リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

バイトの面接で採用されるコツ、受かる確率を上げる方法

【スポンサードリンク】

アルバイトをしたいのになかなか採用してもらいない!ってこともありますよね。アルバイトは面接をどうして突破しないと採用してもらえないので、その点がちょっと大変な場合もあります。不思議なことに受かる人はすぐに決まりますよね。1回面接を受ければ、そこですぐに決まるというのは非常に羨ましい限りでもありますが、それとは対照的になかなか採用してもらえないという悩みを抱えている方もいるのではないか?と思います。バイトは、本当になかなか受からないですし、それは承知の上かもしれませんが、何度も何度も面接を受けているのに、なかなか採用されない。もう嫌になってくるという人もいると思いますし、私も同じような経験はしましたよ。だからこそ、そういう人の気持ちはよく分かるのです。ただ、そのときに少しでも受かる確率を上げたいですよね。採用されるためのコツなどはあるのでしょうか?ここでレクチャーしていきたいと思います。

 

・シフトをできるだけ多く出るようにする

これはバイト先にとっては非常に重要なポイントになります。何故なら、たくさん出てくれる人の方が優遇したくなるからです。バイトは1人雇えば、しばらくは教育や研修としての期間が必要になるので、いきなりは使えません。そして、その間にもいろいろなコストが発生するので、この部分をお店としてはできるだけ減らしたいと思うのでしょう。そうなれば、このコストをいかにかけないようにするか?がポイントで、それは1人の人に多く働いてもらうということです。それは同時に長く働いてもらうということも意味します。1人で多くのシフトを担当してもらえれば、新たに人を増やす必要性もないです。それは1人が長く働くということも同義です。だから、面接のときなどにどれくらい働けそうか?ということを聞かれると思いますけど、できるだけ多く働けるとアピールしておくと良いと思います。また、長く働きたいということを同時に離しておけると、それも効いてくる可能性がありますから、覚えておいてくださいね。

 

・面接官を初対面のタメだと思うようにしよう

なんだかんだで面接はほぼ面接官の抱いた印象で決まると言っても過言ではないでしょう。それはしょうがないのです。人間ですから。ただ、問題なのは印象をよく振舞えない人もいますよね。自然にしているだけで暗く見ええるとか、口下手に感じてしまう人もいます。どちらかというと、そういう印象を与えてしまうと、なかなか面接官としてもこの人を採用したいと思える気にはならないと思うのです。私は良い意味で心に余裕を持ったほうが良いと思うのです。面接だということを意識しすぎたり、緊張しすぎると、どうしてもガチガチになって、声が小さくなったり、ちょっと暗くなったりしてしまうと思うのですが、そこは別に面接落ちても死にはしないとか、落ちても次がまたあると思えるか?だと思います。そして、一応敬語は使わないといけないものの、面接官が友達だと思って話せれば良いのではないですか?面接官がどういう人であっても、初対面の同い年の人だと思いましょう。つまり、初対面だから一応敬語にはなりますよね。でも、同い年なら気さくに話が出来ると思うのです。その感覚です。いくら年上の面接官であっても、そう思えたほうが、向こうから見ても印象の良い話し方に見えると思います。友達と話すときも暗くて声が小さくなる人なんてなかなかいないと思いますが、友達と話す感覚に近いです。そして、敬語を忘れないようにすると、自然あ明るさ、声のトーンになるのではないでしょうか?ちょっと難しいかもしれませんけど、ここを意識すると良いと思うのです。

 

・受かりやすいバイトを選ぶことが出来るか?

これは面接以前の話ですね。受かりやすいバイト、受かりづらいバイトがあるはずですね。そういったバイトを上手く見極めて、受かりやすいバイトに応募が出来れば、当然採用される可能性もアップします。では、受かりやすい求人の特徴って何でしょうか?例えば、1番分かりやすい例は倍率、競争率が低いということです。競争率が低い。つまり、募集した人数に比べて、応募して来た人の数がそれほど多くなければ、それだけライバルが少ないわけですから、採用可能性も上がると言えるでしょう。では、それをどうやって見極めるか?がポイントです。非常に難しいのですが、例えば求人サイトを工夫するという方法があります。これはどういうことか?というと、ネット上のバイトの求人サイトから毎回応募している方も多いと思います。そのときに1つオススメしたいのが「ショットワークス」というサイトです。ここは主に短期バイト、単発バイトなどを扱っているサイトなのですが、1つ大きな特徴があるのです。それが応募倍率が報じされているということなのです。この点に関しては非常に珍しいと言え、募集人数と応募した人数によって倍率が〇倍と表示されるので、それが低い求人に応募すると、客観的に受かりやすいと言えるでしょう。普段ネットから応募していない方、求人雑誌から電話などをしている方は、間違いなく倍率などは分からないはずですから、参考にしてもらえればと思います。

 

・面接がないバイト求人もある

バイトに受かるには、通常は面接を経ないといけませんが、そういった面接があらかじめないバイトも実は存在しています。先ほど紹介したショットワークスにはそういう求人も載っているので、本当に便利なのです。ショットワークスに登録後、サイト内の検索窓から「面接なし」といったキーワードで検索をしてもらえると、ヒットするはずです。面接がそもそも大問題という方も多いと思うんですよね。面接はすでに紹介したポイントなどを考慮してもらえると、大分結果も変わる可能性もありますが、そもそも面接を受けないで済むならばそれに越したことはないでしょう。面接に落ちている経験から、受けるのが怖いとか、受かる気がしない。緊張してヤバイという方には、面接なしで合否が決定される求人に応募してみると、気持ちも楽になると思いますし、合格可能性も大分上がるのではないでしょうか?これも採用の可能性を上げるための1つの方法になりますし、先ほどの倍率がそれほど高くなくて、受かりやすい求人に応募するといったことと併せて、このショットワークスというサイトは使えると思います。良かったら参考にしてみてください。

 

面接なしですぐに働ける!短期バイト情報満載

あわせて読みたい記事