リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

産総研の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

産業技術総合研究所に就職したい人がいると思われます。産総研の就職の難易度はどうなっているのでしょうか?産総研の就職の難易度を調べるためには、本来であれば倍率の情報を必要とします。しかし、産総研の就職における倍率に関してはデータが見つかりません。したがって、倍率を調べるのが厳しいのです。産総研の就職の倍率が分からない状況では、正確な難易度を知ることは厳しいわけですが、ある程度人気は高いはずなので、倍率がそこまで低いとは思えません。それなりに難易度が高いと思っておくべきでしょう。そして、産総研の就職の難易度については他にも重要な面があります。それが学歴フィルターに関してです。

 

産総研の就職では学歴フィルターはあるのか?

産業技術総合研究所の採用試験の難易度に関して、学歴フィルターの有無というのは非常に重要と言えます。そういった面においても難易度が関係しますから、チェックしておきましょう。産総研の就職の倍率を参考にして、本来は調べていくのですが、そういった情報がありません。したがって、産総研の就職の採用実績校を見ていきます。倍率が分からなくても、採用実績校を見れば、ある程度は判断できる場合もありますから。実際に産総研の就職の採用実績校をチェックすると、いろいろな大学名が載っています。ランク的に最も低そうなのは成城大学成蹊大学です。あとはそこまで有名ではない薬科大学とかもあります。産総研の場合、理系の採用も多いため、どちらかと言えば大学名よりは専攻が重視される可能性があります。文系に関しては微妙なところですが、理系に関しては学歴フィルターがある可能性は低いでしょう。

 

学歴フィルターについては確実な判断はできませんが、理系に関してはメジャーではない大学名も載っており、学歴フィルターはなさそうな印象です。文系に関しては可能性は高いとは思いませんが、何とも言えない状況です。ただ、学歴フィルターがないとしても、産総研の就職では学歴や大学名を見ていることは確かでしょう。学歴や大学名もチェックして、それを合否の材料にしているはずです。だから、そういった面も頭に入れておきましょう。ただ、他にもいろいろな面をチェックして、総合的に合否を決めていると思うのですが。産総研の就職の面接対策はかなり重要です。産総研の志望動機や自己PRをしっかりと考えておきましょう。そして、産総研の就職の評判に関しても事前に調べておくべきだと言えます。社員の口コミを見て、そういった部分で産総研の実態をチェックしてほしいです。産総研の仕事は激務なのか?といった面をしっかりと見ておくと良いでしょう。

 

産総研の就職の評判はどうなっている?

産総研の就職の評判について見ていきましょう。実際にどういった口コミがあるのか?をチェックしていくと良いと思います。ここでも紹介していきますが、まずは平均年収についてです。産総研の平均年収は500万円強くらいとなっています。したがって、数字としては悪くはないと思います。すごい給料が高いわけではないものの、このくらいの給料ならば多くは満足なのではないでしょうか?では、働き方に関しての口コミを見ていきますけど、残業がどのくらいあるのか?と言えば、月に平均で20時間程度となっています。このくらいならば全然許容範囲ないでしょう。激務という感じはほとんどしません。ただ、部署によっては違う可能性もありますから、そこは理解しておきましょう。テレワークが認められやすい環境のようで、あとはフレックスタイム制をとっているみたいです。したがって、労働時間そのものは決まっているものの、始業時間と就業時間は比較的に自由に選びやすいと言えるのです。そこは産総研の就職の評判ではまず大きなポイントになると思います。

 

産総研の社員の口コミを見ると、ワークライフバランスがとりやすいと言われており、仕事は激務ではないですし、休日もしっかりと休むことができます。口コミを見る感じだと、休日出勤とかはほぼなさそうですし、かなり働きやすそうな雰囲気を感じます。産総研の仕事は激務である可能性は低いと思うので、そこは安心でしょう。それ以外で気になる口コミと言えば、部署の移動が割と頻繁にあるみたいです。したがって、産総研の就職の評判では落ち着かないということが言っている人もいます。そういった面はあるものの、全体的には働きやすい会社だと思うので、忙しいときはあるにせよ、恵まれている環境と言えるのではないでしょうか?産総研の就職の評判はしっかりと事前にチェックをして、そのうえで受験をしてほしいと思います。産総研の採用試験の難易度も重要ですが、自分が入社するかもしれない会社に関しては、その実態をきちんと把握してから受けてほしいと思うのです。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプと評価できます。キミスカはこういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットに感じられるでしょう。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事