リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

住友ゴム工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

住友ゴム工業の就職の難易度はどうなっているのか?住友グループの企業なので、それなりに難しいのではないか?と思っている人もいるかもしれません。実際に住友ゴム工業の就職の難易度をチェックするには、倍率の情報が必要です。住友ゴム工業の就職の倍率が判明すれば、難易度を理解することができるでしょうから。倍率に関しては事務職と技術職で異なっており、事務職の方が高いです。それでも20~30倍程度なので、そこまで大きな差ではないと思いますが。そして、住友ゴム工業の就職の難易度においては、他にも知っておくべき部分があります。それは学歴フィルターの有無です。

 

住友ゴム工業の就職では学歴フィルターはあるのか?

住友ゴム工業の採用試験の難易度において、学歴フィルターがあるのか?という部分はかなり重要です。したがって、ここに関してチェックしていきます。学歴フィルターの有無について調べるためには、通常であれば倍率のデータが必要です。住友ゴム工業の就職の倍率から、学歴フィルターがあるのか?について推測をしていきます。ただ、すでに話したような倍率なので、この数字だと学歴フィルターがある可能性は高いとは思えません。これは推測の域ではありますが、学歴フィルターは恐らくないのではないか?と思うのです。そもそも就活において、学歴フィルターを実施している会社の方がかなり少ないはずですから、住友ゴム工業の就職でもそんなに心配しないでもいいのではないでしょうか?

 

住友ゴム工業の就職においては、学歴フィルターは恐らくないと思います。しかし、学歴や大学名をチェックしていないとは言い切れません。というか、普通に考えたらそういった面はチェックはしているでしょう。合否の判断に関して、少なからず考慮しているはずです。でも、住友ゴム工業の就職では学歴や大学名だけで判断することはないと言えます。数多くあるチェックポイントの中に学歴や大学名が含まれているだけで、他にも見ているところは多くあるのです。就活はあらゆる面を総合的に判断して、合否を出すわけですから、いろいろな部分に気を配っていく必要があります。特に住友ゴム工業の就職の面接対策は重要と言えます。志望動機や自己PRなどは特にチェックされている部分でしょうから、時間をかけて丁寧に考えていきましょう。そして、住友ゴム工業の就職の評判について知っておいてほしいです。社員の口コミを見ることで、どういう日常が存在しているのか?を理解することができるでしょう。住友ゴム工業の仕事は激務なのか?については、特に把握しておくと良いと思います。

 

住友ゴム工業の就職の評判はどうなっている?

住友ゴム工業の就職の評判について調べていきますが、社員の口コミを参考にしていきます。まずは平均年収からチェックしていきますが、住友ゴム工業の平均年収は約600万円弱となっています。したがって、数字としてはそれなりに高いと言えるでしょう。住友ゴム工業の就職の評判として、まず覚えておくと良いと思います。では、働き方についての口コミを見ていきます。住友ゴム工業の1か月あたりの残業時間にチェックしていきますけど、約30時間となっています。この数字を見る感じでは、激務という状況には見えません。人によって違う可能性はありますが、全体的には働きやすそうです。実際、残業時間に関しては出来るだけ抑えようとする動きがあるとされていますし、残業時間が月に10時間未満というケースもあるようです。全員がそういった状況ではないものの、働きやすい環境にいる人もそれなりに確認できるので、基本的には激務にはなりづらいはずですし、そこは覚えておきましょう。

 

休日に関して言えば、土日祝日はちゃんと休みになっており、休日出勤はほとんどないとされています。また、有給休暇の取得はかなりしやすいみたいです。使ってはいけない空気があるどころか、職場全体で奨励されているような状態と言われています。有給休暇の扱いに関しては、会社ごとに差が出やすい部分です。使いづらいところはかなり使いづらい状況だと思われるので、その点住友ゴム工業はかなり好ましい口コミを見ることができます。ここについても住友ゴム工業の就職の評判として、覚えておくと良いでしょう。住友ゴム工業の仕事は激務という雰囲気はありませんし、結構働きやすそうにしている社員が多そうです。だから、全体的には評価できる面が多くあると思います。住友ゴム工業の採用試験の難易度も重要ですけど、こういった会社の評判についてもしっかりとチェックしておきましょう。そして、自分なりに納得したうえで受験をしていくと良いのではないか?と思います。

 

あわせて読みたい記事