リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

竹中工務店の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

竹中工務店の就職における難易度はどれくらいなのか?こういったところは就職を目指す人にとって非常に重要な部分です。竹中工務店の就職の難易度というのは非常に重要ですけど、倍率を調べることで確かめておくことができます。しかし、竹中工務店の就職の倍率は公開されていないようなのです。つまり、倍率を確認することはできないということになります。竹中工務店の就職における難易度はそういった部分によって、チェックをすることが厳しいのですが、竹中工務店の就職の難易度に関しては、学歴フィルターという点も知っておいた方が良いです。したがって、学歴フィルターの有無に関して調べておくようにしましょう。

 

竹中工務店の就職では学歴フィルターはあるのか?

竹中工務店の採用試験の難易度に関しては、学歴フィルターがあるか?という点ももちろん知っておいた方が良いです。竹中工務店の就職の倍率が分からないので、そういう部分から学歴フィルターがあるか?ということをチェックするのは難しいです。大きな会社なので、学歴フィルターがあるかもしれませんが、問題は倍率が分からないということですけど、竹中工務店の就職の倍率は恐らくすごい高い数字ではない気がします。というのも、採用人数が結構多いのです。竹中工務店では総合職の全国と地域、2つにおいて募集があるようですけど、特に全国に関しては200人以上例年採用しているので、この傾向が今後も続くことになれば、竹中工務店の就職の倍率というのはすごい高いものではないだろうと思われます。

 

採用人数によって倍率は変わりますから、この採用人数の多さであれば、学歴フィルターを実施しないといけないほどの倍率にはなっていない可能性が考えられます。だから、竹中工務店の就職では学歴フィルターはないのではないか?と思うのです。竹中工務店の就職では学歴や大学名が関係ないということは言えないですけど、学歴フィルターのように、学歴だけで合否を決めることは恐らくないのではないか?という予測が立ちます。選考の中で1つの材料として学歴や大学名を見ていくということはありえると思うのです。竹中工務店の就職では学歴や大学名としてはそういったことも頭に入れておきましょう。採用実績校のデータがあるはずで、過去の竹中工務店の就職の採用実績校から多く採用している大学名の学生は少し有利になることはあるかもしれません。竹中工務店の就職では面接対策が重要なので、竹中工務店の志望動機や自己PRについて考えていきましょう。そして、竹中工務店の就職の評判をチェックしてほしいです。社員の口コミを載せていきます。そういったものを見ながら、竹中工務店の仕事は激務なのかな?みたいなことに関して探っていきましょう。

 

竹中工務店の就職の評判はどうなっている?

竹中工務店の就職の評判について知っておきましょう。社員の口コミをもとに調べていきます。竹中工務店の平均年収は1000万円程度あるので、かなり高い水準です。竹中工務店の平均年収はそういった感じですが、働き方に関する評判も知っておきましょう。竹中工務店の平均の1日の労働時間はどうなっているのか?というと、9~10時間となっているので、そこそこ忙しい可能性があります。技術職と事務職ではかなり違うようで、どうしても技術職の方が激務になりやすいです。技術職に関しては残業がほぼ毎日あるといった社員の口コミが確認できますから、結構忙しいのだろうと思われます。この業界ではしょうがない面というか、どこも同じような状況ではないのか?と思いますけど、竹中工務店のでも技術職については忙しい、残業がそこそこあるという状況なのは想定しておきましょう。基本的に責任が重いひとほど、地位が高い人ほど仕事が忙しいという状況みたいです。

 

責任が重いい人ほど仕事量が多くなりやすく、結果的に激務になりやすいということが言われています。そして、これは休日にも影響を与えているようで、特に有給休暇については、責任が重い仕事をしている人ほどとりづらいという口コミがあります。竹中工務店の就職の評判としては非常に重要な部分と言えるでしょう。立場的に偉い人という言い方ができるかもしれないですけど、そういう人ほど有給休暇が取りづらくなる、逆に言えば新入社員のような人間の方が有給休暇はとりやすいみたいです。こういった感じで、偉くなると竹中工務店の仕事は激務に感じる可能性があるということです。事務職はそんなに忙しい雰囲気はないですが、技術職は忙しいと思っておいた方が良いと思います。竹中工務店の就職の評判は事前に把握したうえで受験をしてほしいと思います。会社の実態を調べておくことは企業研究にも役立つ可能性がありますから。竹中工務店の採用試験の難易度をチェックして、さらに入社したらどういう過ごし方をするのか?についても調べておきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、キミスカにはある大きな魅力が存在しています。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり有利な状況を実現させられます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事