リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

第一建設工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

第一建設工業の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職したい人は難易度について、まず理解しておく必要があります。難易度を調べるときには、通常は倍率のデータを使用していきます。ただ、第一建設工業の就職における倍率に関しては、10~20倍程度となっています。したがって、倍率としてはそこまで高いわけではありません。でも、すごい低い倍率でもないので、第一建設工業の就職の難易度はそれなりにあると言えるでしょう。そして、難易度の問題については他にも知っておきたい部分があります。それは学歴フィルターが存在するか?という点です。

 

第一建設工業の就職では学歴フィルターはあるのか?

第一建設工業の採用試験の難易度に関して、学歴フィルターがあるのか?という部分はかなり重要でしょう。したがって、そこに関してチェックしていきます。本来であれば、学歴フィルターの有無を調べるときには倍率のデータを使っていきます。でも、第一建設工業の就職における倍率は不明となっているので、倍率以外の情報を使用していきたいのです。今回は採用実績校を見ていきたいと思います。実際に第一建設工業の就職の採用実績校を確認すると、有名大学の名前も見つかりますけど、そうではない大学名も載っている状況に気付きます。そして、中にはFランク大学と思われる大学名も確認できるので、こういった状況を踏まえると、学歴フィルターがある可能性はかなり低いと思われます。

 

第一建設工業の就職では学歴フィルターがある確率は高くはないと思いますけど、それでも学歴や大学名を一切チェックしていないとは言い切れないと思うのです。就活においては、学生のあらゆる部分を見ていき、それらを総合的に評価したうえで、最終的な合否を決定していきます。したがって、その過程では学歴や大学名を見ている可能性がかなり高いと思われます。でも、第一建設工業の就職では学歴や大学名のみで合否を決定するわけではないので、結局は他にも気を配っていかないといけない面はあるわけですが。例えば、第一建設工業の就職の面接対策は重要になってくるでしょう。志望動機や自己PRはかなり丁寧にチェックされている箇所になるはずなので、時間をかけてしっかりと練っていく必要があると言えるのです。そして、第一建設工業の就職の評判に関しても調べておかないといけません。社員の口コミを紹介していくので、そういった部分を通じて、会社の普段の状況について理解しておくといいと思います。第一建設工業の仕事は激務なのか?などについて、特に知っておくといいでしょう。

 

第一建設工業の就職の評判はどうなっている?

第一建設工業の就職に関して見ていきますが、社員の口コミを参考にすればだいたいの状況は把握できるでしょう。まずは平均年収からチェックしていきます。第一建設工業の平均年収はどれくらいか?というと、700万円強となっています。この数字であれば、割と高い方であると評価できます。では、働き方に関する口コミを見ていきましょう。全体的にはそこそこ激務である可能性が考えられます。部署によるので、一概には言えませんが、忙しいところは結構忙しいと言えます。現場で働いている人たちは割と激務に近いようですけど、それ以外の人たちにとっても、いろいろな場面できつい状況があります。例えば、緊急時の呼び出しというものがあり、これは休日出勤に近い形となります。そして、この緊急時の呼び出しはなぜか冬の寒い時期に多く、そこも大変な部分となるのです。だから、全体的に忙しい雰囲気が存在しているわけです。

 

リモートワークについては導入はされているので、使用することはできますが、全員が可能となっているわけではありません。一部の人たちが活用している状況であり、例えば現場で働いている人たちは基本的には利用は不可能です。これは有給休暇においても言える部分で、これについては使えないことはありませんが、使いづらいと言っている人もいる状況です。普通に使うことが可能という口コミもありますけど、全員がそうではないので、ここも理解しておきましょう。業界ならではの特徴が表れており、それなりに忙しい日常が待っている可能性が高いと思われるのです。こういったところが第一建設工業の就職の評判となっています。第一建設工業の採用試験の難易度も重要ですけど、やはり自分が実際に働くことになるかもしれない会社の実態については、できるだけ詳しく知っておいた方がいいでしょう。そのうえで自分なりに納得してから受験をしていくといいのではないか?と思うのです。

 

あわせて読みたい記事