リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

日本製鉄の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

日本製鉄の就職の難易度はどうなっているのか?日本製鉄に就職したいと考えている人はまずは難易度を知っておくべきと言えます。難易度をチェックするには、通常は倍率を調べていくことになります。日本製鉄の就職の倍率に関しては、技術系と事務系で異なった数字になっているようです。日本製鉄の就職における倍率は、技術系は10倍前後、事務系は20~30倍くらいが想定されます。だいたいこういった数字ではないか?と思われるので、覚えておくと良いでしょう。日本製鉄はかなり大きな会社ですけど、採用人数も多いため、そこまで高い倍率になっているわけではありません。ただ、日本製鉄の就職の難易度については、学歴フィルターの問題もあるため、そこについても知っておきましょう。

 

・日本製鉄の就職では学歴フィルターはあるのか?

日本製鉄の採用試験の難易度において、学歴フィルターの部分は知っておいた方が良いでしょう。かなり大きな有名な会社ですから、学歴フィルターがあっても不思議ではないと感じる人はいると思います。学歴フィルターの有無を調べるには、やはり倍率を使っていきます。日本製鉄の就職の倍率に関しては、すでに話した通り、10~30倍くらいだと思われます。この数字であれば、学歴フィルターがある可能性はかなり低いと思うのです。ただ、念のために採用実績校もチェックしていきたいと思います。日本製鉄の就職の採用実績校を見ると、いろいろな大学名がありますけど、大東亜帝国レベルの大学名が見つかります。こういったところを見ると、やはり日本製鉄の就職では学歴フィルターはないと思うのです。

 

学歴フィルターは恐らくないと思うのですが、日本製鉄の就職では学歴や大学名はしっかりとチェックしているでしょう。就活ではあらゆる部分をチェックして、合否の判断を下すため、そういった部分も考慮し、その他の部分もいくつか確認したうえで総合的に採用の可否を決定しているとはずです。だから、日本製鉄の就職では学歴や大学名も重要ですけど、それ以外も重要と言えるわけです。特に日本製鉄の就職の面接対策はしっかりとやってほしいです。志望動機や自己PRなどについては、時間をかけてじっくりと考えてほしいと思います。そして、日本製鉄の就職の評判についても調べていきましょう。社員の口コミをここで紹介していきますから、会社の実態がどうなっているのか?についてチェックしてほしいと思うのです。日本製鉄の仕事は激務なのか?などに関して見ておくと良いです。

 

・日本製鉄の就職の評判はどうなっている?

日本製鉄の就職の評判はどうなっているのでしょうか?日本製鉄の社員の口コミから調べていきたいと思います。まずは平均年収です。日本製鉄の平均年収に関しては、約600万円前後となっています。したがって、数字としては割と優れたものとなっていると思います。ただ、問題はやはり働き方に関する口コミでしょう。仕事は激務なのか?という点が気になるはずです。ただ、実際は部署によってかなり働き方が異なっているようです。忙しいところは残業が比較的多く、休日出勤もあるといった状況みたいです。しかし、そこまで忙しくないところは残業は少なめ、休日出勤は稀という状況みたいですが、会社全体としてはフレックス制度により、働きやすさを実感できたり、半日休暇なども使えるみたいです。だから、評価できる点も十分にあるということです。また、有給休暇についても比較的とりやすいとされています。したがって、休みに関しては特に問題はないと言える状況ではないでしょうか?

 

ただ、テレワークやリモートワークはそこまで普及している感じではないみたいです。こういったところは今後に期待と言える部分でしょう。また、日本製鉄の場合には、業界的にどうしても男性社員がかなり多いです。そのため、女性社員の割合は相対的にかなり低く、そこで肩身の狭い思いをする可能性が少なからずあるでしょう。社員の口コミでも、そういった部分が垣間見えます。しかし、一方で最近は女性社員が増えてきたために、彼女らが働きやすい環境が整備されつつあるという声もありますから、ここに関してもこれからに期待と言える点かもしれないです。日本製鉄の就職の評判はだいたいこんな感じです。日本製鉄の仕事は激務かもしれないですけど、部署によるので、実際の仕事が激務に感じるか?は働いてみないと分かりません。ただ、良い部分も報告されていますから、そういった点は理解しておきましょう。日本製鉄の採用試験の難易度も重要ですが、自分が働く可能性がある会社の情報については、少しでも多く調べておいて、自分なりに納得したうえで受けてほしいと思うのです。

 

あわせて読みたい記事