リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

関西電力の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

関西電力と言えば、関西圏のインフラ業界でも特に大きな会社になります。関西電力に就職したいと考えている人は多くいると思いますけど、その難易度はどれくらいでしょうか?関西電力の就職の難易度を知るためには倍率を把握しておくと良いです。関西電力の就職における倍率はおよそ50倍以上となっているので、それなりに高いです。インフラ業界なので安定感は抜群であり、激務のイメージもあるかもしれませんが、就職するメリットはかなりあると思います。したがって、関西電力の就職の倍率が低いということはないでしょう。関西電力の就職における難易度は高いということになります。しかし、問題は学歴フィルターがあるか?という点になります。こういったところも関西電力の採用試験の難易度に関係しますから、知っておくと良いと思います。

 

関西電力の就職では学歴フィルターはあるのか?

関西電力の就職の難易度としては学歴フィルターがあるか?どうかというのは重要です。関西電力の就職で学歴フィルターがあるか?どうかの判断基準としては第一に倍率が関係してきます。関西電力の就職における倍率としては50倍以上とはされているものの、あまり正確な数字が公開されていないので、正確な判断はできません。だから、採用実績校を参考にしていきましょう。関西電力の就職の採用実績校が公開されているので、そういったところを調べていきたいのです。関西電力の就職の採用実績校をチェックすると、大学名のランクからすると学歴フィルターはなさそうな雰囲気です。どういう大学名が載っているのか?と言えば、載っている中で最もランクが低そうなところは、創価大学大阪工業大学大阪産業大学です。産近甲龍よりは下のランクになると思いますから、関西ではこういった大学名が採用されているならば、学歴フィルターはないと思うのです。関西電力の就職では学歴フィルターは可能性としてはかなり低いと思います。でも、倍率がそれなりに高いので、関西電力の採用試験の難易度は高いですけど。

 

関西電力の就職では学歴や大学名といった点を大幅に考慮して、合否を決めるということは考えづらいです。いろいろな要素で合否を決めることになると思いますが、その中で学歴や大学名が関係する割合は低いと思います。関西電力の就職における難易度はどっちにしろ高いので、対策はしっかりとやっておいてほしいです。特に人物試験が就活では中心になりますから、面接対策などを時間をかけてやっていきながら、本番に備えてほしいです。関西電力に就職したい人はこういった難易度に関する情報も重要ですけど、さらに関西電力の就職の評判についても知っておきましょう。関西電力に就職するにはいろいろな選考の対策が重要ですが、入社できたときのことを想定して、関西電力の実態を知っておかないといけません。仕事は激務なのか?とか、いろいろな部分が気になると思うので、関西電力の社員の口コミを紹介していきますから、会社での働き方について頭に入れておいてほしいと思います。

 

関西電力の就職の評判はどうなっている?

関西電力の就職の評判に関して紹介していきますが、まずは平均年収について知っておいてほしいです。関西電力の平均年収は600万円程度はありますから、全国的に見たら高い方になると思います。しかし、平均年収は良いとしても、問題は働き方に関しての口コミです。そこがどうなっているのか?というのが重要になります。関西電力の仕事は激務なのか?という点についてですが、口コミを見る感じでは社員によって、別の言い方をすると部署によって相当違いがあるようです。忙しい人もいれば、そうじゃない人もいます。関西電力の社員の口コミでは、定時よりも前の15時ころに帰宅できる人もいれば、月に100時間程度の残業をしているという声もあります。ただ、こういった部分は最近は改善の兆しがあるようです。だから、関西電力の仕事が激務に感じている人は徐々に減ってきているものと思われます。例えば、残業時間が多くなってきた社員は、退社時間を早めたりしてその分が調節できているという口コミがあるので、長時間労働にならないような取り組みをしているということで評価できると思います。そういった点は関西電力の就職の評判では重要でしょう。あとは残業代についてはどれだけ働いてもちゃんと出るとされており、サービス残業はないということなのでしょう。

 

有給休暇についても気になると思いますけど、雰囲気としては非常にとりやすいとされています。割と自由に有給休暇は利用しやすいので、そこは働きやすさの象徴になると思います。そして、休日については土日も基本的に休みですから、休日に関しての不満は特に聞こえてきません。関西電力の就職の評判を見ると、全体的に激務を感じているであろう口コミはあまりないです。一部はありますが、そこも改善されてきているのではないか?と思いますから、激務というケースはかなり少ないんじゃないか?と思います。ただ、大きな会社で従業員数がかなり多いので、働き方は人それぞれ異なるという認識が必要です。だから、こういった一部の口コミによる評判は参考としては覚えておいてほしいですけど、実際の勤務実態はケースバイケースの部分をどうしても含みます。関西電力の仕事では激務まではないかないかもしれないが、忙しいときは多くの社員が経験すると思いますから、どういう部署であっても楽な仕事ができるとは思わない方が良いと思います。関西電力の就職における難易度とともに、こういった会社の実態に関する情報を把握して、そのうえで対策をしていきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。キミスカはこのようなタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けることができます。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事