リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

小田急百貨店の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

小田急百貨店は日本でも有数の百貨店であり、大きな小売店と言えます。この小田急百貨店に就職したいと思っている人に関しては、小田急百貨店の就職の難易度を理解しておきましょう。小田急百貨店の就職の倍率を調べればそういったところが把握できます。ただ、小田急百貨店の就職の倍率については非公開になっている模様で、具体的な数字が見つからないのです。したがって、小田急百貨店の就職における倍率というのはちょっと調べるのが難しい状態ですから、小田急百貨店の就職の難易度というのも具体的には説明しづらいです。ただ、難易度にかかわるところに関して、小田急百貨店の就職では学歴フィルターというのも重要であり、ここが気になっている就活生もいると思うのです。

 

小田急百貨店では学歴フィルターはあるのか?

小田急百貨店の就職では学歴フィルターはあるのか?ここは小田急百貨店の採用試験の難易度にかかわる大きなポイントだと思います。学歴フィルターがあると、それによって難易度が大きく変わる学生もいます。門前払いという可能性もある中では、学歴フィルターの有無というのはどうしても注目していかないといけません。本当ならば小田急百貨店の就職の倍率を見て推測をしていきたいと思っていましたけど、その倍率が公開されていないので、別の要素から学歴フィルターの有無を考えていきたいと思うのです。小田急百貨店の就職の採用実績校をチェックしていきたいと思います。採用実績校を見ると、過去にどういう大学からの採用実績があるか?分かるので、学歴フィルターの参考になると思います。採用実績校を実際にチェックしていくと、見た感じでは大東亜帝国未満と思われる大学名がいくつかあります。Fランク大学と言える可能性もありますが、そういった大学名があるということは、小田急百貨店の就職では学歴フィルターはないのではないか?ということです。小田急百貨店の就職では学歴フィルターの可能性はかなり低いと思います。

 

そういった状況で、学歴フィルターの心配はないとは思うのですが、学歴や大学名については小田急百貨店の選考では関係はあると思っておきましょう。学歴フィルターがないとしても、そういったところを見ていないわけではないと思うのです。だから、学歴や大学名の関係というのは一応頭に入れておいた方が良いと思います。あとは小田急百貨店の就職では面接対策をしていかないといけません。小田急百貨店の志望動機や自己PRなどを考えておくということも忘れないでほしいです。そして、小田急百貨店の就職の評判に関しても知っておくべきと言えます。小田急百貨店の社員の口コミを参考にして、会社の実態を理解してほしいと思います。小田急百貨店の仕事は激務なのか?という点をしっかりと認識しておくべきです。

 

小田急百貨店の就職の評判はどうなっている?

小田急百貨店の就職の評判を確かめていきましょう。社員の口コミからはいろいろな情報が分かりますが、まずは小田急百貨店の平均年収から把握してほしいです。小田急百貨店の平均年収については300~400万円程度だと思われます。そして、問題は働き方に関してですけど、小田急百貨店の労働時間の1日の平均については8時間未満というデータになっています。したがって、数字だけ見ると激務という雰囲気は全くないのです。実際どうなのか?というと、お店での勤務の人が多くなりますが、全体的に言えば、定時で帰ることが可能であり、むしろ定時で帰るように促される面もあるようです。したがって、小田急百貨店の仕事は激務という雰囲気はほとんどなさそうです。とはいっても、全ての社員がそのように感じているわけではありません。売り場によっては定時までに業務が終わらないということもあるようで、その状況で帰宅しないといけないというのはちょっと不満がある人もいるみたいです。全く激務ではないというわけではないことではないとしても、激務な働きをしている社員はそんなにいないということです。

 

残業はほとんどないという口コミが多いですから、勤務する場所にもよりますけど、全体の小田急百貨店の就職の評判としては忙しい状況はあまり体験しないで済む可能性があります。休日出勤はほとんどないようですし、残業があったときでも残業代はちゃんと出るということで、小田急百貨店の就職の評判はいい声が多いです。休日については、有給休暇の他にリフレッシュ休暇というものがあり、これを活用することもできます。有給休暇が取りづらいという雰囲気もあまりないようなので、休日については問題ないと言えると思うのです。あとは半期に1度10連休が取れるという口コミもあります。小田急百貨店の就職の評判はこういった感じです。小田急百貨店の採用試験の難易度というのも重要ですけど、こういう会社の実態を知っておくことも必要ですから、企業研究にもなると思って自分なりに調べておいてほしいと思います。小田急百貨店に就職したい人はいろいろな情報を駆使して、会社について詳しくなってほしいと思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度が低いようなところにも実は大きな魅力を持った、おすすめできるサイトがあります。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。通常は自分が受ける企業が自分のことをどのように評価しているのか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事