リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

アパホテルの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

アパホテルの就職の難易度というのが気になると思います。アパホテルは会社自体は非常に有名であり、それなりに大きな企業と言えるので、アパホテルの就職の難易度は高そうな雰囲気もあります。しかし、アパホテルの就職の難易度に関して重要な倍率という数字が公表されていないようなのです。アパホテルの就職の倍率から難易度を推測できるのですが、そういった数字が載っていないのです。アパホテルの就職の難易度に関しては他にも学歴フィルターという重要な問題があります。そういったところについてもかなり大切と言え、アパホテルの就職の難易度にかかわってきますから知っておきましょう。

 

アパホテルの就職では学歴フィルターはあるのか?

アパホテルの採用試験の難易度としてはやはり学歴フィルターの有無が気になっていると思うのです。アパホテルの就職では学歴フィルターはあるのか?本当ならば倍率をチェックして判断するところですが、その倍率についてデータがないので、推測をしていきます。アパホテルの就職の採用人数があるので、そこからなんとなくアパホテルの就職の倍率が見えてくるということが言えます。アパホテルの就職の採用人数は年度によっても違いますけど、200人前後くらいとなっています。したがって、この採用人数からすると、アパホテルの就職の倍率はそこまですごい高くはないと思うのです。つまり、学歴フィルターを実施するほどの数字ではないと思います。アパホテルに就職するには学歴フィルターがあれば、それが1つの難関になる場合もありますが、多分そういったものはないと思うのです。採用実績校をチェックしても、日東駒専未満の大学名が確認できるので、アパホテルの就職の採用実績校からも学歴フィルターの雰囲気は感じられません。

 

アパホテルの就職の難易度にかかわるという意味では、学歴フィルターというのは非常に大きな存在ですけど、そういったものがないとしてもアパホテルの就職では学歴や大学名を見て、そういったところも合否の参考にしている可能性はあると思います。だから、アパホテルの就職では学歴や大学名が関係しないというわけではなく、学歴フィルターとしては存在しないということだと思うのです。アパホテルの就職では学歴や大学名というのはないと思いますけど、無関係ではない、合否を判断するときの材料の1つにはなっているという意識でいましょう。しかし、やはり就活では面接対策が重要です。したがって、アパホテルの志望動機や自己PRなどはしっかりと練っておかないといけないと言えます。そして、アパホテルの就職の評判も知っておいてほしいですから、アパホテルの仕事は激務なんだろうか?といったことを含めて、会社の実態を調べていきましょう。社員の口コミを参考にしていくと良いです。

 

アパホテルの就職の評判はどうなっている?

アパホテルの就職の評判を実際に調べていきます。まずは平均年収からです。アパホテルの平均年収はどうなっているのか?というと、500万円前後くらいではないか?と思われます。あとは1日の労働時間の平均を知っておくと良いです。アパホテルの1日の平均の労働時間は9~10時間となっています。数字としてはそこそこという感じでしょう。ホテル業務はある程度激務なイメージがあると思いますけど、アパホテルでもそういう雰囲気は感じます。実際は勤務先や職種などによって多少は変わりますが、口コミを見ていると忙しい雰囲気は伝わってきます。アパホテルでは早番、日勤、夜勤があるようですけど、そういった出勤するタイミングがバラバラになりやすく、体調を整えるのが大変という評判もあるので、単純な労働時間とは別のところで激務を感じている人もいるのです。残業もあるようですが、ホテル業界ならではの難しさもあり、慣れるまでは仕事は忙しいと、きついと感じる可能性は高いと思います。

 

休日に関しては、出勤同様に不規則になりやすい面があり、基本的に土日祝日は休みにはなりません。そして、月に9回の固定になっているようなので、そこはアパホテルの就職の評判として知っておくべきポイントです。世間が大型連休になっているときも勤務をしないといけないことになっており、これはホテル業界では仕方ない部分だと思うのです。有給休暇については完全に勤務先ごとに違うという口コミがあり、アパホテルでは有給休暇を取りやすいところとそうじゃないところで分かれるので、これは勤務する場所が決まらないと何とも言えないみたいです。大きいところの方が取りやすい状況があるみたいで、そういう事情もアパホテルの就職の評判として知っておきましょう。アパホテルの仕事は激務になる可能性が割と考えられ、社員の口コミを見ていると離職率もそれなりに高い可能性があります。しかし、そこは他のホテルでもある程度共通だと思うので、この業界で働くならばしょうがないと思います。ホテルはどこで勤務をしてもある程度は激務になりそうですし、仕事が忙しいというのは覚悟しておかないといけないのです。アパホテルに就職するには難易度はそれなりに高そうですけど、就職したらどのような過ごし方になるのか?という点もあらかじめ知っておく必要があります。アパホテルの就職の評判も把握して、納得したうえで受けてほしいと思うのです。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持ってくれるか?は事前には分からないでしょう。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

したがって、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられることになり、少しでも内定の確率が高い企業を受験できると言えます。ここはキミスカならではの大きなメリットだと思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事