リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

学研ホールディングスの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

学研ホールディングスの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職したいと思っている人は、まずは難易度について理解していくべきです。学研ホールディングスの就職の難易度を調べるときには、倍率の情報を必要としていきます。したがって、倍率のデータをチェックしていきたいのですが、学研ホールディングスの就職における倍率は非公開になっている可能性が高いです。詳しい数字が見つからないので、採用試験の倍率を公開している会社の方が珍しいので、ここは仕方ないと思いますけど。でも、倍率が不明であれば、学研ホールディングスの就職の難易度も分からないと言えます。しかし、難易度の問題に関しては他にも知っておきたい点があります。それは学歴フィルターの有無についてです。

 

学研ホールディングスの就職では学歴フィルターはあるのか?

学研ホールディングスの採用試験の難易度において、学歴フィルターが存在するか?という点はかなり重要です。だから、ここに関して調べていきましょう。学歴フィルターの有無をチェックするときには、通常であれば倍率のデータを使用していきます。でも、学研ホールディングスの就職の倍率は非公開であるため、倍率以外の情報を使っていく必要があるのです。今回は採用実績校のデータを使用していきたいと思います。実際に学研ホールディングスの就職の採用実績校を見ていくと、多くの大学名が載っている状況に気付きます。有名大学の名前が特に多いと言えますが、そうではない大学名も見つかる状況です。そして、中にはFランク大学と思われる大学名も確認できますし、美大からの採用もあります。こういったところを踏まえると、学歴フィルターがある可能性はかなり低いでしょう。

 

学研ホールディングスの就職では学歴フィルターは多分ないと思いますけど、それでも学歴や大学名を全く見ていないとは言えないはずです。就活においては、学生のあらゆる部分を見ていきますが、それらを総合的に評価して、最終的な合否を決めていきます。だから、その過程では学歴や大学名をチェックしていても不思議ではありません。ただ、学歴や大学名だけで合否を決めるわけではないので、結局は他にも気を遣っていかないといけない点はあるのですが。特に学研ホールディングスの就職の面接対策は重要でしょう。志望動機や自己PRは丁寧に詳しくチェックされているはずですから、時間をかけてしっかりと考えてほしいです。また、学研ホールディングスの就職の評判に関しても調べておくといいと思います。社員の口コミを掲載していくので、そこから普段の状況について確認をしていきましょう。学研ホールディングスの仕事は激務なのか?などについて、特に把握しておくといいと思います。

 

学研ホールディングスの就職の評判はどうなっている?

学研ホールディングスの就職の評判について見ていきますが、社員の口コミを参考にすればだいたいの状況は把握できるはずです。まずは平均年収からチェックしていきましょう。学研ホールディングスの平均年収は?というと、900万円前後となっています。この数字であれば、割と高い方であると評価できます。では、働き方に関する口コミを見ていきたいと思うのです。全体的にはそんなに激務には見えません。残業はあるとしても、適度といった状況であり、学研ホールディングスの仕事が激務と感じている人はあまりいないと思います。フレックスタイム制が導入されているので、出勤時間や退勤時間は各自の都合に合わせて決めやすい環境となっています。だから、かなり働きやすさを実感している社員が多いように見えます。

 

休日については基本的に完全週休二日制のようで、しっかりと休息をとることができるでしょう。また、長期休暇に関してもそれなりに長いと言われているため、年間を通じて休む時間は十分に確保できると思われます。そして、女性に関しての評判が非常に高い会社であり、産休や育休などが使いやすく、職場の雰囲気としてお互い様といった状況が存在しているようです。こういったものを気軽に使える会社という点は非常にありがたいでしょうし、社員にとっては理想的な環境と評価できるのではないか?と思います。こういったところが学研ホールディングスの就職の評判となっています。学研ホールディングスの採用試験の難易度についても重要と言えますけど、やはり自分が実際に働くかもしれない会社に関する情報になるため、会社の普段の日常に関してしっかりと調べておきましょう。そのうえで自分なりに納得した状態で受験をしていくといいのではないか?と思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトに関しては有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは異なり、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

したがって、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事