、学歴フィルターの有無に関しても正確なことは言えません。学歴フィルターはない可能性の方が高いと思いますけど、学歴や大学名をチェックはしていると思います。安川電機の就職では学歴や大学名はそこまで関係しない可能性はありますけど、いろいろな部分から評価すると思うので、全く見ないということはないのではないか?と思います。ただ、人物重視だと思いますから、面接対策などを頑張っていきましょう。安川電機に就職したい人は志望動機や自己PRなどをしっかりと考えて、安川電機の就職の面接対策を特に頑張って、選考に臨んでいくと良いと思います。最後に安川電機の就職の評判について知っておきましょう。社員の口コミから、安川電機の仕事は激務か?とか、給料は良いのか?など、そういったところについてチェックしていくと良いと思います。

 

安川電機の就職の評判はどうなっている?

安川電機の就職の評判をチェックするときには、いろいろな面が重要になりますけど、まずは平均年収について知っておくと良いと思います。安川電機の平均年収は800万円強くらいですから、大手企業と言った感じでしょうか?かなり高い平均年収なので、そこは安川電機の就職の評判としても高いです。問題は働き方に関してで、安川電機の仕事は激務なのか?といったことが気になるでしょう。社員の口コミによると、残業それ自体は部署によってかなり違いがあるようで、残業が多いところもあれば、ほとんどないようなところもあります。会社全体の1日の平均の労働時間は9~10時間となっているので、社内全体としては残業時間が極端に多いということではないと思います。激務と感じる社員はあまりいないと思うのです。21時までには絶対に帰ることになっているようですし。そして、残業代はきちんと支給されることになっています。ただ、会社の体質として仕事ができる人ほど仕事が多く集まり、結果的にたくさん働かないといけない状況ができているといった不満の声もあるので、安川電機の就職の評判としてはそこは気になる部分です。ただ、安川電機の仕事に関して激務と感じている人はあまりいなさそうです。部署によるので、忙しいケースもあるとは思いますけど。

 

休日出勤はそれほどないようですけど、休日にイベントやることがあり、強制ではないようですが、実際はそれに参加している社員は多いようで、行かないといけない雰囲気はあるのかもしれません。そういったイベントでせっかくの休日がつぶれるということを嘆いでいる社員の口コミもあります。これは会社によってはありえる話だと思います。ただ、休日に関しては長期休暇は比較的とりやすく、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆などは割と休みをとりやすく、有給休暇を使って5連休を取るように会社が率先している面もあります。その結果として、有給休暇も消化しやすい状況にあるようです。いろいろな口コミがありますけど、安川電機の仕事が激務という感じはしませんし、忙しいときはあると思いますけど、ブラック企業ということはないでしょう。安川電機の就職の評判をちゃんとチェックして、会社での働き方について知ったうえで、選考を受けていくと良いと思います。安川電機の採用試験の難易度は高いと思いますけど、しっかりと対策をしていくことで、内定を取れる確率は上がると思いますから。安川電機に就職したい人はしっかりと準備をして、本番に臨んでほしいのです。

 

あわせて読みたい記事